ボディクリームでなめらか肌に!効果的な塗り方とおすすめクリーム

お風呂上りや乾燥が気になる時、こまめにボディケアをしていますか?加齢により失われた肌の水分不足が引き起こすお肌の乾燥は女性にとってトラブルのもとです。

お肌の乾燥をケアしてくれるアイテムと言えばボディクリーム。

乾燥知らずでハリとうるおいのある肌を作るためにはどうしたらいいのでしょうか?

お風呂上りにボディーケアしてますか?

体の汗を流し、清潔にするだけではなくリラックス効果も高いお風呂。そんなお風呂の後にボディーケアはしていますか?

もしも、「していない」のなら、お肌のことで少し損をしているかもしれません。将来のお肌のために、今夜のお風呂上りからボディクリームをつける習慣を作りませんか?

ボディクリームの役割とは?

ボディクリームはお肌を保湿し、うるおいを与えるものです。加齢によって失われたお肌の水分不足や、お風呂上りに失われたお肌の水分を補うために使用します。

その他にも、加齢だけではなく、皮膚の水分不足から起こる乾燥を予防したり、肌の乾燥からくるかゆみを予防するなどの効果もあります。

ボディクリームを塗るタイミングは?

ボディクリームを塗る際に1番適しているのが入浴のあとです。特にお肌に水分が残って、体が濡れているうちに塗るのがよいと言われています。

お風呂から上がったばかりの肌は、セラミドや皮膚の水分を蒸発から守ってくれる皮脂、お肌のうるおいを守るのに欠かせない保湿物質の1つであるNMF(天然保湿因子)が流され、肌は10分もあれば乾燥してしまいます。

皮膚の乾燥を防ぐためにも、ボディクリームはお風呂の中で全身に塗るのが最も効果的です。体に付着した水分でクリームをまんべんなく延ばし、体全体にむらなく塗ることで水分の蒸発を予防することも出来るのです。

お風呂に入った後は、体がホカホカと温まっていることで毛穴が開いているため、ボディクリームの保湿効果や美容成分を肌に行き届かせることが出来るという利点もあります。

ボディクリームを選ぶ時は、ブランドや香りで選ぶのも良いですが、保湿力重視で選ぶようにしましょう

ボディクリームで得られる美容効果とは?

ボディクリームを塗ることを習慣化すると、お肌にとって良い事がたくさんあります。お肌をうるおすだけじゃないんです!

美肌効果

水分が保たれているお肌はピンと張りがあって触るとなめらかな感触があります。美しい肌を作るためにはうるおいが欠かせません。欠けてしまったうるおいはボディクリームで補いましょう。

脱毛の施術効果がアップする

脱毛を経験したことがある・今現在脱毛中だという女性は、脱毛サロンの店員さんから「お肌を乾燥させないようにしっかりと保湿ケアしてください、日焼けもしないように」と注意されたことはありませんか?

お肌が乾燥していると、脱毛の施術効果がうまく得られずに、せっかく高いお金を出しても思うように脱毛が進まないということに繋がりかねないのです。

お肌にうるおいが満ちているほど、脱毛は早く終わると言ってもいいでしょう。UVケアを入念に行い、ボディクリームで毎日徹底的に保湿を心がけるようにしましょう。

これがおすすめ!ボディクリーム

お肌にうるおいを与えなめらかな肌に整えてくれるボディクリーム。おすすめのボディクリームを紹介します。

スチームクリーム

約99パーセントが天然由来の成分で作られているボディクリームです。オレンジフラワーウォーターやアーモンドオイル、ホホバオイル、カカオバター、オートミールなどの自然の原料を使い、蒸気の力で作られています。

天然アロマのほのかな香りと、伸びの良い軽いテクスチャーで、ボディケアだけではなく、ヘアケアにも使える優れものです。

缶のデザインも多種多様で可愛いものが多く、数量限定で発売されているため、コレクションしたくなるボディケアアイテムになっています。

アベンヌトリクセラプラス・エモリントバーム

南フランスのアベンヌで摂れた温泉水をベースに作られているボディクリームです。乾燥性敏感肌でかゆみを感じる肌にも優しく使えます。

しっとり感が強く、うるおいが長時間続いて特に乾燥しやすいひじやかかともしっかりと保湿することが出来ます。生後3か月過ぎの赤ちゃんからお年寄りまで幅拾い年齢層で使うことのできる濃厚なクリームで「とにかくしっかり保湿したい」人向けのボディクリームです。

ボディクリームでしっとりなめらか肌を手に入れよう

顔を保湿して乾燥しないように心がけるように、ボディケアにも気をつかえば今よりもっときれいでなめらかな肌を手に入れることが出来ます。

触り心地のいいお肌はそれだけでちょっと嬉しい気分になりますよね。ボディクリームでのケアを毎日の習慣にして、10年後もみずみずしいうるおいのあるお肌を目指しましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!