美肌菌を育成するシンプルなスキンケア方法。キレイは簡単に作れる!


スキンケア美容に欠かせない「美肌菌」という言葉をご存知でしょうか?過去に一度NHKで放送されてから一気にその名が広まった体内の菌ですが、最近では美肌菌を増やすことでキレイな美肌を作ることができるという効果が広まってきています。

ここでは、美肌菌を育てるためのスキンケア方法や美肌菌を減らしてしまう間違ったスキンケア方法などをご紹介します。スキンケアを見直してみたい人も、美肌菌に興味がある人もぜひ参考にしてみてくださいね。

よく聞くようになった「美肌菌」って?

美肌を保つ秘訣は人それぞれありますが、最近少しずつ美容に浸透してきているのが「美肌菌」です。ここでは、美肌菌の正体や主な特徴をいくつかご紹介します。誰の肌にも存在する菌なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

美肌菌の正体

通常、人の身体には「美肌菌と悪玉菌」の2種類があることがわかっています。美肌菌とは簡単に言うと、皮膚常在菌の一種で「表皮ブドウ球菌」のことです。

一番有名な菌類と言えば、腸内を守ってくれる善玉菌と悪玉菌の2種類ですが、表皮ブドウ球菌の美肌菌は主に「美肌効果が高い常在菌」として分かれて存在しているのです。

美肌菌の特徴

美肌菌の特徴としては「肌の水分を守ってくれること」や「抗菌ペプチドを作って悪玉菌の増加を防いでくれる働き」の2つがあると言われています。

その他にも「肌荒れも防いでくれる効果がある」と言われているので、美肌を保つためには欠かせない必要不可欠な菌類であることは間違いありません。

美肌菌を育てる3つのメリット

そんな美肌要素をぐんぐん上げてくれる美肌菌ですが、美肌菌を育てて増殖することでどのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、美肌菌を育てるメリットを3つご紹介します。

1. うるおいのある肌になる

美肌菌が体内で多くなると「うるおいのあるキメが整った肌」になるメリットがあります。美肌菌は皮脂や汗を吸収・分解して菌を作っていくので、増えれば増えるほど肌に必要なうるおいを自動的に生み出してくれる嬉しい効果があるのです。

2. 透明感のある明るい肌になる

また、美肌菌は自然な美白効果も持っているので「透明感のある肌」を作ることもできるのです。美白化粧品を使わずにナチュラルな状態で美白できるのは嬉しいですよね。

3. 肌トラブルの少ない肌になる

季節や年齢に関係なくできてしまう大人ニキビは女性の天敵ですよね。そんな気になるニキビやシミ・シワを予防+改善してくれる効果も美肌菌は持ち併せているのです。

美肌菌が育たない原因

誰の肌にも存在していると言われている美肌菌ですが「なぜなかなか増えないの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか?ここでは、美肌菌が育たずに減ってしまう原因を2つご紹介します。

化粧水

まず1つ目は、なんと「化粧水が美肌菌を育てるのを邪魔している」という事実です。実はほとんどの確率で美肌のためにやっている化粧水が美肌バリアを壊していることに繋がっているのです。

なぜなら、化粧水を素肌に付けることは通常入ることができない角質層の奥まで化粧水が入り込み角質のバリアを破壊することに繋がってしまいます。一度バリアが壊れてしまうと、そこから乾燥が始まります。肌の水分が蒸発してしまうので美肌菌が減少して殺してしまうことになってしまうのだとか。

本来、人の肌は自動的に自分の肌を整える特徴を持っているので、化粧水を増やすよりも肌に優しい美肌菌の増殖に着目することをおすすめします。

過剰なスキンケア

次に原因となるのが「過剰なスキンケア」です。スキンケアのイメージと言えば「洗顔料・化粧水・保湿クリーム・乳液・美容液」など数多くあるということではないでしょうか?

最近ではオールインワンのジェルが販売されたりスキンケアオイル1本だけといったシンプルなケア方法が注目されています。

そのように、本来であればスキンケアはそこまでクリームや美容液を多用せずとも皮脂や汗でキレイな肌を保つことはできるのです。化粧水と同じようにあまりにも多くの美容液や保湿スキンケアを行ってしまうと、肌に必要なオイル分も流してしまうので美肌菌現象の原因になるので注意しましょう。

美肌菌を育てる方法【洗顔編】

美肌菌を育てるのは簡単でシンプルなことが特徴です。ではここで、美肌菌を育てるおすすめの洗顔方法をご紹介します。ぜひ継続して行ってみてくださいね。

洗顔時に気を付けるポイント

洗顔時の注意ポイントとして3つあります。

まずは「洗顔料を1日1回だけ」にしましょう。洗顔料には界面活性剤という成分が配合されている場合が多いので、肌に必要なオイル分を落としてしまう可能性があります。そのため、洗顔は1日1回だけに制限することをおすすめします。

次に「クレンジングは使わないこと」を徹底しましょう。クレンジングにも肌に必要な栄誉分を吸い取って洗い流してしまうことがあるので要注意です。メイクなどの皮脂汚れはお湯で十分取ることができるので安心してくださいね。

最後に、「洗顔料は固形石鹸」で洗いましょう。確かにクリームタイプは使いやすく泡立ちやすいですが、その分多くの余分な成分が含まれていることが多いのでおすすめできません。シンプルな原料で作られた固形のものが安心です。

美肌菌を育てる洗顔方法

洗顔方法はとてもシンプルなので、優しく洗うというポイントだけ抑えておきましょう。

1. お湯の温度は人肌よりもぬるめ(34~35℃)に設定する
2. 肌は擦らないようにしてひたひた浸けるように洗う
3. タオルで拭き取る時もポンポンと擦らないように優しく拭き取る

美肌菌を育てる洗顔方法の特徴としては「できるだけシンプルに」を心掛けることが大切です。シンプルにすればするほど美肌菌は育って行くので、菌は目には見えませんが目に見える形で肌に変化が出てきます。

美肌菌を育てる方法【お手入れ編】

ではここで、美肌菌を育てるお手入れを順にご紹介します。肌に良い化粧選びにも繋がるので、ぜひチェックして試してみてくださいね。

乳液か保湿クリームはどれか1つに絞ること

季節柄、特に冬のように極度に乾燥しやすい季節は乳液やクリームなどを使う回数は多くなってきてしまいますよね。これを美肌菌のためだと言ってすべてやめることはなかなか難しいと思われます。

そこでおすすめなのが「クリーム系のスキンケアアイテムはどれか1つに絞ること」です。

化粧水は避けること

普段スキンケアの際に化粧水を素肌に付けている人は「ホホバオイルやアーモンドオイル」などのオイル系ケアに変えてみるなど、美肌菌を殺してしまう化粧水は避けることをおすすめします。

高濃度や高機能性のある美容液は避けること

「高濃度」や「高機能」という美容液は美肌効果が高そうに聞こえがちですが、実際は浸透力があるので肌バリアを壊して乾燥を加速させてしまうという逆効果が出てくるのでおすすめできません。

ナチュラルな美肌菌を育ててシンプル美肌を目指しましょう!

美肌菌について間違った認識やスキンケア方法などが数多くありますが、一番わかりやすい方法は「普段使いの化粧水をやめてみること」が効果的です。化粧水をやめてみて肌の状態をチェックしながら美肌菌を増やして、コスパも美肌も叶えるお手入れをしていきませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!