カロリー制限と糖質制限の違い。自分に合ってる方法はどちら?

いざ、ダイエットを始めようと考えた時、あなたはカロリー制限をしますか?それとも糖質制限でしょうか?食事をコントロールして行うダイエットと言えば、代表的なものはこの二つの方法ですよね。

カロリー制限は一日の消費カロリーを超えないように食事のカロリーを抑える方法で、糖質制限は炭水化物や甘いものを徹底的に控えていくというダイエット方法です。そして今、糖質制限の方がいち早く体重の変化が現れるという点で人気があります。

但し、糖質制限は近年流行したダイエット方法なので、長期間ダイエットし続けると健康面での心配があるとも言われているのです。そこで、ダイエットの原点とも言えるカロリー制限と人気の糖質制限を改めて比べてみましょう。

カロリー制限と糖質制限のメリットとデメリットで比較

一日に消費するカロリーを算出し、そのカロリーを超えないように一日の食事を制限するのがカロリー制限で、ご飯や麺類、パンなどの炭水化物や甘みのある食べ物、果物、飲み物をなどを全て控えるダイエット方法が糖質制限です。

この二つのダイエット方法には、それぞれメリットもありますがデメリットもあります。メリットやデメリットにどのような違いがあるのか見ていきましょう。

カロリー制限のメリット

カロリー制限のメリットは、摂取カロリーを抑える事ができれば良いので糖質制限ではNGのご飯やパン、麺類などの主食も食べる事ができます。また、消費カロリーよりも摂取カロリーを減らせば確実に痩せる事ができるので、続ける事さえできればダイエットに失敗する確率も低いです。

基本的にカロリー制限している時は高カロリーな食事を控えるようになるので、肥満や成人病になりやすい食品を食べなくなり健康的な食生活を送れるようにもなります。生活スタイル変える事無く始められるという点も、カロリー制限のメリット言えるでしょう。

一日に摂る食事のカロリーをある程度正確に把握し、消費カロリーを下回る数値で続けていけば早い段階で効果を実感する事ができます。今はカロリー表示されているお惣菜やカロリーオフになっている食品などが多数販売されているので、カロリー計算も昔ほど面倒では無くなっていると言えるでしょう。

糖質制限のメリット

糖質制限の最大のメリットは、炭水化物や甘い物以外なら何を食べても良いので、食事制限によるストレスを感じる事が少ないでしょう。ダイエット中には控えざるを得ないお肉や、アルコール類も種類を選べば飲む事ができます。

糖質類を空腹時に食べると血糖値が急激に上がるので、それを下げるためにインスリンが分泌されます。インスリンには脂肪分解を阻止してしまう働きがあるので、内臓脂肪や体脂肪が付きやすくなるのです。

ところが糖質制限する事で血糖値が上がるのを防ぐことができ、インスリンの分泌も抑える事ができるので脂肪も分解されやすくなります。脂肪が分解されることにより、太りづらい体になるのです。

また、インスリンが分泌されると一時的に眠気が起こります。糖質制限をすると、その眠気も起こりづらくなるでしょう。そして何よりも、早い段階で目に見えて体重が落ちやすいという点が人気となっているダイエット方法です。

カロリー制限のデメリット

カロリーを制限するという事は、食事の量を減らす事になります。腹持ちの良いものは高カロリーになるので食べる事ができず、低カロリーの食品で組み合わせて食べる事になりますが、そのせいで短時間で空腹を感じるようになります。

そして、低カロリーで抑えるために毎日カロリー計算をしながら食事を摂らなくてはならないので、細かい作業が苦手という人には苦痛に感じてしまうかもしれません。

揚げ物やお肉が大好きという人には、野菜中心の食事になるのでストレスに感じるようになる可能性もあるでしょう。洋食はカロリーが高くなるので和食中心のメニューになり、ファストフードなども控える事にもなるので好物が食べられなくなると言うストレスも出てくるかもしれません。

また、体重が順調に減ってもやがて訪れる停滞期に我慢ができなくなり、リバウンドをしてしまったという話もありがちです。リバウンドで元の体重に戻るのならまだ良いのですが、ダイエットの反動で元の体重以上に増えてしまう場合もあります。

糖質制限のデメリット

炭水化物や甘い物を控える糖質制限は、肉や魚などはいくらでも食べても良いので栄養の偏りが起こりやすくなります。家庭科の授業でも習ったと思いますが、人間に必要な三大栄養素は「タンパク質」「脂質」「炭水化物」です。

糖質制限はその中の炭水化物を摂らないようにするので、タンパク質と脂質に偏る事になります。脂質に比べタンパク質の方が多く摂取する事になる糖質制限では、肝臓と腎臓に負担を掛ける事となり、体調不良を起こすなどの原因になるとも言われています。

そして、炭水化物に含まれている食物繊維も糖質制限により不足しがちになり、便秘や肌荒れの原因にもなる事が考えられるのです。特に便秘は痩せるどころか太りやすい体質になるので、せっかく糖質制限しても逆効果になってしまう可能性もあります。

糖質制限に関してはここ数年ブームになったダイエット方法なので、長期的に続けていく事での健康状態についてはっきりと分かっていません。某大学の研究では、糖質制限により老化が早くなるという発表もされています。

カロリー制限に向いている人・向いていない人

カロリー制限はカロリー計算しながら一日の食事内容や量を決めていく事になるので、大雑把な性格の人には少し面倒な方法かもしれません。でも、逆に細かくカロリー計算する事を楽しめるような人であれば、成功しやすい方法であるとも言えます。

ここでは、カロリー制限に向いている人や向いていない人はどんなタイプなのか挙げていきましょう。自分自身の性格や生活習慣と照らし合わせながら、向いているか向いていないか判断してみてくださいね。

好き嫌いが多い?

カロリー制限では、特にカロリーの少ない野菜中心にする人が多いです。味付けもあっさりしている方がカロリーが低いので、薄味が好ましいと言われています。あっさりとした味付けで美味しく食べられる野菜でも、野菜嫌いで食べられないという人はカロリー制限を長く続けていく事が難しいかもしれません。

カロリーが少なければお肉だって食べて良いんでしょ?と思いがちですが、カロリーを気にして食べられるお肉の量は知れてます。鶏肉ならささ身や皮を取り除いた胸肉が低カロリーですが、カロリーをできるだけ抑えたい時には少量にせざるを得ないでしょう。

その点、野菜ならばカロリーを殆ど気にする事無くたっぷり食べる事ができます。もちろん、ドレッシングなどのカロリーは気にする必要はありますが、唯一お腹いっぱい食べる事ができる食品と言えるでしょう。

野菜が嫌い、パサパサしたお肉も食べられないという人には、カロリー制限がストレスに感じてしまう可能性が高いのです。好き嫌い無く何でも食べる事ができる人なら、カロリー制限に向いている人と言えます。

お酒を飲まない?

カロリー制限している場合、お酒を飲むのはおすすめできません。お酒自体のカロリーは肥満にならないと言われていますが、お酒に付き物なのがおつまみやお料理です。しかもお酒に合うお料理は高カロリーの食品が殆どです。

カロリー制限中なのにしょっちゅう飲み会などがある場合、また、出ざるを得ない状況が多い場合はカロリー制限も中断しなくてはなりません。アルコールの力も加わり、毎回カロリーコントロールの為に自分を制御する事は難しいでしょう。

お酒を飲む機会が殆ど無い人や、そもそもあまりお酒が好きでないという人にはカロリー制限が向いていると言えます。飲酒が常態化しているのであれば、よほど強い意志が無ければ難しいかもしれません。

外食する機会が多い?

外食はカロリーが多くなりがちです。外食する機会が多いと、そのたびに他の食事でその分のカロリー摂取を抑えなくてはならないので、極端に食事内容が少量になってしまう場合もあります。

例えば、お昼にレストランでパスタランチを食べたばかりに、夕飯は少量のお茶漬け程度しか食べられないという日もあるでしょう。下手をすれば、外食のために他の食事を抜かなくてはならないという事もあり得ます。

カロリー制限は数日間行えば良いというダイエット方法では無く、ある程度の日数を継続しなくてはなりません。月に数回程度の外食くらいであればカロリー制限はまだ現実的ですが、外食するのがしょっちゅうという事であれば、長続きさせる事が困難になるのは目に見えています。

お友達とのランチはたまにあるけど、基本的にほとんど外食する事は無いという人に、カロリー制限は向いているのです。

和食が好き?

カロリー制限している間は、できるだけ和食中心の食事を摂る事がおすすめです。

和食は洋食や中華と比較しても脂分が少ないので、カロリー摂取を抑える事ができます。また、おかずも低カロリーのメニューが豊富にあるので、その日の気分で好きなおかずをチョイスしながらカロリー調整が可能です。

逆に洋食が好きで和食はあまり食べたくないという人は、カロリー制限中の献立に少々難儀するかもしれません。一品だけでもカロリーが高くなりがちなので、満足できるだけの量を食べる事ができずストレスに感じるでしょう。

食事内容のストレスがあると、カロリー制限が長続きしません。もちろんたまには洋食などの和食以外の食事を楽しむ事も必要ですが、基本的には和食中心で我慢できる人、和食中心でも苦にならない人がカロリー制限に向いています。

糖質制限に向いている人・向いていない人

主食や甘いものを食べないようにする糖質制限に向いている人は、主食を食べなくても我慢できる人や甘いものが極度に好きという訳では無いという人です。まず、この二つが無理な様であれば糖質制限ではなく、カロリー制限をおすすめします。

ここからはそれ以外の、糖質制限に向いている人や向いていない人はどんなタイプなのかご紹介していきましょう。

お酒は絶対にやめられない?

カロリー制限とは違い、糖質の入らないお酒に限られますが糖質制限ではお酒を飲む事ができます。また、お酒と一緒に食べる食事にも、糖質が含まれていないものであれば何でも食べる事ができるのです。

糖質の入らないお酒と言えばブランデーやウィスキー、焼酎があります。これらに共通して言えるのは蒸留酒であるという事です。但し、糖質の含まれているもので割って飲むのはNGとなりますので、もちろんベースが蒸留酒でもカクテルは飲めません。水割りか糖質の入っていない炭酸水、ロック、ストレート限定でなら飲む事ができるのです。

糖質制限はお酒を飲まない人はもちろんですが、お酒が大好きという人にも無理に制限する必要が無いので人気のダイエット方法になっています。お酒をやめなければいけない事がストレスになり、ダイエットが続かないという人はカロリー制限よりも糖質制限にチャレンジする方が良いでしょう。

但し、飲み過ぎた勢いで締めのスイーツや炭水化物に走らないように注意してくださいね。

ファストフードが大好き?

ハンバーガーやフライドポテトなど、ファストフードが大好きという人には糖質制限ダイエットは向いていません。

ファストフードは基本的に炭水化物と肉料理や魚料理の組み合わせなので、糖質制限している間は完全に食べる事ができなくなります。

お寿司も含め、炭水化物と一体になっている食べ物はNGとなるので、糖質制限を始める場合はここがネックになってストレスにならないかを考えるべきです。どうしても無理な様なら、カロリー制限の方がおすすめです。

内臓に疾患のある人

糖質制限をすると、極端にタンパク質を摂る事が多くなります。タンパク質は肝臓で分解されますが、その時に糖を作り出す働きがあるのです。肝臓に疾患のある人は、糖を作り出す事ができない可能性があり、糖質制限している場合は低血糖症になる場合があります。

更に、タンパク質は腎臓の働きにより老廃物を尿として排出しますが、タンパク質の摂取量が多くなる傾向にある糖質制限の場合、腎臓に疾患のある人には負担が大きくなってしまう心配があるのです。

また、糖質制限している間は糖質の含まれていない食品なら何を食べても良いので、脂質の多い食品も摂りがちになるでしょう。その場合、膵臓に疾患を持っている人は注意が必要です。

カロリー制限と糖質制限をよく理解してから挑戦しましょう

カロリー制限には食べてはいけないものは何もありませんが、カロリー計算しながら、消費カロリーを上回る事が無いように毎日の食事をしていく必要があります。より早くダイエット効果を出すためには、かなりカロリーを抑えなくてはならないので空腹との戦いが待っているかもしません。

糖質制限では、主食を食べてはいけない、女子の好物でもあるスイーツや果物も食べる事ができないので、甘いものが大好きな人やお米を食べなきゃ気が済まない!という人にはかなり酷なダイエット方法であると言えます。

でも、カロリー制限では野菜中心の食生活になりやすいので、お通じが良くなったりお肌も綺麗になるなどの美容面での効果も期待できます。糖質制限も、糖質以外のものなら何を食べても良いので空腹でつらい思いをしたり、食事に物足りなさを感じたりといったストレスは無いでしょう。

この二つの特徴をよく理解した上で、自分のダイエット方法に向いている方を選んでチャレンジしてみてください。くれぐれも無理はしないよう、健康に注意しながら続けましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!