前髪はアレンジ次第で印象UP!キレイもクールも作れる簡単ヘアメイク法


そろそろイメチェンしたいと思っているけれど、どこを変えれば大人っぽく魅力的にイメチェンすることができるのかわからない・・・そんな悩みはありませんか?イメチェンの際、できれば失敗はしたくないですよね?

そんな人にオススメなのが、前髪をアレンジして雰囲気を変えるという方法をオススメします。コスメやファッションを変えるだけでもイメージは変わりますが、前髪はその人の雰囲気を出している大切な見た目のパーツになります。

ここでは、そのままの髪でできる前髪のアレンジ方法を髪の長さ別にご紹介します。もちろん、イメージチェンジだけではなく毎日の髪型に少し変化を加えてみたい人もぜひ参考にしてみてくださいね。

前髪の長さ別の前髪の作り方

まず、前髪アレンジで前髪を作る前に大切なことは「前髪の長さ」です。前髪の長さによっては作ることができるアレンジも変わってくるので、まずは自分の前髪の長さをチェックしていきましょう。

ポイントとしては「前髪が目よりも上、あるいはやや下の伸ばしかけ」であればショート丈で「前髪が目よりも下、あるいは鼻先まである」場合はミディアム丈・「前髪が鼻先よりも長い」場合はロング丈として自分に似合う前髪を見つけていきましょう。

ショート丈の人に似合う前髪アレンジ方法

ここでは前髪の長さが目よりも上、あるいはやや下のショート丈の前髪に似合う前髪のアレンジ方法を2つご紹介します。ぱっつんに切った前髪でもアレンジが可能なのでぜひ試してみてくださいね。

ウェーブ感が出るクセっ毛前髪

まず太いものと細いものの2種類のマジックカーラーを用意します。ショート丈前髪の人はどうしても重くなってしまいがちになるので、あらかじめ上と下の2段に前髪を分けましょう。上段には太いカーラーを巻いて、下段には細いカーラーを巻いてドライヤーで両方を満遍なく温めます。

この時、傷みの原因にもなるのでドライヤーをあまり前髪に近づけすぎないようにしましょう。ドライヤーの熱が冷めたらカーラーを外して艶出しワックスで束感を出しながらなじませて完成です。

キレイに魅せるコツは「仕上げは前髪が自然になるように上段と下段の毛をしっかり馴染ませること」です。

ミディアム丈の人に似合う前髪アレンジ方法

ここでは全体的に髪の長さがミディアムかミディアムボブの人にオススメな前髪のアレンジ方法をご紹介します。前髪が鼻下くらいで作ることができるので、ぜひ試してみてください。

女性らしさを引き出す「顔周りスッキリなアップヘア」

まず前髪2つとトップ1つの3つの毛束を作ります。この時、できるだけトップを前髪から少しずらして多めに取るようにしましょう。

次に、前髪2つの毛束のうち真ん中の方の毛束はまっすぐ上に引っ張り、残りの前髪1束+トップ1束はつむじに向かって斜めに引っ張りながらそれぞれを少しひねってからピンで留めます。最後にピンを押さえたままそれぞれの毛束から髪を引き出していきます。

ここでのポイントは「少し大胆に髪を引き出すこと」で上品に仕上がる前髪になります。

ロング丈の人に似合う前髪アレンジ方法

前髪が鼻下から顎ラインや肩にかかるようなロングヘアの人は前髪をしっとりキレイに魅せるアレンジ方法がオススメです。ここではそんなロングヘアに似合う人気の前髪アレンジをご紹介します。

洗練された大人の印象「肌をキレイに魅せるナチュラル前髪」

まずトップの前髪とサイドの髪すべてを9:1に分けます。あらかじめブラシで全体をとかしながら分けていくとアレンジしやすくなります。

9:1に分けた髪を耳が隠れるくらいサイドの髪をかぶせながら、しっかり結ぶのではなく緩めに一つに結びます。ピンは前髪の毛束に隠れるように留めると、よりナチュラル感が出ます。最後にピンを指で押さえながら前髪だけ少し前に引き出して完成です。

このアレンジのポイントは「前髪にアーチを描くように引き出していくこと」で今までとは違った雰囲気が出せます。

雰囲気別に変える前髪のコツ

今までと違った前髪を変えるのは少し勇気がいりますよね?失敗したくない!と思うそんな人にオススメな前髪のシチュエーション別にオススメできる前髪のアレンジ方法をこちらでご紹介します。

デートや女子会などのキュート系は「前髪サイドくるりんぱ」

大切な人とのデートや女子会にオススメな女子感を出すのに使えるのが前髪をサイドでアレンジするくるりんぱになります。

まず前髪を斜め後ろへ持っていきます。そのまま横に編み込みをして結んでいきます。仕上げに髪に少しボリュームを出すように立てながらバランスを整えます。この時、ツヤが出るようなソフトワックスで整えると便利です。仕上げにバレッタなどのヘアアクセを付けて完成です。

食事や仕事先での大人っぽく・クール系は「ウェーブのようなながし前髪」

仕事先やお食事などカジュアルではなくフォーマルに前髪をアレンジしたい時に使うことができる「ウェーブ感のあるクール前髪」をこちらでご紹介します。

まず前髪を半分に分けて、指でトップの分け目を前から後ろにジグザグに崩しながら分けていきます。左右対称に分けて少し崩した感じにしましょう。

次に、前髪の毛先を少し硬めのハードワックスで固めてキープします。最後に、前髪の毛先だけにハードワックスを馴染ませて固定させます。ハネてしまう髪にはねじるようにして押さえ付けます。

ここでのポイントは「あまり髪を浮かせないこと」です。空気感が出過ぎてしまうとカジュアル感が出てしまうのでフォーマルであればこの前髪に合わせて髪を結んでもOKです。

朝の忙しいときに!1分の時短で作れる3つの前髪アレンジ方法

朝起きて時間が無い!時間がないけれどまとまりのない前髪をなんとかしたい!そんな時でも活躍できるのが「時短前髪術」です。こなれ感があるのに1~3分でできちゃう前髪のアレンジ方法をこちらで3つご紹介します。ぜひ使ってみてくださいね。

クールビューティーな「かきあげ前髪」

かきあげ前髪と聞くと、前髪の長い人にしかできないと思われがちですが、短い前髪の人でも正しいやり方さえ覚えれば簡単にクールなかきあげ前髪を作ることができます。1分ほどでできるのでぜひチャレンジしてみてください。

まず前髪を根元から軽く濡らしておきましょう。前髪をしっかりとかきあげてから霧吹きなどで根元だけを湿らす程度に濡らしましょう。この時に分け目を決めておくと便利です。

次に、分けた前髪の根元にジェルとワックスを付けていきます。ジェルとワックスはあらかじめ手の平でよく馴染ませてからボリュームが出てくるように付けます。最後に残ったジェルで毛先を整えて完成です。

ナチュラルな「シースルーバング」

最近、韓国で人気のあるシースルーバングはなんと、美容院で髪を切らずとも簡単にできてしまうことをご存知でしょうか?忙しい朝にぴったりのシースルーバングの時短アレンジをご紹介します。

やり方はとても簡単です。まず前髪を好きな透け感になるように上下2段に分けましょう。上の髪をピンで斜め後ろまで引っ張り留めて完成です。少しクセのある髪であれば少しねじって留めることでまとまりのある髪にすることができます。

シースルーバングは肌をキレイに魅せてくれる効果もあるので時短アレンジにぜひどうぞ。

こなれ感のある「ねじり前髪」

時短で編み込み風な前髪が作りたい!という人にオススメなのが「ねじり前髪」です。

まず髪を真ん中で分けます。あらかじめ分け目からジグザグに分けておきましょう。分けた髪で2つの上下の束を作ります。上段の髪をねじりながら下段の髪も上段とまとまるようにねじり、耳下あたりでピンで留めます。

仕上げはこなれ感が出るように毛束を少し引っ張り出して自然な毛流れにします。反対側の前髪も同じようにねじれば完成です。

もうお出かけ前に迷わない!簡単前髪アレンジで、印象も女子力もアップさせよう!

いつもと違う前髪にすることは、その人の印象だけではなくオシャレが楽しくなって女子力アップにも繋がります。服やメイクのイメチェンに飽きてきたと感じたら、ぜひ前髪のアレンジも楽しみながら自分らしさを見つけてみてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!