無添加化粧品が誰にでも合うとは限らない!自分に合うスキンケアを選ぼう


無添加化粧品と表示されている化粧品は、肌に優しい、安全だ、と思いますよね。

でも無添加化粧品には、はっきりと決められた定義はないことをご存知でしょうか?各メーカーによってその定義もバラバラです。

ですから「無添加」という言葉のイメージと、先入観で化粧品を選んではいけません。何が無添加なのか、自分の目でしっかりと確認して、確かめて選ぶことが大切です。

そもそも無添加化粧品とはどんなもの?

主に以下の2つの化粧品が「無添加化粧品」とうたわれています。

  • 表示指定成分が無添加である化粧品
  • 表示指定成分(旧表示指定成分)を含まない化粧品が「無添加化粧品」とされています。
    表示指定成分とは、昭和40年代に厚生労働省が決めた、アレルギーを引き起こす可能性のある102種類の成分のことです。
    2001年に化粧品の全成分表示が義務になったため、現在では「旧表示指定成分」と呼ばれています。

  • 表示指定成分の中の特定の成分が無添加である化粧品
  • 表示指定成分(旧表示指定成分)の中で、1つかそれ以上配合していない種類の成分がある化粧品です。

無添加化粧品の成分表を確認してみて成分表示のルール

化粧品の全成分表示が義務になっていますが、化粧品の成分表には、すべての成分が表示されているわけではありません。表示しなくていい成分もあります。

また表示の順番にもルールが決められています。化粧品の成分表示のルールをご紹介します。化粧品を選ぶ際の参考にしてみて下さい。

表示しなくていいキャリーオーバー成分

化粧品を使用したときに、肌に何かしらの効果をだしてくれる有効成分としてではなく、製品の腐敗を防止するための成分や、原料から成分を抽出する時に使われる添加物をキャリーバー成分といいます。

このキャリーオーバー成分は表示の必要はありません。これは化粧品表示の抜け穴になることもあります。

化粧品が腐ったり雑菌が繁殖したりすることを防ぐ目的として、実はアルコールが含まれていても微量であれば表示しなくてよいので、「アルコール無添加」として販売されることがあります。

植物のエキスが配合されている化粧品なども、キャリーオーバー成分が表示されていないことが多いです。ハーブなどの植物から成分を抽出するときに、合成の添加物を使って抽出されることがありますが、その成分は表示されていません。

キャリーオーバー成分は、ごくわずかな量のものですので一般的な肌質かたは神経質になる必要もありません。しかし敏感肌の方やその成分にアレルギーを持っている方は炎症になることもあります。

成分の表示順にもルールがある

化粧品の成分表には表示の順番にルールがあります。
以下の様なルールがあります。

  • 成分を配合量の多い順で記載する。
  • 配合が 1%以下の成分は順不同で記載する。
  • 着色剤は最後に順不同で記載する。

似たような効果の化粧品をどちらにするか迷ったときは、成分の表示を見てみてください。配合量が多い順に記載されていますので、欲しい成分が早めにでてくる化粧品を選びましょう。

ただしこれにも例外があり、薬用化粧品(医薬部外品)の成分表示順は、強調したい成分の順に記載してもかまいません。

無添加化粧品の対象になりやすい主な成分5つそのメリットとデメリット

無添加の対象になりやすい成分を5つご紹介します。無添加の対象になりやすいからと言って必ずしも肌に悪いということではありません。

無添加にすることのメリット・デメリットがそれぞれあります。使用したときの肌への影響も、人それぞれです。

もし合わない化粧品が多くて困っているのであれば、この5つの成分に注目して化粧品を選んでみて下さい。

化粧品を雑菌から守る防腐剤

防腐剤の代表であるパラベンは、約1000人に2人の割合でアレルギーを引き起こす可能性があるとされていて、旧表示指定成分の1つです。

パラベンは防腐剤の一種ですので化粧品が腐るのを防いでくれます。防腐剤をまったく含まない化粧品は開封すると腐りやすので注意が必要です。

防腐剤無添加化粧品は、アレルギーを起こす可能性はなくなりますが、その分腐りやすいので早く使い切ってしまわなければいけません。腐ってしまった化粧品を使うと逆にトラブルになることもあります。

防腐剤はパラベンだけではないので、他の防腐剤が入っていないかも確認しましょう。フェノキシエタノール、ヒノキチオールなども防腐剤の一種です。

肌を殺菌して引き締めるアルコール

アルコールも「アルコールフリー」として無添加がうたわれる化粧品が多いです。
表示としてはエタノールも同じ、アルコールの一種です。

アルコールは化粧水に含まれることが多い成分で、肌を殺菌し、毛穴や肌を引き締める作用があるので、収れん化粧水やニキビ用化粧水によく配合されています。

脂性肌やニキビに悩んでいるかたは、アルコール配合の化粧品で悩みが解消することがありますアルコールは、過剰な皮脂の分泌を抑えて、肌を清潔にしてくれます。

肌にあっている方はまったく問題ありませんが、アルコールは蒸発する際に肌の水分も一緒にうばってしまうため、乾燥肌のかたは注意が必要です。

肌の乾燥が悪化してしまうこともありますので、乾燥肌のかたはアルコール無添加の化粧品を選びましょう。

アルコールは、あう方には効果を実感できますし、あわない方には肌荒れを招く原因となります。肌質によって反応はそれぞれ違うので、自分の肌に合うかどうかパッチテストなどをして確かめてみましょう。

クレンジングに配合されている石油系合成界面活性剤

食器洗いの洗剤などによく配合されている石油系界面活性剤ですが、じつはスキンケアにも多く配合されています。

界面活性剤には水と油を混ぜ合わせる力があります。そのため油分のメイクを水と混ぜておとすクレンジングや、水分と油分で混ぜて作る乳液やクリームに配合されています。

以下の様な表示が石油系の合成界面活性剤の成分です。

ラウリル硫酸ナトリウム
ラウレス硫酸ナトリウム
ポリエチレングリコール

石油系界面活性剤が含まれているクレンジングは、濃いメイクや皮脂もさっぱりときれいに落としてくれます。

しかし肌に必要な皮脂まで落としてしまうので、肌を乾燥させバリア機能を壊してしまいます。

石油系界面活性剤が配合されている乳液やクリームは伸びがよく肌なじみがいいので使い心地がいいです。しかし長期間肌に乗せておくと、肌のバリア機能を壊す原因になります。

敏感肌の方は石油系の合成界面活性剤無添加の化粧品を選びましょう。

ワセリンやベビーオイルの鉱物油

ミネラルオイル・ワセリン・パラフィンの表示は鉱物油になります。クレンジングオイルやベビーオイルにもよく使われています。

鉱物油は石油から作られますが、精製技術が低かった1970年代ころは、鉱物油に不純物が混じっていることが多く、シミの原因になることもありました。
しかし現在は精製技術も進歩しており、鉱物油の不純物によってシミができる影響はありません。

オリーブオイルやアルガンオイルなど植物油でのケアが流行っていて、植物油の効果が注目されています。植物油の方が栄養も豊富で肌に馴染む、という利点があります。

しかし鉱物油は植物油とちがって、酸化しないという強みがあります。

植物油は酸化しやすいので、早めに使うことに気を使わなければなりません。万が一酸化した植物油を使ってしまい、肌が炎症を起こす原因にもなりかねません。

植物油は植物由来ですからアレルギーの危険もゼロではありません。そういった意味でも鉱物油無添加化粧品が一概に肌にいいとも言い切れませんので、メリット・デメリットをしっかり把握して選ぶことが必要です。

見栄えをよくする着色料

着色料無添加化粧品とはメーカーにもよりますが、タール系色素という合成着色料が無添加である商品のことをいいます。

タール系色素は旧表示指定成分の8割を占めている成分です。現在ではタール系色素は使用せず、天然の着色料で色をつける方法がありますので、着色料無添加化粧品といっても、合成着色料以外で色をつけている場合もあります。

使用感をアップさせる香料

香料無添加とは合成香料が無添加という化粧品が多いです。合成香料を使用せず、エッセンシャルオイルなどの天然成分で香りをつけているものもあります。

香りのいい化粧品は、使っていても心地がいいですよね。その香りが何の香料なのか確認してみましょう。

自分の肌にあった無添加化粧品を選びましょう

無添加化粧品とは何か、無添加とうたわれる主な成分5つについてご紹介しました。

無添加という言葉のイメージで、すべて化粧品が安全だと思い込み、安易に化粧品を選ぶことはやめましょう。成分によってはメリットやデメリットにもなる可能性があります。一体何が無添加なのか確認してみましょう。

自分が使っている化粧品の裏を見てみて下さい。成分表を確認して自分の肌に合った無添加化粧品を選びましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!