ビーグレンのスキンケアで、諦めていたニキビ跡をキレイにしよう!


ニキビがあるだけでもブルーな気持ちなのに、その後に、茶色のシミのような跡が残ったり、クレーター状の凸凹になってしまうことがあります。

メイクで隠すのは難しく、厚塗りになりがちです。

そんな時に試して欲しいのがビーグレンの「ニキビ跡ケアプログラム」です。全体のリピーター率は98.5%と、満足度の高さが感じられます。

使い続けるうちに肌の内側からハリが出てきて、だんだんと目立たなく、透明感のある肌になっていきますよ。

美肌を脅かすニキビ跡

油分と水分のバランスが崩れると、ニキビができやすくなります。

お肌は表面から表皮、真皮、皮下組織の3層でなっています。表皮は上から、角質層、顆粒層、有棘層、基底層です。角質層を皮脂が膜となって表皮を菌や異物から守っています。

完治が難しい、肌のクレーター

ニキビも重症化すると、赤く腫れ、黄色く膿むことがあります。激しい炎症が、

  • 表皮細胞を作る基底層に及ぶと、肌を押し上げる機能が低下する
  • 真皮まで達すると、免疫作用でコラーゲンやエラスチンが壊われる

ことがあり、肌に凸凹ができます。
一度できてしまうと元に戻すのは難しく、なかなか治りません。

徐々に改善する色素沈着

炎症が起こった場所は、皮膚を修復するに伴い、シミのもと、メラニン色素も増えていきます。ダメージを受けた肌は、お肌が生まれ変わるターンオーバーが遅くなります。

メラニンを排出することができず、茶色の色素沈着が残るのです

こちらは少しずつなくなっていきます。

効いていますか?そのスキンケア

多くの美肌成分が基礎化粧品に含まれているのに、使用してみると、効果はイマイチ、ということはありませんか。

それはお肌の内部に、必要な成分が届いていないからです。

人の皮膚にはバリア機能があるので、成分が浸透しないものもあるんです。

ビーグレンがニキビ跡に効果がある理由

それなのにビーグレンの商品を使うと、色素沈着が薄くなり、内側からふっくらとしたハリがでて、目立たなくなります。それはどうしてでしょうか。

美肌成分を着実に浸透させるQu Some(キューソーム)システム

Qu Someとは、美容成分をナノカプセルに閉じ込め、肌の中へ届ける独自のシステムです。その大きさは70~150ナノメートルで、かなり小さいものなんです。

  • 肌の中と似た成分で、バリア機能を通り抜ける
  • 長期間トラブルのもとに留まり、ケアし続ける
  • 熱や酸に強くて丈夫
  • ローション、ゲル、クリームに入れても変質しない
  • 肌に刺激が少ない

という性質を持っています。このカプセルが、スキンケアのアイテムに含まれ、肌に触れると中へ浸透していきます。

2年間、劣化しない成分で、肌の負荷を減らす

ニキビができるお肌は、オイリーに傾いたり、肌が荒れていたり、デリケートになっています。できるだけ刺激のないものを使いたいですよね。
ビーグレンは、成分にもこだわりを持っています。

今注目されているオーガニックや天然成分でも、

  • 変質しやすい
  • 品質が均一でない

こういう場合は、安全が確認できないので使用しません。

たとえ化学成分であっても、化学的に効果や安全性が認められていれば配合します。
また、使用する美容成分は詰め込まず、肌への負担を軽減しています。

お肌を整え、理想の肌へ導く4つのアイテム

ビーグレンには、お肌の悩みに合わせて、8つのトライアルセットを提案しています。その中の一つが、「ニキビ跡ケア」です。このタイプは、ニキビ跡の2つの症状を改善することができます。

では、セットになったアイテムを使用する順番で、一つ一つ見ていきましょう。

汚れは落とし、潤いは落とさないクレイウォッシュ

皮脂と古い角質が毛穴をふさぐとニキビになるので、洗顔できちんと落としたいですね。含まれている天然クレイのモンモリロナイトは泡立ちませんが、汚れだけを吸着します。

界面活性剤を含んだ洗顔料のように必要以上に皮脂を奪い、ターンオーバーを崩すことはありません。

他には、

  • 水分量を上げる
  • 肌荒れを防止
  • 皮膚を保護

する成分も含まれています。一回の使用量は、サクランボ1個分の大きさです。手を濡らしてお肌になじませます。潤いのあるなめらかな肌にしてくれますよ。

肌トラブルを避けるための気をつけたい使い方

穏やかな洗い心地なので、メイクによっては、洗浄力が足りない時もあります。

  • ミネラルファンデーション
  • パウダーファンデーション
  • ヌーディーベール(ビーグレンの化粧下地)

などの場合は、2度洗えば、メイクを落とすことができます。

  • リキッドファンデーション
  • ウォータープルーフのアイテム
  • アイメイク
  • 日焼け止め

の場合は、落としきれないことがあります。

  • クレンジング
  • アイメイクリムーバー

などを使用した後、クレイウォッシュで洗いましょう。

長時間、潤い効き目を上げるQu Someローション

この化粧水は、肌の内部に浸透し、必要な所に美容成分が留まります。角層を長い時間、潤いで満たすので、

  • その後のスキンケア効果が高まる
  • なめらかな肌になる

効果があります。手に直径3センチ程とり、顔になじませます。べたつきがなくサラっと浸透して、きちんと潤うローションです。
皮脂分泌を整え、肌の持つバリア機能を取り戻し、トラブルのない健康な肌になっていきます。

シンプルな構成で効き目を高めるCセラム

Cセラムは「ピュアビタミンC」を配合しています。

即効性があるものの、化粧品に配合するのが難しい成分ですが、Qu Someの中に高い濃度で配合されています。

シミに効き、コラーゲンを増やすので、クレーターが目立たなくなる美容液です。
手にとると、温かみを感じるテクスチャーです。直径2センチほどが適量です。オイルのように見えますが、配合されている油分は少量です。

  • 皮脂のバランスを整える
  • キメが整う
  • なめらかな質感にする

効能があります。使用する際は、

  • 日焼け止めを使用する
  • お出かけの30分前にはケアを終えること

などを気をつけましょう。ピュアビタミンCがきちんと浸透し、酸化せずに効果を持続することができますよ。

肌なじみの良いQu Someモイスチャーリッチクリーム

ハリと弾力が生れるクリームです。パール1~2個分をお肌になじませていきます。高い保湿力があり、ターンオーバーを正常化します。べたつかないのもうれしいですね。

使い続けると、肌を押し返すような弾力が生れ、ニキビ跡を感じさせない、ふっくらとした印象にしてくれます。

肌の悩みを解消して、イキイキとした女性を増やしたい

ビーグレンは、アメリカのブライアン・ケラーさんが開発した化粧品メーカーです。

カルフォルニア大学サンフランシスコ校の教授で、薬を体内の患部に届ける研究をされていました。

化粧品の開発は、奥様が肌に悩みがあり、必死にケアをしているのを見て、どんな化粧品なのかと興味を持ったのが、きっかけでした。

研究していた技術を化粧品に応用し、試作品を使ってもらったところ、奥様は早い手ごたえに、うれしさが抑えられなかったそうです。

女性はお肌がきれいになると、それだけで気持ちが明るくなります。その喜びを多くの人に感じて欲しい、とビーグレンは考えています。

一人一人にあったケアを提案するスキンケアコンサルタント

どんなスキンケア商品でも、合わないことがあるので「絶対に効きます」とは言えません。

けれど、スキンケアのアイテムの使い方を少し変えるだけで、トラブルを防ぐこともできます。

ビーグレンには、スキンケアコンサルタントがいて、相談に乗ってくれます。

例えば、お手入れの初期にCセラムを使って、逆にニキビが発生したケースでは、Cセラムの量を減らし、クリームを軽いものに変えました。すると徐々に症状はおさまりました。

ビタミンCは皮脂をコントロールしますが、人によっては乾燥に傾くことがあります。

自分の肌のコンディションに合わせて、適正にケアに変えてくのは、個人では難しく、かえって悪化することもあります。

  • 皮膚
  • 栄養学

など美容だけでなく、幅広い知識を持ったスタッフがいるのが心強いですね。

ニキビ跡はトータルで改善しよう

ビーグレンのスキンケアは頼もしいですが、不摂生しても大丈夫ということはありません。

  • 十分に質の良い睡眠をとる
  • 適度な運動をしたりして新陳代謝を上げる
  • 紫外線対策をしっかりとする
  • ストレスをためない生活をする

ということを守りましょう。トライアルセットは1944円です。日本人の肌に合わせた改良がされているので安心ですよ。良い変化が見えるといいですね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!