女性の加齢臭を抑えるボディソープ。選び方と正しい洗い方


加齢臭は、オヤジ臭とも呼ばれることから中高年男性だけの悩みと思っている人も多いのではないでしょうか?

皮脂に含まれる脂肪酸が分解され過酸化脂質によって酸化することで「ノネナール」と呼ばれる加齢臭の原因物質が発生します。若い人には脂肪酸がほとんどないため酸化されることはありませんが、年齢とともに過酸化脂質が増えるため、加齢に伴い男女関係なく加齢臭が発生します。

女性の加齢臭の原因は?

男性は、女性よりも皮脂量が多いため加齢臭が発生しやすいと言われています。しかし、女性もホルモンのバランスが崩れることで加齢臭が発生してしまいます。

女性でも加齢臭が発生する仕組み

35歳を過ぎた頃から女性ホルモンが減少していきます。すると、男性ホルモンが増加し始めるため、皮脂の分泌量が増えていきます。

40歳を過ぎた頃から、抗酸化物質の働きが弱まっていくため、脂肪酸の酸化が進んでしまう結果、加齢臭が強くなってしまいます。

加齢臭の原因「ノネナール」が増える要因は?

若くても加齢臭が気になる人も多くいます。加齢によるホルモンバランスが原因だけでなく、生活習慣によって加齢臭の原因物質である「ノネナール」が増加してしまうこともあります。

  • 飲酒
  • 喫煙
  • 睡眠不足
  • 過度なストレス
  • 脂肪の多い食生活
  • 食事の時間が不規則
  • 運動不足

などが原因で加齢臭が発生すると言われています。加齢臭を根本から予防するためにも、生活習慣を見直すことが大切になってきます。

加齢臭のチェック方法

「加齢臭があるか不安・・・」「最近、臭う気がする」など自分から加齢臭が出ているかわからなくて不安になる人も多いはずです。

私たちには身を守るために、嗅覚の順応性が高いと言われています。そのため他人の臭いには敏感に反応しても、自分の臭いには気付きにくくなってしまいます。

そこで自分の臭いをセルフチェックできる簡単な方法を紹介しますね。

🌑簡単セルフチェック法
加齢臭がある場合

  • チーズ
  • 酸化した油
  • ろうそく
  • 古ダンス
  • 押し入れの中

などの臭いがすると言われています。そういった臭いがある場合、加齢臭が始まっていると考えられます。

1.気になる部位をティッシュで拭き取る

加齢臭が発生しやすい部位は

  • 耳の後ろ
  • 首の後ろ
  • 頭皮
  • 顔のTゾーン
  • ワキ

などです。その部位をティッシュで強く拭き取り臭いをチェックしてください。

2.枕の臭いを嗅いでみる

人間は寝ている時に、コップ1杯程度の汗をかくため、加齢臭がある場合、枕に臭いが発生してきます。朝起きてすぐに枕の臭いをチェックしてください。

3.下着の臭いを嗅いでみる

1日中着ていた下着もたっぷり汗を吸い取っています。特に背中は汗をかきやすいため、背中付近の臭いをチェックしてください。

加齢臭におすすめのボディソープ4選

加齢臭に効果的なボディソープを使うことで、加齢臭を予防することができます。今回は、おすすめの商品を4つ紹介しますね。

クリアネオ

O-シメン-5-オール配合されており、嫌な臭いを洗い流す効果が期待できます。また、石油系界面活性剤など配合されていないため、敏感肌の人も使用できますよ。

泡立ちも良く、ユーカリの香りで洗ったとも爽快感が続くボディソープです。

デオシーク

医薬部外品の商品で、低刺激のため敏感肌にもおすすめです。皮脂をしっかり抑えて、加齢臭の原因を除去してくれます。

ただ、泡立ちが少ないという口コミもあります。

クリアネオ パール

低刺激で敏感肌にもおすすめの商品です。女性のために作られており、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸が配合されているため、高い保湿効果が期待できます。また、黒ずみのケアも行えるアイテムです。

柿のさちシリーズ 薬用柿渋ボディソープ

柿渋エキスやタンニン酸など6種類もの臭いや肌荒れを防ぐ成分を配合している商品です。消臭率は96%以上というデーターもあります。

清涼成分が配合されており、サッパリした洗い上がりです。

加齢臭を抑えるボディソープの選び方

加齢臭対策用のボディソープを購入する際に、何を基準に購入したらいいか迷いますよね。購入する際のチェックポイントを紹介しますね。

ポイント1:抗酸化物質が配合されているものを選ぶ

抗酸化物質は、皮脂の酸化を防ぐ役割があるため加齢臭対策としては有効です。

その中でも、「タンニン」や「カテキン」は抗酸化作用が強いと言われており、抗菌、消臭などの作用が期待できます。他にも「柿渋エキス」「茶葉エキス」などが配合されているものを選ぶようにしてくださいね。

ポイント2:菌の活動を抑制してくれる成分が配合されているものを選ぶ

雑菌の繁殖によっても臭いの原因になります。菌の活動を抑制してくれる成分が配合していれば、汗をかいても加齢臭が発生しにくい状況になります。

「トリクロロカルバニリド」「O-シメン-5-オール」「イソプロピルメチルフェノール」が配合されているものがおすすめです。この3つの成分は、効能が国にも認められており、高い効果が期待できます。

ポイント3:無臭を選ぶ

加齢臭が気になると、つい香りの強いボディソープを選んでしまいます。しかし汗や体臭と配合されている香りが混ざることで、悪臭になってしまう可能性があります。

そのため、無臭や微香性程度のボディソープを選ぶようにしてください。どうしても香りつきがいい人は、柑橘系の香りが加齢臭と相性がいいと言われているためおすすめです。

ポイント4:保湿効果があるものを選ぶ

メンソールやアルコール系のボディソープは洗浄力が強いため、肌の乾燥を招く恐れがあります。乾燥してしまうと、肌を守るために余計に皮脂の分泌に繋がるため加齢臭の原因になってしまいます。

保湿効果のある成分を配合してあるボディソープを選ぶことで、肌の乾燥を予防することに繋がります。

ポイント5:続けやすい価格帯を選ぶ

高価なボディソープを1度だけ使用したとしても意味はありません。加齢臭対策には、長期間継続していくことが大切になります。

無理のない範囲で続けられる価格帯のボディソープを選ぶようにしましょう。

加齢臭を徹底的になくす!身体の洗い方

加齢臭を予防するボディソープを使用しても身体の洗い方が間違っていれば加齢臭を予防することはできません。正しい身体の洗い方を知って、加齢臭対策を行ってくださいね。

加齢臭を抑えるためには、原因となる皮脂を丁寧に洗い流すことが大切になります。

1.皮脂の分泌が多い部位を丁寧に洗う

皮脂の分泌が多い部位

  • 頭皮
  • 額から鼻にかけてのTゾーン
  • 耳の後ろから首にかけて
  • ワキ
  • 背中
  • へその周辺
  • 陰部

この部位を特に丁寧に洗うように心がけてください。ただし、過剰に洗いすぎても逆効果になります。乾燥を防ぐために余計な皮脂を分泌させてしまう結果、臭いを発生させる原因にもなります。

2.泡で洗う

泡立てネットなどでしっかり泡立てて洗うことが大切になります。

余分な皮脂や汗、ホコリなどは泡だけで十分に洗うことができますよ。

3.素手で洗う

ナイロンタオルや硬いボディブラシなどで洗うことで、肌を傷つける可能性があります。肌にとっては、素手で洗うことが最も刺激が少ないためおすすめです。

背中など手が届きにくい場所は、柔らかい綿など肌に刺激の少ないタオルなどを使用して優しく洗うように心がけてくださいね。

4.しっかり洗い流す

ボディソープが肌に残ってしまうと、雑菌が繁殖しやすくなります。泡が残らないように丁寧にすすぎを行うようにしてください。

もう悩まない!心地よい匂いになりましょう

誰にでも起きる可能性がある加齢臭ですが、デリケートな悩みのために一人で悩みを抱えてしまう人も多いはずです。

ボディソープを変えるだけではなく、生活習慣も見直すようにしてくださいね。正しい加齢臭対策を行い、臭いを予防していきましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!