サバ缶の美容と健康効果。生活習慣病や認知症予防効果も!

サバ缶に対して皆様はどのような印象を持っていますか?

非常食として置いてはあるけれど…、缶詰は味付けがどれも一緒で飽きてしまいそう…、このような印象をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですがそれは大きな誤解です。青魚の栄養をたっぷりと、しかも簡単に摂れるサバ缶を普段使いしないのはもったいない!

青魚がなぜ美容と健康にとって良いのか

サバやイワシ、サンマなどの「青魚が体に良い」という話を耳にしたことはありませんか?

青魚にはいったいどのような成分が含まれていて、「体に良い」と言われるようになったのでしょう。

不飽和脂肪酸DHAとEPA

「脂質」いう言葉はあまり美容にとっては良くないと思われるかもしれませんが、ダイエット中といえども適度の脂質はエネルギーを生み出すために必要です。

青魚に含まれる不飽和脂肪酸の一種であるDHAとEPAという脂質は、常温では固まらないため摂取しても人間の体内では固まりません。

DHAは脳細胞を活性化させ老化を防ぐ成分です。EPAは中性脂肪を低下させ血液をサラサラにする効果がある成分です。どちらもアンチエイジングに効果的です。

厚生労働省はDHAとEPAの摂取を推奨していますが、どちらも体内で作ることができない成分なので食品から摂ることが大切です。

EPAにはやせるホルモンも

青魚に含まれる脂質は上記の効果だけではなく、EPAにはGLP-1というホルモンを大量に分泌させる効果があるということがわかりました。

GLP-1が分泌されると、インスリンの分泌を促し血糖値の上昇を抑えるため、太りにくい体質になります。

青魚は実は赤身

スーパーなどで流通している魚は、回遊せず一定の場所に生息する鯛などのような白身と、広い海を常に泳ぐマグロや青魚などの回遊魚である赤身の、大きく2種類に分類されています。

そして赤身の中でも、サバなど青魚と呼ばれる近海性回遊魚と、カツオやマグロなどの遠洋性回遊魚の2つに分かれ、DHAやEPAは近海性回遊魚に特に多く含まれています。

サバの優れた栄養価

青魚の中でも、サバには特筆すべきポイントがあります。

サバとサバ加工品にはEPAが特に豊富

青魚(正確には赤身ですが)であるサバにはGLP-1を分泌させるEPAが豊富。

生サバはもちろん、サバ加工品にも他の青魚よりも高い割合でEPAが豊富に含まれています。EPAを効率よく摂取することができます。

アンチエイジングに効果的な抗酸化物質セレン

サバにはセレンというミネラルの一種である抗酸化物質が豊富に含まれています。

ストレスや紫外線、飲酒など日常のふとしたことで、私たちの体は老化の原因である活性酸素が増えてしまいます。

セレンをはじめとする抗酸化物質は、増えた活性酸素を減らす働きをします。

ビタミンB12、ビタミンD

さらに、サバにはビタミン群まで摂ることができるのです。

サバに含まれるビタミンB12は貧血を予防する効果が、ビタミンDは骨を健康にする働きがあります。

ビタミン不足が気になる方は、ぜひ意識して食べてみてください。

サバ缶の食べ方とアレンジレシピ

サバは脂質も大事な栄養なので、調理の際は汁は捨てずに使うことがポイントです。

もちろんそのままでOK

「あれとあれを組み合わせて…」などと難しいことを考える必要はありません!お料理が苦手な方や忙しくて自炊をする時間があまりないという方は、まずはそのままチャレンジを。

おいしい商品がたくさん販売されていますし、インターネットやコンビニでも購入できます。

調理には水煮がおすすめ

サバ缶を調理する時は、味付けのアレンジをしやすい水煮が断然おすすめです。

他の調味料とのバランスが取りやすいですし、みそ煮や醤油煮に比べて糖分が少ないのでカロリーが気になる方はぜひ水煮を。

炊き込みご飯や、野菜を加えた煮物や汁物は出汁をとる必要がないのも時短で嬉しいですね。

ぜひ和食以外にもチャレンジを

塩味のサバ水煮缶の可能性は無限大。トマトと魚を組み合わせるとうま味成分が増すのでトマトソースで煮込んでパスタはいかがでしょうか。

カレーなどのスパイスともとても相性がよいですよ。

懸念される日本人の魚離れ

調理が簡単でおしゃれな肉料理やワンプレート料理が主流になってきた現代では、日本人の魚離れが深刻です。

魚料理が減った原因の一つ「孤食」

数十年前の日本の生活と比べると、子供の頃から塾や習い事に通い、実家であっても一人で食事を摂ることが増えています。

骨が多いから魚が嫌いだという子供が増えていますが、「魚は体に良いもの」「魚はおいしいもの」という会話をするコミュニケーションが減ったことが背景にあると考えられます。

魚離れの弊害

魚には他の食材では補えない優れた栄養素がたくさんあります。おいしいから、調理が簡単だからと言って肉料理や炭水化物に偏った食事ばかりしていると、脂質や糖質過多による肥満の原因になってしまいます。

ぜひ意識して魚を日々の食事に取り入れてみてください。生魚の調理は難しくても、缶詰なら負担なく続けることができます。

特にサバ缶は、柔らかく煮た骨まで食べることができるのでカルシウム補給にも最適です。

多様で質の高い缶詰

ひとくちにサバ缶と言っても、こんなにたくさん種類があります!

安定のみそ煮から、新しい風味のサバ缶

さて、こんなにメリットがたくさんのサバ缶、今日から早速食べてみたくなりませんか?

おなじみのみそ煮から、なんとオリーブオイル漬けやレモンバジルという商品も販売されています。

水煮も、一缶100円台のリーズナブルなものから、塩にこだわったものなど幅広く展開されています。これなら飽きずにサバ缶生活を続けることができますね。

サバ缶で手軽に健康と美肌を手に入れよう!

魚食を中心とする和食は、低脂質で健康によいと言われており海外からも注目されています。

サバ缶を通して、美容と健康に必要な食生活を振り返るきっかけになればと思います。

値段が手頃・バラエティー豊か・長期間保存可能と、いいことづくめのサバ缶は、これからの可能性をまだまだ秘めているでしょう。

ぜひ皆様のお好みの食べ方を見つけてみてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!