前髪の分け目を変えて簡単イメチェン!なりたい印象や正しい作り方


前髪の分け目を変えてイメチェンしたいけれど、どうやればいいのかわからない・・前髪の分け目の作り方や自分に似合う分け目がわからなくて悩まれている方もいるのではないでしょうか?

前髪の分け目を変えたいときは、正しい作り方で分け目を変えましょう。普段の分け目のクセが強いと、ブラシで分け目を変えただけではすぐ元に戻ってしまうことがあります。

また、自分に似合う前髪の分け目を知りたいときは、なりたい印象やフェイスラインなどで決めましょう。前髪は「右分け・左分け・センター分け・分け目なし」など分け方によって見た目の印象が異なり、「卵型・面長・逆三角形・丸顔・四角」などフェイスラインによって似合う前髪の分け目も異なります。

ここでは前髪の分け目の効果やメリット、分け目ごとの印象&性格、正しい作り方などをご紹介しますので、理想的な前髪を作りたいときにお役立てください。

前髪の分け目で簡単イメチェン!なりたい女性像に

前髪の分け目を変えると見た目の印象が大きく変化します。「右分け・左分け・センター分け・分け目なし」など、前髪の分け方を工夫するだけでカットやヘアカラーをしなくても簡単にイメチェンすることができます。

前髪の分け目を変えるとキュート系やカッコイイ系など、なりたい印象の女性像に近づくことができますし、顔のバランスをよく見せたり、フェイスラインをカバーしたり、小顔効果を演出したりすることもできます。

このほかにも、定期的に前髪の分け目を変えることで、髪の「生え癖」を予防・改善する効果が期待できます。

前髪の分け目を固定しているとそこに生え癖がついてしまい、分け目が変えにくくなる可能性があります。「分け目を変えたいけれど、すぐ普段の分け目に戻ってしまう・・・」そんな方は、前髪の分け目のくせが強くなっているからかもしれません。

前髪の分け目を変えると生え癖を防ぐだけでなく、薄毛や抜け毛対策も期待できます。いつも同じ分け目にして長い間紫外線に当たり続けると、その部分の頭皮や髪に負担がかかり、髪が薄い状態になってしまう可能性があります。

前髪の分け目を変えることでオシャレの幅を広げて女子力をアップさせるだけでなく、美髪を維持するためのヘアケアも同時におこなえるという「W効果」が期待できます。

前髪の分け目を工夫すれば美容室や美容院で髪型を変えなくても、自宅で簡単にイメチェンできます。自分に似合う前髪の分け目や、なりたい印象の分け目を覚えて目指したい女性像に近づきましょう!

前髪だけでなく髪の毛の分け目については、こちらの記事でご紹介しています。
髪の毛の分け目を変えて印象アップ!薄毛対策もできるやり方

自分に似合う、前髪の分け目を知る方法

目の大きさや顔の形(フェイスライン)は千差万別なので、似合う前髪の分け目も個人によって異なります。前髪の分け目を変えるときは、キュート系やクール系などなりたい印象で決めてもいいですが、自分に似合う前髪の分け目も覚えておきましょう。

ここでは自分に似合う、前髪の分け目を知る方法を3つご紹介します。

1. フェイスラインを参考にする

顔の輪郭には「卵型・面長・逆三角形・丸顔・四角型(ベース型)」などのタイプがあります。

顔のタイプ別に似合う前髪の分け目は、以下のとおりです。

  • 卵型・・・どんな前髪もオールマイティに似合うタイプです。おでこ(額)が狭い方は前髪を作るとカバーできます
  • 面長・・・前髪を作ると目力アップ効果が期待できますし、ぱっつん前髪も似合うタイプです。ただし、前髪をセンター分けにすると面長が強調されてしまいます
  • 逆三角形・・・ふんわりの流し前髪が似合うタイプです。一方で、厚めの重い前髪やぱっつん前髪にすると目のバランスが広がって見えてしまうことがあります
  • 丸顔・・・ショートバング、ロングバング、どちらでも似合います。ただし、ぱっつん前髪にすると丸顔が強調されてしまいます
  • 四角型・・・軽い前髪にすると卵型っぽくなるタイプです。ただし、ペッタンコの前髪をセンター分けにすると顔のバランスが悪く見えることがあります

2. 目の大きさを参考にする

「右分け」と「左分け」、どっちで分けるか迷ったときは目の大きさで決めましょう。一般的に、人間の目のサイズは左右非対称だと考えられています。そのため、大きい目の方で分け目を作ると顔の印象がしっかりして、デカ目効果も期待できます。

左右どちらかで前髪を分けるときは、黒目の外側に分け目を作るとバランスがよく見えます。鏡を使って、左右どちらの目が大きいか確認してみましょう。

3. 毛流れを参考にする

人によって髪の「毛流れ」は異なります。髪の毛流れはつむじの影響を受けるので、つむじの場所や数、巻き方などで作りやすい分け目が変わります。毛流れにそった分け目を作ることで、自然な印象の前髪にすることができます。

一般的に、前髪は「右分け」なら左へ、「左分け」なら右へ、「センター分け」なら左右へ流すことになるので、自分の毛流れを参考にして、前髪が流しやすい方向に分け目を作りましょう。

前髪の分け目による「印象&性格診断」

前髪の分け方には「右分け・左分け・センター分け・分け目なし」などがあります。前髪の分け方によって見た目の印象が変わるので、なりたい雰囲気に近づける分け目を選びましょう。

前髪は分け目だけでなく、前髪の有無でも印象が変わります。前髪がある場合はキュートでカジュアルな印象に、前髪がない場合は上品で大人っぽい印象になります。自分がなりたい印象に近づける髪型を選びましょう。

ここでは、前髪の分け目による印象&性格診断をご紹介します。

前髪の分け目「右分け」

  • 可愛い、幼い、女性らしい、朗らかな印象
  • 女性アイドルに多い髪型
  • 好き嫌いが判断基準になる感情型
  • 目標に向かう努力型
  • サポートタイプ

前髪を右分けにすると右顔が強調されます。右顔は「建前」をあらわすと考えられており、ミステリアスな魅力を演出します。また、女性は右顔を出すとクールに見えやすいともいわれています。

前髪の分け目「左分け」

  • 知的、真面目、上品、クールな印象
  • キャリアウーマン系、大人女子に多いタイプ
  • 物事を論理的にとらえるロジック型
  • 自己アピールしすぎない謙虚型
  • リーダータイプ

前髪を左分けにすると左顔が強調されます。左顔は「本音」をあらわすと考えられており、真面目で知的な印象を演出します。また、女性は左顔を出すと美人に見えやすいともいわれています。

前髪の分け目「センター(中央)分け」

  • 美人、クール、大人っぽい印象
  • キャリアウーマンに多いタイプ
  • 感受性豊かな感覚型
  • 他人と友好的な開放型
  • 前髪をサイドに流すと小顔効果

センター分けにするとおでこが見えるので明るい印象になりますし、グッと大人っぽい雰囲気になります。ただし、面長の方がセンター分けにすると顔のバランスが長く見えてしまう可能性があります。

前髪の分け目「分け目なし」

  • 可愛い、気さくな印象

前髪の分け目がないと、印象がさらにプラスされるといわれています。

ぱっつん前髪の場合は「幼い、カジュアル」といった印象もあたえられます。学生や女性アイドルに多い髪型であり、性格タイプは自分のスタイルを持つ行動型になります。

誰でも簡単にできる!前髪の分け目の正しい作り方

前髪の分け目を変えたい・なくしたいと思っていても、分け目のクセが強いと、ブラシで分けただけではすぐ元に戻ってしまう場合があります。

前髪の分け目を作るときは、シャンプー後など髪を濡らしたあとの乾かし方がポイントになります。理想の前髪を作るためには切り方やスタイリングだけでなく、キレイな分け目の作り方もぜひマスターしておきましょう。

ここでは、前髪の分け目の作り方をご紹介します。

分け目の作り方

  1. シャンプー後、または髪を濡らしたあとにおこないます
  2. 髪が濡れている状態で分け目を作り、クシでブラッシングします
  3. ドライヤーで、分け目の部分を根元から乾かします
  4. 分け目部分が乾いたら、冷風をあててクセをつけます
  5. しっかり分け目ができたら、完成!

前髪は乾きやすいので、髪を濡らしたあとはすぐに分け目を作りましょう。

分け目をなくす方法

  1. シャンプー後、または髪を濡らしたあとにおこないます
  2. ドライヤーで、右方向へ根元から乾かします。
  3. 次に、左方向(逆)へ根元から乾かします
  4. 右から左へ、左から右へと交互に乾かして分け目をなくします
  5. 仕上げに、正面に向けて真っ直ぐ前髪を乾かしたら、完成!

前髪の分け目がある場合は、最初に分け目とは逆方向から乾かしましょう。たとえば、右側に分け目があるときは、まず左方向に乾かします。ドライヤーを使って髪の根元から乾かすことで、分け目のクセをなくすことができます。

前髪のタイプ別「作り方&セット方法」

前髪は分け目だけでなく、毛量や長さによっても印象が変わります。好みの分け目と組み合わせて、さまざまなタイプの前髪にチャレンジしてみましょう。

ここでは、前髪のタイプ別の作り方とコツをご紹介します。

「前髪カール&シースルー」で目力アップ!

ぱっつん前髪や重めの前髪は、少しだけ内巻きにするとやわらかい印象になり、目力アップも期待できます。また、おでこが透けて見える状態(シースルー)にすると軽い印象になります。

丸顔でロングヘアの方は、前髪をシースルーにすると丸顔が強調されず、バランスよく見せることができます。

「あご周り前髪」で輪郭カバー&小顔効果!

前髪をあごより少し長めにすると気になるフェイスラインがカバーされて、小顔効果も期待できます。前髪をカールする場合は、丸い毛先が、あご辺りにくるようにしましょう。

顔を小さく見せたいときや、輪郭をカバーしたいときにおすすめの前髪です。

「8:2かきあげ前髪」でセクシーな大人女子に!

前髪を8:2または9:1で分けて、前髪をかきあげるスタイルにすると大人っぽくセクシーな印象になります。ナチュラルでカッコイイ雰囲気は、男ウケだけでなく、女性の好感度も期待できます。前髪を乾かすときに、8:2または9:1で分け目を作ることがポイントです。

前髪の長さは、あご先より5cmくらい伸びている状態が理想的です。また、短い前髪でもワックスなどを使って鼻に届くほどの長さであれば、かきあげ前髪を作ることができます。

「8:2流し前髪」で輪郭カバー&小顔効果!

前髪を8:2で分けて斜めに流すと、ナチュラルで女性的な印象になります。また、前髪を斜めにして顔周りを隠すことで小顔効果も演出できます。

シースルー(透け感)を出して縦の印象を強くすれば、丸顔や卵顔をカバーする効果も期待できます。

前髪の流し方については、こちらの記事でご紹介しています。
前髪を流す方法。誰でも簡単&ふんわり流せるキレイな作り方

「ふんわり流し前髪」でモテ系フェミニン女子!

前髪をふんわりと斜めに流したスタイルは、やわらかく、女性的な印象になります。ふんわり流し前髪は、マジックカーラーやホットカーラーなどを使用して作れます。

ふんわり流し前髪の作り方(マジックカーラー編)は、以下のとおりです。

  1. 前髪を、上段と下段に分けます(ブロッキング)
  2. 前髪の上段を、マジックカーラーで45度の角度で巻きます
  3. 前髪の下段を、マジックカーラーで横に平行する角度で巻きます
  4. マジックカーラーをつけたまま、3分間から5分間待ちます
  5. 時間が経過したらマジックカーラーを外して、完成!

マジックカーラーは太いタイプより、細いタイプの方が巻きやすいのでおすすめです。

前髪の分け目を変えて女子力アップ&美髪ケア

いかがでしたか?

前髪の分け目を変えると、カットやヘアカラーをしなくても簡単にイメチェンできます。また、定期的に前髪の分け目を変えることで、髪や頭皮の負担を減らして薄毛や抜け毛対策もおこなえます。

前髪の分け目には「右分け・左分け・センター分け・分け目なし」などがあり、分け方によって人にあたえる印象や性格が異なります。キュート系やクール系など、なりたい雰囲気に近づける前髪の分け方を覚えてオシャレをもっと楽しみましょう!

前髪の分け目をキレイに変えて、女子力アップの美髪スタイルを目指してみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!