寝る前たった5分で痩せ体質に?ダイエットに効果的なストレッチ


ダイエットはしたいけど、ジムやスタジオに通うのはお金も時間もかかるし、二の足を踏んでしまう。せめて自宅で運動したいけど、それもなかなか続かない……。そんな悩みを抱えていませんか?

実は、たった5分のストレッチで、簡単に痩せ体質に変われるんです。大切なのはタイミング。寝る前に行うストレッチは一番効果が高く、ダイエット効果を期待できます。

この記事では、寝る前のストレッチがダイエットに効く理由と、効果的なストレッチ方法をご紹介します。

寝る前のストレッチで痩せ体質になれる理由

なぜ、寝る前にたった5分のストレッチを行うだけで、痩せ体質に変われるのでしょうか?それには、いくつかの理由があります。

筋肉が柔らかくなり、基礎代謝がアップする

ストレッチを行うと筋肉がほぐれ、血流がよくなります。また、関節の動きがよくなるので、動作が大きくなります。それによって基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効果が高まります。

むくみが解消される

デスクワークや立ち仕事の方なら、夕方にはむくみが気になることも多いでしょう。足首が太くなったり、ふくらはぎがパンパンになってしまうことも。

脚のむくみは、同じ姿勢を続けることで起こります。座りっぱなし、立ちっぱなしなどが原因で、足元に老廃物が溜まってしまうのです。

ストレッチによってしっかりと老廃物を流してあげることで、脚のむくみは解消することができます。

姿勢がよくなり、無駄な脂肪がつきづらくなる

猫背など、姿勢の悪い状態でいると、老廃物が溜まって筋肉がゆるんできます。そのままでいると、お腹周りやアゴの下に脂肪がつきやすくなり、たぷたぷのお腹や二重アゴの原因に!

ストレッチで筋肉をほぐし、姿勢がよくなれば、すっきりとして脂肪のつきにくい体に変わっていきます。

便秘が解消される

ポッコリお腹の原因になる便秘。特に女性は、便秘に悩まされる人が多いようです。便秘の大きな原因は、自律神経の乱れや腸の活動の低下と言われています。

便秘の解消には、腸にいい食べ物を食べるだけでなく、ストレッチや運動で腸を動かしてあげることが効果的なんです。

ストレッチで自律神経を整え、腸の活動をサポートしてあげることで、便秘を解消することができます。

寝る前がベストタイミング

ストレッチのさまざまな効果が、あなたを痩せ体質に導いてくれることがわかりました。次は、ストレッチを行うタイミングについて解説します。寝る前が一番効果的とされている、その理由を探りましょう。

入浴後なので、筋肉がほぐれやすい

寝る前は入浴後で体が温まっているため、筋肉が伸びやすい状態です。そのタイミングでストレッチを行えば、いつもより深く筋肉がほぐれ、効果が高まります。

自律神経を整え、イライラや睡眠不足が解消される

イライラや睡眠不足は、過食の元となります。寝る前にゆったりとしたストレッチで体のコリをほぐすことで、自律神経が整い、リラックスと快眠に導いてくれます。

睡眠中の成長ホルモンの分泌を助ける

ストレッチによってリラックスすることで、深い睡眠へと導かれます。深い睡眠がしっかり取れると、成長ホルモンの分泌が盛んになります。

年齢とともに減っていく成長ホルモン。基礎代謝を上げ、内臓脂肪をつきにくくしてくれるホルモンなんです。

睡眠の質を高めて、成長ホルモンを増やして痩せ体質を作ってくれます。

ストレッチの効果を高めるポイント

それでは、ストレッチを行う際に注意すべき基本について、見ていきましょう。どんなポーズをやる場合でも、下記のポイントを押さえれば、よりストレッチの効果が高まります。

各ポーズを20秒以上続ける
一つのポーズをしたら、20秒以上保つようにしましょう。5〜10秒程度で終わってしまうと、筋肉が十分に伸びず、効果が少なくなってしまいます。
伸ばしたい筋肉に意識を向ける
その動作によって伸ばしたい筋肉を意識すると、よりストレッチ効果が高まります。
激しい動きはしない
寝る前のストレッチはリラックスすることが基本。激しい動きをしてしまうと、体が目覚めてしまい、かえって眠りにつきづらくなってしまいます。静かに、ゆったりとした動きを心がけましょう。
呼吸は止めない
ストレッチをしながら、呼吸を止めないように気をつけましょう。ゆったりとした呼吸を繰り返すことで、体がほぐれ、リラックス効果も高まります。

目的別、ダイエットに効果的なストレッチの方法

それでは、いよいよ具体的なストレッチの方法をご紹介。ダイエットしたい場所に応じて、効果的なストレッチをやってみましょう。

脚のむくみを解消するストレッチ

  1. 床やベッドに横になり、足をまっすぐ伸ばす。
  2. つま先をまっすぐ前に伸ばし、5秒キープ。
  3. つま先を天井に向け、足首を90度に曲げ、5秒キープ。この動作を5回繰り返す。
  4. 両足首をぐるぐると5回まわす。
  5. 反対側にも5回まわす。

太ももを細くするストレッチ

  1. 立ったまま、右足を前に出し、左足を後ろに下げる。
  2. 右足は90度に曲げて膝を立て、左足は膝から下を床につける。
  3. 右足をさらに深く曲げて、左足の付け根からももの前側をしっかり伸ばす。
  4. 左足の足先を左手で持ち、お尻にぐっと近づける。そのまま20秒キープ。
  5. 足を入れ替えて同様に行う。

小顔を作るストレッチ

  1. 後ろで手の指を組み合わせ、肩甲骨を引き寄せるように後ろに引く。
  2. そのまま上を向いて、首の前側を伸ばす。
  3. 舌をまっすぐに突き出し、20秒キープ。
  4. 舌を鼻の方に向かって曲げ、20秒キープ。

便秘を解消するストレッチ

  1. 仰向けに横になり、両腕を真横にまっすぐ伸ばす。膝をそろえて90度に曲げ、足裏は床につける。
  2. 膝をそろえたまま、右側に倒す。このとき、両肩が床から離れないようにして、脇腹がしっかりとひねられるのを感じる。
  3. 膝を元の位置に戻す。
  4. 今度は反対側に倒す。これを5回繰り返す。

一日たったの5分だから、無理なく続けられる

寝る前ストレッチ、実際にやってみると、筋肉が気持ちよくほぐれるのが感じられると思います。毎日たったの5分程度、気持ちよく体を伸ばすだけなので、楽に習慣化することができます。

私も運動は続かないタイプなのですが、寝る前のストレッチはもう数年間続いています。毎日一つでもストレッチをやっていくと、やらない方が気持ち悪いと感じるようになりますよ。

寝る前のわずかな時間で、ダイエット効果はもちろん、体がほぐれて気持ちがよく、快眠効果やストレス解消効果など、さまざまな効果が期待できます。あなたも今夜から、気になるパーツのストレッチを始めてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!