気になる「あほげ」をなんとかしたい!髪質ではない主な原因5つ


朝起きて髪をセットしたのにピンピンと伸びている髪はありませんか?実は、髪に関する女性の悩みの中でも、年齢に関係なく多いのが「あほげ」だと言われています。

乾燥する季節でもないのに髪の流れに逆らうようなあほげは、できればセットした時になくなってほしいものですよね。しかし、最近ではあほげは単なる髪質の問題ではなく生活習慣やヘアケアなど生活習慣の中に様々な原因があると言われています。

ここからは、そんなあほげの本当の原因や対処方法を順にご紹介しますので、ぜひ毎日キレイな髪を作る参考にしてみてくださいね。

あほげの種類は2種類ある

まずあほげとはどのような状態の髪の毛を言うのでしょうか?ここでは一般的にあほげと呼ばれているあほげの種類をご紹介します。

成長途中の髪の毛

あほげは「成長途中の髪の毛」と言い換えることもできます。生え変わりの新しい毛は1~2本まとまらずに目立つことが多いので、あほげとも呼ばれています。

途中で切れてしまった髪の毛

毎日平均的に髪は30本~多い人で100本抜けると言われているのをご存知でしょうか?髪が抜けるのは古い髪が抜けることなので健康的な髪ということでもあります。

あほげは「古い髪というよりも途中で切れてしまった髪のこと」を言います。その為、特にロングヘア―の人は長さがバラバラのあほげが多くなるのであほげに悩む人が多くなる傾向にあります。

あほげを作る主な5つの原因

実はあほげは、毎日の生活の中でいきなりできるものではありません。あほげが目立って気になる人には必ず原因があります。ここでは、あほげができてしまう原因を5つご紹介します。

1. 運動不足やストレス

運動不足はダイエットや健康だけではなく、頭皮環境にも大きな影響を与えてしまいます。人は通常、汗をかくことで身体の中に溜まった老廃物を流してくれる働きも持っています。身体をあまり動かさないような運動不足になってしまうと、老廃物が身体に溜まりやすい上にストレスも溜まってきてしまうので頭皮の循環が悪くなってしまうのです。

髪の毛が途中から切れてしまう枝毛や抜け毛は運動不足やストレスの症状が現れているサインの可能性が高く、あほげも生まれやすくなってしまうのです。

2. 不規則な食生活や睡眠不足

また、運動不足やストレスに続いて、不規則な時間帯に食事をしたり油ものが多い食事習慣だと、皮脂が過剰分泌するので髪の毛の生え際や頭頂部に目立ったあほげができてしまいます。

また、睡眠不足は一見するとあまり髪環境には関係が無いのでは?と思うかもしれませんが、睡眠不足は身体のバランスだけではなくホルモンバランスも乱してしまうので、しっかりと芯の強い健康的な髪を作りにくい体質になってしまうこともあるのです。

3. シャンプーの洗い流しによる皮脂汚れ

頭皮に直接影響を与える原因として最も多いのが「皮脂汚れ」になります。皮脂汚れとは主に「シャンプーの洗い流しや頭皮をしっかりと洗えていないこと」で起こってしまうあほげになります。

洗い流しは意外にも、頭皮にダメージを与えていることにも繋がることをご存知でしょうか?洗浄剤であるシャンプーが頭皮の毛穴に詰まってしまうと、毛根の成長や栄養が行き渡るのを防いで成長途中で切れるなどあほげに繋がってしまうという問題が発生してしまいます。

4. 間違ったブラッシング方法

また、シャンプーや生活習慣だけではなく「間違ったブラッシング方法」でもあほげを増やしてしまう原因となります。例えば、「頭皮に合わないブラッシングをしている」や「強引に強く髪を引っ張るようなブラッシングをしている」ということはありませんか?

ブラッシングには、髪の毛のホコリやゴミを取ったり髪を整えること以外にも「髪を優しく守ること」を目的にするものです。強引にブラッシングしてしまうと、気づかないうちに髪が途中で切れてしまって枝毛やあほげの原因となってしまうのです。

5. 紫外線や湯温など外部刺激によるもの

最後に、見落としがちなあほげの原因としては「紫外線やシャワーの温度によるもの」があります。「紫外線は髪に関係あるの?」と疑問に思う人も多いかもしれませんが、太陽の直射日光を浴びすぎると、頭皮だけではなく髪の水分やキューティクルがなくなってしまい、あほげに繋がってしまいます。

また、キューティクルと言えば「シャワーの温度」にも原因があります。一般的には夏や冬など季節に関わらず「シャワーの温度は38度が適温」だと言われています。

なぜなら、40度以上になると髪のうるおい成分であるキューティクルが傷ついてしまうことや髪の毛の膨張など全体的に髪を傷めてしまう原因になるからです。

あほげをキレイに治す3つの習慣

様々な原因がある「あほげ」ですが、生まれつきの髪質だけではなく毎日の習慣やしっかりと対処することで改善することができます。ここでは主にあほげをキレイに治していく生活習慣を3つご紹介します。できそうなところからぜひ取り組んでみましょう。

しっかりと睡眠を取ること

「睡眠不足は健康や美容に良くない」だけではありません。睡眠不足は体調が悪くなるだけではなく摂取した栄養が全身に行き届かないようになってしまいます。

髪質や頭皮のことを考える上でまず大切なことは「睡眠をしっかりと取ること」になります。ただ睡眠時間を長くするのではなく、質の高い睡眠に持って行くことが毛根から健康でキレイな髪に繋がる近道でもあります。

それには、就寝の時間を早めること・寝る前にスマホやテレビを見ないこと・電気を消して寝ることを心掛けるだけで質の高い睡眠を取りやすくなります。

バランスの良い食事を摂ること

毎日の食事をいきなり変えることって難しいですよね?確かに栄養バランスを考えた食事は忙しい毎日の中では一番の課題でもあります。

しかし、天ぷらなどの油ものを摂取した翌日は油ものの食事は避けるなど「何を口に入れるか」を心掛けることから始めると続けやすくなりますよね。

今では栄養サプリなどの栄養摂取方法もあるので、あほげなどの美髪対策は手軽なところから始めてみることをおすすめします。

冷え性対策・紫外線対策を忘れないこと

身体の中だけではなく冷え性や紫外線などの外部対策も重要です。特に夏場は空調のかかった部屋やオフィス内で身体が冷え切って血の巡りが悪くなってしまったり、紫外線を浴び過ぎて髪のキューティクルがボロボロになったりしやすいこともあります。

冷え性対策として有効なのが「温かい飲み物を選ぶこと」や「シャワーばかりではなく湯船に浸かること」が大切です。

紫外線対策には「帽子や日傘を忘れないこと」や「日焼け止めなどUV対策を習慣付けておくこと」が効果的です。

あほげをキレイにする正しいヘアケア方法

あほげは毎日の生活習慣だけではなく直接髪にどう触れるかも大切なポイントになってきます。ここでは、あほげを治していく正しいヘアケア方法を3つご紹介します。

ヘッドスパに行くこと

髪の毛だけではなく頭皮の硬さや血行も髪全体の健康に繋がります。ヘッドスパは血行を良くして頭皮の凝りもほぐしてくれるので、あほげを改善する方法としてはもちろん、美髪を作りたい人にはおすすめです。

髪を根元まで乾かしてから寝ること

実は髪の毛が半乾きの状態では「あほげが発生しやすい」という特徴を持っているのです。半乾きはキューティクルが剥がれやすくなっているのでそのまま寝てしまうと弱い髪質になり摩擦によって枝毛やあほげを増やしてしまうことになります。

あほげ対策をするなら髪の毛はしっかりと毎日乾かしてから就寝するようにしましょう。

シャンプーを「アミノ酸系」に変えてみること

もしかしたら、あなたのあほげは「シャンプーの成分が原因」かもしれません。生活習慣を変えてもあほげがなかなか治らないという人は「アミノ酸シャンプー」を使うことをおすすめします。

アミノ酸系シャンプーは「髪に優しい低刺激のシャンプー」なので髪のヘアケアにもピッタリです。

あほげの無いキレイな髪で振り向き美人を目指しましょう!

あほげは油断するとすぐにできてしまうことが特徴としてあります。その為、美髪を保つためには毎日の予防策を続けることが大切です。あほげができてしまった時も髪を結んだりピンで留めたりするなど、髪に刺激を与えずにキレイを目指していくことをおすすめします。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!