目の下のクマを消す方法は、クマの種類別の対策が重要だった!


目元は人目につく場所ですから、クマがあるととても目立ってしまうものです。クマがあると体調が悪いように見えたり、老けた印象を与えてしまいます。

「最近疲れてるの?」なんて聞かれたら、あなたのクマが目立っているのかもしれませんよ。

こちらではクマがなかなか消えなくてお悩みの方へ向けて、目の下のクマを消す方法を伝授します!

クマの種類や原因などをお伝えしつつ、様々な角度からクマを消すためのアプローチ方法を紹介していきますので、チェックしてみてください。

あなたのクマの種類は?

目の下のクマの種類は1つだけじゃないとご存知ですか?
ご自身のクマの種類を把握しなければ、改善させることが難しくなってしまいます。

そのため、まずはクマの種類についてチェックする必要があるでしょう。以下では目の下のクマを消す方法を知る前に確認するべき、3つのクマについて取り上げていきます。

青クマ

青っぽいクマは、血の巡りが悪かったり、睡眠不足によって引き起こされるクマだとされています。青クマを判断するためには、目の下の皮膚を少しひっぱってみましょう。

目の下の皮膚をひっぱるとクマが薄く見えるなら、青クマである可能性が高いです。

黒クマ

黒クマは目の下にたるみが発生する事が原因だと言われています。たるみが発生すると、その下に影ができてしまいます。それが黒クマの正体なのです。

そのため顔の角度によっては、クマが薄く見えることがありますよ。
黒クマの原因はたるみですから、30代ごろから発生しやすいクマだと言えます。

茶クマ

茶クマの特徴は、皮膚の色素沈着が原因となっていることです。もしも目の下の皮膚をひっぱってみてもクマの色に変化がないようであれば、茶クマの可能性があります。

目の下にシミが出来てしまうと、茶クマになってしまうことがあるのです。

【種類別】目の下のクマを消す方法

クマの種類によって、その解消方法は異なってきます。
目の下のクマを消すには、その種類に応じた解決方法を実践する必要があるのです。

ご自身のクマの種類を確認できましたら、以下で紹介する目の下のクマを消す方法を試してみましょう。

青クマを消す方法

青クマの原因とはズバリ、血行不良です。目の周りの血流が滞ってしまうことが主な原因ですから、青クマを解消するためには血行を良くする必要があるでしょう。

血行を良くするには、目元を温めることが大切です。目元を温めるのに最適なのが、ホットタオルでしょう。ご自宅にあるタオルを温めて、就寝前などのリラックスタイムに目元を温めてみてくださいね。

特にパソコンを長時間操作した時などは、目元を温めるように心がけてください。目が疲れている時は、目元の血流が悪くなっていることも多いのです。

目元を温める以外にも血流を良くする方法があるのでご紹介します。それは、マッサージをすることです。

目元の滞った血流を改善させるためのマッサージの手順
目元のマッサージを行う時は、人差し指や中指を使って、優しくマッサージをしていきましょう。マッサージの手順は以下になります。

  1. 目頭から目尻の方向へ、下まぶたのツボを押す。
  2. 目頭から目尻の方向へ、上まぶたのツボを押す。

目元のマッサージを行う時は、なるべく目元の皮膚を強く擦らないように注意しましょう。目元の皮膚は非常に繊細で、ダメージを受けやすいからです。

どうしても力が入ってしまう時にはアイクリームを利用したり、薬指を使うことで力が入りすぎないような工夫ができますよ。

運動や入浴で血行を良くする
目元の血流を良くするだけでなく、体全体の血流を良くすることで青クマを改善させることもできるでしょう。

目元の血行が悪いことはつまり、体全体の血行が悪いとも言えるのです。普段あまり体を動かす習慣がなかったり、ゆっくりと湯船につかるような時間を設けていないという方は、日常に運動や入浴の習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

全身の血行が改善されることで、青クマ改善にも繋がりますよ。

体を温める食事を心がける
飲み物は常に冷たいもの、という方は血行不良に注意です。冷たい飲食物は体を冷やすと同時に、血流を悪くさせてしまいます。

青クマを解消するには血流を良くする必要がありますから、なるべくは体を温めるような食事を心がけるべきでしょう。

例えば、温かい紅茶を飲んだり、料理に生姜を使うことをお勧めします。また、チーズも体を温めてくれる効果がありますよ。

血行を良くして青クマを改善させるには、普段の食事に少し、気を使ってみると良いのです。

黒クマを消す方法

皮膚がたるむことによって出現してしまうのが黒クマです。黒クマは老化現象とともに現れるクマだと言えますね。

そのため黒クマを改善させるには、目元の皮膚をたるませないようにする必要があるのです。

目元の筋肉を鍛えよう
まず目元の皮膚がたるんでしまう原因は、目元の筋肉が老化してしまうことが挙げられます。目元の筋肉は眼輪筋と呼ばれるものです。この眼輪筋を鍛えるためには、目を動かす必要があります。

PCの操作などで一点を見つめていることが多いと、目をあまり動かすことが無いですよね。そうすると眼輪筋が衰えてしまう一方です。

目元のたるみを無くし、黒クマを消すためには意識的に目の周りの筋肉を動かすようなトレーニングが必要でしょう。目を細めたり見開いたりする動作が、眼輪筋を鍛えるトレーニングとなります。

黒クマでお悩みの方は、仕事の合間などの休憩時間に、目を鍛えるトレーニングを取り入れてみてくださいね。

たるみ改善にはコラーゲン
皮膚がたるんでしまう原因として、コラーゲンが不足していることがあります。

コラーゲンは皮膚を支えるような役割がありますから、不足してしまうことでたるみが発生するのです。目元の皮膚がたるんでしまうと、黒クマが出現してしまいます。

目元の皮膚のたるみを解消し、黒クマを消すためには、コラーゲンを補うことが効果的でしょう。コラーゲンを補う手助けとなる成分はレチノールです。

またビタミンC誘導体も同じような効果を発揮してくれます。これらの成分が含まれている化粧品を使うことで、コラーゲンを増やす効果が期待できるわけです。

むくみによる黒クマの可能性もある
黒クマの原因は皮膚のたるみであるとご紹介しましたが、目元がむくむことによって黒クマが引き起こされているケースもあります。

目元がむくんでしまうと、余分な水などが下まぶたに溜まってしまいます。その膨らみの下には影ができますから、黒クマとなるのです。

目元のたるみを解消するには、リンパマッサージが効果的です。リンパマッサージの手順は以下となります。

  1. 指を目元にあて、その周りを3周ほどマッサージする
  2. 目の周りをほぐした後に、こめかみに向かって指を滑らせる
  3. こめかみから耳の前まで指を滑らせ、軽く押す
  4. 耳の前から首まで指を滑らせる
  5. 首から鎖骨の真ん中、そして鎖骨の下まで指を滑らせる

上記の手順を数回繰り返して行いましょう。

茶クマを消す方法

茶クマの原因は皮膚の色素沈着です。色素沈着が起こる要因はいくつかあります。
茶クマを改善させるには色素沈着を起こさないように注意すること、そして色素沈着を改善させる必要があります。

色素沈着と言っても、その部位が表皮なのか真皮なのかで対処法も異なってきます。まず、紫外線によって肌がダメージを受けてしまうと、メラニン色素が生成されることで色素沈着が発生することがあります。

また目元の皮膚を擦るなどして刺激を与えた結果、色素沈着が発生しているケースもあるでしょう。この場合、色素沈着は表皮に発生していると言えます。

表皮の色素沈着を改善させるには
表皮に発生した色素沈着を改善させるには、肌を白くさせる効果がある化粧品を利用することをお勧めします。

美白効果が期待できる成分はビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は肌への負担が大きい成分でもありますから、トラブルが発生しないかをまずは見極めてから、利用するようにしてくださいね。

真皮の色素沈着を改善させるには
メラニンが肌の奥まで届いてしまった場合、真皮にも色素沈着が起こってしまいます。真皮に色素沈着が発生してしまうと、化粧品などでの改善はなかなか難しいものとなります。

したがって真皮に発生した色素沈着を改善させるには、クリニックでの治療が必要となるでしょう。化粧品でもなかなか色素沈着が改善されないという方は、まずはクリニックで相談してみてくださいね。

色素沈着を起こさないためには
上記では色素沈着を改善させることで、茶クマを消す方法をお教えしました。しかし、大切なのは目元の皮膚の色素沈着を発生させないことです。色素沈着の大敵は紫外線ですから、紫外線対策を徹底することが第一条件だと言えます。

そして色素沈着をさせないためには、普段の肌ケアから見直す必要があります。紫外線対策と共に非常に大切になるのが、肌を十分に保湿することです。

十分に潤いが足りている肌は紫外線の影響も受けにくくなりますし、摩擦による影響も少なくなるためです。茶クマを消すためには、目元をしっかりと保湿するようにしてくださいね。

また色素沈着が起こってしまう原因としては、肌がダメージを受けることも挙げられます。ですから、なるべく肌に刺激を与えないように注意する必要があるのです。

例えば、目元をゴシゴシと擦ってしまう癖はありませんか?目元を擦ることが肌にとってダメージとなり、結果的に茶クマを発生させてしまいますよ。

また普段の洗顔方法によっては、目元に刺激を与え過ぎてしまうこともあるでしょう。洗顔をする時には、目元は特に優しく扱うようにしてくださいね。

目元を洗う時には、擦る必要はありません。目元の肌に触れるか触れないか程度の力加減で洗顔を行うことがポイントです。

目の下のクマを消すメイク方法

目の下のクマを消す方法を紹介しましたが、改善されるまでには時間がかかってしまうこともあります。

目元は非常に目立つ場所ですから、目の下のクマをなるべく早く消したいと思う方も多いことでしょう。目の下のクマを早く消す方法としては、メイクでカバーすることがお勧めです!

メイクでカバーすることで、クマをうまく目立たなくすることができるでしょう。クマの種類によってメイク方法を変えることが、上手くカバーするポイントとなりますよ。

クマをカバーする優秀なアイテムはコンシーラー

コンシーラーは顔の特に気になる部分をカバーするのに適したコスメです。コンシーラーのカラーは豊富にありますから、青クマ・黒クマ・茶クマに適した色を選ぶと良いでしょう。

青クマにはオレンジ系
青クマをカバーするには、オレンジ系の色味のコンシーラーが最適です。

黒クマにはベージュ系
肌に凹凸ができることで発生するのが黒クマです。それをカバーするにはベージュ系のコンシーラーが最適です。

肌によっては、オークル系の方が馴染む場合もありますから、ご自身の肌質に適したコンシーラーを使ってください。

茶クマにはイエロー系
茶クマをカバーするには、イエロー系の色味が適しています。

コンシーラーを利用する時には、カバーしたいクマの部分にコンシーラーをつけて、軽く押さえるように馴染ませるようにしてくださいね。

コンシーラーを使用した上にパウダーで馴染ませると、自然な仕上がりになりますよ。

夕方から出現するクマをメイクでカバーする方法

化粧をして時間が経つと、化粧崩れや血行不良によって再びクマが目立ち始めることがあります。そんな時にも、上手に化粧直しを行うことでクマをカバーするようにしてください!

目元にクマが出現しやすいのは、夕方以降だと言えます。原因は血行が悪くなることです。そんな時には血色を感じさせる色味を使って、クマをカバーすることができます。

またクマが出現してしまった部分にツヤ感を出して、クマを目立たなくする方法もあります。ツヤ感をプラスするには、明るいアイシャドウやハイライトがお勧めですよ。

パールが入ったアイシャドウはツヤ感を出してくれますから、自然な立体感でクマをカバーしてくれるのです。

クマをカバーするメイクとしては、下まぶたを明るく見せることがポイントとなります。
アイシャドウなどのアイテムを使ってクマのあたりを明るく見せることや、下まつげに使うマスカラをブラウンなどの明るい色味にすることも効果的ですよ。

目の下のクマを消す方法まとめ

目の下のクマを消すには、クマの種類にあった方法を実践する必要があります。クマを根本的に改善させるには、普段の生活や肌ケア方法などを見直していく必要があるでしょう。

もしも目の下のクマを手っ取り早く消したいなら、メイクでカバーする方法も試してみてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!