黒酢はダイエットの最強の味方!効果的な飲み方と注意点

黒酢には、アミノ酸やクエン酸などが豊富に含まれており、それらの成分によりダイエットの効率をアップしてくれます。

もちろん、黒酢を飲んだからといって、急激に体重が落ちる様な事はありません。ただ、長期的に毎日飲み続けることで、便秘改善や内臓脂肪の減少などダイエットを行う上で、嬉しい効果があります。

あなたのダイエットのサポートをしてくれる黒酢のパワーについてご紹介しますね。必ずダイエットの役に立つはずですよ。

黒酢って何?

JAS規格の中で「米(玄米)に大麦または小麦のみを加えたものを原材料としたもので、穀物酢1リットルに対して原材料が180g以上使用されており、発酵や熟成によって褐色または黒褐色になったもの」と定められています。

黒酢は、米酢などと同じ種類の穀物酢の仲間です。原材料によって、「米黒酢」と「大麦黒酢」に分けられます。

普通のお酢との違いは?

大きな違いは、黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれているということです。

黒酢には、17種類のアミノ酸を含んでおり、その中には、体内で合成することが出来ない9種類の必須アミノ酸のうち8種類も含まれています。

必須アミノ酸とは・・・
身体は主に20種類のアミノ酸から出来ています。

その中で、体内で作ることが出来ないものが「必須アミノ酸」と呼ばれています。

体内で作ることが出来ないため、食事から補給する必要があります。アミノ酸の種類によって、期待できる効果も違うため、バランス良くアミノ酸を摂取することが大切です。

魅力がいっぱい 黒酢の効果とは?

①脂肪燃焼
黒酢に含まれているアミノ酸は、脂肪分解を促す働きをします。

「ミツカン」の調査によると、12週間大さじ1杯のお酢を飲み続けた結果

  • 体重
  • 腹囲
  • BMI

が低下したとの研究結果がありました。

また、内臓脂肪も減少していくという嬉しい報告もあります。

さらに、九州大学の研究では、抗肥満作用があるとの報告がされております。黒酢には、脂肪を体内に吸収しない、ため込まないことが研究で判ってきています。

②運動効率アップ
必須アミノ酸には、運動による筋肉の損傷を抑え、回復を早めてくれる働きがあります。

クエン酸やポリフェノールの働きで、筋肉痛を和らげ、疲労回復に繋がります。この効果を最大限に発揮するためにも、運動前と運動後に黒酢を摂り入れましょう。

③血液サラサラ効果
アミノ酸には、コレステロールや中性脂肪が血管の壁に溜まるのを防ぐ役割があります。悪玉コレステロールだけを減らしてくれるため、血液がサラサラになると考えられています。

ラーメンや揚げ物など脂っこい食事が多い人は、意識して黒酢を摂ってくださいね。

④血糖値の上昇を緩やかに
メカニズムははっきり解明されていません。

しかし、胃から腸への消化がゆっくりになるために、血糖値が急激に上がりにくいと言われています。血糖値が急激に上がってしまうと、太りやすい体質になってしまいます。

⑤便秘改善
黒酢には、腸内環境を整えてくれる作用があります。また、腸の動きを活発にしてくれる作用もあるため、便秘改善に効果があります。

⑥冷え症改善
アミノ酸は、赤血球を柔らかくする働きがあります。そのため、手足の末端部まで血液が流れるようになり、冷え性の改善に繋がります。

⑦むくみ改善
黒酢には、高い利尿作用があり、黒酢に含まれているアミノ酸には余分な水分や老廃物を排出してくれるデトックス効果があると言われています。そのおかげで、むくみの解消になります。

⑧免疫力アップ
アミノ酸は、免疫細胞のエネルギー源になるため、免疫力アップに繋がります。つまり黒酢を飲むことで、風邪が引きにくくなります。

⑨二日酔いを防ぐ
アミノ酸には、アルコールの分解を促し、肝機能を高める作用があります。そのため、二日酔いが心配な人は、お酒を飲む前に、黒酢を飲んでくださいね。

それ以外にも、

  • 減塩効果
  • カルシウムの吸収率アップ
    魚などと一緒に煮込むことでカルシウムを溶け出し、多くのカルシウムが摂取できます。
  • 美肌効果

など、様々な健康、美容効果があります。

黒酢ダイエットの効果的なやり方

黒酢は、いつ飲んでも構いません。しかしダイエット効果を最大限に発揮するためには、ベストなタイミングがあります。

*最適な飲む量
大さじ1~2杯

できる限り、毎食少量ずつ分けて摂取してくださいね。

*飲むタイミング
運動後や入浴後など代謝がアップしている時に飲むのがベストです。血糖値の上昇を緩やかにしたいので、食事の前半に摂ることがおすすめです。

食欲増進効果もあるため、食前はおすすめしません。さらに強い酸で胃を痛めるリスクがあるため、空腹時は控えてください。

夜寝る前など、ホットドリンクにして飲むのもおすすめです。ただ、身体を冷やす効果があるため、夜飲む場合は必ず温めて飲んでくださいね。

黒酢ダイエットの注意点

黒酢には、様々な凄すぎる効果がありますが、飲み方を間違えてしますと、強い酸で胃を痛めるなど、身体に良くないこともあります。

必ず注意点を守って、摂取するようにしてください。

①そのまま原液では飲まない

お酢には、強い酸が含まれています。その影響で、口の中や食道、胃など荒れてしまうリスクがあります。また、胸やけなども起こしやすくなります。

必ず説明書などを読み、記載してある通りに薄めて飲むようにしてください。

②空腹時には飲まない

空腹時にお酢を飲んでしまうと、胃を痛めてしまいます。酷い場合には、胸やけを起こすリスクがあります。

必ず何かを食べた後に摂取するようにしてください。

③飲んだ後は歯磨き

酸蝕歯と呼ばれる歯が溶けてしまう現象があります。

強い酸の影響で、歯のエナメル質を溶かしてしまうので、必ずお酢を摂取した後は、歯磨きを忘れずに行いましょう。

④数回に分けて飲む

お酢には、利尿作用があるため、できる限り小分けにして摂取する方が効果的です。

また、食事のたびに摂取することで、血糖値の急上昇を予防することが出来、ダイエットに効果的です。

⑤飲むお酢には要注意

カロリーが高いものがあるため、カロリー表示を確認してから、飲むようにしてください。

せっかくダイエットしているのに、高カロリーのものを取り過ぎると逆効果になりますよ。

黒酢ダイエットにおすすめのレシピ

黒酢は、どんな方法で摂ってもらっても構いません。

毎日摂りやすい方法で摂ってくださいね。

さっぱり飲みやすい!ハチミツ黒酢

○材料
黒酢   大さじ1
蜂蜜  大さじ1
水  150cc

○作り方
材料を混ぜるだけ

水が飲みにくい場合は、無糖の炭酸水を使っても大丈夫です。

蜂蜜には、疲労を回復させるビタミンB1やアミノ酸が豊富に含まれています。黒酢と一緒にとれば、ダイエットのための運動の疲労回復に繋がります。

ダイエットに最適!酢キャベツ

○材料
キャベツ  1/2個
塩  小さじ2
黒酢  200cc

○作り方
千切りしたキャベツを清潔な密閉袋に入れる
塩を振り、しんなりするまで揉み込む
その中に黒酢を入れ軽く揉み込む
冷蔵庫で半日ほど漬け込む

一度作っておくと冷蔵庫で2~3週間は日持ちするので、多めに作って作り置きしてもいいですよ。

キャベツには不溶性の食物繊維が多く含まれています。そのため、腸のぜん動運動を促し、便通改善効果が得られます。

またキャベツにはデブ菌の繁殖を抑える作用があるため、お酢と一緒に摂ることで、デブ菌を減らし、ダイエット効果に繋がります。毎食後100g程度摂るのが理想的です。

黒酢を摂って、キレイに健康的に痩せよう!

黒酢には、驚くべき様々な美容、健康効果があります。

短期的に急激に体重を落とす効果はありません。しかし、長期に健康的なダイエットをしたい方には、かなりおすすめです。

特にダイエット効果をアップしたい方は、酢キャベツも試してみてください。2週間程度継続することで、身体の変化が現れてくるはずです。

黒酢を毎日の生活に摂り入れて、健康的にキレイになりましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!