併用もおすすめ!ccクリームとファンデーションで「美肌」に見せよう


ccクリームは、肌色補正効果はあるけど、カバー力はイマイチという印象がありませんか?

厚塗りにはしたくないけど、ccクリームを使ってちゃんとメイクをしているように見せたいならファンデーションを重ねるのがおすすめです。

ファンデーションの選び方しだいで「ツヤ肌」にも「マット肌」にも仕上げられますよ。

ccクリームとファンデーションの併用で、メイク上手を目指してみませんか?

ccクリームとファンデーションの違いは

ベースメイクに欠かせないのが、化粧下地とファンデーション。最近は、下地なしで使えるファンデーションやccクリームやBBクリームというようにファンデーションの役割を果たす化粧下地も増えています。

「ccクリーム」と「ファンデーション」には、どんな違いがあるのでしょうか?2つの違いを見ていきましょう。

ccクリームは、肌を明るく見せる効果がある

ccクリームといえばファンデーションの代わりに使える化粧下地として、少しでもメイクの時間を短縮したい女性に人気です。

ccクリームの特徴は肌色補正効果で、くすみや色ムラをカバーし、肌を明るく見せます。

ファンデーションの下地に使えば、透明感がある明るい肌に仕上げることができます。

ファンデーションには、肌トラブルをカバーする効果がある

ファンデーションというと明るさやツヤ、マット感というように質感が注目されていますが、ファンデーション本来の役割は、シミやほくろといった肌トラブルをカバーし、凸凹がない肌に仕上げることです。

ファンデーションを塗ることで、紫外線や空気の乾燥から肌を守ることもできますし、肌をきれいに見せる効果もあります。

ccクリームの使い方

ccクリームは肌色補正効果があるので、化粧下地に使うのがおすすめです。

化粧下地に使うことで、上に重ねるファンデーションの密着度も上がりますし、メイクのモチもよくなります。

ccクリームを化粧下地に使う時は、顔全体に塗るよりも気になる部分のみ使った方が肌がきれいに見えます。

ccクリームの使い方を説明していきます。

コントロールカラーとして使って、肌の色ムラをカバーする

ccクリームは、肌色タイプのものとピンクやグリーンといった「コントロールカラー」になるものがあります。

ccクリームはファンデーション代わりにも使えることから肌色タイプを選んでしまいがちですが、肌のくすみや赤みが気になるならコントロールカラータイプがおすすめです。

肌の悩み別におすすめのccクリームのカラーを紹介します。

  • 顔色をよく見せる…ピンク
  • くすみを消す…オレンジ
  • 赤みを目立たなくする…グリーン
  • 透明感を出す…ブルー
  • シミ、そばかす…ベージュ

ccクリームの使い方に悩むという人は、肌の気になる部分に使って「肌色補正効果」をチェックしましょう。

ハイライト代わりに使って、小顔効果も!

ccクリームを使うと白浮きが気になるという人は、顔全体には使わずに明るく見せたい部分にだけ使うのもおすすめです。

目の周りや鼻筋、顎の部分に、肌色やベージュ系のccクリームを使うとハイライト効果で小顔に見せることもできますよ。

肌色補正効果と小顔効果の両方が手に入れられるのもccクリームのいい所ですね。

ccクリームと相性がいいファンデーションは?

ファンデーションは、仕上がりで選ぶ人が多いと思いますが、ccクリームとの相性もチェックすると、肌をきれいに見せられますよ。

ツヤ肌、マット肌、仕上がり別でおすすめのファンデーションを紹介します。

ツヤ肌に見せたいなら、クッションファンデ

ツヤ肌ブームを牽引しているのがクッションファンデ。美容液やオイル配合でスキンケア効果も高く、パール配合のものを選べば光効果で肌を明るく見せることができます。

クッションファンデはccクリームとの相性もよく、仕上がりも軽いので、長時間メイクをしなければならない時にもおすすめですよ。

ccクリームでツヤ肌メイクに挑戦したいなら、ファンデーションはクッションファンデを使ってみてくださいね。

マット肌に仕上げるなら、パウダーファンデーション

ccクリームでマット肌に仕上げたいなら、おすすめはパウダーファンデーションです。

マット肌は、一歩間違うと厚塗りに見えてしまいますが、素肌感を引き出すccクリームを下地に使えばナチュラルな感じに仕上げられますよ。

ccクリームにパウダーファンデーションを重ねることで、カバー力もアップするので自然な感じのマット肌が作れます。

ccクリームとファンデーションのいいとこ取りで「美肌」になろう!

肌をきれいに見せるなら、ベースメイクが大事!

肌色補正効果がある「ccクリーム」とカバー力がある「ファンデーション」を組み合わせれば、きちんと感も出せますし、肌もきれいに見せられます。

ccクリームもファンデーションも、仕上がりをイメージして選ぶと自分にあったものがみつけられますよ。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!