人には聞けない乳輪の毛事情。皆どんな状態で、どう処理しているの?


人に聞く事ができない乳輪の毛の話。案外綺麗な女性でも、産毛だけではなくしっかりとして太い毛が生えている事も!?現実的な話としまして、女性よりも案外男性の方が気にしているという意見もチラホラ。

では、どうして乳輪に毛が生えてきて、何の役目を果たしているのでしょうか?

乳輪に毛が生える原因と対策法、または毛の処理法を理解すると心のモヤモヤもスッキリ解消できる事でしょう。

乳輪の毛はどうして生えるの?

乳輪に毛が生える原因として、大きく分けて2つの事があげられます。一つはホルモンバランスの乱れ、もう一つは身体を外部の刺激から守るためです。それぞれ、どのような理由から乳輪に毛が生えているかを理解してゆきましょう。

ホルモンバランスが乱れる原因

乳輪に毛が生える原因として、ホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。ホルモンバランスの乱れは、①ストレス、②睡眠不足、③ダイエット、④タバコ、⑤食事バランスなど様々な事が要因でおきます。もちろん、男性ホルモンが増えたからといって、必ずしも乳輪に毛が生えるわけではなく、確率が高くなるという話です。

①ストレス

ストレスが溜まると、自分でコントロールができない交感神経が活性化します。交感神経が活性化されると、テストステロンという男性ホルモンが過剰に分泌されやすくなり、ホルモンバランスを崩すのです。すると、皮脂分泌が活発になったり、濃い毛が生えやすくなったりします。

②睡眠不足

ストレスなどで交感神経が活性化していると、なかなか眠りにつけなく睡眠不足となり、ホルモンバランスの乱れを起こす可能性もあります。

また、睡眠時間の確保が上手くできていないと、ホルモンを分泌する視床下部や下垂体の機能が正常に働きにくくなるため、女性ホルモンのバランスを崩す要因にもなります。ですから、乳輪にも毛が生えやすいなるのです。

③ダイエット

ダイエットもホルモンバランスを崩す要因になります。それは脂肪が女性ホルモンの原料になるため、ダイエットにより必要な脂肪を減らしてしまう事で女性ホルモンの量が減ってしまからです。

他にも女性ホルモンの原料として、タンパク質も重要です。ダイエットにより栄養不足となり女性ホルモンが減少するだけでなく、食欲コントロールも上手く操縦できなくなり体調不良に陥る場合もあるので注意が必要です。

女性ホルモンが減る事で、男性ホルモンが優位に働くため、毛が濃くなりやすくなり乳輪に毛が生える確率を上げてしまうのです。

④タバコ

タバコには4000種類以上もの有害物質が含まれていて、女性ホルモンを分解してゆき、その分男性ホルモンを増やす作用があると言われています。ですから体毛が濃くなりやすく、乳輪に毛が生える確率も高くなります。

中でも女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を抑制するため、美容にも悪影響を与えてゆきます。

⑤食事バランス

食事バランスの偏りも、ホルモンバランスを乱してゆきます。特に赤みのお肉をたくさん摂る事で男性ホルモンの分泌が多くなります。

また、体を冷やす冷たい食べ物も自律神経に支障をきたすので、ホルモンバランスの乱れに繋がります。

他にも化学調味料の多いインスタント食品もミネラル不足になりやすく、ホルモンバランスの崩れの要因に繋がります。

偏った食事はダイエット同様に栄養バランスの不足に繋がり、女性ホルモンを乱してゆきので、体毛が濃くなり、乳輪に毛が生えやすくなります。

身体を外部の刺激から守るため

乳輪に毛が生えるのはホルモンバランスの乱れだけではなく、外部からの刺激から肌を守る役目や、体温を一定に保つ大切や役割があるのです。

乳輪はデリケートな部分であり、授乳の際に赤ちゃんがおっぱいに気付きやすいために毛が生えているという説もあるそうです。

豆知識としまして、母乳を吸う赤ちゃんにとっては、なにもしないありのままの状態が一番心地よいと言います。

赤ちゃんの為に目立つ様に生えている乳輪の毛ですが、男性の方が気になってしまうのであれば仕方のない話しです。確かに、今の世の中バストを守るためにブラジャーがありますし、見た目として乳輪の毛といったムダ毛がない方が、綺麗でスッキリ見える事は確かです。何を重要視するかで、乳輪の毛の処理法が人それぞれ変わってくるというわけです。

乳輪に毛が生える時期

乳輪に毛が生える時期は、大きく分けて3回あります。思春期、妊娠中、更年期です。

思春期

思春期は女性ホルモンの分泌量が一気に増える時期で、それに伴い男性ホルモンの分泌量も増加するために、体毛が濃くなったり、急に乳輪に毛が生えてくるタイミングになりやすいのです。

妊娠中、更年期

妊娠中や授乳中、更年期などもホルモンの分泌量が急激に変化をする事でバランスを崩し、バストや乳輪に毛が生えてくるタイミングになりやすいです。

上記の時期は体の変化もあり、ホルモンバランスが乱れやすいです。正常に分泌されない時期なので、乳輪に毛が生えやすくなりがちです。もちろん、ホルモンバランスが安定すれは毛が薄くなったり、徐々に元の状態に戻る事もあります。

乳輪の毛の肌に優しい処理法は?

ムダ毛という体毛を始め乳輪の毛も、ホルモンバランスとの関係が深く関わっている事が理解できたと思います。ホルモンバランスが安定すれば、体毛や乳輪の毛も薄くなってきますが、乳輪の毛は視線が気になるのは確かです。そんな時は肌に優しい方法で毛の処理を行うと、心の悩みが消えスッキリします。不安に思っている事もストレスになりがちでよくありません。

顔用の電気シェーバー

顔用の電気シェーバーをご使用いただくと、デリケートな乳輪部分の肌を傷つけずに脱毛する事が出来ます。

また、眉用などの小さなシェーバーであれば乳輪に生えた数本のムダ毛にも、細やかに対応が出来便利です。

エステサロンやクリニックでの脱毛

お金と時間がかかる事ですが、エステサロンや美容外科のクリニックで脱毛を行うのが一番肌にとっては安心です。

エステサロンや美容クリニックによって施術の仕方や脱毛による痛み、価格、ムダ毛がなくなるまでの期間等も異なりますので、行う場合は下調べをしておく事が大切でしょう。

注意したい乳輪の毛の自己処理法は?

乳輪の毛の自己処理は、一歩間違えると肌トラブルに陥る場合があるので注意が必要です。乳輪部分は凹凸も多く、特にデリケートですので肌に負担がないようにしましょう。

カミソリ

電気シェーバーと違い普通のカミソリで処理を行うと、肌や油分を削ってしまう恐れがあり肌への負担も大きくなるので注意が必要です。カミソリをご使用する際は、クリームやせっけんなどで肌を保護したり、処理後はしっかりと保湿してあげる事が大切です。

毛抜き

乳輪に数本の毛が生えている場合は、毛抜きでの処理が手っ取り早くてよいと思われがちですが、途中で毛が切れてしまう恐れがあります。そうしますと、毛を抜いた時のダメージで角質がかさぶたとなり毛穴をふさぎ、埋没毛になる場合もあります。

◆◆埋没毛とは?◆◆
毛穴の中に毛が詰まってしまった状態を埋没毛と言います。埋没毛は表面に出ることなく、皮膚の中で成長するので皮膚が黒くブツブツして返って目立ったり、炎症を起こすこともあります。

また、埋没毛は放っておくと色素沈着をして黒ずみの原因にもなり、肌の透明感が失われます。乳輪の毛をなくしスッキリさせるつもりが、埋没毛により剃り残しや黒ずみとなって余計に目につく事になるので注意が必要です。

ハサミでカット

毛抜き同様に、乳輪に数本の毛が生えている場合ならハサミでカットすると直ぐに処理が出来るので便利です。工作用のハサミではなく、先が丸くなった小さめの鼻毛用のハサミを使うとよいでしょう。

ハサミは肌を傷つけない点は良いのですが、数日後に毛が成長してくると、カットした断面が丸々と黒く目立ってしまう事が難点です。

脱毛クリーム

脱毛クリームは、脱毛したい部分に脱毛クリームを塗り一定の時間放置することできれいに毛がなくなる方法です。脱毛クリームが毛を溶かす事で毛をなくしてゆきます。毛を溶かすほどの成分ですので、腕や足などの割と肌が丈夫な部分ならよいのですが、乳輪はデリケートな部分ですので肌荒れの原因になりやすいので、ご使用を控えた方がよいでしょう。

乳輪の毛の自己処理後、よくある話

実際に自己処理を行った場合、処理仕立ては乳輪に毛がなくなりスッキリします。しかしその後、乳輪の毛が前より濃くなった、本数が増えた、一つの毛穴から数本生えてきたとの逆効果になる場合もあります。

長い目で見ていった場合、自己処理を行うよりも乳輪の毛や体毛と関係の深いホルモンバランスを整えていった方が、肌への負担も少なく良い方法ともいえます。あまり乳輪の毛を神経質に捉えずに、女性ホルモンバランスを味方につけていったほうが、体にとっても健康でいられます。

ホルモンバランスを整え、乳輪の毛を落ち着かせる

乳輪の毛は、ホルモンバランスの乱れと大きき関係している事が分かったと思います。乳輪部分はデリケートであり、できれば自己処理も控えたいものです。ですから、ホルモンバランスを整えてゆきましょう。

ストレス発散

忙しい世の中、不規則な生活や複雑な人間関係などでストレスを抱える事が多いです。そんな時は、適度な運動をする事で緊張していた体をほぐしたり、汗をかくことで心もスッキリしストレス発散ができます。他にも、お風呂で体を温まる事で体と心をリラックスさせたり、好きな音楽を聴いて心をやすませる事も気分転換になって良いでしょう。

以上のように、心と体をいたわる事でストレス発散となりホルモンバランスが安定しやすなります。すると、男性ホルモンが優位に働かなくなり乳輪の毛も薄くなったり、落ち着きます。

睡眠不足

22時から2時のゴールデンタイムを上手く利用して、女性ホルモンの分泌を促し安定させましょう。

特に女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は、男性ホルモンを抑制する働きがあるので、乳輪の毛を薄くさせる確率が高くなります。

◆◆エストロゲンは美容に効果的◆◆
エストロゲンは、肌の皮脂分泌を抑制して、肌に潤いを与えたり、髪の保湿力にも効果を発揮してくれます。体つきも女性らしい体へと導いてくれます。また、正常に分泌されると気持ちも明るくなり、記憶力もアップされるので日常生活にも良い効果を発揮します。

食事生活

規則正しく1日3食、決まった時間に食事を摂る事でホルモンバランスは整ってきます。反対に栄養不足になりがちなダイエットは、女性ホルモンのバランスを乱してゆきます。バランスの良い食事が大切です。

特に「大豆イソフラボン」は、体内で女性ホルモンと同じ働きをするので積極的に摂取するとよいでしょう。豆腐や納豆などは毎日の食事にも取り入れやすく、高たんぱくで低カロリーなのでダイエットにも最適です。

◆◆女性ホルモンによい食材◆◆
大豆製品の他にも、マグロやカツオに多く含まれるビタミンBは、エストロゲンに働きかけてくれます。ナッツ類もビタミンEが多く含まれ、卵巣や脳化垂体に直接作用して女性ホルモンを整えてくれます。オリーブオイルなどの良質な油も、女性ホルモンを増やす手助けをしてくれます。

体の冷えを予防

体が冷えると自律神経の働きに支障が出るため、ホルモンバランスを崩す原因となります。体の冷えが原因で、生理痛がひどくなる事もあります。

暑い夏でも温かい飲み物で、体の中から温める「温活」をするとホルモンバランスが安定しやすく、乳輪の毛にも影響が出てくるでしょう。

◆◆ハーブティーが効果的です◆◆
様々な種類のハーブティーがあります。それぞれ心を落ち着かせるリラックス効果や、生理痛にも効果があり、女性ホルモンの安定をはかってくれます。

・カモミールティー
胃腸の調子を整え、ストレスや不安感を解消してリラックス効果が期待できます。不眠にもよいです。

・ルイボスティー
花粉症やアレルギーにも効果的で、便秘や胃の不良の改善の手助けをしてくれ、冷え予防にも期待できます。

乳輪の毛を減らす努力は、同時に美も作り出す

乳輪の毛を減らすために、ホルモンバランスを整える努力をする事で女性として嬉しい事がいくつも増えます。

女性ホルモンが安定すると、まず見た目として肌がきれいになります。女性ホルモンの一種のエストロゲンの分泌が増える事で、肌にも髪にも潤いが増しアンチエイジング効果があるためです。いつまでもみずみずしく、ハリのある肌や髪の女性は若く見え魅力的です。

またエストロゲンは、痩せやすく女性らしい体づくりをしてくれるためスタイルもよく見えるのです。気持ちの面でも前向きで明るく振る舞えるので、積極的に物事に取り組め、日常生活でも生き生きと過ごせるでしょう。毎日が健康で楽しくなる事間違いなしです。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!