即痩せを叶える、2週間ダイエットチャレンジ!


ダイエットは明日からと考えて先延ばしをしていたら、あっという間に時間が無くなってしまった!

そんな経験をした方、きっと多いですよね。

もしかしたら今まさにそんな状況なのではないでしょうか?

ダイエットは女性にとって永遠のテーマですが、長い期間続けて行うと思うとリバウンドに挫折したりして継続できなくなってしまいます。

だからと言って短期間のダイエットは心配…

短期間のダイエットは無茶をしやすいため身体には悪影響とよく言われますが、身体の仕組みを理解してきちんと行えば安全にできます。

そして、身体の変化を感じ、食生活が習慣になるには2週間の期間がベストです。

2週間で理想の身体を目指すチャレンジをはじめましょう!

2週間ダイエットを成功させるための身体の基礎知識

太るとか、痩せるとか、ダイエットっていったい何でしょう?
まずはダイエットの基礎知識から学んでいきましょう。

太るとは?痩せるとは?

「太る」というのはどういった状態でしょうか?
答えは簡単ですね。
「脂肪がついてしまう」状態のことです。

では、どうして脂肪がついてしまうのでしょうか?それは
消費カロリーより摂取カロリーが上回ってしまうからです。

人は呼吸をしたり、心臓が動いたり、活動するためにエネルギーを必要とします。これが消費カロリーです。

クルマのガソリンのように、人にもガソリンが必要ですが、人にとってのガソリンが食品です。人は食べることで身体を動かしています。

しかし、その食べた物のカロリーが、私たちが活動するカロリーを上回ったときに脂肪として蓄積されてしまうのです。これが太る仕組みの基本です。

では、「痩せる」とはどのような状態でしょうか?

私たちが活動するエネルギーに対し、食べたエネルギーが不足すると身体は脂肪をエネルギーとして使います。これが脂肪燃焼の仕組み、簡単でシンプルですが痩せる仕組みです。

では、脂肪1㎏を燃やすにはどのくらいの活動カロリーが必要だと思いますか?正解は7200㎉です。これを一日に換算すると7200÷30で240となります。

1日240㎉ずつ減らしていけば、一か月後には1㎏体重が減るという計算です。
お茶碗一善ほどのカロリーならすぐに消費できそうではないですか?

しかしそれが難しいからダイエットに困っているのだと思います。
ただカロリーを減らしただけでは痩せないのは身体のメカニズムも関係してきます。

ダイエットとホルモンの関係

女性がダイエットをする上で忘れてはいけないのがホルモンとの関係です。

ホルモンは、身体の内分泌腺と言うところで作られる物質です。
内分泌腺と言うのは脳下垂体や甲状腺、副腎皮質といった場所です。

ホルモンは様々な指令を特定の器官に伝えることを仕事としています。
いわば身体の中をめぐるメッセンジャーですね。

内分泌腺で作られたホルモンは血液に入り身体中をめぐり器官に届きます。
その量はナノグラムと言う微量。その中でも、ダイエットに大きな関係があるのが女性ホルモンです。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという二種類のホルモンが関係しあっています。

エストロゲンは卵巣や子宮の発達を促し、女性らしい身体つきを作り出します。
プロゲステロンは妊娠にかかわるホルモンで、血糖値を正常にして体脂肪を減らす働きもあります。
しかし、イライラしたり情緒不安定にもなりやすいのがこのホルモンの特徴です。

エストロゲンが多く分泌されているときがダイエットに効果的なときです。
心身ともに調子が良くなり集中力もアップ。
ダイエットの運動効果も出やすい時です。

反対にプロゲステロンが分泌されているときは身体が疲れやすくイライラしやすい時。
水分を溜め込みやすいので浮腫みやすく、便秘にもなりがちですのでダイエット効果が出にくい時期です。

ダイエットをするならエストロゲンが出ている時期がおすすめです。
女性は生理直後がその状態ですので、ダイエットを始めるにはその時期が最適です。

生理直後、排卵が始まるまでの2週間がダイエットに一番最適です。
最適な日を選んで、効率よくダイエットを始めましょう。

2週間で痩せるための目標設定の仕方

ノウハウが分かっていてもなかなかダイエットに成功しないのは、実は目標設定が問題かもしれません。目標設定には何が必要なのか、ダイエット成功のための目標設定方法を知りましょう。

ダイエットには目標設定が大切

ダイエットに最適な日が分かった!よし!と勢いを持ってくださったと思いますが、ちょっと落ち着いて…

あなたがダイエットをする目的はなんでしょうか?

何度もダイエットしてもリバウンドに悩むのは、実はこの目標が定まっていない場合が多いのです。失敗しないダイエットをするためにはまずこの目標設定がとても重要です。

ダイエットの成功に効果的な目標設定の仕方

ダイエットするには、自分の理想とするスタイルやダイエットする目的を明確にしてから望むことが必要です。

これを怠ると行動できなくなったり、失敗したりする原因となってしまいます。ではどうやって目標を立てたらいいのでしょうか?

まず、目標は長期間の「大きい目標」と短期間の小さな目標を立てます。
大きな目標は最終的に自分がどうなりたいかえを考え、小さな目標は、そのためにできるコツコツっとした目標です。

2週間ダイエットならば、2週間後になりたい自分と、そのために毎日コツコツこなす目標を考えましょう。その積み重ねが、あなたのダイエットを成功に導きます。

失敗しがちな目標設定とは

目標設定をする時にハードルを高くし過ぎてはいけません。
必ず「これならできる」位の目標を設定しましょう。

ダイエットに成功しないのは無理な目標設定をしてしまい、挫折してしまうことが大きな原因です。目標設定さえ間違えずに設定すれば後は実行するだけです。
小さな目標をコツコツこなせばそれが自信になります。

自信を積み重ねることで、理想の自分が近づいてきますよ。

2週間ダイエットチャレンジ 食事編

目標が決まったところで、今度は具体的に何に気を付けて、何をしたらいいのを知っていきましょう。

ダイエット中にとりたい栄養とは?

食べていないはずなのに痩せない…
その悩みがある方は、食べないダイエットで栄養失調になっている可能性が考えられます。

私たちの身体を動かし、痩せるための代謝のメカニズム働かせるためには、しっかり栄養を摂取することが必要不可欠です。その栄養とは5大栄養素と呼ばれる、

糖質
脂質
タンパク質
ビタミンミネラル
食物繊維

です。

三大栄養素~糖質 脂質 タンパク質~

ダイエット中に特に抜きがちなのが糖質や脂質ですが、この2つはエネルギーを生み出すために欠かせない栄養素で、糖質は脳の栄養にもなります。

脂質はホルモンの材料になったり、私たちの細胞の細胞膜も作ります。

また、タンパク質は筋肉や免疫、私たちの身体をつくる材料です。
タンパク質が足りなくなると肌や髪の毛はぼろぼろ、風邪を引きやすい身体になってしまいます。

そしてタンパク質は代謝に欠かせない酵素の材料にもなりますからとても大切な物です。

ダイエットと言ってお肉を避け過ぎるとタンパク質不足になり代謝が悪い体になるため、いったんは痩せてもリバウンドしやすい身体になってしまうのです。

ビタミンミネラル

ビタミンミネラルは酵素の働きを助ける補酵素として大切な栄養素です。

中でもビタミンB群は糖質や脂質をエネルギーに変えるために必要な補酵素ですので、ダイエット中は率先して食べたいものです。

食物繊維

食物繊維は血糖値の急上昇を抑制して脂肪として蓄えることを防いだり、腸内環境を整えたりする栄養素です。

私たちは栄養を腸から吸収し、いらないものを腸から出します。

身体の老廃物や毒素を排出して綺麗な身体を保つには、身体の第二の脳とも呼ばれている腸の環境を整える事がダイエットの近道でもあるのです。

おすすめダイエット食材

ここで、5大栄養素を豊富に含むダイエット食材をご紹介します。

甘い物が食べたい!
揚げ物が食べたい!

という方でも、まず2週間と決めれば2週間は継続することができるのではないでしょうか?

野菜全般

当たり前と言えば当たり前ですが、芋類を除く野菜全般はビタミンミネラル、食物繊維が豊富です。

特にホウレンソウや小松菜などの葉物野菜はビタミンB群が豊富ですので代謝アップに効果的!

ほうれん草だけでなく、トマトの赤、 ニンジンの黄色など、色のついた緑黄色野菜には栄養がたっぷり含まれていますので、野菜は量を気にせずたっぷりといただくのが良いでしょう。

大豆製品

大豆製品には、女性にうれしい

大豆タンパク質
大豆イソフラボン
大豆オリゴ糖
ミネラル

などを豊富に含んでいるので

脂肪燃焼効果
代謝の向上
腸内環境の改善
美肌効果

期待できます。

鶏肉

鶏肉は言わずと知れた高タンパク低カロリーの優秀食材です。

ダイエットと言うとお肉を避けがちですが、お肉には野菜にはないビタミンミネラルや鉄分などが豊富に含まれています。

血行を良くし、筋肉を作り代謝をアップさせるにはお肉も欠かせませんよ。

きのこ類

きのこには食物繊維が豊富に含まれています。

また種類によって効果も異なり

なめこ…カリウムを多く含みむくみを和らげます。
えのき…脂肪の吸収を抑えます。
まいたけ…代謝をアップします

などの効果が期待できますので、ぜひ色々な種類のきのこを食べるようにしてみてください。

黒糖・はちみつ

黒糖やはちみつは良質な糖質です。

糖質と言うとごはんやパンなどの炭水化物を思い浮かべるかもしれませんが、黒糖やはちみつは消化がスムーズかつ、ビタミンミネラルなどの栄養を豊富に含んでいます。

甘い物が食べたくなったらケーキやお饅頭ではなく、黒糖やはちみつを舐めるようにしてみて下さい。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは良質な脂質です。

植物性の脂質は加熱によって酸化してしまい私たちの身体を傷つける物質に変わりますが、ココナッツオイルは熱に強いため酸化しにくいといった特徴を持っています。

自宅で加熱調理をする場合にはココナッツオイルを使うといいでしょう。
最近は無味無臭のものも出ていますので、使いにくさは解消されていますよ。

最強のデトックス法 ファスティングチャレンジ

ファスティングと言う健康方法、ダイエット方法をご存じでしょうか?
芸能人も挑戦していて、今話題の方法です。

ファスティングを活用すれば2週間で健康的に劇的に痩せることも可能です。
フではどうやってファスティングは実施したら良いのでしょうか?

ファスティングとは

ファスティングとは断食のことで、古くは宗教的な儀式として行われていましたが、近年ダイエットや健康法として話題となっているものです。
一定期間固形物を摂らないことで消化器官を休め、身体をデトックスし、自然治癒力アップ効果が期待できます。

ファスティングの方法

ファスティングには

準備期
ファスティング期
回復期

の3つのステップがあります。

準備期
腹八分目の和食で過ごす

ファスティング期
ビタミンミネラルを含んだ酵素やプロテインなどを飲みすごします

回復期
いきなり食事を戻すとリバウンドしてしまうので、お粥など消化に良いものから食べていきます。

おすすめなファスティング日数

このファスティング、長い期間では一週間や二週間などのメニューもあります。

しかし初心者にはいきなり一週間のファスティングは厳しいと思いますので、おすすめは週末一日のファスティング期を過ごす週末ファスティングです。

例えばですが週末

金曜日…準備期
土曜日…ファスティング期
日曜日…回復期

といったプチファスティングも可能です。

自分のライフスタイルに合わせて、最強のデトックス法ファスティングをダイエットメニューに組み込めると、二週間でも簡単に目標達成することができますよ。

2週間でも痩せることは難しくない

2週間で健康的にダイエット!
いかがでしたか?
2週間でも十分な効果が期待できそうですよね。

ダイエットの基本は当たり前ですが食事と運動です。
正しい方法の選択で健康的にキレイになりましょう

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!