ささくれは見つけたらすぐカット!指先まで気を配った手美人になろう


ささくれっていつの間にかできていますよね。しかも一箇所だけでなく、何箇所もあったりして…。見た目も悪く、キレイな手とは言い難いです。

男性は意外とネイルよりも手本来のキレイさを見ています。いくらネイルがキレイでも手がガサガサ、ささくれだらけ。なんていう手は減点です。ネイルがなくてもキレイな手のほうが確実に男性の目に止まります。

ではそんなささくれができてしまったらどうすればいいか、またささくれを作らないための予防についても解説していきましょう。

ささくれは悪化する前に、カット、保湿、保護!

ささくれができてしまったら、みなさんどうしていますか?
指で引っ張ってむいてしまったり、気がついたら引っ掛けて血が出ていませんか。種類も柔らかい薄皮一枚のものもあれば、硬くて分厚い角質みたいなものまでさまざまです。

どんな種類であろうと、ささくれはできないことが一番、でもできてしまったら早いうちに対処!が、鉄則です。ささくれは放っておいてもいいことは一つもありません。

では今すでにできてしまっているささくれはどうやって治せばいいのか、対処法を紹介していきましょう。

引っ掛ける前にカットする

引っ掛けてむけてしまったら、傷になってしまいます。その前に引っかかる部分をカットしましょう。肌を傷つけない、なるべくギリギリまで切ってしまいます。

消毒した爪切りやニッパーを使うのがいいでしょう。

ただし、硬くて分厚いささくれはあまり切りすぎないように。この種のものは切ることよりも保湿して柔らかくすることが大切です。

昼間は引っ掛けないように軟膏を塗って絆創膏でカバーを

引っかかる部分を切ったら、軟膏やクリームなどを塗り絆創膏でカバーしましょう。

絆創膏がないときはサージカルテープのようなものでも大丈夫です。引っ掛けて傷にならないための予防ですので、カバーできるもので覆っておきましょう。

ささくれは乾燥が原因の一つでもありますので、軟膏を塗ってカバーすることで保湿も兼ねることができるのです。

絆創膏ができない仕事の人もいるかと思います。そんな人はまめにクリームを塗りましょう。見えづらい肌色や透明のタイプのものもありますので、なるべくそれでカバーしてあげてください。

取れやすくなってはしまいますが、小さく切ってささくれ部分だけでもカバーしてあげましょう。

夜は軟膏をたっぷりつけてラップでパックを

夜はお肌と同じようにスペシャルパックをしてあげましょう。

先ほどもあったようにささくれは乾燥が原因の一つです。軟膏をつけてラップのようなものでしばらくパックしてあげるだけで格段に良くなります。

寝るときは引っ掛けないように絆創膏などでカバーを忘れずに。

水仕事の後はクリーム&マッサージを

水仕事をするときはゴム手袋をつけましょう。

また水仕事の後はささくれができていない指も一緒にクリームをつけ指先までたっぷりマッサージをしてあげてください。

血行を促して、保湿することで新たなささくれを作らない予防にもなります。

ささくれを作らないために、食生活、生活習慣を見直そう!

悪化しないケアも大切ですが、ささくれは何故できるのか、放っておくとどうなるのか解説していきましょう。何よりも原因を知って作らないことが一番です。

ささくれは乾燥、栄養不足、血行不良などでできる

ささくれは冬の乾燥や洗い物などの水仕事で肌が荒れた後、ケアせず放っておくとできやすいです。また、血行が悪くて手先まで栄養が回らなくなることでもできます。

水仕事の後だけでなく普段から乾燥しないようにまめにクリームをつけて、つけたついでに軽くマッサージをして指先まで血行を促しましょう。

もちろん食事からの栄養バランス、適度な運動、快適な睡眠などいわゆる正しい生活は必須。ストレスも良くないですので、ストレスを抱えない、すぐに発散するなどの対処も必要です。

体に悪いものは、指先にも悪いのです。あまりにもできるようなら生活習慣も見直してみましょう。

スマホ、PCなどにも注意

スマホやタブレット、PCなどの操作も指先の乾燥を誘発する要因の一つです。

なんで?と思われる方もいるかもしれませんが、指先を過度に使用することによる摩擦や、電子機器からの熱が乾燥を促します。

仕事でずっとPCを使う人も多いかと思いますが、そんな人はちょくちょくクリームをつけてマッサージする習慣をつけましょう。

クリームをつけるとベトベトになってしまうのでスマホなどは触りたくなくなりますよね。スマホやPCから少し離れてみるのも大切です。マッサージついでに目を温めるなどして、手も目もいたわってあげてください。

放っておくと化膿して、ひどい場合は骨にまで菌が回ってしまうことも

ささくれなんて、そのうち治るから大丈夫。と放っておくと、化膿してパンパンに腫れてしまうことがあります。それをさらに放っておくと、ひどい場合菌が骨にまで達してしまうこともあるのです。

指は色々なものを触るため多くの菌の脅威にさらされている箇所でもあります。ささくれ部分がむけて傷になってしまうと、そこから菌が入ってしまうことは大いにあるのです。

化膿してしまったら、菌が回る前に病院へ行きましょう。また、なかなか治らなくて腫れてしまっている場合も病院に行きましょう。何かしらの菌が入り込んでしまっている可能性もあるからです。

早めの対処が重要

気がついたら、引っ掛けて血が出ていた。とならないように、見つけ次第即対処しましょう。早ければ早いほど治りも早いです。

ちょっとカサカサしているなと感じたら、夜のスペシャルケアをしてみましょう。乾燥した原因に思い当たることはないか生活を見直すことも忘れずに。

ささくれのないハリ・ツヤのある指先は健康であり美人でもある

ささくれは親不孝。という言葉を聞いたことがある人も多いかもしれません。

諸説ありますが、不摂生でささくれができるから。または、ささくれができると親の水仕事の手伝いができないから。などの理由のようです。

何にせよ、ささくれができないのが一番。健康のバロメーターでもあるのです。

素敵な服でキレイに着飾って、ネイルもバッチリ!でもささくれができていたら、台無しです。

ちょっとしたときに目立つ手先のささくれ。手フェチという人もいるくらい、手は男性にとって重要なアイテムの一つなのです。まずは作らないように手先までケアしてあげましょう。

できてしまったら、夜のスペシャルケアで退治してしまいましょう。
手先まで美しく気を配れるのが美人への第一歩です。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!