BBクリームのあとはそのまま?フェイスパウダーで仕上げる?


ベースメイクの定番アイテムであるBBクリーム。

BBクリームは1本で化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・美容液・日焼け止めなどの役割をまとめてこなしてくれる優れもの。

メイクを少しでも時短したい忙しい女性にとっては心強い味方ですよね。

また、時短が叶うほかにもコスパの高さやしっかり目のカバー力など魅力は沢山あるので年齢問わず多くの女性が使っていることと思います。

そんな中、BBクリームの後の仕上げはどうすればいいのか、疑問に思っていたり迷っている方もいるのではないでしょうか。

BBクリームの後にフェイスパウダーを使っている人もいればベースメイクはスキンケアの後にBBクリームのみという人もいますが、

  • それぞれのメリットはどのようなもので仕上がりにはどう影響するのか
  • また、デメリットはあるのか
  • フェイスパウダーとは?どのように使用すればいいのか

BBクリーム後の仕上げをどうすればいいのかお困りの方はこのような疑問が湧くことと思います。

上記のような疑問を解消すれば、BBクリームの後どうすれば思い通りのベースメイクに仕上がるか、あなたにとってベストなやり方も見えてくるはず。

ここで疑問を解消してあなたのベースメイクをワンランクアップさせましょう!

BBクリームの後ってどうすればいいの?おすすめはフェイスパウダー!

BBクリームだけだと何となく物足りないような気がしてBBクリームの後にフェイスパウダーを塗っている人もいるようですが、このようにBBクリームのあとにフェイスパウダーなどで仕上げたほうがいいのか、しなくてもいいのかはなりたい仕上がりや肌質によって変わってきます。

BBクリームは色々な機能を備えている優秀アイテム!仕上げは必要なし

まずBBクリーム後の仕上げは必要かどうかですが、基本的には必要ありません。

BBクリームとはどのようなものなのか少しおさらいしてみましょう。

BBクリームのBBは「Blemish Balm(ブレミッシュ バルム)」の略で「傷を修復するクリーム」、また「欠点を補うクリーム」といった意味です。

本来BBクリームは医療用に開発されたもので、ピーリング後のデリケートな肌を保護したり肌再生を促す効果を主としているものでした。

この医療用に開発されたものが化粧品として使いやすいように調整され、一般的に使われるようになっていったわけです。

このような過程を経ていることから、BBクリームは傷などの肌トラブルをカバーする機能の高さや肌の保護や保湿機能も備えているものとなっています。

そして冒頭にも書いたように、BBクリームは基本的に化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・美容液・日焼け止めといった役割を全てこなしてくれるものなのです。(商品により多少の違いはあります)

そのためBBクリームのみでベースメイクを済ませることに問題はありません。

よりキレイに仕上げたいならBBクリーム後はフェイスパウダーを使おう

BBクリームのみで済ませても問題ないのですが、仕上げもする場合にはフェイスパウダーを使用するのが最適です。

特に以下のような場合には、BBクリーム後にフェイスパウダーで仕上げることをおすすめします。

  • 脂性肌などでテカリが気になる
  • 油分の多いBBクリームを使用する
  • 化粧崩れが気になる
  • マットな仕上がりにしたい(または、もっとツヤ感を出したいなど肌質をコントロールしたい場合)
  • ナチュラルな仕上がりにしたい

フェイスパウダーは皮脂や汗を抑えたり吸収してテカリや化粧崩れを防いでくれたり、毛穴を目立たなくしてサラサラな質感の肌に見せてくれます。

また商品によってはUVカット効果の高いものもあるため日焼け対策になったり、乾燥肌の人に嬉しい保湿成分の含まれているものもあります。

このようにフェイスパウダーは、使用することで様々な効果を得られるおすすめのアイテムです。
上記のようなケースに限らず、ベースメイクをより良い仕上がりにしたい方やメイクをもっと楽しみたい方は使ってみてはいかがでしょうか。

フェイスパウダー以外のものでBBクリーム後の仕上げをするのはアリ?

BBクリーム後の仕上げにはフェイスパウダーを使用するのが良いということを紹介しましたが、フェイスパウダー以外のもので仕上げるのはアリなのか気になる方もいるかもしれません。

まず、BBクリームの仕上げにフェイスパウダーがおすすめな理由はフェイスパウダーは油分が少ないからといえます。

BBクリームは基本的には油分が配合されているため、ここに油分が少なく粒子が細かくてさらっとしているフェイスパウダーを加えることでテカリや化粧崩れ防止に繋がります。

このようにBBクリームやリキッドファンデーション、クリームファンデーションといった油分の多いものと、油分が少なくさらっとした仕上がりになるフェイスパウダーは相性抜群なのです。

フェイスパウダー以外のものだとBBクリームを化粧下地代わりに使い、その上にパウダーファンデーションを使っている方もいるようです。

パウダーファンデーションはフェイスパウダーと比べると油分が多くなります
そのため、化粧崩れ・テカリ防止やナチュラルな仕上がりを重視したい方にはやはりフェイスパウダーの使用が適しています。

ただ、BBクリームにパウダーファンデーションを加えることでかなりカバー力がUPするので肌をしっかりカバーしたい方やしっかりメイクに仕上げたい方・メイク感を出したい方には向いています。
カバー力はフェイスパウダーよりもパウダーファンデーションのほうが高いです。

BBクリームの後にパウダーファンデーションを使用する場合には、厚塗り感が出やすいためどちらも塗りすぎには注意しましょう。

他に、ベビーパウダーを仕上げとして使用しているケースも耳にします。
ベビーパウダーも皮脂や汗を吸収してくれるためテカリ・化粧崩れ防止にはなります。
赤ちゃんに使用するものですので肌にやさしいこともメリットといえるでしょう。

しかしデメリットとして、化粧品ではないため白浮きしやすくカバー力も劣ります。
また、乾燥肌の方が使用すると余計に乾燥してしまう恐れがあるため注意して下さい。

このようにメイクの仕上がりの好み、肌質、何を重視しているかなどによってどれを使ったらいいかも変わってきます。
どのような人にも共通でおすすめなのはフェイスパウダーですが、自分の目的に合わせて使いやすいものを選んでみて下さい。

BBクリームと相性の良いフェイスパウダー!選び方のポイントを紹介

テカリ・化粧崩れ防止になったり毛穴を目立たなくしてくれたりとメリットが多く、BBクリームと相性抜群のフェイスパウダー。
ここからは、このフェイスパウダーについてさらに詳しく紹介していきます。

BBクリームの仕上げにフェイスパウダーを使用する場合、まずはなりたい仕上がりのイメージに合わせてフェイスパウダーを選ぶことがポイントです。

フェイスパウダーといっても色々な種類のものがあるのでどのように選んだらいいのかを紹介していきますね。

フェイスパウダーには粉状と固形状のタイプがある!それぞれの特徴

フェイスパウダーには、ルースパウダーとプレストパウダーの2種類があります。

この2つのフェイスパウダーの主な違いは形状です。
ルースパウダーは粉状、プレストパウダーは固形のものになっています。

それぞれの特徴を以下にまとめました。

  • ルースパウダー…サラサラとした粒子の細かい粉状のタイプ。持ち運ぶ場合には粉漏れに注意が必要です。
    油分が少なく、柔らかいふんわりした印象に仕上がります。またパフやブラシでささっとつけるだけでもムラになりにくいため、慣れない方も使いやすいです。
  • プレストパウダー…粉状のパウダーを圧縮して固形状にしたもの。固形状のため持ち運びにも適しており、メイク直しとしてもぴったりのアイテムです。
    ルースパウダーよりもカバー力があり、肌にしっかりとつくタイプです。マットな仕上がりになります。
    お肌の気になるところにポイント使いしやすいメリットがある反面、ムラにもなりやすいので注意しましょう。

それぞれの特徴を理解して自分に合ったほうを選びましょう。

パール入りは艶肌、ノンパールはマット肌に!なりたい質感で選ぼう

「どのような肌の質感に仕上げたいか」もフェイスパウダーを選ぶ基準にすると良いです。

フェイスパウダーにはパールやラメが入っているものもあり、これらが入っているか入っていないかで質感が変わってきます。

パールの入っているフェイスパウダーなら光沢感のキレイな艶肌に仕上げることができます。
上品で透明感のある印象になりたい方におすすめです。

ただし顔全体に乗せ過ぎてしまうと艶肌のつもりがテカって見えてしまうこともあるため商品にもよりますが、基本的には重ね付けせずにさっとひと塗りする程度で十分です。

もしくはハイライトとしてポイント使いするのもおすすめ。

ラメ入りのフェイスパウダーだとゴージャスで華やかな印象に仕上がります。

そのため、オフィスメイクなど普段使いには向いていないかもしれません。

またラメ入りのフェイスパウダーは顔全体に乗せてしまうとギラギラしすぎてしまうため、ハイライトとしてTゾーンやCライン(眉の下から目尻を通り黒目の下あたりまでのC字のライン)、頬骨あたりなどに乗せると良いでしょう。

ドレスアップをする日にはデコルテや胸元にも使ってよりきらびやかな印象にすることもできます。

パーティーやイベント事にはぴったりなアイテムです。

マットな肌に仕上げたい方はパールの入っていないタイプのフェイスパウダーが良いでしょう。

毛穴が目立たなくなり、きめの細かい陶器肌が作れます。

フェイスパウダーの色はなりたい印象や自分の肌色に合うものを選ぼう

フェイスパウダーは色も様々なものがあります。

まず透明なタイプのものと色のついた不透明なタイプのものとがありますが、透明なタイプはカバー力がほとんどないためカバー力を重視する方は不透明なものを選ぶと良いでしょう。

透明なタイプのものはよりナチュラルに仕上げ、尚且つ化粧崩れやテカリ防止としてフェイスパウダーを使いたい人におすすめです。

色のあるタイプのものを選ぶときには自分の肌色に合うものやなりたい印象を考えて選ぶようにしましょう。

どのような色があるか、どのような特徴があるのかを以下に紹介します。
参考にしてみて下さい。

  • オークル…健康的な印象の肌に仕上がります。毛穴カバーに適していますが、乗せ過ぎには注意。くすんで見えてしまうことがあります。
  • ピンク…日本人の肌をナチュラルにトーンアップするのにおすすめのカラー。血色のあるやわらかい印象に仕上げられます。使いやすいカラーのため、色選びに悩んだらピンクを選ぶと良いです。
  • パープル…透明感のある肌に仕上がります。くすみをカパーしたい方におすすめです。乗せ過ぎると白浮きしてしまうこともあるため気をつけましょう。
  • ホワイト…ホワイトとパープルは似ており、こちらも透明感のある肌に仕上がります。しかしホワイトのほうが白浮きしやすいので要注意。大き目のブラシなどで薄く乗せる程度にするのが良いでしょう。色白の方におすすめのカラーです。

フェイスパウダーを上手に塗るポイント!パフやメイクブラシを使おう

今度はフェイスパウダーの使い方について見ていきましょう。

フェイスパウダーは主にパフかメイクブラシを使って塗っていきます。

パフを使用する場合とメイクブラシを使用する場合、それぞれの塗り方のポイントやコツを紹介します。

正しい使い方を知ってBBクリームのあとの仕上げとして効果的に使いましょう!

パフを使用するとしっかり目の仕上がりに!ムラにならないよう注意!

パフを使用すると、目の周りや小鼻などの細かい部分の塗り残しをしにくいです。

また、しっかり目にフェイスパウダーを塗ることができます。
逆に後で紹介するメイクブラシだと軽めにふんわりと塗れます。

どちらを使うかは自分の仕上がりのイメージに合わせると良いでしょう。
マット肌に仕上げたい方はパフで塗るのがおすすめです。

では、パフを使用した基本的な塗り方を見ていきましょう。

まず、パフにまんべんなくフェイスパウダーを含ませます。
ダマならないようにパフ自体をもみ込みながらなじませるのがポイントです。
このときフェイスパウダーをつけすぎると厚塗りになってしまったりムラになりやすいので注意して下さい。
余分につけすぎたら手の甲などで粉を落としてから使うようにします。

その後、肌をパフで優しく押さえるようなイメージでフェイスパウダーを乗せていきましょう。
パフで塗る時に気をつけたいのは力を入れたりパフを肌に擦らせるようにして塗らないことです。
ヨレの原因になってしまったり肌への負担にもなってしまうため注意しましょう。

目の周りや小鼻など細かい部分もしっかりと塗っていきます。
また、首まで塗ることで白浮きしにくくなります。

ふんわり薄付きにしたい場合はメイクブラシ!より自然な仕上がりに!

前述した通りメイクブラシを使用するとフェイスパウダーを軽めにつけることが出来るので、よりナチュラルな仕上がりにしたい方はメイクブラシがおすすめです。

フェイスパウダーをハイライトとして使用する場合にもメイクブラシで乗せていくとキレイな仕上がりになります。

また、パフでフェイスパウダーを塗ったあとに余分な粉を落とす用途として使うのもおすすめです。

メイクブラシを使う時はまず、フェイスパウダーをブラシにつけたらティッシュや手の甲の上でブラシをくるくる回すとフェイスパウダーがしっかり馴染み余分な粉も落とせます。

その後、顔にまんべんなく塗っていきましょう。

顔の中心から外側へ向かってブラシで円を描くようにしながらつけるのがポイントです。

目の周りや小鼻などの細かい部分はブラシの先端で押さえるようにしてフェイスパウダーを乗せます。

お肌の気になるところをカバーしたい方は、その部分を何度かブラシで塗るようにしましょう。
パフよりもふんわり薄付きな分、厚塗りになる心配はありません。

顔に塗り終わったらフェイスラインや首にもフェイスパウダーを乗せて白浮きするのを防ぎましょう。

パフにも言えることですが、肌トラブル防止のためにもムラのないキレイな仕上がりにするためにもしっかりお手入れのしてあるブラシを使用することも大切なポイントです。

プチプラからデパコスまで!おすすめの優秀フェイスパウダーを紹介!

フェイスパウダーにはプチプラからデパコスまで本当に様々なものがあります。

フェイスパウダーの選び方は紹介しましたが、それでも正直どれを選んだらいいか分からない方もいるのでは?

そこでどのようなフェイスパウダーがおすすめなのか、プチプラとデパコス両方から人気のある商品を紹介します。

フェイスパウダーを選ぶ際の参考にして下さい。

プチプラとは思えない仕上がりに!マシュマロフィニッシュパウダー

テカリを抑え、毛穴や色ムラもしっかりとカバーしてマシュマロのようなふんわり肌に仕上げてくれるプレストパウダー。

プチプラフェイスパウダーの代表格といえばコレ!
プチプラとは思えないクオリティーに仕上げることができる優秀アイテムで口コミでも
「ひと塗りでふわっとしたマシュマロ肌になれる」
「毛穴がキレイにかくれる」
「肌の気になる箇所もしっかりカバーしてくれる」
と高評価。リピーターも多いようです。

色は

  • [MO]マットオークル
  • [ML]マットライトオークル
  • [MP]マットピンクオークル
  • [MB]マットベージュオークル

の4色展開。

無香料・アルコールフリーで美容液成分が配合されており、さらに洗顔料だけでメイクオフできるフェイスパウダーなので肌にも優しく敏感肌の方でも安心です。

商品名:マシュマロフィニッシュパウダー
ブランド:CANMAKE(キャンメイク)
価格:940円(税抜)/レフィル 700円(税抜)
容量:10g
SPF・PA:SPF26・PA++

透明感重視の方におすすめのエルシア プラチナム フェイスパウダー

透明感パウダー配合で毛穴レスのきめ細かな艶肌に仕上げられる美白フェイスパウダーです。

くずれ防止パウダーが化粧崩れやテカリを防ぎ、くすみもしっかりとカバーでき、美白肌が持続します。

また、ミネラルパウダー配合で肌への負担が少ないのもポイント。

サラサラのルースタイプのフェイスパウダーで軽い付け心地なため、ナチュラルな艶肌に仕上げたい方にピッタリのプチプラ優秀アイテムです。

商品名:エルシア プラチナム フェイスパウダー
ブランド:ELSIA(エルシア)
価格:1,200円(税抜)
容量:6g
SPF・PA:SPF15・PA++

舞台用に作られている発色も化粧持ちも抜群のフィニッシングパウダー

こちらもプチプラなのに優秀なルースパウダーです。

チャコットといえばバレエ用品などを扱っているブランド。
このフェイスパウダーもステージ用に作られているコスメであるため、汗などに強くメイクの持続力に優れたアイテムになっています。

カバー力もばっちりで微細な粒子がしっかり毛穴をカバーし、透明感のある美しい肌に仕上げてくれます。

子供も使用するものなので無香料・紫外線吸収剤フリー・天然色素配合など肌にやさしいのもポイントです。

また基本のカラーバリエーションはオークル系のものからピンク系、クリアーなど合わせて5色。

しかし、これの他に4色展開となっているパール・ラメ入りのものもあります。
基本の5色が30gで1,200円(税抜)、パール・ラメ入りのものは30gで1,800円(税抜)となっています。

商品名:フィニッシング パウダー
ブランド:チャコット フォー プロフェッショナルズ
容量・価格:30g・1,200円(税抜)/170g(クリアーのみ)・2,000円(税抜)

コスメデコルテのAQ MW フェイスパウダーは保湿効果も抜群!

高級感あふれる人気ブランド、コスメデコルテのフェイスパウダー。

最高級オーガニックシルクパウダーを配合。
潤い効果のあるアミノ酸も含まれているため保湿効果も抜群です。

独自の紛体技術による粒子の細やかなサラサラのパウダーが肌にしっかり密着し、なめらかなすべすべの肌に仕上がります。

パール入りのものとノンパールのものがあり質感も選べる5色展開になっています。

高い品質に加えて容量もたっぷりとコスパの高いアイテムです。

商品名:AQ MW フェイスパウダー
ブランド:コスメデコルテ
価格:5,000円(税抜)
容量:20g
SPF・PA:SPF10-30・PA+

見た目も品質も魅力的!ラ プードル オートニュアンス リクスィーズ

上品で可愛いコンパクトの中には色とりどりのパウダー。
見ているだけでもワクワクするおしゃれなアイテムです。

また、見た目だけではなく使い心地も抜群。
上質な肌触りで透明感のある印象に仕上がります。
しっかり毛穴カバーをしてくれるのはもちろんのこと、持ちが良いのも魅力です。

少々値の張るアイテムで買うのを躊躇してしまいそうですが口コミでは
「それだけの価値があるので買ってよかった」
「買わないのはもったいない」
といった声が多くあり大好評です。

カラーバリエーションは6色展開で色も質感も選べます。

商品名:ラ プードル オートニュアンス リクスィーズ
ブランド:エレガンス
価格:15,000円(税抜)/レフィル 13,500円(税抜)
容量:27g

BBクリームとフェイスパウダーを上手に使いより美しい肌に仕上げよう

BBクリーム後の仕上げはどうすればいいのか、疑問は解消したでしょうか?

基本的にBBクリームのみでもキレイな肌に仕上げることは可能です。

BBクリームは時短が叶うところに魅力を感じ使用している方も多いと思いますので、手間をかけずにささっとメイクを済ませたい方はBBクリームのみでも十分です。オイルフリーやマットに仕上がるタイプのBBクリームを使用することでテカリを防ぐこともできます。

しかし、よりキレイな仕上がりにしたいという方は仕上げにフェイスパウダーを使用することをおすすめします。

フェイスパウダーの選び方次第で透明感のある艶肌にも上品なマット肌にも仕上げることができますよ。

BBクリームとフェイスパウダー、魅力的な2つのアイテムを効果的に使って今まで以上にベースメイクを美しく仕上げましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!