カラーリングの頻度はどれぐらいなら大丈夫?髪が傷まない間隔とは


自宅で染める人も美容院やサロンで染める人も、カラーリングの頻度ってきになりますよね。

あんまり頻繁にやるのは髪や地肌を傷める原因になりそうだし、かといって間隔を開けすぎてしまえば地毛が伸びてきてカラーリングした色の境目が気になってしまう…髪のおしゃれや白髪に気を使う人ならだれもが気になってしまう問題ではないでしょうか?

そこで今回は髪が痛まないカラーリングの頻度と間隔の目安について探っていきたいと思います。

おしゃれ染めの場合のカラーリングの頻度と間隔は?

どの色にしようかな?どんな色が似合うかな?とカラーを選ぶのも楽しいおしゃれ染め。

おしゃれ染めの場合、カラーリングの頻度と間隔はどのくらいがいいのでしょうか?

根元が気になる人は月に1回がおすすめ

髪の根元がツートンカラーになっていわゆる「プリン状態」になるのが早い人は、3週間程度の頻度と間隔を目安に染めています。

あまり間隔を開けずにカラーリングをしてしまうと髪にダメージが蓄積してしまい、痛みの原因になってしまうので月に1度のカラーリングがちょうどよい目安です。

気になって1か月も待てない、早く染めてしまいたいという人は、部分的にリタッチすることで髪のダメージを減らすことが可能です。

特に気になりやすい分け目やつむじ、顔周りなどのリタッチに抑えて髪をなるべく痛まないようにしましょう。

それほど気にしない人の目安は3ヶ月~4ヶ月

それほど気にならない人なら、3ヶ月から4ヶ月を目安に染めることをおすすめします。

おしゃれ染めなら、この間隔で染めるのが理想的だと言われています。

それでもちょっと気になるな…という人なら、髪の毛にグラデーションを入れてカラーリングの間隔を長持ちさせる方法もあります。

地毛が明るい人と暗い人のカラーリング頻度の目安は?

髪の毛の色は人によってそれぞれ。

地毛の明るい・暗いもカラーリングの頻度と関係してきます。

地毛が明るめの人なら、カラーリングした場所と後から生えてきた地毛の色が違う根元がプリンのようになる状態が気になりやすいですよね。

こういった人の場合なら、3週間から1か月の頻度でカラーリングを行いましょう。

それほど気にはならない人なら、1.5ヶ月から2ヶ月の間を目安にしてカラーリングするのが理想です。

髪の毛の色が明るいと、痛みが大きくなりやすいため、カラーリングの間隔を開けてダメージを予防することが大切なのです。

髪の毛の色が暗い人は、プリン状態が目立ちにくいため、平均して2ヶ月から3ヶ月程度の間隔を目安にカラーリングを行うのがいいでしょう。

これは、カラーリングの理想的な間隔の目安でもあります。

気にならない場合はそれよりも長い3ヶ月から4ヶ月の間隔を目安にカラーリングを行うようにしましょう。

白髪染めの場合の頻度と間隔はどれくらい?

30代も半ばを過ぎると途端に気になってくるのが白髪。

白髪染めの場合、どんな事に気をつけてカラーリングするのがいいのでしょうか?

白髪の多さによって染める間隔を変えてみよう

白髪があるとは言っても、出始めなのか、ちらほらとあるのか、全体的に白髪があるのか?でカラーリングの頻度は変わってきます。

白髪が出始めの人なら、おしゃれ染めでも代用が可能ですが、カラーリングの頻度は2ヶ月から3ヶ月に1度程度を目安にしましょう。

ちらほらと白髪が気になりだしたら

髪の毛の20%から40パーセント程度が白髪になり、そろそろ本格的に白髪染めを考え始めた人は、カラーリングの頻度が少し増えてきます。

1.5ヶ月から2ヶ月程度が平均の目安になり、理想的な白髪染めの頻度もそれくらいになります。

白髪が50パーセントを超えたらどうする?

白髪が多くなり、髪の毛の半数近くが白髪になってくると、カラーリングの頻度も1ヶ月に1回程度が平均的になってきます。

気になる人なら、3週間に1度の割合で染める人も多く、また髪をカラーリングのダメージから守りたい人はヘアマニュキアやヘナ、カラートリートメントで染めるのも良いでしょう。

白髪染めで髪を痛みから守るポイントは?

おしゃれ染めよりも、白髪染めの方がカラーリングの頻度も多くなり間隔も早まる傾向があります。

サロンで染める合間に自宅でセルフカラーを行う、伸びてきた箇所のリタッチのみに留めるなどの工夫をすることで、髪をダメージから守ることもできます。

髪を痛みから守るためにどうすればいいか分からない、どういうアイデアがあるか分からない場合は、美容室に行き相談するのも良いでしょう。

見かけ?健康的な髪の毛?守りたいのはどっち?

カラーリングや白髪染めをして、若々しい見た目を保ちたいのか、髪の毛をダメージから守って健康的な髪の毛を保ちたいのか?でカラーリングの頻度も変わってきます。

さて、あなたは見かけ重視派ですか?それともダメージの少ない髪の健康重視派ですか?

若く見られたい!見かけ重視派のあなたは?

カラーの落ちなどが気になってしまう間隔の早い人なら月に1回サロンに行ってカラーリングを行いましょう。

自宅で染めるホームカラーリングなら部分だけを染めるリタッチを月に1回行い、美容室に行きカラーリングで全体を染めるのは3ヶ月に1回にします。

そんなに気にしていないなら美容室で行うカラーリングを3ヶ月に1回行いましょう。

ダメージから髪を死守したい!健康的な髪派のあなたは?

おしゃれ染めなら3ヶ月に1度の美容室で行うサロンカラーリングのみでも大丈夫。

リタッチ染めは時々行うようにして、毛先が色あせてきた場合に限って全体をカラーリングしましょう。

ホームカラーリングの場合も同じようにし、毛先が色あせてきた場合は「カラートリートメント(おしゃれ染め用)」を使い髪の補色と髪質改善に努めるようにします。

白髪を染める場合だと、サロンカラーリングならヘナや薬草カラーMD、ヘアマニュキアを使い、ホームカラーリングをする場合はヘアマニュキア、カラートリートメント、ヘナを使用して染めるようにします。

髪の痛みに気をつけて色のおしゃれを楽しもう

髪の毛の色を変えることはリフレッシュに繋がったり、ストレスの解消になったりしますよね。

こういう風に見られたい、こんな感じになりたいなど思い浮かべながらカラーリングをする人も多いでしょう。

「髪を染めると髪が痛む」という人もいますが、カラーリングは頻度と間隔に気を使えば健康的な髪の毛を守ることができます。

女性ならいつまでも健康的で美しい髪でいたいとも思うし、その一方で見た目にも気を配りたいと考えるもの。

どちらを重視するかは人によって違いますが、いずれにしろカラーリングをしすぎて髪がボロボロになった…なんてことにはならないようにしたいですね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!