女性の加齢臭対策。体の外側も内側もケアしてもう臭わせない!

「えっ?枕があの臭い…」「衣服を脱いだらあの臭いが…」。なんとなく他人事だと思っていた加齢臭。自分からも臭っているかもしれないのは、ショックですよね。

自分ではなくても、同年代の女性から臭った時。「おじさんだけではないの…?いずれ自分も?」と、不安になるかもしれませんね。

ここでは加齢臭の原因と、その対策をご紹介していきます。体の外側からも内側からも、しっかりケアしてあげることが大切です。

美容と健康全般につながる対策も多いので、早速生活に取り入れて不安を軽くさせましょう!

加齢臭の原因 簡単に解説

年齢を重ねると、どうして加齢臭が発生しやすくなるのでしょうか?臭いやすい人と臭いにくい人がいるのでしょうか?わかりやすく解説します。

臭いの原因物質は何?

体臭の原因は「汗」であることが多いですが、加齢臭の場合は「皮脂」です。でも、皮脂は赤ちゃんでも若い人でも、体から出ますよね。

実は年齢を重ねると、皮脂の中に含まれる成分が変わってきます。40歳を過ぎた頃から、脂肪酸の一種である「9-ヘキサデセン酸」が増えていくのです。

9-ヘキサデセン酸を含む皮脂は、皮脂腺で「酸化」されると「ノネナール」という物質をつくり出します。この「ノネナール」こそが、加齢臭の臭いのモトなのです!

「脂肪が燃えにくい体」=「酸化を起こしやすい体」です。運動不足やバランスの悪い食生活が、ノネナールをつくりやすくさせるのです。

活性酸素を抑える力の弱まり

老化を促進させる「活性酸素」。これも体内の物質に結びつき、「酸化」させる原因となります。

この活性酸素は、運動不足や逆に激しい運動、紫外線やストレス、喫煙・多量飲酒などで増えますが、体には増えすぎた活性酸素を無毒化する力が備わっています。

しかし、この活性酸素を無毒化する力。だいたい40歳前後から弱まってしまうのです。

よって活性酸素を増やしやすい生活をしていると、皮脂の「酸化」をより促します。加齢臭の原因となるノネナールを、つくりやすくさせてしまうのですね。

女性ホルモンの減少

皮脂の「酸化」によってつくられるノネナールが加齢臭の原因だとわかりましたが、女性の場合皮脂の酸化を抑えてくれる働きがあります。

女性ホルモンの「エストロゲン」です。

しかしこのエストロゲンの分泌量。25歳ぐらいをピークとし、その後はなだらかに減っていきます。多少の個人差はありますが、40歳を過ぎてからの減り方は急激になります。

更年期や閉経後、加齢臭に悩む女性が増えると言われています。エストロゲンの分泌量が大きく減ることが関係すると考えられているのです。

臭いやすい人、臭いにくい人はいるの?

加齢臭は、一般的に男性よりも女性の方が目立ちにくい傾向にありますよね。考えられる要因として、以下のようなことが挙げられます。

  • 女性ホルモン「エストロゲン」が皮脂の酸化を抑える
  • 男性に比べ皮脂の分泌量自体が少ない
  • 体や衣服を、清潔に保とうとする意識がある人が多い
  • デオドラント商品の使用など、こまめに心がけている人が多い
  • 食生活で揚げ物を控えるなど、気を配っている人が多い

しかし、これは飽くまで「一般的な傾向」。女性の中でも皮脂量が比較的多い、清潔さや食生活に気を配らないなどの人は、加齢臭を感じさせやすくなるのですね。

その他、前述のまとめにもなりますが、運動不足、肥満体質、ストレスが多い人、喫煙・飲酒の習慣がある人も、加齢臭を発生させやすいと言えます。

加齢臭対策! 体の外側からのケア方法

すでに臭ってしまっている場合、てっとり早いのは外側からのケア。対策を4つに分けてご紹介します。

体全体を丁寧に洗う

加齢臭の原因は「皮脂」ですが、皮脂は季節を問わず体全体から出るものですよね。よって、体全体を毎日清潔に保つことが大切です。

特に皮脂が多く臭いやすい場所は、以下の通りです。

  • 首の後ろ
  • 背中
  • 耳のまわり
  • 脇や胸元

お気づきかもしれませんが、自分ではわかりにくい場所が多いのです…。入浴の際は、これらの部分を中心に、体全体をしっかり丁寧に洗うようにします。

ゴシゴシ洗う方が効果的なように思えますが、皮脂が落ちすぎてしまい余計な皮脂の発生を促します。よく泡立て、肌を優しく包み込むように洗いましょう。

加齢臭対策の石鹸やボディソープ、シャンプーを使うと効果的です。実はお湯だけでも皮脂やノネナールを落とせますが、ノネナールの原因となる脂肪酸は落とせないのです。

加齢臭対策の石鹸やボディソープ、シャンプーは多数ありますが、選ぶ際にポイントとなるのは以下の通りです。

  • 石油系界面活性剤など刺激の強い成分が入っていない
  • 続けられる価格で、なおかつ効果がある
  • 保湿効果が高い

毎日使う物なので、できるだけ美肌・美髪にもつながる優しい物を…。時間がたっても菌の繁殖を抑えてくれる殺菌作用のある物、消臭効果のある物など、さまざまです。

しかし、値段のわりに効果が薄いという商品もあるようです。口コミなどを参考に試し、自分に合う物をみつけましょう。

乾燥肌の人は特に保湿をしっかり

乾燥肌の人は、体が肌を潤そうとして皮脂が多く分泌されます。潤っているように見えても、水分ではなく皮脂なのですね。

顔や首の保湿は心がけていても、体全体の保湿はしない人も多いかもしれません。しかし加齢臭を防ぐためには、背中や胸元など体全体の保湿も意識していきましょう。

お風呂上がりに体の水分を優しく拭き、5分以内にボディミルクやローションをつけましょう。水分が少し残っているうちに塗るのもオススメです。

忙しい、面倒、という人は、先に述べた保湿効果の高い石鹸やボディソープを使うだけでも違います。

頭皮についても、乾燥しがちな人は洗いすぎに注意。ゴシゴシ乱暴に洗わないこともそうですが、シャンプーは1日おきぐらいの方がよい場合もあります。

お湯ですすぐだけでも、汚れの半分程度は落とせると言われています。必ず毎日洗いたいという人は、洗い方に気をつけましょう。

① シャンプー前に髪全体をよくブラッシングする
② 人肌ぐらいの温度のお湯で、髪と頭皮を1分間予洗いする
③ シャンプーを手のひらでよく泡立てる
④ 頭皮に泡をつけ、指の腹で丁寧に優しく洗う
⑤ 髪の生え際なども含め、全体をよくすすぐ

自然乾燥もよくないですが、ドライヤーの熱も乾燥を招きます。髪の毛から20cmほどは離し冷風も使う、熱風をあてる場所をこまめに変えるなど、心がけましょう。

洗髪後に頭皮専用の保湿ローションをつけると、より効果的ですよ。

デオドラント製品を持ち歩く

シートタイプ、加齢臭対策のミストやスプレー、頭皮専用の消臭スプレーなど、さまざまな種類があります。いろいろ試し、自分に合う物を持ち歩きましょう。

季節によって変えた方がよいこともあります。一般的に加齢臭を発生させやすい季節は夏。理由は以下のようなことが挙げられます。

  • 気温上昇や汗に伴って、皮脂が多く分泌されるから
  • 冷房による乾燥や汗による水分蒸発で、皮脂量が増えるから
  • 強い紫外線が活性酸素を増やすから

自分で気になる時やトイレに行った時など、シートタイプのデオドラント製品で皮脂や汗を拭きとりましょう。もちろん皮脂は1年中分泌されるので、夏以外でも油断はできません。

  • 耳や首の後ろを触り、その臭いを嗅ぐ
  • 衣服の臭いを嗅いでみる
  • 頭をかき、その臭いを嗅ぐ

こんなチェックをしてみて、自分で臭うようなら人にも臭っている可能性があります。加齢臭専用のミストやスプレーなどで、対処するとよいでしょう。

ただ、「女性の加齢臭は香水や化粧の臭いと混じるからタチが悪い」という男性の声もあります。「香水・コロンで加齢臭を消そう」という意識は、持たない方がよいかもしれませんね。

衣類の洗濯は?

男性の方が女性よりも加齢臭が目立つ原因の一つとして、同じスーツやコートなどを続けて着用する人が多いことが挙げられます。

加齢臭の原因となる成分は、知らず知らずのうちに衣類に移ります。スーツやコートは帰宅してしばらくたってから臭いを嗅ぎ、気になる場合はクリーニングに出しましょう。

普段の洗濯もこまめに行い、できるだけ太陽に当てて干すと殺菌されますよ。強い消臭効果のある洗剤や介護用洗剤を使うと、しみついた加齢臭も落とせるでしょう。

加齢臭対策! 体の内側からもケアしよう

ホルモンバランス、自律神経、生活習慣が乱れていると、30代後半で加齢臭が発生することも…。

加齢臭の臭いのモトとなる「ノネナール」を減少させるためには、内側からのケアも大切です。

ノネナール発生の原因となる活性酸素を減らす、ストレス軽減のためホルモンバランスや自律神経のバランスを整える…。このためには、基本的な生活習慣を整えることです。

最短の道はありません。ストレスをためない程度に、普段からの努力を心がけましょう。

なるべく減らしたい食べ物

繰り返しになりますが、加齢臭の原因は「皮脂」。油の多い食べ物は「酸化」が進みやすく、活性酸素が多く発生することにつながります。

揚げ物やこてこてのラーメン、ジャンクフード、スナック菓子…。大好物という人もいると思いますが、「脂っこい」食べ物は、とり過ぎに注意しましょう。

また油の中でも、特に「動物性脂肪」が加齢臭を強くさせます。

  • お肉
  • チーズ、牛乳などの乳製品
  • バター

お肉料理やチーズが使われた料理は、食べすぎに注意です。と言ってもたんぱく質は体に欠かせませんので、魚や大豆製品からもバランスよくとるようにしましょう。

ケーキ、クッキーなどの洋菓子が好きな人も多いかもしれませんが、バターを中心とした動物性脂肪は想像以上!アイスクリームやチョコレートも、食べすぎには気をつけましょう。

家庭で料理する場合、エキストラバージンオリーブオイルがオススメ。これに含まれるオレイン酸は、酸化されにくいからです。バターを頻繁に使う人は、なるべく減らしましょう。

食品添加物は消化しにくく、活性酸素を発生させやすくなります。食材を選ぶ際に、成分表示を少し意識することから始めてみましょう。

食べるなら「洋食よりも和食」「肉より魚」「こてこてより、あっさり」。ぜひ意識してみてください。

積極的にとりたい食べ物

食事は栄養バランスが大切ですが、特に積極的にとりたい食べ物をご紹介します。

★抗酸化作用のある食べ物

「抗酸化作用」とは、その名の通り酸化を防ぐこと。活性酸素の発生を少なくし、加齢臭のモトとなるノネナールの生成を少しでも抑えましょう。

  • 果物・・・バナナ、いちご、キウイ、りんご、ブルーベリーなど
  • 色の濃い野菜・・・かぼちゃ、人参、ピーマン、ほうれん草など
  • 香味野菜・・・ねぎ、ショウガ、にら、しそ、ニンニクなど
  • その他の野菜・・・アボカド、玉ねぎ、トマト、なす、キャベツなど
  • 魚・・・うなぎ、イクラ、さんま、イワシ、鮭、まぐろなど
  • 飲み物・・・緑茶、ココア、烏龍茶、コーヒー、紅茶、赤ワインなど
  • その他・・・ごま、海藻類、ナッツ類、プルーン、大豆製品など

実は抗酸化作用のある食べ物は多数あり、挙げているとキリがありません。大切な点をまとめると、

  • なるべく多くの種類の野菜、海藻、果物を食べる
  • たんぱく質は、魚や大豆製品から積極的にとる
  • 間食はお菓子でなく、ナッツ類やドライフルーツをとる
  • 抗酸化作用のある飲み物を意識してとる

一つの食材や飲み物ばかりをとるなど、偏った食生活はおすすめできません。普段の食生活の中で、ほんの少し意識することから始めてみましょう。

★「エストロゲン」を増やす食べ物

女性ホルモンの「エストロゲン」も、皮脂の酸化を抑える働きがあります。大豆イソフラボンを含む食材は、不足したエストロゲンを補ったり分泌を促したりする働きがあると言われています。

  • 納豆、豆腐、大豆の水煮
  • 厚揚げ、油揚げ
  • 味噌、醤油
  • 豆乳、きな粉

料理に積極的に使う、牛乳を豆乳に変える、飲み物にきな粉を混ぜるなど、工夫して取り入れるとよいですね。ただし、極端なとり過ぎは避けましょう。

ビタミンB6やビタミンEも、エストロゲンの分泌を促す働きがあると言われています。

  • ビタミンB6:バナナ、レバー、鶏ささみ、サンマ、鮭、かつお、赤ピーマンなど
  • ビタミンE:アーモンド、あんこうの肝、かぼちゃ、大根の葉、赤ピーマンなど

バナナやアーモンドは手軽に食べられますよね。アーモンドは、無塩で油が使われていない物がオススメです。

腸の調子を整えよう

腸内に悪玉菌が増えると、体臭が発生しやすくなります。加齢臭に直接影響はなくても、助長につながる体の臭いを抑えられるよう、腸内環境を整えましょう。

腸の調子を整える食べ物には、以下のような物があります。

  • ヨーグルト(菌が生きて腸に届く物を、1日200gぐらい食べるとよい)
  • 発酵食品(納豆、キムチ、味噌、ぬかづけ、甘酒など)
  • 食物繊維を多く含む物(バナナ、こんにゃく、ゴボウ、きのこ類、ワカメなど)

腸内環境が整うと、血流がよくなり代謝が高まります。免疫力アップや気持ちの安定、美肌やアンチエイジングなど、女性に嬉しい効果もたくさんあるのです。

少しでも運動の機会を!

軽い運動は活性酸素もストレスも減らします。おまけに腸内環境やホルモンバランスを整えることにもつながり、加齢臭対策にはもってこいなのです。

しかし、忙しかったり面倒だったりで、すっかり運動不足の人も多いのではないでしょうか?ぜひ、少しでも運動の機会を取り入れてみましょう。

ジムやヨガ教室などに行ってしまった方が、運動できるという人もいます。しかし行くこと自体が面倒な場合は、生活の中に無理なく取り入れましょう。

  • 散歩、ウィンドウショッピング、自転車を使わないなど、極力歩く
  • テレビを見ながらストレッチやラジオ体操、踏み台昇降
  • DVDを見ながらダンスやヨガ
自分が苦にならないこと、なるべく楽しめることがよいですね。掃除などの家事をこまめにしっかり行うのもオススメ。運動になって部屋もきれいになって、一石二鳥です。

紫外線対策を徹底的に!

紫外線は活性酸素を増やします。多くの人が知っている通り、紫外線は加齢臭だけでなく美容と健康全般の大敵…。しっかり対策しましょう。

まず紫外線対策は冬でも晴れの日以外でも、基本的に毎日行いましょう。

冬でも長い時間浴びればダメージですし、曇りの日でも晴れの日の6割程度は降り注ぐと言われるからです。室内や車の中も、ガラス越しの紫外線量はけっこうなものです。

  • 日焼け止めは、手の甲や足首、耳の後ろなども塗る
  • 日焼け止めは、2~3時間おきに塗り直す
  • 屋外に長時間いない、もしくはなるべく日陰にいる
  • 日傘や帽子、サングラス、アームカバーなどを使う

紫外線が強く降り注ぐ季節や時間帯は、ちょっとの時間でも油断は禁物です。紫外線対策は、こまめに行いましょう。

ストレスの溜めすぎに注意

ストレスは避けられないですし、多少のストレスは心身によい効果もあります。しかし溜めすぎてしまうと、活性酸素を増やし悪影響です。

自分に合った方法で、こまめにストレスを解消・発散していきましょう。手軽にできる方法として、筆者がオススメするのが、以下の3つです。

  • 深呼吸や、息を10秒ぐらいかけてゆっくり吐き出す
  • 自然に触れる
  • ツボ押し

深い呼吸にはリラックス効果があり、自律神経のバランスを整えてくれます。イライラや不安感が強い時は呼吸が浅くなりがちですので、特に意識しましょう。

自然にはストレスを軽減させる効果があります。広大な自然でなくてもOK。近所の公園や川沿いを散歩するだけでも効果がありますし、部屋に観葉植物を置くだけでも違いますよ。

ツボはたくさんありますが、今回は加齢臭対策にもなる「エストロゲンを増やす」効果が期待できるツボを2ヶ所ご紹介します。

★合谷(ごうこく)

手の親指の骨と人差し指の骨を、手首の方向に向かって指でなぞり、骨が合流した所から少し上の部分にあるツボです。

押すと少しくぼんでいて、痛みが感じられる部分があると思います。その部分が合谷(ごうこく)です。

反対側の親指で、痛気持ちいい程度に押しましょう。首痛や肩こりの緩和、ストレスや緊張の軽減など、効果がたくさんのツボです!

★壇中(だんちゅう)

左右の乳首を結んだ線の中心から、指1本分ぐらい下がった所にあるツボです。押すと少しくぼむ所があり、その部分が壇中(だんちゅう)です。

両方の人差し指から薬指までを上下に重ね(合計6本)、息を吐きながら5秒程度軽く押し、ゆっくり離します。これを数回繰り返しましょう。

基本的な生活習慣を整える

酸化を抑えて活性酸素を減らすためにも、エストロゲンの分泌を促すためにも、とにかく基本的な生活習慣を整えることです。

前述とも重なりますが、栄養バランスのとれた食事、暴飲暴食を避ける、適度な運動、喫煙しない、ストレスを溜めない…。これらが、できるだけ「日常」になるとよいですね。

コップ1杯程度のアルコールは、活性酸素の除去に効果的な場合もあります。しかし飲み過ぎは活性酸素を増やす原因となるので、注意しましょう。

質のよい十分な睡眠をとることや、体を冷やさないことも大切です。加齢臭対策になるだけでなく、美容と健康全般においても心がけたいことです。

サプリメントもある

加齢臭に対応するサプリメントもあります。強い消臭効果のある物、女性に嬉しい美容面での効果もある物、腸内環境を整える成分も入っている物…さまざまです。

女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を促すサプリメントや、ホルモンバランスを整える効果のある漢方薬もあります。

いずれも特徴を調べた上で、多量摂取やたより過ぎに注意しながら使用しましょう。

もう臭わせない! 自信の持てる毎日に…

加齢臭と一言で表しても、臭いの強さや他の体臭もあるのかなど、人によってそれぞれです。ぜひ自分に合った対策を、心がけていきましょう。

ただ、ご紹介した「体の内側からのケア」は、年齢を問わず意識していただきたいことばかりです。たまに乱れることはあっても、基本的には生活習慣を整えていく…。すると、美容・健康面でも嬉しいことが増えると思います。

何歳になっても、自信を持ってイキイキと過ごしたいですよね。そのために、今日から少しずつ対策を取り入れていきましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!