ベリーショートが似合う顔。アレンジ次第でどんな顔でもかわいくなれる!


今回は、ベリーショートが似合う顔、について。髪型が似合うかどうかの判断基準となるのは、ずばりなんです!

海外でもベリーショートは人気で、ハリウッドだと、ハル・ベリー、ナタリーポートマンが有名です。日本だと、中谷美紀、木村カエラ、夏目三久は、ベリーショートのイメージがあるのではないでしょうか。

大人の女性らしさ、かわいらしさ、それでいてパンクっぽさもあり、色々な雰囲気を出せるのがベリーショートのいいところ。「私は、似合わないから」と諦めてる人には、アレンジ方法もご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

どんな顔が似合うの?

人の顔のかたちには、大きく分けて6種類(細かくいうと9種類)。あなたは、どれにあてはまりますか?

顔のかたち

  • 丸顔:おでこ、ほお骨、あごの幅が大体同じ。全体的に丸みがあり、可愛らしい印象
  • 四角顔/ベース顔:おでこ、ほお骨、あごの幅が大体同じで、丸顔とは違い、直線的な顔のライン。女性の強さを感じるイメージ
  • 面長:縦のラインが長めで、あごもすっきりなので、シャープな印象
  • ハート顔:額が広く、あごに向かって細いタイプ。頬骨が高いので、快活なイメージ
  • ダイヤモンド顔:ほお骨の横幅が顔の中で一番広く、ほお骨からおでこ、あごまでの距離が一緒。面長さん同様シャープな印象
  • 卵顔:顔の横幅(口の位置の横幅)と縦の長さ(眉から口)の比率が1:1のタイプ。角ばったところはなく、柔らかな印象

ベリーショートが似合うのは、「卵顔」「ハート顔」「四角/ベース顔」「ダイヤモンド顔」と言われています。特に、顔が小さく、あごが細くてシャープなラインの人は、よく似合うとされています。

「四角/ベース顔」の人は、日本だとベリーショートは避ける傾向にありますが、海外では、似合うとされているようですよ。顔の印象が強い特徴を活かして、自分の個性を出していける髪型でもあるんです!

「自分は短い髪型、長い髪型どっちが似合うかな?」なんて悩む人は、イギリス人ヘアスタイリスト(John Frieda)が作った方程式、その名も「The 2.25 inch (5.5cm) Rule]がおすすめ。

  1. 定規とペンを用意します。
  2. ペンを横に持ち、あごに当てます。
  3. 定規を縦に持ち、耳の下に当てます。
  4. 耳の下からあごのペンまでの長さを測ります。鏡に向かってすると、

    確認しやすいですね。

長さが5.5cmより短ければ、ショートヘアが似合う。5.5cmより長ければ、長い髪が似合う、と判断できるそうですよ。美容室に行く前に自分で判断する基準にしてもいいですね!

目の大きさ

ベリーショートにすると、目立ってくるのは、「目の大きさ」です。前髪も短く、髪で顔を隠すことがないので、顔のパーツが目立ってきますね。

これもベリーショートに挑戦しにくい理由の1つですが、大きな目の人は、とても映えます。「意思が強そう」「クールビューティー」という印象もこの目力が影響していそうです。

頭の形

 
顔を見るとき、頭の形も大事なポイント。特にベリーショートは、頭の形がはっきり出ます。頭の形が綺麗だと、前からでも後ろでも綺麗なラインがでて、ベリーショートがとても似合います。

髪質でいうと、多少クセやカールがあった方が似合うと言われていて、ストレートでクセのない髪質は不向きとされていますが(頭にフィットしすぎて、ヘルメットをかぶっているみたいに見えるから)、頭の形が綺麗だとそれも気になりません。

どんな顔が似合わないの?

ここからは、一般的にベリーショートが似合わないと言われる人の特徴をあげて
いきます。 
 
顔の形でいえば、「丸顔」「面長」の人は、長い髪をすすめられると思います。 丸顔の人は、サイドから顔の丸みをカバーできる、長めのボブ、レイヤーの入った肩までのロングが似合うとされています。

面長の人は、縦の長さの印象を少なくできる、アゴのラインまでのボブがおすすめで、前髪も長めが似合うそうです。

目の大きさで言えば、目が細かったり、小さいと、顔の印象が薄くなるので、ベリーショートには向かない、と思ってしまいますよね。

こうやって見ると、髪型って「自分の弱点をカバーしたい。隠して、理想的な顔に近づけたい」という気持ちが大きく影響しているような気がします。

だから、自分の素材で勝負するベリーショートは、勇気のあるカットだし、自信がないと出来ない、難易度の高い髪型。

ベリーショートは、工夫次第で誰にでも似合う

顔の形、パーツなどの生まれつきのものは、整形でもしないかぎり大きく変えることは出来ないです。だからって、「この顔にはこの髪型しか似合わないんだ」なんて思わないで、気分を変えたい時は、ぜひ違う髪型にしてみてください。

挑戦の難しいベリーショートなら、なおさら。新しい自分と出会えるかも!!

髪のアレンジのポイント

最近のベリーショートは、前髪や耳にかかる長めのスタイルを作ってアレンジするのが流行っているみたいです。特に初心者の人は、サイドを重めに残したベリーショートがおすすめなんだとか。

一般的に似合わないとされている丸顔さんや面長さんも、ポイントをつかめば大丈夫です。重要なのは、髪の毛と顔の比率が1:1になっていることで、「卵顔」をイメージすると良いみたいです。

コテやワックスを使いながら、トップにボリュームをもたせ、ゆるふわな仕上がりを目指してみると可愛く仕上がると思います。丸顔さんは、四角をイメージしたベリーショート、面長さんは、前髪を作ってあげると全体のバランスが取れるそう。

顔の形に加え、髪質に関してもちょっとした工夫を。クセのある髪の人は、トリートメントを使って柔らかめに。ストレートの人は、パーマもかけたり、ワックスで動きを出してみてください。カラーリングをするのも印象が変わってきますね。
 

メイク/カラーコンタクト

アイメイクリップがポイント。全体的に短いベリーショートの場合は、顔の印象が薄くなると、ボーイッシュさが強めに出ます。

女性らしさが欲しい人は、しっかりめのアイメイク、明るい色のリップが効果的。カラーコンタクトで、目の印象を変えるのもいいですね。

アクセサリー

ボブやロングの時は隠れてしまったピアスやイヤリングも、ベリーショートでは
目立ちますよ。

大きめのアクセサリーもいいですが、オーソドックスなものでも、しっかり存在感を出せますよ。首元もすっきりなので、ネックレスも映えます。

洋服

モノトーンでシンプルな洋服でも、ワンピースなどのガーリーな感じでも、服装は選びません。パンツスタイルでもスカートでも合うので、髪型を変えたからって、洋服を買い替える必要はないですよ。

髪型がシンプルな分、ボーイッシュにもガーリーにもなるので、洋服のスタイルも幅広くなって楽しいはず!

おわりに

最近のベリーショートは、自由度の高くて、アレンジ次第でその人にあった髪型になります。メイクやアクセサリーも上手に使えば、さらに雰囲気が良くなります。

全体的に短いベリーショート歴の長い私の感想ですが、髪を乾かすのはあっという間ですが、美容室に行く回数が多いのと、スタイリングの手間は少しかかります。美容師さんと相談しながら、自分に合ったベリーショートを見つけてみてください。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!