コンディショナーとトリートメントの違い。それぞれの役割と特徴

コンディショナーやリンス、トリートメントなど、ヘアケアアイテムは種類が多く、一体何を使えばいいのかわからなくなりますよね?トリートメントを使っているので、コンディショナーは使わない、という方もいると思います。

コンディショナー・リンス・トリートメントの違いや、正しい使い方をご紹介します。

コンディショナーやトリートメントにも役割がそれぞれあるので、特徴を知ることで、髪への効果もUPしますよ。

コンディショナーの役割とは?表面を整えるコンディショナー

コンディショナーとリンスは同じ役割です。髪の外側をコーティングしてくれるので、髪の絡まりを解消して指通りをよくしたり、髪にツヤをだしたりする効果があります。

髪の表面を覆ってくれるので、キューティクルが閉じてはがれにくくなり、髪から水分が逃げるのを防いでくれる働きがあります。

値段はシャンプーと同じ価格帯で販売されているので、とりあえずシャンプーとセットで使っている方も多いと思います。

コンディショナーは髪の内部に浸透しないため、髪にダメージがあるかたは、コンディショナーだけではケアが足りません。髪が傷んでいる場合は、トリートメントをおすすめします。

逆にあまりダメージがない方は、コンディショナーやリンスだけで十分ケアできます。

トリートメントの役割とは?髪の内部に浸透して髪を整える

トリートメントは、コンディショナーやリンスと異なり、髪の内部を補修する働きがあります。髪は傷むと、中が空洞化してスカスカになってしまいます。トリートメントは、空洞化した内部に浸透して髪を扱いやすくしてくれます。

しかしトリートメントを使用したからと言って、傷んだ髪がもとに戻ることはありません。トリートメントでケアすることで、髪を扱いやすく、手触りなどを改善してくれ、今後のダメージから守ってくれるのです。

またトリートメントで、髪の質感をコントロールすることも可能です。髪にハリやコシがなくなってきたら、ボリュームがでるトリートメントがおすすめです。固い髪で扱いにくい方が、髪をしなやかにするトリートメントが効果的です。

トリートメントで、理想の髪質に近づけることができます。

トリートメントには、コンディショナーとリンスの機能を持ったものがほとんどですので、シャンプー後はトリートメントだけでもきれいな髪に仕上がります。

コンディショナーの誤解気を付けるポイント

普段何気なく使っているかもれませんが、コンディショナーは髪の表面につけて効果を発揮できるものです。

コンディショナーの使う上での注意点をご紹介します。

頭皮にはつけない

コンディショナーを、頭皮の保湿目的に使用してはいけません。毛穴を詰まらせる原因になり、臭いやべたつきが起こる事もあります。

コンディショナーにはシリコンが含まれています。このシリコンが毛穴を詰まらせ、ニキビになることもあるので、なるべく頭皮につけないように使いましょう。

頭皮がかゆくなりやすい方も、使い方には注意が必要です。コンディショナーが頭皮について残ったままになっている可能性があります。痒みは抜け毛原因にもなりますので気を付けましょう。

コンディショナーを少し残るように、軽くすすぐ方もいるかもしれませんが、しっかり洗い流しましょう。しっかり洗い流しても、髪はちゃんとコーティングされているので安心して下さい。むしろすすぎ残しによる頭皮のトラブルの方が問題です。

パーマがとれやすくなる?

パーマをした日にコンディショナーを使用すると、パーマが取れてしまう、という話もあるようですが、コンディショナーでパーマが取れることはありません。

むしろパーマをした日は、髪がダメージを受けています。コンディショナーを使ってケアすることはよいことです。

ただし、とてもオイリーな仕上がりになるコンディショナーの場合はカールが出にくくなることはあります。しかし、そこまで気にしてコンディショナーの使用を控える必要はありません。

コンディショナーの正しい使い方でトラブルを防ぐ

基本的なコンディショナーの使用方法をご紹介します。正しい方法で使用しないと、頭皮のトラブルを招きますので、是非チェックしてみてください。

  1. コンディショナーの前には、必ずシャンプーで髪と頭皮を清潔にしましょう。
  2. 髪を優しくしぼり、水分を軽く切りましょう。
  3. ダメージを受けやすい毛先中心につかうようにします。
    1度で髪全体につけようとせず、まずは毛先につけ、その後、全体につけるようにしましょう。
    コンディショナーを、むらなく髪全体に行きわたらせることができます。
  4. 髪になじんだら、すすぎ残しがないようにしっかりとすすぎます。
    トリートメントの様に、時間を置いてもあまり意味がありません。

トリートメントを併用する場合は、シャンプー→トリートメント→コンディショナーの順に使います。コンディショナーは髪の表面を守るものなので、最後に使うようにしましょう。

ノンシリコンのコンディショナーはデメリットになることも

シリコンは体に悪いとして、控えている方もいらっしゃると思います。ノンシリコンシャンプーやノンシリコンコンディショナーの商品も増えてきました。

しかしコンディショナーは、シリコンが入っているものの方が、効果が期待できます。コンディショナーやトリートメントに含まれるシリコンによって、髪は保護され、しっとりまとまることができるのです。

またシリコンは熱に強いという特徴があります。シリコンで髪をコーティングすることで、ドライヤーや紫外線の熱から髪を守ってくれます。

ノンシリコンのコンディショナーは、髪が思ったように仕上がらないと感じる方も多いでしょう。コンディショナーのシリコンは正しく使用すれば、頭皮への悪い影響も抑えることができますよ。

シリコン入りかノンシリコンか、それぞれの頭皮の状況や髪質に合わせて選ぶようにしましょう。

コンディショナーをうまく使ってヘアケアをしましょう

コンディショナーとトリートメントの違いをご紹介しました。コンディショナーは髪の表面を守ってくれる重要な役割があります。

ノンシリコンが流行っていますが、頭皮につけないように注意して、しっかりすすぐことで、頭皮への悪影響を軽減することができます。シリコン入りのコンディショナーで髪の表面を覆われていると、ドライヤーの熱からも髪を守ることもできます。

コンディショナーの特徴を知って、上手にヘアケアに利用しましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!