前髪を流す方法。誰でも簡単&ふんわり流せるキレイな作り方

最近、テレビやファッション雑誌で前髪を横に流している女優さんやモデルさんを見かけたことはありませんか?前髪を斜めに流すヘアスタイルは「流し前髪」として、今女性にとても人気がある髪型です。

前髪を横に流すと、下ろしたときほど幼くなりすぎず、上げたときほどクールになりすぎないので、調度良いバランスの「可愛らしくて大人っぽい」印象を演出できます。また、流し前髪はさまざまなヘアスタイル、フェイスラインに似合うので、どんな方でもチャレンジしやすいという魅力があります。

流し前髪はドライヤーやヘアアイロンなどを使って簡単に作れますが、「流し前髪がキレイにできない・・」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

ここでは流し前髪のメリットや正しい作り方、失敗しないコツなどをご紹介しますので、トレンドの前髪を上手にセットしたいときにお役立てください。

流し前髪は「可愛くて大人っぽい」印象をあたえる

前髪は見た目の印象を決定する大切なポイントです。前髪を変えるだけで、可愛らしい印象や大人っぽい印象、女性らしい印象などさまざまなイメージに近づくことができます。

前髪にはトレンドのぱっつん前髪やシースルーバング、ラウンドバングなどたくさんの種類がありますが、今人気を集めているのは前髪を斜めにふんわりと流す「流し前髪」です。

流し前髪はどんなヘアスタイルにも似合うので、短髪や長髪、伸ばしかけの髪など髪型や髪の長さに関係なく、すべての方におすすめです。また、短く切りすぎた前髪を隠したいときや伸ばしかけの前髪を目に入れたくないときなどは、前髪を横に流すことで問題をカバーできます。

幼く可愛らしい印象になりがちなぱっつん前髪も、前髪をふんわりと横に流すことで大人っぽくやわらかい印象になります。

前髪は流す方向によって印象が変わるので、右斜めや左斜めなどその日の気分にあわせて楽しむことができます。

また、流し前髪はドライヤーやコテを使って簡単に作れるので、髪型をセットするときの時間短縮も期待できます。毎朝前髪がうまくセットできなくて苦労している方は、手軽にできる流し前髪がおすすめです。

トレンドの流し前髪は誰でも簡単に作れますが、「前髪がしっかり横に流れない」「前髪が反対方向に流れてしまう」「前髪が真ん中でわかれてしまう」「前髪がぺったんこになる」などの理由で理想的な流し前髪を作れない方もいます。

流し前髪は正しい作り方やコツを知らないと、キレイに仕上がらないことがあります。いくつかのポイントをおさえるだけでキレイな流し前髪ができますので、正しいやり方を覚えてオシャレな前髪を楽しみましょう。

誰でも簡単にできる、流し前髪の正しい作り方

流し前髪の作り方には、マジックカーラーやヘアアイロン、ドライヤーなどを使う方法があります。それぞれ簡単な作り方やコツが異なりますので、自分が使いやすい道具を選んで上手な流し前髪を作りましょう。

ここでは、道具別に流し前髪の作り方をご紹介します。

1. 前髪を流す方法(ブロー)

ドライヤーとブラシだけで、簡単に流し前髪が作れます。ポイントは濡らした前髪を最初に乾かすこと、前髪のクセをとるように乾かすことです。

【作り方】

  • 1. 前髪を濡らします。髪全体を濡らした場合は、前髪から乾かしていきます。
  • 2. 流したい向きとは逆方向に、ドライヤーで前髪の根元から乾かします。
  • 3. 次に、流したい方向へドライヤーの風をあてて乾かします。
  • 4. ブローやブラシで、前髪を斜めに流して整えて完成!
  • ※流し前髪をしっかりキープしたいときは、仕上げにヘアワックスやヘアスプレーなどを使いましょう。

2. 前髪を流す方法(マジックカーラー)

ほんの数分で流し前髪が作れます。ポイントは前髪を上下にわけること、流したい向きとは逆方向にマジックカーラーを巻くことです。

【作り方】

  • 1. 前髪を上下2つにわけたあと、マジックカーラーで巻いていきます。下の前髪、上の前髪の順番でおこないます。
  • 2. 上下の前髪を巻くときは、流したい向きとは逆方向に、指で前髪を引っ張っりながらマジックカーラーを巻きます。
  • 3. 普通は1回転巻き、可愛らしい印象は根元近くで1回転強巻き、大人っぽい印象は根元から少し離して1回転弱巻き、にします。
  • 4. 前髪を巻いたら数分間、時間を置きます。ドライヤーを使う場合は10秒くらい風をあてたあと1、2分ほど自然に冷ましてクセをつけます。
  • 5. マジックカーラーを外したあと、前髪を横に流して整えて完成!

3. 前髪を流す方法(ヘアアイロン)

ストレートアイロンやコテ(カール用ヘアアイロン)といった道具を使うと、しっかりした流し前髪が作れます。ポイントは、ヘアアイロンを使う前に、流したい向きとは逆方向に前髪を引っ張っておくことです。

【作り方】

  • 1. 前髪を上下2つにわけたあと、前髪にヘアアイロンをあてていきます。下の前髪、上の前髪の順番でおこないます。
  • 2. コテを使う場合は、コテで髪をはさんで半回転させます。前髪の中央部分から始めて、左右も同じようにして巻きます。下と上の前髪をすべて巻いて完成!
  • 3. ストレートアイロンを使う場合は、ストレートアイロンで髪をはさんで前方に伸ばします。毛先に近づいたらストレートアイロンを半回転させて流し前髪を作ります。下と上の前髪をすべて巻いて完成!

4. 前髪を流す方法(ヘアワックス)

ヘアワックスは流し前髪を作りつつ、しっかりキープすることができます。ポイントはキープ力の強いヘアワックスを選ぶこと、前髪の状態によってブローの仕方を変えることです。

【作り方】

  • 1. 最初に、前髪を根元まで濡らします。
  • 2. 前髪にクセのある場合は、髪の根元から流したい方向にブローします。少し伸びてきた前髪の場合は、やわらかい内巻きを作るようにブローします。
  • 3. 少量のワックスを指先にとって、左右の手のひらに広げて伸ばします。
  • 4. 前髪の表側、髪の根元から毛先に向かって流したい方向に指を入れます。髪の根元にヘアワックスをつけすぎないように注意しましょう。
  • 5. 前髪をしっかり斜めに流して整えて、完成!

5. 前髪を流す方法(ヘアスプレー)

ヘアスプレーだけで、さまざまなタイプの流し前髪が作れます。ポイントは下準備をすること、作りたい前髪のタイプ別に使い方をわけることです。

【作り方(自然な流し前髪)】

  • 1. 前髪を根元から濡らしたあと、ブローなどでクセをとりながら乾かします。
  • 2. 片手で前髪を持ち上げて、内側にヘアスプレーを使います。
  • 3. ヘアスプレーをかけた部分を手でザックリともみこみます。そのあと、流したい方向に整えて完成!

【作り方(きっちりした流し前髪)】

  • 1. 前髪を根元から濡らしたあと、ブローなどでクセをとりながら乾かします。
  • 2. 片手で前髪を持ち上げて、内側にヘアスプレーを使います。
  • 3. 前髪を下したあと、流したい方向に手や指でなでつけます。崩れないように、再びヘアスプレーを使って完成!

【作り方(長めの大人っぽい流し前髪)】

  • 1. 前髪を根元から濡らしたあと、ブローなどでクセをとりながら乾かします。
  • 2. 左右の分け目を目安にして、髪を横に流します。
  • 3. 片手で前髪を持ち上げて、内側にヘアスプレーを使います。ヘアスプレーを使う際、前髪の根元に意識してつけます。
  • 4. 流したい方向にやんわりと流して完成!

前髪をキレイに流すコツ&注意点

前髪を横に流すときは、いくつかのポイントを意識するとキレイに仕上がります。上手な流し前髪を作るためにも、失敗しないコツと注意点をおさえましょう。

ここでは流し前髪を作るときのポイントをご紹介します。

前髪を最初に乾かす

髪を濡らしてからセットする場合は、最初に前髪から乾かします。前髪はほかの部分よりも早めに乾いてしまうので、先に乾かしておかないとクセがついてしまいます。前髪にクセがつくとキレイに横へ流れなくなる原因になりますので、髪を濡らしたときは前髪から乾かしましょう。

前髪を上下2つにわけてから巻く

マジックカーラーやヘアアイロンを使う場合は、前髪を上下2つにわけたあと、下の前髪から巻きます。上下にわけて巻くことで、ボリュームのあるふんわりとした流し前髪になります。前髪を巻いて横に流してもぺったんこになってしまう方は、前髪を上下にわけて巻いてみましょう。

流したい向きとは逆方向に毛流れを作る

マジックカーラーやコテを使う場合は、流したい向きとは逆方向に、指で前髪を引っ張っりながら巻きます。ドライヤーで毛流れを作る場合も、流したい向きとは逆方向にします。逆方向に毛流れを作ることで、キレイな流し前髪に仕上がります。

冷風でクセをとる

流し前髪をキープしたいときは、ヘアアイロンなどで前髪が熱いうちに指にとり、流したい方向にカールさせてドライヤーの冷風をあてます。髪は冷えるとクセがつくので、熱のある前髪を流したい方向にカールさせて冷風で冷ますと、流し前髪を長くキープすることができます。

フェイスラインに似合う流し前髪を作る

フェイスラインには、丸型・卵型・逆三角・ベース・四角などのタイプがあります。流し前髪はどんな髪型にも似合いますが、自分のフェイスラインにあう前髪にすることで、より可愛くキレイな印象になります。

また、長い間整えていない伸びた前髪では、理想的な流し前髪が作れないことがあります。流し前髪を作る前に、ヘアサロンやセルフカットで前髪をキレイに整えておきましょう。

正しい前髪の切り方・作り方、アレンジ、フェイスラインごとに似合う前髪などは、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
前髪の切り方。自分でできる簡単な切り方&失敗しないコツ

前髪を斜めに流すとイマドキ美人に変身!

ここまで前髪を流す方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

前髪は、見た目の印象に影響をあたえる重要なポイントです。前髪を下ろすと可愛らしい印象に、前髪を上げると大人っぽい印象になります。

トレンドの流し前髪は「可愛い」と「大人っぽい」の2つをそなえた印象になりますので、さまざまな髪型・世代におすすめのヘアスタイルです。

流し前髪の作り方は、ドライヤーやマジックカーラー、ヘアアイロンなど使う道具によって異なります。自分の使いやすい道具とやり方で、ふんわり&キレイな流し前髪を作りましょう。

どんな髪型、年齢にも似合いやすいトレンドの流し前髪で、キュートでエレガントな女性を目指してみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!