40代は美容液が必要?効果で選んでエイジングケアをはじめよう!

美容液をスキンケアに取り入れている人って多いと思います。ほとんどの人は、肌によさそうだからとか、保湿効果を期待して使っているのではないでしょうか。

それで、お肌への効果は実感できていますか?

美容液をスキンケアのルーティンとして取り入れても効果は実感できませんし、シミやしわのケアもできないでしょう。特に40代は、エイジングケアも気になるはず、肌質や目的にあわせて美容液を選ばないと肌への効果は発揮しませんよ。

今回は、エイジングケアにおすすめな美容液を選ぶコツを紹介します。

40代は肌の老化が進む年代

お肌の曲がり角は25歳といいますが、20代後半から肌の老化は始まっており、乾燥、毛穴、しわ、くすみ、シミとエイジングサインが出やすくなります。

40代なるとさらに肌の老化は加速し、しわやシミが目立つようになったり、ハリやツヤも失われてきます。

20代の頃までは、肌のターンオーバーも28日周期で行われていたのが、年齢が上がるにつれて周期が遅くなるので、40代になると肌も生まれ変わりにくくなります。

毎日ケアをしていても、肌は老化していくのですから、何もしなければ、お肌はボロボロになりますよ。

40代の美容液選びでこだわりたいのは保湿成分

美容液というと「美白」や「エイジングケア」「オイル入り」というように様々な種類がありますが、まずは保湿重視で選びましょう。

実は、40代の肌の悩みである、しわ、くすみ、シミ、たるみの原因のひとつが肌の乾燥。年齢と共に肌の水分量も少なくなるので、40代の肌は乾燥しやすくなっています。

ハリやツヤを取り戻すには、保湿効果が大切になるのです。美容液を選ぶときはこれらの成分に注目してみましょう。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • プラセンタ

ここで挙げた美容成分は、化粧品の成分に含まれていることで知られていますが、肌の保湿に欠かせません。

40代からの美容液選びは、保湿成分を重視してください。

保湿力をアップさせる美容液の塗り方

保湿効果にこだわって美容液を選んでも、使い方を間違えると効果は感じられません。

美容液の塗り方をマスターするだけで、乾燥しがちの肌もしっかり保湿されますよ。

美容液はたっぷり使って保湿する

美容液って基礎化粧品のなかではお値段が高め。もったいなくてチビチビ使っている人いませんか?

美容液の保湿効果を発揮させるためには、贅沢と思ってもたっぷり使わなきゃ効果が感じられません。1回に使う量は、10円玉1個分が目安で肌の状態に合わせて量を調節します。

塗りムラを予防するなら5点置きをする

美容液の塗り方は色々ありますが、おすすめなのは、額、頬、鼻、顎に美容液を置いて伸ばすことです。

手のひらで伸ばしながら塗るよりも量を調節しやすく、ムラになりにくいので美容液初心者にも塗りやすいといえるでしょう。

美容液は、指でやさしくなじませる

美容液は、頬→額→鼻→顎の順番で塗ります。

手は内側から外側に動かし、指で螺旋を書くようにして美容液をなじませていきます。このとき、指で肌を強く押してしまったり、ゴシゴシと力をいれてはいけません。

美容液を塗るときは、指でやさしくなじませるようにしてください。

年齢が出やすい、首やデコルテも忘れずに

普段、首やデコルテのお手入れってしていますか?

40代になったら、顔のスキンケアと同様に首やデコルテもケアをしないと、年齢よりも老けて見られるかもしれませんよ。首やデコルテは皮膚が薄いので、乾燥しやすくしわやシミになりやすいのです。

スキンケアのついでに、首やデコルテの部分に美容液でケアをすれば、肌を保湿し、しわやシミの予防もできますよ。

うるおいたっぷり40代におすすめの美容液3選

保湿効果も抜群でありながら、エイジングケアもできる美容液を紹介します。

お値段的には贅沢な感じもしますが、肌への効果は抜群です。

コスメデコルテ モイスチュア リボソーム

マイクロカプセルが乾燥している部分にアプローチし、乾いた肌にもうるおいを与えます。

導入美容液としても使えるので、基礎化粧品が浸透しやすいやわらかい肌になります。

ヒアルロン酸やグリセリンといった保湿成分に、引き締め効果があるローズマリーエキスも配合し、ハリとツヤがある肌を取り戻します。

ONE BY KOSE 薬用保湿美容液

年齢とともに減少するセラミドを増やす「肌質改善美容液」として注目集めています。

コーセーが15年間の研究で作りだした有効成分「ライスパワーNo.11」が、乾燥、肌あれ、毛穴、くすみといった悩みを解消し、化粧ノリがよい肌にします。

肌のうるおいを守るだけでなく、キメを整え、透明感もあたえるので、肌を明るく見せたい人におすすめです。

クラランス ダブルセーラムEX

1985年発売とすでに30年以上の歴史を持つロングセラー商品です。

オイルとウォーター2種類の美容液を組み合わせており、時間が経ってもつけたてのようなうるおいをキープ。

「キウイ」「カラスムギ」「ワイルドティーゼル」を含む20種類の植物エキスを配合し、なめらかでツヤのある理想の肌にします。

インナーケアが気になる人には飲む美容液もおすすめ!

40代からのエイジングケアには、体の内側からケアをするインナーケアも必要です。

コラーゲンやセラミド、ビタミンCというように美容サポート成分が配合された、栄養ドリンクなら、体のなかからキレイになれますよ。

美容効果抜群の栄養ドリンクから、飲みやすくて、購入しやすいものを厳選して3つ紹介します。

資生堂 ザ・コラーゲン

飲みやすいミックスフルーツ味とコンビニでも買える手軽さで人気があります。4種類のスーパー果実と10種類の美容サポート成分が肌にうるおいを与えます。

年齢に左右されない「リッチリッチ」とストレス負けない「リラクル」の2種類です。

DHCコラーゲンビューティ12000X

寝る前に飲むだけで、翌朝はぷるんとうるおう肌になれると話題のコラーゲン入り栄養ドリンクです。

2種類のコラーゲンに20種類の美容サポート成分を配合し、肌にハリとツヤを与えます。

ポッカ キレートレモンMoisture

さっぱりとしたレモン味と微炭酸が疲れた体を癒してくれます。

保湿成分の「グルコシルセラミド」を配合し、体の内側からうるおいを与えます。ビタミンCやクエン酸も配合し、肌を乾燥から守ります。

毎日のケアで肌老化を撃退!

40代に入ってから、化粧のノリが悪くなった、肌がくすみやすいという人は、エイジングサインが出ているのかも!

これ以上肌の老化を加速させないためには、保湿効果高い美容液でお手入れをするのがおすすめです。

今回紹介した美容液と美容サポート成分配合の栄養ドリンクで、体の内側と外側の両方からケアしてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!