ニキビ跡はスキンケアで改善!赤みも凸凹も化粧水でケアしよう


ニキビができやすい人のなかには、ニキビ跡が残ってしまうという人もいるでしょう。

ニキビ跡は、シミのようになってしまったり、肌が凸凹になってしまうと、メイクでもカバーがしにくいですし、肌も汚い感じがしますよね。

ニキビ跡は、レザーやピーリングで目立たなくするイメージがありますが、普段のスキンケアでも薄くすることができます。

今回は、ニキビ跡をケアするための化粧水の選び方と使い方を紹介します。

ニキビで悩んでいる人は参考にしてくださいね。

ニキビ跡は、4種類ある

赤く炎症したニキビ、治ったら、そのまま消えてしまえばいいのに、ニキビ跡が残ってしまったということはありませんか?

実はニキビ跡って一種類だけじゃないんです。

まずは、ニキビ跡の種類を見ていきましょう。

赤みがあるニキビ跡

赤く腫れて炎症をおこしているニキビは、跡が残りやすくなります。

ニキビができたことで毛細血管が増えると、ニキビ跡として赤く残ってしまうこともあります。

ただ、この状態であればセルフケアでニキビ跡を目立たなくさせることもできますよ。

茶色いシミのようなニキビ跡

ニキビ跡が茶色くなるのは「色素沈着」といって、肌にメラニン色素が生成されてしまったから。

色素沈着の原因は「紫外線」や肌をこすったときの「摩擦」によるものが多く、肌が生まれ変わる「ターンオーバー」がうまくいかないとニキビ跡として残ってしまうのです。

色素沈着によるニキビ跡は、肌のターンオーバーを正常化させることで目立たなくすることができます。

凸凹しているニキビ跡

炎症をおこしている赤ニキビは、クレーターといわれる凸凹したニキビ跡になってしまうことがあります。

肌にあるコラーゲンが生成されないと、肌に凸凹が残ります。

肌の凸凹を元に戻すことは難しいのですが、肌がターンオーバーで生まれ変わることで目立たなくすることはできますよ。

しこりのように固くなったニキビ跡

ニキビ跡がしこりのように固くなると「自然治癒」が難しくなります。

膿が出るくらいニキビが悪化してしまうと肌が凸凹しやすくなるだけでなく、固く盛り上がってしまうこともあります。

さらに悪化してしまうとニキビ跡がケロイド状になることも。

同じ場所にニキビが繰り返しできるときも、しこりのようなニキビ跡が残りやすくなるので、大人ニキビに悩んでいる人は気を付けてください。

ニキビ跡をケアする化粧水の選び方とは?

実は、ニキビ跡専用の化粧水はほとんどありません。

では、化粧水を使ってニキビ跡をケアするときは、どのような化粧水を選んだらよいのでしょうか?

ニキビ跡をケアする時の化粧水を選ぶコツを教えます。

グリチルリシン酸配合のものを選ぶ

ニキビ跡をケアする時には、抗炎症、消炎作用がある「グリチルリシン酸」配合のものを選びましょう。

グリチルリシン酸にはニキビの赤みや炎症を抑える作用があるので、赤みがあるニキビ跡をケアするのにおすすめです。

グリチルリシン酸は、アクネケア専用やノンコメドジェニック処方といった、ニキビの原因菌となるアクネ菌を発生させにくい成分で作られた化粧品に配合されています。

化粧品の成分を調べて、ニキビのもとになるコメドができないかチェックをしている「ノンコメドジェニック処方」なら、ニキビ予防をしながらニキビ跡のお手入れがしやすいでしょう。

ニキビ跡をケアするには保湿効果も大事

ニキビ跡は、肌がターンオーバーして生まれ変わることで目立たなくなります。

肌のターンオーバーを整えるには、肌を保湿してうるおいを与えましょう。

ニキビ跡をケアするときは、保湿成分がグリセリンのみのものではなく、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」といった肌の生成に必要な成分が配合されている化粧水を選ぶのがおすすめです。

ニキビ跡のなかでも、肌が凸凹している「クレーター状」のニキビ跡は、ターンオーバーを正常化させることで目立たなくなるので、肌を乾燥させないようにしましょう。

色素沈着が原因のニキビ跡には、美白有効成分入りの化粧水がおすすめ

メラニンの生成が原因で茶色くなってしまったニキビ跡は、美白有効成分が配合されている化粧水がおすすめです。

「ビタミンC誘導体」「プラセンタ」「トラネキサム酸」には、メラニン色素を作るチロシナーゼを抑える作用があり、色素沈着のケアにも使えますよ。

また、美白有効成分ではありませんが漂白作用がある「ハイドロノキン」も色素沈着が原因のニキビ跡に有効とされています。

肌の刺激になる成分についても確認する

ニキビ跡をケアする際は、保湿成分や美白有効成分といった美容成分だけでなく、添加物や油脂についても確認しておきましょう。

化粧水に使われることが多い「エタノール」は、肌を清潔にしたり、毛穴を引き締める作用がありますが、アルコールに弱い人には刺激になることも。

保存料として使用されるパラベンも、アレルギーを起こす可能性があります。

ニキビができやすいという人は、油分が使われていない「オイルフリー」の化粧水を選んだほうが、ニキビ跡もケアしやすいかもしれません。

ニキビ跡をケアするには「肌荒れ」を起こす成分が配合されている化粧水は避けた方がいいでしょう。

ニキビ跡をケアする時の化粧水の付け方は?

ニキビ跡をケアする時の化粧水の付け方についても見ていきましょう。

化粧水をコットンに取る

ニキビ跡をケアする時は、手ではなくコットンで化粧水を付けます。

化粧水の量は表示に従って、コットンに取るようにしましょう。

ニキビ跡だけでなく、肌にニキビがある場合、ニキビ部分に触れてしまうとアクネ菌が広がる可能性があるので、化粧水は手ではなくコットンで付けます。

ニキビがある場合は、コットンも何枚かに使い分けた方がよいかもしれません。

化粧水を付けるときは強くこすらないようにする

化粧水をコットンで付けるときは、強くこすらないようにしてください。

コットンを使う時は、肌に摩擦を起こすことがあるので、ニキビ跡をケアする時は色素沈着にしないように気をつけましょう。

化粧水を付ける順番は、額や頬といった広い部分から付けていきます。

外側から内側に向かって付けていくと化粧水の成分が浸透しやすくなりますよ。

コットンの使い方は、額や頬は中指と薬指を、小鼻や口の周りは人さし指を使って拭くようにします。
コットンは肌の摩擦を避けるためにも毛羽立ちにくいものを選びましょう。

ニキビの部分はコットンパックでケアをしよう

ニキビがあるときのニキビ跡のケアの仕方は、コットンで拭き取るよりも、ニキビの上にコットンパックしてケアをしましょう。

ニキビの部分をこすってしまうと、刺激でニキビがつぶれたり、アクネ菌が広がるので、さらにニキビが増えてしまうことも。

コットンパックなら、ニキビの部分だけケアができるのでニキビ跡を作るのも避けられますよ。

顎や頬、同じ部分に繰り返しニキビができやすい人は、ニキビ跡にもなりやすいので、コットンパックもケアに取り入れてみてください。

ニキビ跡を作らないためにはニキビの予防も大事!

今回は、化粧水でニキビ跡をケアする方法を紹介しました。

ニキビ跡にしないためには、ニキビを作らないようにしなければなりません。

  • 普段から肌を清潔にする
  • 肌を乾燥させないようにする
  • 日焼け止めによる紫外線ケアもする
  • 食事や睡眠にも気を付ける

普段から、クレンジングや洗顔で肌の汚れを落とすことや肌にうるおいを与えることもニキビ予防には必要ですよ。

ニキビができやすい人は、ライフスタイルも見直して、ニキビにならない肌を作りましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!