ナチュラル&ゆるふわ「ストカール」でいつでも魅力的に!


魅力的な女性は、やはり「ヘアスタイル」に気を配っているのではないでしょうか。どんなに、「メイク」や「ファッション」などに気を配っても「ヘアスタイル」が、自分に合ったものでないと「愕然と」その魅力は半減してしまいます。

その、悩みを解決してくれるのが「ストカール」。

この「ストカール」がどうしてそんなにもおススメなのか?そもそも「ストカール」とはどんなヘアスタイルのことをいうのか?

などなど、「ストカール」についての、色々な疑問点を解決していきながら、その魅力などを知ってみることが、お洒落の上級者を目指す女性におススメです。

ストカールはそもそもなに?どんなもの?

知っているようで知らない「ストカール」けっこう「初めて聞いた。」って、言う方も多いはずですではないですか?

そこでまずは、ストカールとはいったい何なのかということを知ってみましょう!

ストカールとは・・・

そもそもストカールとは「ストレートパーマ(縮毛矯正)とデジタルパーマ」の、2種類のパーマをかけるヘアスタイルの事です。

かけ方としては次のような方法があります。

1)まず始めに、「ストレートパーマ又は縮毛矯正」を行ない、髪の毛のくせを伸ばし、まっすぐにします。
2)次に、自分の好きな位置から毛先にかけて「デジタルパーマ」をかけ、カールをつける。

コレが「ストカール」のやり方。

こうすることによって、自然で綺麗な仕上がりのヘアスタイルが可能になるわけです。

ストカールをすることによるメリット&デメリット

メリットとデメリットは、どのような場面や行動にもつきものです。

では、「ストカール」をすることによる、「メリット&デメリット」を紹介していきます。

メリット点

必ず髪の毛の悩みで上位を占める

  • 「クセ毛や生まれつきの天然パーマ」などの髪の毛の
  • 「うねり」による、日々のストレスの解消
  • 特に、梅雨の時期や湿気の多い日などの髪の毛の悩みを解消してくれます。
  • スタイリングにかかる時間の大幅短縮

オシャレを楽しみたい・オシャレ大好きって方は多いはず。

しかし、おしゃれをするのに朝の時間の足りない時間にスタイリングをバッチリ決めるのはとても大変!ですが、「ストカール」はそんな面倒で手間のかかる必要がないのです。(ヘアアイロンやコテを使用する手間)

デメリット点

  • ストレートパーマとデジタルパーマの両方を同時に施術するので、「コストが高」。
およその「ストカールの相場は・・・」20000円~のお値段。長さの度合いによっても、値段は変動があります。
  • パーマをかけると言う事は・・・髪の毛のダメージが大。
しかも、同時に2種類のパーマを行うので、どちらか一方だけよりも、さらにその髪へのダメージは大きいです。ですので、一緒にトリートメントなどを行ってもらう事が重要。さらに、自宅でもちゃんとしたヘアケアを怠らないようにすることも大切です。
  • 施術をするのにかなりの長い時間を要する事。
おおよそですが、3~4時間ほどの時間がかかります。髪の毛の長さにもより時間は異なりますが、ある程度の時間の拘束は覚悟する必要があります。

ストカールの長持ちさせる方法とケア方法

どのようなパーマでも、そうですが日々のお手入れの仕方によって、長持ちの度合いは明らかに違ってくるものです。少しでも長持ちさせたいと感じるはず。

では、どうすればよいのか?その方法を一緒に探っていきましょう。

長持ちさせる方法

ブラッシング・・・パーマをした髪を、入念にとかしてしまうのはダメ!せっかくのパーマがとれてしまいます。

おススメのブラシはきめの粗い物をチョイする!細かいブラシを選ぶのはNG!「ストレートヘア」にしようとしているようなものです。
    シャンプー・・・1日1回程度がよいでしょう。
     

    普段それ以上のシャンプーを行っている人ほど、とれやすくなります。

    ブロー・・・乾かす時もパーマかけた部分を、あまり引っ張るような事はしない。

    揉むように髪の根元からしっかりと乾かし、パーマしたヘアスタイルを戻してあげるようにする。

    以上の3つの気配りした行動だけでも、パーマの長持ち度はかなり、変ってくるはずです。

    ケア方法

    美容院などに出向きトリートメントを行ってもらうのもよいですが、日々の日常的なヘアケアが一番効果があるといってよいです。

    • 雑な洗髪はせずに、【丁寧な洗髪】を行う。
    • 適切なヘアドライを心がけ徹底する。
    • 肌にも悪い紫外線は、髪の毛にも同じようにダメージを与えるので、可能な限り
    • 「紫外線」を避けるようにする。
    • カラーリングやスタイリング剤といったものを、多用しない事。
    • トリートメントを定期的に行う。

    (日々の簡単なトリートメントではなく、念入りなトリートメントを心がける。)

    髪への影響や負担はある?

    ある程度の髪への影響や負担は認識しておくべきです。

    影響とは?

    やはり、自然な髪の毛ではないので、それなりに大きなダメージがあります。切れ毛などを起こし、髪に薬剤を使うので髪の毛の表面の保護をしてくれている「キューティクル」が剥がれ、防衛する機能が低下します。

    特に髪の毛の質が細い人ほど、その影響は大きいと言えるでしょう。

    負担とは?

    自分で毎日巻くよりも、一回行うパーマの方が負担が大きいです。

    それはなぜ?かというと、薬剤を使用するため。自分で行う場合には「熱」を利用しますが、パーマは「薬剤」を利用します。ですので、負担が大きくなってしまうのです。

    ストカールの髪の長さ別『おススメのヘアアレンジ』とは?

    コレはちょっと活用して欲しい情報です。長さ別におススメのヘアアレンジを紹介!

    ショートヘア

    ショートレイヤーボブヘアに全体をゆるめにデジタルパーマでミックス巻きをかけ、サイドに外はねもプラスするストカール。

    アレンジが色々と可能です。(ワックスを使うとさらにアレンジ幅が広がります。)

    ボブヘア

    毛先にちょっとしたワンポイントカールを足す。オシャレ度は「グッと」あがります。

    ミディアムヘア

    毛先にかけるのがおススメ。ミディアムヘアは、もともとアレンジしやすい長さ。

    緩めにパーマをかけ耳に掛けるスタイルにすると、フェミニン的な印象になるので
    「かわいい女子」をしたい人にはおススメです。

    ロングヘア

    髪の毛の長さに余裕があるので、短めヘアの毛先だけでなく「色々カール&ウェーブ」をすることがおススメ。

    特におススメが「ゆるフワ」の抑えめでかけるのがおススメです。
    アレンジが楽しめます。

    以上のように、ストカールにも髪の長さにより色々と、アレンジも変ってきます。

    ストカールでオシャレで楽しい毎日を!

    おしゃれを手軽に時短に楽しむには「ストカール」はおススメ。しかし、その方法をしっかりと勉強をしたり、信頼する美容院を見つけたり施術する前に「カウンセリング」を行う事はとても重要です。

    せっかくの「ストカール」を失敗させないようにするには、やはり事前準備を行う事です。

    ちょっとの手間を惜しまずに「成功」を選んでくださいね。そして、「オシャレで、楽しい」毎日を手に入れてください!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!