クレンジングクリームで保湿スキンケア!肌に優しくしっとりもち肌に


毎日のスキンケアでもクレンジングは欠かせませんよね?ところが、肌にメイク汚れが残っていると肌トラブルの原因にもなってしまいます。

クレンジングクリームは優しく穏やかな洗浄力で、肌を守りながらクレンジングができます。効果に期待ができないと不安な方もぜひ試してみて下さい。

正しいクレンジング方法を知り、しっかりメイクを落としましょう。

クレンジングクリームの魅力って何?

クレンジングクリームはクリーミーなテクスチャーで、優しくメイクをなじませて落とすクレンジングアイテムです。別名では、コールドクリームとも呼ばれています。油分や水分、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分が配合されています。

肌への負担が少ない

クレンジングクリームは、厚みのあるクリーム状のテクスチャーです。肌への負担が少なくメイク落としの際に摩擦が起こりにくくなります。

クレンジングクリームには油分と水分がバランスよく含まれており、界面活性剤が少ないのも特徴です。さらにメイクを落としながら保湿まで行ってくれます。

肌の潤いをキープしながらクレンジング

クレンジングクリームには潤い成分も多く含まれています。また油分がある為、メイクをしっかりと落としながらも肌の潤いをキープすることができます。

クレンジングクリームは洗い上がりのツッパリ感が少なく、しっとりとした後肌を実感できます。

クリーム状の優しいテクスチャー

クレンジングクリームの魅力はテクスチャーにもあります。質感が柔らかく肌の上で伸ばしやすいので、メイクと上手になじんでくれます。

量の調節も行いやすく、もちもちとしたクリームが肌へと密着します。

クレンジングクリームの効果って?

クレンジングクリームは、毛穴の黒ずみや角質ケとしても効果的です。潤いを残したままクレンジングできるので、肌に必要な皮脂を奪わず毛穴ケアもできます。

肌のケアを行いながらメイク落としができます。

敏感肌でも安心して使える

敏感肌で肌が弱い方でもクレンジングクリームの潤い成分のおかげで、肌へのダメージを抑えることが可能です。クレンジングクリームの適度な重みと硬さがメイク落としの際に、手と肌の間でクッションのような役割を担って摩擦を防ぎます。

それにより肌荒れを軽減することができるのです。

乾燥肌でもしっとり保湿

肌のカサつきが気になる方や乾燥肌の方でもクレンジングクリームは、しっとりと保湿を行ってくれます。クレンジングの際に、肌の潤い成分まで流してしまうと乾燥肌の原因となります。

乾燥肌の方は保湿をしっかりと行うようにしましょう。クレンジングクリームは保湿成分が働きかけることで、潤いを長時間保つことができます。

気になるシワやシミを軽減

クレンジングクリームを正しく使用すると、老化によるシミやシワの肌トラブル対策を行えます。スキンケアを継続していくことで、そういった状態を改善できるようになります。

クレンジングクリームに配合されている油分と水分が、バランスよく肌へ働きかけることでシワやシミになりにくい肌へと導いてくれます。

クレンジングクリームの使い方のコツ

クレンジングクリームは意外と誰でも簡単に使いこなすことができるアイテムです。自分の肌質を知ってクレンジングクリームを使ってみて下さい。

クレンジングクリームを使う前のポイント

まずクレンジングクリームを使う前に落ちにくいポイントメイクは、先にリムーバーで落としておきましょう。専用のリムーバーをコットンにたっぷりと染み込ませ、目元や口元のメイクとなじませて落として下さい。

コットンを滑らせる感覚で優しく落とすことがポイントです。

クレンジングクリームの使い方のステップ

  1. クレンジングクリームを適量手のひらに取り、包み込むようにして体温で温めていきましょう。温めて使うことでメイクと早くなじみ、時間を短縮できます。
  2. 顔の5箇所(額・両頬・鼻・顎)に少量のクリームをのせます。面積の広い部分から顔全体にクリームを伸ばしていきましょう。
  3. その後に目元にもクリームをなじませます。
  4. 最後に洗い流すタイプの場合は、ぬるま湯で洗い流して下さい。拭き取りタイプの場合は、コットンで肌をこすらないように取り除いていきましょう。

クレンジングクリームの使用量について

クレンジングクリームの使用量は500円玉程度が目安です。少なすぎると顔全体にクリームが行き届かなくなり、肌をこすってしまったりメイク汚れが残ってしまうことがあります。

足りないと感じた場合は、少しずつ足して使うようにしましょう。

クレンジングクリーム使用時の注意点

クレンジングクリームは使用後の拭き取りが肝心です。こすって摩擦がおきないように注意しましょう。摩擦が生じると肌を傷つけてしまうことになります。

クレンジングクリームが洗い流せたら、洗顔料で力を入れすぎないように洗浄し最後はしっかりとぬるま湯で洗い流して下さい。

拭き取る場合はこすりすぎない

クレンジングクリームは、とろみがあり滑らかで肌へと密着してくれます。それにより肌への摩擦を軽減し肌へのダメージも少なくなります。

こすって拭き取らないように注意して下さい。コットンでクリームのみを優しく取り除きましょう。

洗い流しはしっかりと丁寧に

クレンジングクリームには拭き取りタイプと洗い流すタイプがあります。ダブル洗顔不要の物もありますが、クリームが肌に残らないように丁寧に洗い流して下さい。

きちんと洗い流すことが重要です。クリームが肌に残っていると肌への悪影響となってしまいます。

ぬるま湯で汚れを落とす

洗い流すタイプのクレンジングクリームの場合は、ぬるま湯を使うようにしましょう。冷水だと、メイクとなじんだクリームが肌の上で固まってしまいます。

そうなると洗い流しにくくなり、ベタつきやメイク汚れが残ってしまいます。また、毛穴が塞がってしまうとニキビの原因ともなるので要注意です。

ぬるま湯としては、だいたい30~32℃くらいの温度が適温です。

クレンジングクリームで毎日美肌ケアしましょう

クレンジングクリームは、肌の潤いを保ちしっとりと洗い上げてくれます。マッサージクリームとしても活用でき肌の弾力を良くし、顔のリンパを流してくれる働きもあるので小顔効果にも期待ができます。

ダブル洗顔不要なタイプや、美容成分が配合されているアイテムまで種類も様々です。クレンジングクリームを使い、スキンケアをもう一度見直してみてはどうですか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!