コーヒーを飲むだけの簡単ダイエット!綺麗に痩せる飲み方とは

一生懸命毎日毎日「食事制限」や「運動」などを行って、ダイエットをしていても、ある一定の期間が経過するにつれて、ストレスが「増大していく」ものです。

これを解消しつつ上手く「体重減少」する方法は何かないのかと、探すのは「万年ダイエッター」です。

もう、こうなったら【生活の一部】の楽な方法で、効果を感じること間違いなしの、ダイエット方法を探すしかありません。そこでおススメなのが「コーヒーダイエット」です。

コーヒーを毎日飲む人はかなり多いはず。その「コーヒー」の飲み方で簡単にダイエットを可能にしてくれる方法があるのです。ぜひ、百聞は一見に如かずとしてトライして数値の減少を自分の目で確かめてみることです。

1. なんでコーヒーなの?

コーヒーに含まれている主な主要の栄養とはどのようなものなのでしょうか。
知ってみる必要があります。

・コーヒーに含まれる主な成分

  • カフェイン
  • ポリフェノール
  • クロロゲン酸類
  • ショ糖
  • セルロース
  • 粗繊維
  • タンニン
  • 有機酸
  • ニコチン酸
  • ミネラル 

など多くの成分が含まれています。

・ダイエットに有効な栄養素

コーヒーの中に含まれるどのような成分が「ダイエット」に有効なのかまとめて見ました。

  • カフェイン
  1. 脂肪燃焼酵素を活性化してくれるため、とても有効
  2. 利尿作用の効果で、むくみを軽減させてくれる
  • ポリフェノール(クロロゲン酸)
  1. 脂肪代謝調整の作用
  2. 抗肥満の作用
  3. 抗酸化作用
  4. 抗疲労軽減作用
  5. などのさまざまなダイエットに有効な作用がたくさんあります。

2.コーヒーのダイエット効果とは?

コーヒーダイエットと言う名前だけを聞くと、単純に「コーヒーを飲む」という考えが浮かんでしまいます。

しかし、その効果というと「いったいどの程度の効果」なのか知ってみたほうが、続けていく上で必ずいい方向に導いてくれる事なのではないでしょうか。

では、一緒にその効果や効能をみていきましょう。

・ダイエット効果の素

ダイエット=燃焼です。その素である成分が色々な種類が含まれているのが「コーヒー」です。
ではどの成分が有効な「ダイエットの素」なのかを紹介します。

  • カフェイン
  • クロロゲン酸
  • ポリフェノール
  • コーヒーオリゴ糖

などが代表的です。

・ダイエット以外の嬉しい効果

コーヒーダイエットには【ダイエット以外】にも嬉しいプラスの効果もあります。ちょっと知っておいてみてください!

・生活習慣病の予防
(脳卒中・高血圧・心筋梗塞・糖尿病をクロロゲン酸により予防)
・便秘解消
(カフェインの効果により腸の動きが活発になり便秘を解消してくれます)
・血行を促進で冷えを解消
(カフェインは体の血行を促す作用があるので体温を上昇させる効果があります)
・リラックス効果がある
(コーヒーの香りは脳にα波を発生させ体をリラックスモードにしてくれます)

このように色々な面において効果があります。

3.コーヒーダイエットのやり方

どんなダイエットでも、やり方を間違えるとせっかくの効果が台無しになってしまいますよね。

そんな、残念な結果を生み出さないためにも、ちゃんとした方法を知って実践してみましょう。

・摂取方法(飲み方)&飲む時間帯はいつ?

主に飲む時間帯は、朝と昼がいいといえます。なぜなら、よるに飲んでも構わないのですが、カフェインの効果である「眠気の防止に有効」ということがあります。

ですので、夜に飲んでしまうと眠れなくなってしまいます。

それから、「利尿作用」もありますので、トイレが近くなってしまうので、「夜に飲む」のはあまりおススメではありません。

一番のおススメは消化にも役立つ「食後の一杯」です。

・ドリップ?インスタント?ミルク砂糖は?

  • ドリップコーヒーの場合

ドリップコーヒーには、コーヒーダイエットの注目成分である「クロロゲン酸」が多く含まれているのでおススメです。
しかし、「クロロゲン酸」は熱に対して弱い性質上、熱を多く加えて煎る「深煎り」コーヒー豆より「浅煎り」コーヒー豆の方を選んだほうがいいです。このコーヒーの方がより多くのクロロゲン酸を摂取可能にしてくれます。

  • インスタントコーヒーの場合

手軽にいつですぐに飲めるインスタントコーヒーですが、含まれているクロロゲン酸の量はその分やはり、ドリップコーヒーよりも少なくなっています。

効果を実感したいのであれば、ドリップコーヒーを選ぶ方がよいでしょう。

しかし、時間がないときなどには、たまには「インスタントコーヒー」を代用しても良いかもしれません。

  • 砂糖やミルクはだめなのか?

ダイエット目的の場合は、やはりその分「カロリー」の量が増えてしまいますので、なるべくなら「ブラック」がいいです。

しかし無理して、入れないよりも長続きさせるためには少量を入れてもかまいません。続ける事に意味があるので!

4.コーヒーダイエットの注意点はある?

手軽に簡単に出来る「コーヒーダイエット」ですが、飲み方を間違えてしまうと体に良くないことがあります。飲み方をしっかり正しい方法で実践してください。

・飲むタイミングに注意!

お腹がすいている「空腹」の時は飲まないこと。なぜなら、ダイエット効果の元である「クロロゲン酸」は胃酸の分泌を促す効果があるからです。

すなわち、「空腹」状態の時に、コーヒーを飲むと胃を荒らしてしまうことがあります。特に胃が弱い方の場合はとても注意するべき点です。胃が痛くなってしまいます。

しかしどうしても、コーヒーを「空腹」の状態で飲みたいときは、一緒に何か「食べ物」を食べるようにしてください。

胃の中に食べ物が少量でも入っていれば胃酸の分泌がされても消化に役に立ってくれるので、胃への負担が軽減されます。

・飲みすぎによる健康への影響

いくら「ダイエット」によいコーヒーでも、飲みすぎてしまわないように注意しましょう。

コーヒーにはカフェインが多く含まれています。このカフェインを必要以上に摂取してしまうと「ダイエット」を成功させる前に体の健康を害してしまう事になりかねません。

カフェインを摂取しすぎると・・・耳鳴り・イライラ感や頭痛などの症状が発生します。

そして一番最悪の場合には、不整脈を起こす場合もあります。こうなると、命にかかわる危険な状況になってしまいます。このような状態を発症してしまっては、本末転倒です。

ダイエットをするどころではありません。ですので、一日の適制量を守る事が大事です。

おススメの適度の量は 
一日あたり2杯から3杯程度です。
何でも、やりすぎには注意が必要と言う事ですね。

5.一番おススメの飲み方のまとめ

コーヒーを食後に飲むのがコーヒーダイエットの「コツ」と言えますが、さらに効果を感じるためには、運動をする「20分前」に飲むようにする!ということです。

このコーヒーを「20分前」に飲むことにより、運動中の脂肪燃焼効果のアップにつながります。これは、飲むしかありません!とてもおススメです。

このように、「コーヒーダイエット」には、ちゃんとした方法があることをご理解いただけたのではないでしょうか。どんな方法も、言葉だけで「自己流」にしてしまうと、間違えだらけになってしまったり、かえって健康を害してしまう事もあるので、始める時には必ず大まかでもよいので、「キチンとした知識」を頭に入れておくことが大事と言う事です。

そして、成功させるがきはもう1つ「持続」です。継続は力なり・・・という言葉もあるくらいです。

無理せず続けてぜひ成功させましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!