アロエベラジュースの効能。活性酸素を分解する2つの酵素とは


アロエが健康にいいことは昔から知られており、世界三大美女の一人である「クレオパトラ」は、美容と健康のためにアロエを使っていたといいます。

アロエというと化粧品に使われていますが、最近はアロエの果肉入りのヨーグルトやジュースも発売されていて、健康食品としても注目を集めています。

アロエといってもたくさん種類がありますが、そのなかでも栄養価が高いといわれているのがアロエベラという種類です。

今回は、アロエベラの有効成分が摂りやすいと話題のアロエベラジュースについて解説していきます。

アロエベラジュースが健康食品として注目されるのは何故?

普段から外食が多い人にとって気になるのが栄養バランスではないでしょうか?
不規則な食生活はよくないとわかっていても、忙しいと外食に頼ってしまうこともあるでしょう。

少しでも健康的な生活をしたいと思って摂取するのが、健康食品ではありませんか?

アロエベラジュースは、美容と健康が気になる人の間で話題になっていますよね。

まずは、アロエベラジュースが注目される理由について見ていきましょう。

アロエベラは昔から民間療法に使われていた

アロエベラジュースの原料となる「アロエベラ」は、紀元前16世紀頃から薬の代わりに使われていたといいます。

現在も伝統療法として使っている地域もあり、アメリカの家庭では庭にアロエベラを植えて、ケガや火傷の手当てに使用するといわれています。

また、整腸作用や善玉菌を増やす作用もあるため、腸内環境を整えるのにも使われています。

アンチエイジングに対する期待

アロエベラジュースが注目される理由としては、アンチエイジングに対する効能もありますよね。

健康や美容が気になる人にとって心配なのは、必要以上に老けこんでしまうことではないでしょうか。
生活習慣病や認知症といった病気も気になりますが、シミやシワ、見た目の老化もできることなら避けたいと思っています。

アロエベラジュースは、老化の原因ともいわれる「活性酸素」を除去する抗酸化作用が含まれていることでも知られています。

活性酸素は、ストレスや疲労でも増加するので、忙しくても健康でいたいという人にとって抗酸化作用が含まれているアロエベラジュースは魅力的なのかもしれません。

アロエベラジュースに含まれるアンチエイジングに期待ができる有効成分とは?

アンチエイジングが気になる人にとって、アロエベラジュースに含まれる有効成分は大事ですよね。

抗酸化作用の他に、活性酸素を分解する酵素も含まれていて、老化や病気の予防にも効果が期待できます。

アロエベラジュースには、体調を整える有効成分も含まれていますよ。

アンチエイジング効果が期待できるアロエベラジュースの有効成分を紹介します。

アロエベラジュースに含まれる抗酸化作用とは?

アロエベラジュースには「サポニン」というポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールといえば、活性酸素を除去する「抗酸化作用」があることでも有名ですよね。

サポニンには、血液中の中性脂肪やコレステロールを減らす作用があり、高脂血症や動脈硬化といった生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

サポニンは肥満症の改善でも注目されているので、アロエベラジュースはダイエット中に飲むのもよいでしょう。

アロエベラジュースに含まれる2つの酵素とは?

アロエベラジュースに含まれている有効成分で注目したいのが、「SOD様作用物質(スーパーオキシドジムスターゼ)」と「カタラーゼ」という2つの酵素です。

どちらも体内に存在する成分ですが、年齢と共に減少していきます。

SOD様作用物質とカタラーゼには、活性酸素を分解して還元する作用があるので、体内で減少すると活性酸素が増加して、どんどん老化が進んでいきます。

アロエベラジュースは、活性酸素を分解する手助けをして、体内の老化を予防します。

アロエベラのネバネバにも有効成分が含まれている

アロエベラの果肉部分には多糖体という有効成分が含まれています。

この多糖体には、体質改善や体調を整えるのに有効な成分が多く。「便秘」や「肌荒れの改善」「免疫力アップ」に有効といわれています。

アロエベラの果肉から出るネバネバとした粘液は、昔から塗り薬としても使われてきましたが、ジュースにすることで体の内側からも有効成分が摂取しやすくなります。

アロエベラジュースの効能とは?

将来、生活習慣病にかかるリスクを考えると若いうちから予防をしたいですよね。

アンチエイジングに有効な成分が含まれているアロエベラジュースは、効能も気になるでしょう。

アロエベラジュースの美容と健康における効能を見ていきましょう。

肌荒れの予防

アロエベラジュース購入者の口コミを読むと多いのが、肌荒れ対策で飲み始めたというものです。

アロエは化粧品の成分にも使われるように、昔からお肌にいいものというイメージがあります。

アロエベラには「抗菌作用」や「抗炎症作用」もあり、ニキビや肌の炎症にも有効です。

アロエベラジュースを飲めば体内のコラーゲン生成を促す作用も期待できるため、肌荒れの原因でもある「乾燥」も防げます。

腸内環境の正常化

肌荒れと同様にアロエベラジュースの口コミで多いのが、便秘対策です。

アロエベラには整腸作用や健胃作用、消化を助ける作用もあり、アロエベラジュースを飲むことでお通じの改善にもつながると期待されています。

確かに便秘などでお腹の調子が悪いとお肌の調子もよくなかったり、お腹がぽっこりとなって太っているようにも見えますよね。

美容と健康を考えると腸内環境を整えるのは、よいことといえるでしょう。

二日酔いや疲労回復にも効果的!

アロエベラジュースにはデトックス作用もあるので、二日酔いの時や疲れがたまっている時に飲むのもよいといわれています。

アルコールは体内に活性酸素を増やす原因にもなるので、お酒を飲み過ぎた時にアロエベラジュースを飲むのは、効果的かもしれません。

極端な疲労は、ストレスや病気の原因にもなります。疲れがたまる前に、ケアをすることも大切でしょう。

アロエベラジュースの注意点

ここでは、アロエベラジュースを選ぶ時と飲む時の注意点、そして禁忌についても説明します。

アロエベラジュースは、美容や健康によいといわれる半面、体質によってはお腹がゆるくなるといった副作用がでることもあります。
こうした副作用が出た場合には、アロエベラジュースを飲むのは中止しましょう。

アロエベラジュースは薬ではない

アロエベラジュースは薬ではありませんので、病気の治療はできません。

どちらかといえば、サプリメントに近いもので、食事では摂ることが難しい栄養成分を補うと思った方がよいでしょう。

アロエベラジュースだけでは、体調管理はできません。食事や運動も組み合わせることが、美容にも健康にも効果的です。

妊娠中の女性は、アロエベラジュースは飲まないほうがよい

妊娠中の女性は、便秘などのマイナートラブルにも悩まされるので、整腸作用が期待できるアロエベラジュースを飲んでみたいと思うかもしれません。

漢方でアロエは「体を冷やす作用」があるといわれているので、妊婦さんにはおすすめできませんし、アロエの葉に含まれるアロインという成分は、子宮を収縮する作用もあるため、妊娠中の女性が摂取すると流産や早産の危険性も指摘されています。

市販されているアロエベラジュースの多くは、アロインが含まれる葉の部分は使われていませんが、妊娠中の女性の安全という面で考えると不安は残ります。

妊娠中やこれから妊娠を考えている人は、アロエベラジュースの摂取はしない方がよいでしょう。

アロエベラジュースは、原産地や添加物にも注意!

国内外、たくさんのメーカーが発売しているアロエベラジュース。信頼できるメーカーのものを選びましょうといっても、あまり有名なメーカーってありませんよね。

アロエベラジュースを選ぶ時にチェックしたいのが、原産地と添加物の有無です。

原産地は、国内だと沖縄産が多く、海外はアメリカ産のものが輸入されています。

甘味を加えているものは飲みやすいのですが、ダイエットや健康のことを考えるとあまり向いていません。

また、保存料が含まれているものもあるので、添加物が気になる人は注意したいですね。

アロエジュースを販売するメーカーのなかには「マルチ商法」もあるので、気をつけましょう。

アロエベラジュースで、体の中からきれいになろう

スキンケアやヘアケアも大事ですが、体の内側からもケアすることで「美肌」も「美髪」も手に入れることができます。

アンチエイジングに効果的な「抗酸化作用」や「酵素」が含まれているアロエベラジュースを飲んで体の中からきれいになりましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!