チョコレートでカカオダイエット!正しいやり方と注意点

普段何気なくおやつで食べているチョコレートでも、身体の中では大切な役割を担ってくれていることが多いのをご存知でしょうか?

特に、ダイエットにもチョコレートが大きな効果を持っています。これは、チョコレートを正しく選んで1日の基本量を守ることでダイエットの代謝サポートを高める効果があると言われています。

特にチョコレートに含まれるカカオ成分をうまく生活の中で取り入れることでダイエットが加速しやすくなるので、今ダイエット中の人や楽しくこれからダイエットをしてみたいという人にオススメの方法をご紹介します。

みんな大好き!チョコレートの成分って?

長年世代問わずに愛されている人気のお菓子と言えばチョコレートと言っても過言ではないでしょう。チョコレートはもともとはヨーロッパやアメリカなど海外からの輸入が主流でした。しかし、チョコレートの人気により最近では国内でも生産・販売が始まっているそうです。

そんな甘く美味しいチョコレートがダイエットに効果があるのか?と思われそうですが、余分な脂肪を落とすダイエットに繋がる効果はチョコレートの原料である「カカオ」にあります。

カカオが主成分

チョコレートの茶色い「色合い」や独特の「香ばしさ」は、カカオ豆というカカオの木からできる実のカカオポッドの中にあるたくさんの種子(豆)からできています。

カカオ豆の原産地は主に「西アフリカ・東南アジア・中南米」に多く、湿度の高い27℃以上の場所で育つと言われています。

また、もともとカカオ豆はお菓子の原料で使われていたわけではなく「薬」としての効果があったと言われています。「神の食べ物」と言われていたのは「薬」として扱われていた由来から来るそうです。

チョコレートの多様な種類

今ではホワイトチョコレートなど色が違うものなど様々な種類のチョコレートが増えてきています。ここではダイエットにオススメのチョコレートや種類をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

チョコレートと呼ばれるもの

一般的にチョコレートは「チョコレート」と「準チョコレート」に大きく分かれています。チョコレートとは、カカオ分が全体量の35%以上使用したものを言い、準チョコレートとはカカオ分が全体量の15%以上使用したものになります。

その為、準チョコレートにはカカオ以外の小麦粉などの生地やカカオバターと呼ばれるカカオに含まれるバター分のみを使用しているので、あまりダイエット向きではありません。

ダイエットに最適なチョコレート

ダイエットに最適なチョコレートとはズバリ「高濃度のカカオ成分を含んだチョコレート」です。カカオの風味が好きな人や甘すぎるチョコレートが苦手な人にはオススメです。

ダイエットとしてチョコレートを選ぶ基準は「カカオ分70%以上のチョコレート」です。56%や45%では砂糖が多いので、早く結果を出したい人はカカオ分を大切にしましょう。

カカオでダイエット!チョコダイエット効果

ここではチョコレートに含まれるカカオが、ダイエットとしてどのように身体の中で働いてくれるのかをご紹介します。

ストレス緩和や抗酸化作用の美容ダイエットができる

まず、カカオに含まれるカカオポリフェノールという成分には「リラックス効果」があるので、ダイエット中に感じるストレスを軽減してくれる働きを持っています。

また、抗酸化作用があるのでダイエットの時にありがちなお肌への栄養不足を防いで「ツヤやキメの整ったぷるんとした肌を保つこと」ができます。

血流が良くなることで代謝UP

カカオポリフェノールには「高血圧予防や血流の促進効果」があるので、冷え性の改善に繋がり、身体が自然と代謝を良くして痩せやすい身体を作ってくれます。

また、代謝が上がることで体に溜まった余分な脂肪や老廃物をデトックスしてくれる働きもあります。

満腹感を味わうことができるので自然と食事制限ができる

今までのダイエットで無理に食事制限をしていませんでしたか?なんと、チョコレートには「食欲を抑えてくれる効果」もあるのです。

高カカオのチョコレートを1日の基準量を守り、効果のある時間帯に食べると満腹中枢が刺激されるのであまりすぐお腹がすくことや我慢も減っていく効果があります。

高カカオだけではない!チョコレートダイエットの正しいやり方

チョコレートダイエットに大切なことは「高濃度カカオのチョコレート」ですが、高濃度カカオが含まれているからと言って、1日に大量に食べてはあまり効果がありません。

チョコレートは1日50gが原則

一番効果的な方法は「カカオ70%以上の高濃度チョコレートを1日に50g食べること」です。

食べ方としては、満腹中枢を刺激するために「毎食前と毎食後」にひとかけらずつ食べることをオススメします。食前に食べるのは食べ過ぎ防止、食後に食べるのは食べ物を燃焼しやすくする効果を高める為です。

ココアやドリンクでも効果アリ

また、板チョコレート以外にも「高カカオのココア」や「高カカオのホットチョコレートドリンク」でも代用が可能でダイエット効果があります。

しかし、ココアやホットチョコレートの場合は「ミルクを少なめにする」や「砂糖を控えめにする」などあまり脂肪分が高くなりすぎないように注意することが大切です。

チョコレートダイエットで気を付けること

カカオ70%のチョコレートダイエットをする上での注意点をご紹介します。

食べ過ぎには注意すること

チョコレートはカカオ分が70%以上でも砂糖は入っているものが多いので、1日の基準量を守ることが大切です。あまり食べ過ぎると、逆効果になってしまうので1日50gを覚えておくぐらいにしておき、あまり意識しすぎないことが大切です。

食べる時間を守るのがベスト

カカオダイエットでは食前と食後に食べることをオススメしています。毎食前と毎食後の10~30分前に食べるようにしましょう。

夜遅くや寝る前に食べてしまうとあまり効果が出ないことがあるので注意してください。

低濃度のカカオは選ばないこと

チョコレートダイエットにはカカオ分がダイエットの効果に大きく影響するので、重要なのは「準チョコレートやホワイトチョコレートなどの低カカオ分チョコレートを選ばないこと」です。

カカオに含まれるポリフェノールが少なければ少ないほど、ダイエット効果が低いということを覚えておくと便利です。

今すぐチャレンジ!新しいチョコレートダイエットで、女性に必要な代謝ボディを・・・

チョコレートはスイーツの中では王様と呼ばれ、年中出回っています。そんないつもはスイーツやお菓子としか意識していなかったチョコレートを、これからはダイエットの強い味方として生活の中にサプリと同じような感覚で取り入れてみてはいかがでしょうか?ぜひ、あなたのやりやすいチョコレートダイエット習慣を身に付けて、痩せやすい代謝ボディを目指しましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!