炭酸化粧水の選び方と注意点。肌がくすみがちの人におすすめ!


炭酸美容法というと一時期話題になりましたよね。化粧水や美容液、パックに洗顔と様々な炭酸を使った化粧品が販売されて、コスメ好きな人のなかには試した人もいるのでは?

ただ、炭酸を使った化粧品は肌がきれいになる半面、刺激が気になる人もいますよね。

今回は炭酸化粧品のなかでも購入しやすい「炭酸化粧水」をテーマに、効果と使う時の注意点をお話しします。

炭酸化粧水は、二酸化炭素の性質を利用した化粧水

炭酸化粧水は、二酸化炭素(炭酸ガス)が含まれている化粧水のことをいいます。

実は、肌に二酸化炭素が浸透すると「ボーア効果」といって、酸素が足りないと錯覚した肌が血管を広げて酸素を取り込もうとします。

血液中に酸素が取りこまれれば、血液の流れもよくなるので、代謝がよくなり肌も活性化されます。

二酸化炭素には肌に入りやすい性質もあり、炭酸化粧水の美容効果を肌に届ける効果も期待できます。

炭酸化粧水の効果とは?

肌にはターンオーバーといって、28日周期で生まれ変わるようになっていますが、年齢とともにターンオーバーの周期は遅くなります。

古い皮膚が残ったままだと、肌の新陳代謝が悪くなり、ニキビやシミ、シワ、たるみ、くすみといった肌トラブルが出やすくなります。

炭酸化粧水には、肌を活性化し古い角質を取り除く効果もあります。

肌のターンオーバーを正常化する効果もあるので、肌トラブルも予防します。

炭酸化粧水の選び方!

炭酸化粧水も保湿重視のものから高濃度の本格的なものまで、種類も豊富です。
炭酸化粧品を買う時はコストも気になりますが、使い勝手のよさや肌への効果も大事ですよね。

炭酸化粧水を選ぶポイントは噴射剤

炭酸化粧水は「ミストタイプ」と「泡タイプ」の2種類に分かれます。

どちらも噴射剤が使われており、二酸化炭素、窒素、LPガスと表示されています。

二酸化炭素のみのものと、窒素やLPガスが含まれているものでは炭酸ガスの量も違います。

炭酸ガスの濃度が高い「炭酸化粧水」を使いたいのであれば、噴射剤は二酸化炭素のみのものを選びましょう!

携帯しやすいのはミストタイプ

プチプラから○万円するものまであり、スプレー缶に入ったものもあればカートリッジ式の炭酸化粧水もあります。

スプレー缶入りのものなら、携帯しやすく、外出先でもシュッとできるので、乾燥対策やメイク直しにも使えますよ。

ミストタイプは全身に使え、使い勝手の良さがメリットですが、二酸化炭素だけでなく、窒素やLPガスが噴射剤に使われているものもあります。
なかには、普通のミストタイプの化粧水と変わらないものもあるので要注意です。

本格的に炭酸美容を取り入れたいなら泡タイプ!

直接手にとって使うか、コットンにとって使うのが泡タイプの炭酸化粧水。

炭酸の濃度が高いものも多く、パチパチとした炭酸感が感じやすいのも泡タイプの炭酸化粧水です。

泡タイプは携帯しやすく手軽に使えるミストタイプとは違い、じっくりと時間をかけてお手入れしたい時に向いています。

化粧水として使うだけでなく、拭き取り化粧水やブースター代わりにも使え、炭酸パックとして使うのもおすすめです。

配合成分もチェックしよう!

化粧水の役割といえば肌にうるおいを与えること、炭酸化粧水も配合成分についてチェックしておきたいですね。

化粧水でおなじみの「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」「グリセリン」といったうるおい成分だけではなく。

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ
  • フラーレン

このように、美白や引き締め、ハリといったエイジングケアが配合されているかチェックすると自分にあうものが見つけやすいですよ。

炭酸化粧水には、ピーリング効果や美白効果が期待できる「クエン酸」が含まれているものが多く、肌質によっては乾燥しやすいかも。
乾燥が気になる人は、保湿効果が高めの炭酸化粧水を選びましょう。

炭酸化粧品を使う時の注意点!

炭酸化粧水は、肌にあわないとトラブルを起こしやすいといわれています。
炭酸化粧水を使う時の注意点を見ていきましょう。

高濃度の炭酸化粧水の方が刺激は感じやすい!

炭酸化粧水を使うと肌が赤くなったり、ヒリヒリとした刺激を感じることがあります。

炭酸化粧水を使った際に血行が促進されて起こることなので、すぐに赤みはひきますが、炭酸ガスが高濃度のものほど刺激は感じやすいといわれています。

敏感肌の人でも使いやすいタイプの炭酸化粧水も出ていますが、肌への刺激が気になる人は、あまり高濃度のものは使わない方がよいでしょう。

炭酸化粧水は、肌質や肌の状態にあわせて選びましょう。

肌が敏感になっているときは使わない

肌が疲れている時に使うと効果を発揮する炭酸化粧水。

肌の状態や体調によっては、刺激を強く感じたり、肌荒れやトラブルを起こしやすくなります。

特にニキビや日焼けで肌が炎症している時に使うと、さらに症状を悪化させる可能性もあります。

また、肌がゆらぎやすい生理の前後や妊娠中も、肌が敏感な状態なので炭酸化粧水は使わないほうがよいでしょう。

パッチテストも忘れずにしよう!

化粧品が肌にあうか確認する、パッチテスト。

新しい化粧品を使う時は、パッチテストをして肌トラブルが起こらないが確認しておきましょう。

炭酸化粧水も、刺激や赤くなるといった症状やアレルギー症状が出ないか確認してから使うようにしてください。

炭酸化粧水は、肌が疲れている時に使うのがおすすめ!

炭酸化粧水は、肌を活性化させることが目的なので、肌がくすんだり、むくんでいる時につかうのがおすすめです。

肌に透明感がほしい人や毛穴が気になる人は、炭酸化粧水を使ってお手入れをしてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!