美脚は日々のレッグケアから作られる!すらりとした脚を目指して

女性が身体の中で一番気にする場所、それは脚ではないでしょうか。

細くしたい、スッキリさせたいと思いつつ、それを実現するのが一番難しいのも脚だと思います。

すらりと引き締まった美脚を作るには、日々のケアがとても大事ですから、地道に努力をしていきましょう。

また、爪やガサガサかかとなど、足のトラブルも多いものです。そんなトラブルケアも含めて、美脚を作るためのレッグケアについてまとめました。

美脚を作るための毎日できるマッサージ&エクササイズ

脚を細くしたい、スッキリさせたい。そう思ったらダイエットも必要ですが、効果を実感するのは時間がかかりますし、何より続かない!

美脚を作るためには辛いダイエットよりも、毎日のケアの方が大事です。

ほんの少しの時間でも毎日ケアをして身体の巡りを良くしたり、筋肉を使うことで綺麗なラインに近づいていくのです。

リンパマッサージ

リンパと血液の違いをご存知でしょうか。

まず、リンパ液の役割ですが、リンパ液の中には老廃物などが含まれており、それを身体の各所にあるリンパ節で濾過することにより、異物を取り除いています。

そしてリンパ液はリンパ管をめぐっているのですが、血管と同じように全身をめぐっているものの、心臓のようなポンプの役目を果たすものがありません。

血液は心臓から送り出されて、手足の先まで行ったらまた心臓に戻ってきます。しかしリンパ液は、筋肉を動かすなどして流れを促してあげないと、途端に流れが悪くなってしまうのです。

そこで実践して欲しいのがリンパマッサージ。

全体が「輪」のようになっている血管と違い、リンパには始まりと終わりがあります。

手足の先に始まりがあり、首(鎖骨のリンパ節)の方へ向かって流れます。最後は静脈に合流します。

この流れが悪くなった状態が「むくみ」です。

足は重力によってリンパ液がたまりやすく、老廃物が排出されにくいためにむくみが出やすいんですね。

だから、むくみのないスッキリした脚を作るためには、リンパマッサージをするのがおすすめ。

基本的には下から上に向かって、鎖骨の方へリンパを戻すイメージでマッサージをしますが、具体的には

「美脚になれる脚痩せマッサージ法。痩せにくい脚の原因はリンパかも!」

でリンパマッサージの方法を解説しています。

毎日やることでセルライトの除去にも役立つので、是非続けてみて欲しいマッサージです。

簡単エクササイズ

リンパの流れを良くするには、マッサージにプラスして筋肉を動かすことも大事です。

特にふくらはぎの筋肉はポンプの役割をするので、下にたまってしまったリンパ液を上半身に戻すのには足を動かすこと!

デスクワークをしている人は、仕事中でもできる簡単なエクササイズをご紹介しますね。

  1. 椅子に座ったままでいいので、足を前に出します。
  2. 足首を外回し、内回し、それぞれ20回くらい行います。

これを、できれば1〜2時間に1回くらいやってみてください。

適度にふくらはぎを動かすことで、リンパが滞るのを防ぎます。

また、家事をしながら、歯を磨きながらなど、日常生活の中で簡単にできる「つま先立ち」もやってみて欲しいです。

「つま先立ちを取り入れるメリットとは。ダイエットや美脚効果も抜群!」を読んでいただくと、こんなに簡単な方法で美脚になるの?と驚くかもしれません。

運動が苦手な人でも簡単にできるので、是非やってみてください。

足湯でリラックス

運動やマッサージで血行を良くすることができればいいのですが、

  • 運動は苦手、めんどくさい
  • マッサージをする時間がない、サロンにも行けない

そんな時は、自宅で簡単に足湯を楽しんでみませんか。

足を温めるだけでも全身の血行が良くなりますし、技術もいりません。

ただ足をお湯につけるだけで巡りが良くなり、リラックス効果も得られます。テレビを見ながらでもできるので、自宅で気軽に楽しめます。

本当はお風呂に入ってゆっくり身体を温めたいけれど時間がないというときでも、足をお湯につければ同等の効果が得られるのです。

足湯の温度、時間など詳しいことは、

「足湯の効果がすごい!知っている人は実践してる「浸かる美活」
をご覧ください。

足はスッキリするし、身体が温まって美肌効果も得られる足湯、ぜひ週に2〜3回やってみて欲しいです。

O脚改善法

日本人はO脚の人が多いですね。姿勢の歪みや筋肉のアンバランスなど色々な要因があってO脚になってしまっています。

大きな原因は、姿勢が悪いことによる骨盤の歪みです。骨盤が歪むことで足の骨格にも影響が出てO脚になるのです。

O脚になると脚の筋肉のつき方にも影響が出ますので、本来の足よりも太く見えてしまうんですね。

決して太っているわけではないのに足だけ太く見えるというのはイヤなものです。

ではどうすればいいか。それは毎日のストレッチで姿勢を正し、歩き方や立ち方も改善して、骨格や筋肉が本来あるべき位置に戻していけばいいのです。

具体的な方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので是非参考にしてください。。

「O脚をできるだけ治したい!O脚になる原因と自分でできる対処法」

X脚改善法

O脚の反対がX脚ですが、これもやはり姿勢の歪みから来ていることが多いです。

筋力が足りないことも一因としてありますし、姿勢や歩き方が悪いことで足が内側に歪んでしまっているのです。

これもO脚と同じく、ストレッチをして身体を伸ばし、歩き方や姿勢を見直して身体の歪みを正していく必要があります。

具体的な方法は、こちらの記事を参考に実践してみてください。

「X脚の治し方。正しい姿勢と歩き方でゆがみを改善しよう!」

ししゃも足改善法

では、足に筋肉がついていればいいのかというと、やはり「アンバランス」なのは良くないですね。

筋肉はついていないよりもついていた方がいいですが、つきすぎていると、いわゆる「ししゃも足」になってしまいます。

ふくらはぎだけが太いと細身のパンツははきづらいし、スカートを履くのも躊躇してしまいそう。

  • ふくらはぎだけが太くなる原因としては
  • スポーツをしていたから筋肉がついている
  • 運動不足で脂肪がついている
  • 脚がむくんでいる

などが考えられます。

それぞれ原因に合わせて対処する必要があるので、具体的な改善方法については、「ししゃも足を改善して、今年こそは自信を持ってスカートを履こう!」を参考にしてください。

短期間で美脚を叶える方法

今年こそダイエットをしようと思っていたのに、いつの間にか薄着の季節になり、そして来週は海に旅行…。

そんな時に、短期間で美脚になる方法があったらいいと思いませんか?

太り方の原因別、部位別に補足する方法をまとめました。時間がない!という人は是非参考にしてください。

「【原因別】短期間で足を細くする方法。今度こそ見せたくなる脚へ!」

「ししゃも足改善法」と合わせて行うと効果的です。

すぐに細くならなくても、歩き方次第で脚は細く見える

毎日仕事で帰宅が遅かったり、家事が忙しくて自分のための時間が作れない。だから、レッグケアすらも続かない。

そんな時は、普段の姿勢や歩き方にも気をつけてみて欲しいです。

いくらマッサージをしても筋トレをしても脚が一向に細くならない!それは姿勢が悪いことが原因かもしれないからです。

そして、女性は姿勢が悪い人が実に多い。猫背だったり、骨盤が歪んでいたり、足が太くなる原因がたくさんあります。

人の身体は、背骨が自然なS字カーブを描いています。そして左右均等なのが良い姿勢。

しかしその良い姿勢を保てないのは筋力が不足しているからです。

  • 筋力不足で良い姿勢が保てない
  • 片方の足に体重をかけたり猫背になったり、楽だと感じる姿勢になる
  • 身体が歪み、それを補正するために無意識に余計なところに力がかかる
  • 太ももの外側などに筋肉がつきやすくなる

このような感じで、姿勢が悪いほど下半身は太くなりやすいのです。

ですから、綺麗な脚を作りたいと思ったら、毎日のケアにプラスして常に良い姿勢を心がけることがとても大切です。

姿勢を良くする歩き方

歩き方もとても大切です。良い姿勢を作れても、その姿勢をキープして歩かないと脚は太くなってしまうからです。

しかし正しい歩き方さえ身につけば、それだけでも全身の筋肉がバランスよくなり、脚が細く見える効果も期待できます。

1日全く歩かないという人はいないと思うので、ちょっとした距離であっても、正しい姿勢と歩き方を意識することで、脚は変わっていきますよ。

正しい歩き方については、こちらの記事を参考にしてください。

「歩き方を矯正して姿勢美人に!歩き方のセルフチェックと治し方」

「歩き方次第で足が綺麗に見える!パンプスの正しい歩き方」

歩き方に気をつけると、足が細くなるだけでなく全身のバランスが整ってきます。

背筋を伸ばして歩くことができるようになるだけでもお腹は引っ込み、ヒップアップ効果も期待できますよ。

これでサンダルも怖くない。裸足に自信が持てるレッグケア

脚は細くなるだけではきれいに見えません。同時に肌がすべすべであってこそ、きれいに見えるのです。

特に春から夏にかけては、素足になる機会も増えます。

そんな時、裸足になっても恥ずかしくないように、普段から「見えない部分」のお手入れをしておきたいものですね。

ガサガサかかとの角質ケア

かかとがガサガサだと、見た目も悪いですし、ストッキングが伝染して困る!特に、朝急いでいる時にストッキングが伝染したりすると、もうストレスMAXですね。

かかとは毎日全体中を支えているので、皮膚も硬くなりがちなのです。しかも、顔などと比べるとても皮膚が厚い部分なので、肌が生まれ変わるターンオーバーにも時間がかかります。

だから、ちょっとボディクリームを塗ったくらいではなかなか柔らかくならないんです。

かかとの角質をケアするには、まず古くなった角質を取ってから保湿をしていく必要があります。

その方法については、具体的に「固くなったかかとの角質取り。自分でできるおすすめの方法」で解説しています。

かかとを固くしにくい方法についてもお話ししているので、是非参考にしてくださいね。

痛いのを何とかしたい!かかとのひび割れ

たかがかかとのカサカサだと思っていたら、いつの間にかひび割れてきてしまい痛い!

それはもはや、乾燥を通り越して「角化症」になってしまっているのかもしれません。

そうなると、角質をとるよりもまずは保護をして柔らかくしていく方が先です。

悪化すると痛みがひどくなってしまいますから、「かかとのひび割れは日々のケアで改善できる!簡単ホームケア方法」を参考にして、早めにケアしてください。

お肌の健康を取り戻してから、角質ケアをしていきましょう。

細いだけじゃだめ!黒ずみケアもしっかりと

もう1つ気になる足の悩みが、黒ずみです。

特に、膝など人目につきやすいところに黒ずみがあると気になりますよね。

でも黒ずみってお風呂で洗っても落ちないですし、どうケアをすればいいのかわかりにくいです。

黒ずみとはメラニン色素が沈着してしまっていることが原因なので、古い角質を落としていかないと消えないのです。

しかしゴシゴシこするだけでは角質は落ちませんし、そんなことをしたら肌を傷めてしまいます。

肌を傷めないようにしながら無理なく角質を落とし、黒ずみを薄くしていく方法がありますので、「膝の黒ずみを消すには、古い角質の除去と毎日の保湿が大切!」を参考にしてホームケアをしてみてください。

年齢を重ねるほど黒ずみケアは時間がかかるようになってしまうので、気づいたときが始め時です。

脚のトラブルを防ぎたい。自分で出来るレッグケア

女性は冷え性の人が多いので、足がむくみやすいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

また、ハイヒールなどを履く機会も多く、足にとってはなかなか厳しい環境です。

足のトラブルも防いで、快適に過ごせるようにしたいものです。

脚の痛み

仕事に行く時はパンプスやハイヒールを履いている女性も多いと思います。

たしかに足が綺麗に見えますし、仕事着にはスニーカーよりもヒールの方が見た目にもよいかもしれません。

しかしなかなか、足がきつい。歩くたびに足は痛いし、仕事を終えて変える頃にはパンパンになっているという人も多いのではないでしょうか。

靴はジャストサイズが基本です。大きくても小さくても足の痛みが出やすくなります。

足が痛くならないための靴の選び方をこちらの記事でまとめました。

「ヒールを履くと足が痛い!痛くならない靴の選び方と痛み解消法」

「足の指が痛い!あなたの靴が原因かも?正しい靴の選び方とは」

靴擦れを防ぐ

新しい靴を下ろしたとき、またはしばらく履いていなかった靴を久しぶりに履いたときなどに、靴擦れができたりしますよね。

そんな時は早めの対処が必要です。靴擦れしたまま靴を履いていると傷が悪化して余計に痛みが出てしまいますし、治りが遅くなります。

まずは絆創膏で傷を覆ってください。もし水ぶくれができてしまっていたら、潰れないようにすることが大事です。

「新しいサンダルを気持ちよく履きたい!靴擦れ対策を知っておこう」ではサンダルを履いた時の靴擦れ対策をまとめていますが、もちろん普通の靴でも参考になる方法です。

足のむくみ

夕方になると足がむくんでパンパンになってしまう人は、どこか巡りが悪くなっているので、リンパの流れが悪くて足がむくみやすいのです。

リンパマッサージももちろん効果的ですし足湯に浸かるのもいいのですが、手っ取り早く今足のむくみをスッキリさせたい!という時には、足つぼを押してみてください。

はっきりと位置がわからなくても大丈夫。だいたいこの当たりと押していくと、何だか痛いところがわかります。

足にはたくさんのツボがあるので、むくみによいツボを「むくみ解消のツボ。むくんだ時にすぐできるツボ押しのやり方」でまとめました。

効果的な押し方なども解説していますので、是非参考にしてください。

美脚は1日にしてならず!毎日のケアで健康的で美しい脚を手に入れよう

レッグケアは毎日やっていくと効果を実感しやすくなります。

1日中体重を支え、そして心臓からは一番遠く、血液循環も大変だからむくみやすくてトラブルも多い。

だからこそ、疲れを取るためのケアをすることが大事なのです。

ダイエットしないと!ときつい運動をしたり食事制限をするよりも、マッサージをしたり歩き方に気をつけるだけでも脚は変わっていきます。

毎日ケアして、理想の美脚を手に入れてください。

脚(レッグケア)

【原因別】短期間で足を細くする方法。今度こそ見せたくなる脚へ!

足にコンプレックスを持っている人は意外に多くいます。特に「足が太くて、見せられない」ことで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 でも、足が太い原因は人によっ…

O脚をできるだけ治したい!O脚になる原因と自分でできる対処法

日本人の8割はО脚だと言われています。 これは世界的にも稀なことで、それは日本の古くからの伝統や文化、生活習慣が大きく関わっています。 まずは、日本人にО…

くるぶしの黒ずみは色素沈着!擦れを予防してしっかり保湿で改善しよう

魅力的な女性は足元まで美しいものですよね。しかし気がつくとなぜか、くるぶしが黒ずんでしまうことではありませんか? くるぶしはサンダルやパンプスからも黒ずみが見えてしま…

細くくびれたアキレス腱を作ろう!太くなってしまう原因とケア方法

女性の後ろ姿を見たとき、アキレス腱が細くキュッとしまった足首は、華奢で女性らしい印象を与え、またヒールやスカート、くるぶし丈のジーンズなどもカッコよく着こなせます。 …

足の甲がふにゃふにゃ柔らかいのは「こんにゃく足」が原因かも!

足のトラブルはさまざまなものがありますが、ここのところ女性を中心に増えてきたと言われているのが「こんにゃく足」と呼ばれるもの。 魚の目やいぼと違い、わかりやすく…

かかとのひび割れは日々のケアで改善できる!簡単ホームケア方法

ケアをしている、していないということが明確にあらわれる「かかと」。ケアを怠ると、かかとのひび割れがすぐに起こってしまうので、悩みのタネとなっている人も多いのではないで…

歩き方次第で足が綺麗に見える!パンプスの正しい歩き方

歩き方と聞くと、「パンプスに正しい歩き方ってあるの?」と疑問に思うかもしれません。実は、歩きやすいパンプスでも歩き方一つでヒップアップや足をキレイに魅せることができる…

新しいサンダルを気持ちよく履きたい!靴擦れ対策を知っておこう

お気に入りのサンダルを履いて出かけたけれど、歩いている最中に足が痛くなってきた…。サンダルを脱いでみたら、水ぶくれができてしまっていた!と言う経験、誰にでもありますよ…

足の指が痛い!あなたの靴が原因かも?正しい靴の選び方とは

足は立っているときや歩いているときに、体重が常にかかっている部位です。そのため、痛みが起こりやすいと言われています。 足の指には「バランスを保つ」「膝などの負担…

固くなったかかとの角質取り。自分でできるおすすめの方法

突然ですが、あなたのかかとはきれいですか? 自信を持って「私のかかとはきれいです」と言える人はどれくらいいるのでしょうか。 かかとがガサガサ、ゴワゴワして…