食べ物でバストアップしたい貴女へ!本当に摂るべき成分とその効果

胸に関する悩みは尽きないもので、多くの女性の方が何らかの悩みを感じるのではないでしょうか。中でも胸が小さいと、どうしてもコンプレックスになりやすいですよね。

そこで、バストアップをしたいと思った時に試したい方法の一つに、食べ物に気を遣うというものがあります。食事は毎日するものですし、また筋トレをすることなどよりもハードルが低い点からも、続けやすいというメリットがあります。

バストアップに関係する成分は、いくつかありますので、どのような成分を摂ればいいのかをまとめて見てみましょう。また、何のためにその成分を摂るのかわかっている方が意識して続けられることから、その成分を摂る目的も合わせてご紹介します。

Table of Contents

女性ホルモンの分泌が促され乳腺を刺激することによるバストアップ法

最初に、女性ホルモンの分泌を促すことでバストアップする目的で摂りたい食べ物をご紹介します。

女性ホルモンを促せば乳腺が刺激されることでバストアップできます

女性の胸は9割が脂肪でできていますので、脂肪をたくさんつけることができれば胸が大きくなります。そのためには、残り1割に当たる乳腺を発達させることが必要です。

乳腺は母乳を作る大切な機関なので、脂肪に守られています。

だから、乳腺が発達すれば、発達した乳腺を守る目的で脂肪がたくさんつくようになることで、胸が大きくなるという仕組みになっています。

では、乳腺はどうやったら発達するのかというと、女性ホルモンのうちのエストロゲンに刺激されることで発達します。

ですが、年齢が上がったりストレスを感じたりすると女性ホルモンの分泌量は減ってしまいますので、乳腺が刺激されず胸が育たない状況ができてしまいます。

過労や睡眠不足、過度なダイエットも、女性ホルモンの大敵です。そこで、女性ホルモンの分泌を促すことができれば、バストアップ効果を得られるというわけです。

では、どのような成分を摂ればいいのか、具体的に見ていきましょう。

女性ホルモンの分泌を助ける!キャベツなどに多く含まれるボロン

ホウ素とも呼ばれるボロンは、ミネラルの一種で、女性ホルモンのうちのエストロゲンの濃度を上げる効果を持った成分です。

そのため、食べると乳腺が刺激されやすくなり、脂肪も付きやすくなります。

ボロンを含む食べ物としてはキャベツがとても有名なので、バストアップにはキャベツがいいという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。キャベツを含め、ボロンは以下のような食べ物に多く含まれています。

  • キャベツ
  • リンゴ・ブドウ・レーズン・梨
  • アーモンド・ピーナッツ
  • 大豆
  • ハチミツ
  • わかめ・昆布・ひじき

ボロンは、熱にとても弱い成分です。そのため、バストアップ効果を狙うなら、生のままで食べることがお勧めです。

ストレス解消にも役立つ!赤ワインなどに含まれるポリフェノール

ポリフェノールには、以下のような効果があります。

  • ホルモンの分泌の促進
  • ストレスの軽減

ポリフェノールが女性ホルモンの分泌を促してくれることと、ストレス解消効果によってエストロゲンが減少するのを抑えてくれることとで、バストアップ効果が期待できるわけですね。

なぜストレスがエストロゲンの減少を招くのかというと、ストレスがかかり続けていると交感神経が刺激を受け、男性ホルモンの分泌量が増えるからで、逆に女性ホルモンの分泌量は減ってしまいます。

ポリフェノールを多く含む食べ物には、以下のようなものがあります。

  • ブルーベリー
  • ブドウ
  • イチゴ
  • 緑茶・紅茶
  • ココア・チョコレート
  • 赤ワイン

ちょっとした息抜きの時間につまんだり飲んだりできそうなものが多いので、家事に仕事にと何かと忙しい女性の方でも試すことができるのではないでしょうか。

女性ホルモンを活発にする!山芋に含まれるジオスゲニン

ジオスゲニンとは山芋に含まれる成分で、女性ホルモンの働きを活発にする効果を持っています。

ジオスゲニンはDHEAと呼ばれるホルモンと似た構造をしているのですが、このホルモンはエストロゲンの材料になることがわかっています。また、DHEAにはストレスを軽減する効果も期待できます。

DHEAには、バストアップ効果以外に以下のような効果もあります。これは一例で、他にも健康効果が期待できます。

  • 免疫力を高める
  • 筋力を保つ
  • 動脈硬化を防ぐ
  • アルツハイマー病を防いだり改善したりする

DHEAは、女性の体を若々しく保ってくれる点でも嬉しい栄養素なんですよ。

女性ホルモンそのものを増やすのではなく似た働きをするイソフラボン

大豆製品がバストアップに効果的だという話は、バストアップに関心がある女性の方なら聞いたことがあると言われる方が多いのではないでしょうか。それには、大豆に含まれるイソフラボンという成分が関係しています。

イソフラボンは、植物性エストロゲンとも呼ばれる成分で、エストロゲンと構造や働きがとても似ていることから、バストアップ効果が期待できます。イソフラボンは、大豆製品に多く含まれることがわかっています。

大豆製品の例としては、以下のような食べ物があります。

  • 豆腐
  • 納豆
  • 味噌
  • 油揚げ
  • きな粉
  • 豆乳

お味噌汁や豆乳などは、食事に取り入れたり空いた時間に飲んだりしやすいのではないでしょうか。

ただし、イソフラボンはあまりに長期的に過剰に摂り過ぎると、健康に問題が起こる可能性が指摘されています。とはいえ、その可能性があるのは1日に75mgを超える量をずっと続けて食べ続けた時の話です。となると、どれくらいの量を食べると食べすぎなのか、気になるところですよね。

そこで、例として、代表的な大豆製品に含まれるイソフラボンの量をご紹介します。

食べ物 大豆イソフラボンの量
納豆1パック(45g) 36 mg程度
豆腐1丁(絹) 76mg程度
豆腐1丁(木綿) 84mg程度
味噌汁1杯分の味噌(20g) 6mg程度
豆乳1パック 41mg程度
きな粉大さじ1杯 10mg程度

こうやってチェックしてみると、足りないことはあっても、よほどのことがないと取り過ぎと言われる量を長期間続けて摂ることはなさそうです。

血流を良くして栄養を胸まで運ぶ助けをする!体を温める食べもの

これは成分とは違うのですが、エストロゲンや胸を育てる栄養は血流に乗って運ばれているため、血流が悪くなるとこれらが胸まで届かなくなってバストアップしにくいことがあります。

せっかくエストロゲンの働きを高める効果がある食べ物を摂っても、胸まで届かなければ効果が期待できません。そこで、エストロゲンや栄養を胸まできちんと届けることを目的として、以下のような体を温める食べ物を積極的に摂ることも、バストアップに役立ちます。

食べ物の種類 食べ物の例
根菜類 生姜・ニンニク・ネギ・ゴボウなど
黒い食べ物 ゴマ・小豆・黒豆など
飲み物 紅茶・ウーロン茶・ほうじ茶
しょうが湯・ココア

体を温めることによるバストアップの場合、足を温めることが特に効果的だと言いますので、適度な運動を組み合わせるとさらに効果が高まります。

筋力の低下による胸の下垂を防ぐ!タンパク質によるバストアップ法

次に、胸が下垂するのを防ぐことでバストアップする目的で摂りたいタンパク質について詳しくご紹介します。

タンパク質が足りないと胸が下垂して小さく見えます

なぜバストアップにタンパク質が欠かせないのかと言うと、タンパク質が血や肉を作る役割を持っているためです。血や肉を作るための栄養素が足りなければ、筋肉が弱まってしまいます。すると、胸を支えることができなくなり、胸が垂れてしまうのです。

さらに、タンパク質には女性ホルモンの分泌を促進させる効果まであるので、タンパク質を摂ることでバストアップに役立てることができると言えます。

タンパク質には動物性と植物性がある!両方をバランスよく摂ろう

タンパク質には動物性のものと植物性のものがありますが、どちらかのみを摂ればよいのではなく、バランス良く摂ることで効率の良いバストアップが期待できます。

動物性タンパク質は、以下のような食品に多く含まれます。

  • 魚(お勧めはマグロ)
  • 肉(お勧めは鶏肉)
  • 乳製品

植物性タンパク質は、大豆製品に多く含まれます。

大豆製品には、タンパク質もイソフラボンも含まれていますので、ぜひ積極的に摂りたいところです。

タンパク質の合成に関わる!亜鉛も積極的に摂取しよう

亜鉛は、タンパク質の分解や合成に関わる成分です。せっかく体に摂り込んだタンパク質も、亜鉛が上手く働かなければ効率的に合成することができません。現代では、食事からなかなか亜鉛を摂ることができないため、亜鉛が不足しやすいと言われています。

亜鉛は、以下のような食べ物に多く含まれています。

  • 牡蠣
  • レバー
  • 赤身のお肉
  • 卵黄
  • プロセスチーズ

言われてみれば、あまり摂らない食品が多いと思われた方もいらっしゃるかも知れませんね。

さらに、亜鉛には女性ホルモンの分泌を促す作用もあるため、不足しないように積極的に摂りたいところです。

肌にハリを持たせ大きく綺麗に見せる!ビタミン類によるバストアップ

ビタミン類と言えば、お肌にいいというイメージをお持ちの女性の方も多いと思います。そのビタミン類は、バストアップにも役立ってくれます。

では、詳しく見ていきましょう。

ビタミンで肌にハリが出るとバストが大きく綺麗に見えます

お肌にハリがないと、どうしても胸がしぼんだ印象になって小さく見えますし、また形を綺麗に整えることもできません。

そのため、ビタミン類を摂ることによって胸にハリを出し、大きく綺麗に見せる方法によるバストアップ法もあると言えます。

また、ビタミンの中には血流アップに関係しているものもありますので、そういった意味でもバストアップに役立ってくれます。

では、バストアップに役立つビタミンと代表的な食べ物を見ていきましょう。

お肌にハリを出す!ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を維持するために役立つビタミンです。そのため、しっかり取ることでお肌にハリが出ます。

ビタミンAは、レバーや以下のような緑黄色野菜に多く含まれています。

  • ニンジン
  • モロヘイヤ
  • ホウレンソウ
  • カボチャ
  • 春菊

ビタミンAには髪の健康を保つ働きもありますので、女性としては意識して摂りたいところです。

血流の促進に役立つ!ビタミンB群

ビタミンB群は、タンパク質を合成したり血流を促進したりするために役立ちます。

ビタミンB群は、以下のような食べ物に多く含まれています。ビタミンBにはいくつか種類がありますので、ここではバストアップに関係する物を取り上げてご紹介します。

ビタミンBの種類 働き 多く含む食べ物
ビタミンB6 タンパク質の代謝に関わる カツオ・マグロ・サンマ
牛レバー・バナナなど
ビタミンB12 赤血球の生成に関わる 牛または鶏レバー・牡蠣
アサリ・サンマなど
葉酸 血液の製造に関わる ホウレンソウ・枝豆
菜の花・レバーなど
ナイアシン 血流を良くする カツオ・タラコ
レバー・落花生など

ビタミンB群は、私達の体の中で様々な働きをしてくれているんですね。

コラーゲンの生成にも役立つ!ビタミンC

お肌にハリを出す成分の一つ、コラーゲンは、合成される際にビタミンCを必要とします。そのため、ビタミンCが足りなくなると、お肌にハリが無くなってしますのです。

また、ビタミンCにはストレスを緩和する働きもありますので、エストロゲンの分泌量が減少するのを防いでくれることからも、バストアップに役立つと言えます。

ビタミンCは、以下のような食べ物に多く含まれています。

  • オレンジ・レモンなど柑橘類
  • トマト
  • ホウレンソウ
  • ブロッコリー
  • ピーマン

バストアップ以外に美容にも役立つビタミンなので、ぜひ食事に取り入れるようにしたいものです。

組み合わせでさらにバストアップ効果が高まる!?相乗効果の狙い方

ここまで、バストアップに関係する食べ物を見てきましたが、これらは組み合わせることでより効果を高めることも可能です。

では、代表的な組み合わせをいくつかチェックしましょう。

赤ワインとチーズ

最初にご紹介するのが、赤ワインとチーズです。

赤ワインに含まれるポリフェノールと、乳製品であるチーズに含まれるタンパク質によってバストアップ効果を高める組み合わせです。

ワインのおつまみとしてチーズは合うので、取り入れやすい点でもいいですね。

ただし、お酒を飲みすぎるとバストアップにはよくありませんので、適度に楽しむ程度にしておきましょう。

鶏肉とチーズ

次に、鶏肉とチーズの組み合わせです。

これはどちらも動物性タンパク質を多く含む食べ物ですが、タンパク質は様々な部位の筋肉になるので、胸に行き渡らせるために低カロリーでありながらタンパク質が多い鶏肉と、味の相性も良いチーズとの組み合わせがいいということです。

大豆製品入りのお味噌汁

豆腐や油揚げなどの大豆製品入りのお味噌汁も、お勧めの組み合わせです。これは、イソフラボンを豊富に摂るためのメニューです。

お味噌汁には様々な具を入れることができますので、他にも根菜類を入れて体を温める効果を高めたり、野菜を入れて栄養バランスを良くしたりといった応用も可能です。

きな粉と牛乳

最後に、きな粉と牛乳の組み合わせをご紹介します。

きな粉にはイソフラボンが、牛乳にはタンパク質が豊富に含まれていますので、効果的にバストアップができます。

きな粉を温めた牛乳に入れるだけなので、忙しい時でも簡単に作れるというメリットもあります。

バストアップにつながる成分をバランスよく組み合わせて食べよう!

バストアップに関係する成分は、主にエストロゲンの働きを促すもの、筋肉が弱くなるのを防ぐもの、肌にハリを出して胸を大きく綺麗に見せるものに分けられます。

バストアップのためには、それらのうちどれかを偏って摂るのではなく、バランスよく食べることが求められます。

ここで挙げた成分をご覧になって、足りないと思うのもがあるようでしたら、それを意識的に食事のメニューに取り入れることでバランスを取り、バストアップに役立てたいものですね!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!