胸が大きい人の肩こり解消法。予防方法と正しい下着の選び方


胸が大きすぎて、肩凝りに悩んでいませんか?

胸が大きすぎると、その重さを支えるために肩に余計な負担が多くかかり、肩凝りになりやすいと言われています。

正しい運動やマッサージを行うことで肩凝りは楽になるはずです。また、大きな胸を支えるためのブラ選びも大切になります。

つらい肩凝りをひどくさせないためのマッサージやブラの選び方など紹介します。

首筋を温めて血行アップ

冷えは肩凝りにとって最大の敵です。身体が冷えてしまうと、体温を逃さないように血管が収縮します。そのため、筋肉の血流量が減ってしまい、筋肉自体が硬くなってしまいます。

さらに、寒さで痛みが感じやすくなります。そのため、身体が冷えていると、どんどん肩凝りが酷くなってしまいます。

肩凝り改善には首を温めるのが一番!

肩凝りを改善させるためにどこを温めると効果的でしょうか?

もちろん直接肩周囲を温めることも大切です。ただ、肩周囲を温めても、なかなか改善しない人も多くいます。それは、肩周囲には大きな筋肉があるため、なかなか血液を温めることができていないからです。

そこで、効果的な方法として、首を温めます。首は、皮膚が薄く、血管も表皮の近くを走行しているため、血液を温めるのに最適の場所です。

首筋を温める方法

① カイロやタオルなどを使用する場合

  • カイロやホットタオルなどを首の後ろ(後頭部の付け根)に当てる
  • 気持ちいい程度の温かさで10分程度温める
ホットタオルの作り方
①タオルを濡らして、しっかり絞る
②タオルを丸める
③ラップで包む
④電子レンジで1分程度加熱する
⑤電子レンジから取り出して適度に冷ます

厚めのタオルを使うと、冷めにくいです。

また、電子レンジの加熱時間は、様子を見ながら、増やしたり、減らしたりしてくださいね。

注意点としては、熱すぎないようにしてください。熱さを我慢しすぎると、リラックスができずに、余計に力が入ってしまいます。

② 入浴中のやり方

  • 湯船でしっかり温まる
  • お湯で濡れたタオルを首筋に10分程度押し当てる

入浴中だと、リラックスできやすいので、効果的です。気持ちよすぎて、そのまま湯船で寝ないように気をつけてくださいね‼︎

日常生活でも冷えは禁物

また、日常生活でも首筋を冷やさないように心がけてくださいね。夏場は冷房で、冬場は気温で、どうしても首筋は冷えてしまいます。

そのため、マフラーやストールなどを使い、首に直接風が当たらないようにしてください。

肩甲骨を動かして、肩をほぐす

肩凝りを悪化させないためには、運動は重要になります。長時間パソコンやスマホなどしてしまうと、肩の周りが固まってしまいます。

そのため、長時間同じ姿勢でいるような際には、特に心がけて行ってみてください。

肩甲骨を上に持ち上げる

立っていても、座っていてもできます。

  1. 出来る限り胸を張る
  2. 肩を耳に当てるように上に持ち上げる
  3. そのまま、ストンと肩を落とす
  4. これを10回程度繰り返す

この運動はガチガチに固まった肩の準備運動です。

急に大きな動作でガチガチに固まった肩甲骨を動かすと、痛みの原因になることもあります。そのため、この運動で痛みが出る場合は、一度温めてから行ってくださいね。

肩甲骨を回す

出来る限り、立った状態で行ってください。

  1. 肩幅に足を広げて立つ
  2. 両指を肩に軽く乗せる
  3. 肘で出来るだけ大きな円をゆっくり描くように動かす
  4. 逆回りも行う
  5. 左右20回程度行う

しっかり肩甲骨が動いているのを感じながら行ってください。ガチガチに固まっている人は、ゴリゴリと音がなる人がいます。

痛みがあれば、小さな円から始めて、徐々に円を大きく描くようにしてください。必ず、痛みのない範囲で行ってくださいね。運動は、出来る限り、こまめに行ってください。

一度ガチガチに固まってしまうと、痛みも出やすくなり、肩をほぐすのに時間がかかります。

首も回して、さらに効率アップ

肩甲骨がほぐれてきたら、随分肩凝りは楽になります。それでも、まだ凝っていると感じている人も多いはずです。

その時は、しっかり首回りも動かしていきましょう。

  1. 椅子に腰掛ける
  2. 片方の手で椅子を軽く掴む
  3. 反対の手を頭の上におく
  4. そのまま斜め前方向にゆっくり首を倒す
  5. 首の力は抜いて、手の重みで首の筋肉を伸ばす
  6. 10秒程度ストレッチ
  7. 逆側も同様に行う

出来る人は、逆の耳のあたりまで手を回して行なってください。どうしても座ってできない場合や椅子を掴めない場合は、その手の甲を背中に当てた状態で行ってください。

肩凝りがひどい人の場合、首が動かない時もあります。そのため、必ず無理をしないように行ってください。痛みがあるのに、我慢して行うのは、逆効果です。

血液の詰まりを解消して、肩凝り解消

肩凝りが酷くなると、血流が低下するため、頭痛の原因になることもあります。

そのため、首筋の血流をあげることは、大切です。

  1. 首の付け根に両親指を当てる
  2. その状態で後頭部を親指に10秒程度押し付ける
  3. 5回程度繰り返す

親指を押し当てる部位は、後ろの首の真ん中から2センチ程度左右にずれたところあたりです。後頭部と首の付け根を抑えながら、気持ちいいところを探してください。痛気持ちいいところが、押しあてる部位です。

また、後頭部を押しあてるのが難しい時は、下を向いた状態で、親指をしっかり当て、そのままゆっくり上を向くように頭を動かしても大丈夫ですよ。

正しいブラを選んで、しっかり大きな胸を支えよう!

あなたは、正しいブラを身につけてますか?適当に選んでいたり、体型が変わってもそのまま着け続けていないですか?

特に大きな胸の人は小さく見せようとして、押さえつけるようなブラを使う人も多くいます。

合わないブラを使ってしまうと、大きな胸を支えきれずに、肩凝りが悪化してしまうことがあります。そのため、自分にあったブラを選ぶことは大切です。

大きな胸の人にオススメのブラの選び方

①フルカップを選ぶ

バストをしっかり包み込んでくれるタイプです。このタイプはバストの揺れを防いでくれるため、肩の負担が少なくなります。

②肩ひもが太めのブラを選ぶ

胸が大きいと重さがあるため、細い紐で支えるよりも、肩ひもがしっかりしている太めのものを選んだ方が、肩にとっては楽になります。

③背中の肩ひもがクロスタイプ(たすき掛け)のものを選ぶ

クロスタイプのものは、猫背になりにくく、いい姿勢を保ちやすいです。また、定期的にバストを測定してもらうことも大切です。

正しいブラを身につけ、肩の負担を軽減しましょう。

ツライ肩凝りの悩みをなくそう!!

大きい胸は、肩に大きな負担をかけてしまいます。肩凝りをそのままにしておけば、頭痛や吐き気など様々な悪影響があります。

そのため、肩凝りを少しでも早く治す必要があります。肩凝りにとって、一番良い方法が血液の循環を改善し、筋肉を柔らかくすることです。そのためには、温めること、動かす事が最善です。痛みが酷くなる前に、試してみてくださいね。

また、一日のほとんどの時間を身につけているブラも大切です。間違ったブラを使うと肩凝りを悪化させる原因になります。自分にあった、肩の負担を軽減させるブラを身につけ、肩凝り軽減を図っていきましょう。

肩凝りに苦しむ生活から一刻も早く脱出出来ますように。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!