アーモンド油の効果と選び方。自然な美を手に入れたい人におすすめ!


最近食用だけではなく美容にも植物系のボタニカルオイルが注目されていることをご存知でしょうか?特にアーモンド油は女性に嬉しいお肌と身体に良い効果が高いと言われています。

ここでは、そんなアーモンド油の魅力や取り入れ方・自分に合ったアーモンド油の選び方をご紹介します。肌に優しいナチュラルオイル習慣に興味がある人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アーモンド油の成分って?

アーモンドは料理に使ったりケーキで食べたことがあるけれど、アーモンド油は使ったことが無い・・・という人は意外と多いようです。ここでは、まずアーモンド油とは何かをご紹介します。

アーモンド油に含まれる成分

アーモンド油とは「バラ科に属するアーモンドのタネから低温圧縮法で抽出された植物性のオイルのこと」です。

具体的な成分としては「ビタミンA」・「ビタミンB」・「オレイン酸」・「必須脂肪酸」など身体に必要な栄養成分が豊富に含まれていることが特徴となります。

また、顔やボディ・髪の毛など「身体のどの部位にも使うことができるキャリアオイル」として肌に優しいという特徴も持っています。

スイートアーモンドオイルとアーモンド油の違いって?

アーモンド油はよく「スイートアーモンドオイル」と「アーモンド油」という名前で売り場で分けられているところを見たことがある人もいるのではないでしょうか?

しかし実際は「スイートアーモンドオイル=アーモンド油」という言葉が違うだけで同じものという認識のようです。

なぜ分けられているのかというと、「スイートアーモンドオイル」にはその他の種類として「ビターアーモンドオイル」というもう1種類のオイルがあることがわかっています。しかし、ビターの方は味が苦く毒性があるので実際に売り場に並んでいるのはスイートの方なのだとか。

私たちが市販で購入できるものとしては食用・美容用のスイートアーモンドオイルがほとんどを占めるので安心ですね。

アーモンド油の7つの効果・効能

ファッション誌やメディアで紹介されることもあるアーモンド油は実際にどのような効果があるのでしょうか?

1. 乾燥肌の保湿

季節に関わらず、保湿は大切ですよね。人それぞれで肌質は変わってきますが、保湿に一番大切なのは「浸透力」ということをご存知でしたか?

アーモンド油には「皮膚を柔らかくするエモリエント効果」があるので、肌質に関係なく皮膚の内側までオイルがじわじわと浸透してくれるのです。

皮膚を柔らかくしながら保湿もできるのは嬉しいですよね。もちろん、顔だけではなく乾燥しやすい気になる箇所があれば全身に使用することができます。

2. 美白効果

また、アーモンド油にはシミの発生を抑制してくれる「美白効果」があるのです。

シミは加齢だけではなくストレスや睡眠不足など、その他様々な原因で発生しやすい環境になってしまいます。アーモンドに含まれているビタミンEが白くキレイな肌の維持をサポートしてくれるのでいつの間にかエイジングケアも叶えることに繋がりますよ。

3. 肌の炎症を抑える効果

皮膚炎など肌の炎症の中には紫外線も例外ではありません。夏の季節、太陽に当たり過ぎた肌は日焼けという炎症を起こします。日焼けをそのままにしてしまうとメラニン色素が沈着してしまうので早めに対処することが必要になってきます。

アーモンド油には日焼けした後でもしっかり炎症を抑えてくれる驚きの効果があります。紫外線の事後対策だけではなく、もちろん日焼け以外の炎症にも使うことができるのでコスパの高いアイテムですね。

4. かゆみ防止効果

日焼けの炎症抑制効果と同じように、かゆみを鎮静化する効果もアーモンド油にはあります。特にこれは乾燥肌の肌質の人やカサつく季節にかゆみが気になる人におすすめの効果となっています。

5. 敏感肌でも大丈夫な低刺激効果

敏感肌なので肌に負担がないか気になる・・・と心配になる人も多いのではないでしょうか?アーモンド油は化粧水無しの素肌に直接付けても肌ストレスなく使うことができるというメリットがあります。

実際、アーモンド油を使っている人で敏感肌の肌質の人も多いという口コミもあるようです。

6. 睡眠不足を解消するリラックス効果

意外にもアーモンド油は「睡眠不足などのストレスを緩和するリラックス効果」があることがわかっています。

アーモンドに含まれている「トリプトファン」という栄養成分は必須アミノ酸といって身体に必要な成分となります。これは気分や感情のバランスを取ることやリラックス効果があると言われています。

7. 代謝UPでダイエット効果

アーモンドの栄養素として「ビタミンE」と同じくらい有名なのが「オレイン酸」という成分です。オレイン酸には「悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす」という働きがあります。

その為、胃腸の調子を整えることで基礎代謝がアップしダイエットに繋がる効果があるのです。ダイエットを始めたい!と思ったらアーモンド油が効果的です。

アーモンド油の使い方

アーモンド油の効果がわかったところで、ここではオイルの主な使い方をご紹介します。アーモンド油には主に「食用」と「美容用」の2種類あることを覚えておくと便利です。

料理やスイーツ作りの食用

食用のアーモンド油の特徴は「加熱することができること」と「クセが無いので多くの料理に使うことができること」の2つがあります。

食用のアーモンド油は熱に強いオレイン酸が含まれているので、炒め物や生のままでもオイルドレッシングとしても使うことができます。

「オリーブオイルはクセがあって少し苦手・・・」という人はぜひスッキリとしたアーモンド油を使用してみてはいかがでしょうか?

化粧品などの美容用

美容用アーモンド油には「サラッとしてベタつかないこと」や「無臭」ということが特徴になります。

美容用のアーモンド油商品は基本的に全身に使うことができますが、食用という記載が無い限りは食べないように注意しましょう。

アーモンド油は美容効果が高いとして注目されたこともあるので、表面に効果が現れるのは美容用の確率が高いようです。これからアーモンド油を使ってみたい!と考えている人はぜひ美容用から使ってみることをおすすめします。

自分に合うアーモンド油の選び方

食べても塗っても万能なアーモンド油ですが、最近では多くのメーカーが販売していることもあり、選び方は大切になってきます。ここでは正しいアーモンド油の2つのチェックポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

原料チェック

まずアーモンド油を見る上で大切なのが「原料は何を使っているのか」をチェックします。記載に「アーモンド油」と書いてあっても、遺伝子組み換えのものや添加物が入っている場合は、敏感肌の人は炎症を起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

抽出方法で選ぶこと

次にチェックすべき箇所は「抽出方法・精製方法」になります。良いアーモンド油の場合は「低圧力・コールドプレス」などのアーモンドの栄養を損なわないような抽出方法がされていますが、高圧力やその他の抽出方法ではアーモンド特有の栄養成分を壊している可能性があります。

肌の負担にならない低圧力な抽出方法を選ぶことがおすすめです。

アーモンド油は身体の内側から美をサポートしてくれる万能オイル!

良いアーモンド油は美肌や健康に良い効果をもたらしてくれる万能オイルとして続けて使うことができます。食べ物にも保湿オイルとしても使うことができるアーモンド油で、日々のアンチエイジング習慣を始めてみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!