割れた爪ってどうするの?正しいケアの方法と割れないための予防法


キレイに爪を伸ばしていても、ふとしたときに割れることってありますよね。割れ方によっては、そのまま放置してしまうと化膿する場合があります。

つまり割れた爪を正しくケアすることが大切になってきます。

割れた爪を放置するのはNG!とりあえず消毒を行う

割れた爪を何もせずに放置するのはよくありません。割れたところが引っかかることがあり、余計に割れた部分が広がる場合があります。酷くなると細菌が繁殖し、痛みや炎症などが起こりやすくなります。そのため最小限に抑えることが大切になってきます。

さらに見た目の問題もありますよね。割れたままだと、キレイな指先は言えません。キレイな指先でいるためにも、しっかりケアをしましょう。

爪が割れたら、まず消毒を・・・

  1. 流水で洗い流す
  2. 軽く水分を拭き取ります
  3. 消毒液で消毒を行います

爪が割れたら、患部を清潔に保つように心がけてください。傷がない場合も油分などをしっかり洗い流しておくことで、ケアが行いやすくなります。

身近にあるものでケアする方法

身近にあるものでも、割れた爪をケアすることができます。身近にあるものを使用することで、すぐに応急処置を行うことができますよ。

傷口がある場合

ガーゼで保護しましょう。大きく爪が割れ、痛みや傷口がある場合、そこから炎症が起き悪化する可能性があります。そのため、爪全体をガーゼで覆うようにしてください。しっかり固定し、痛みが落ち着くまで様子をみましょう。

絆創膏を使用することも出来ます。その際、絆創膏のテープが爪に当たらないように注意してください。テープが爪に当たっていれば、絆創膏を剥がす際に爪がさらに割れてしまう恐れがあります。使用する際は、傷口よりもやや大きめの絆創膏を使用するようにしてくださいね。

傷口がなく、浅めに割れた場合

爪を短く切りましょう。この方法は爪が浅く割れたときだけ行えます。短く爪を切り整えることで、割れ目が広がることを予防します。また爪全体が痛むことを防ぐ効果も期待出来ます。

この方法を行う場合は、爪切りか爪専用のハサミを使用しましょう。手でちぎってしまうと、余計な部位まで剥いでしまい深爪をしてしまう恐れがあります。割れた部分の爪を切り取り、そのあとは爪やすりなどを使用し滑らかな状態に整えてください。

ネイル専用のアイテムでケアする方法

爪が割れたときの対処法として、ネイル専用のアイテムを使用する方法があります。

グルーを使用する方法

ジェルネイルなどを行っているとき、絶対に落としたくないという人におすすめな方法です。

◯やり方

  1. 爪をキレイに洗います。
  2. エタノールをコットンに染みこませ、爪表面の油分を取り除きます。
  3. 爪楊枝などを使用し、亀裂の入った部分をグルーでとめます。
  4. グルーが完全に乾くまで、しっかりと抑えます。
  5. グルーが完全に乾いたら、爪やすりで凸凹を削ります。
  6. 爪全体にトップコートを塗ります。

事前に油分を取り除いておくことで、グルーの接着を強くすることができると言われています。またグルーをしっかり乾かすように意識してくださいね。抑えていた手を離したときに亀裂が浮いてこなければ乾いている証拠です。

痛みが強い時には専門の病院へ

痛みや出血が止まらないなど気になる症状があるときは、必ず専門の病院を受診してください。傷口から細菌が侵入している可能性もあります。感染症を起こす可能性もあるので、出来るだけ早めに診察を受けるようにしてくださいね。自己判断は危険ですよ。

痛みがないけど綺麗にしたいときには、ネイルサロンへ

キレイな指先を目指すなら、ネイルサロンに行くのが一番。ネイルサロンはネイルだけするところではありません。割れた爪をキレイに整え、補修もしてくれます。

専門の知識を持ったネイリストが行うため、爪の状態に応じて適切にケアしてくれますよ。さらに爪のケアの仕方などのアドバイスももらえます。

強い爪になるためのポイント

割れないための強い爪になるためには、なぜ爪が割れてしまうのか知ることが大切になります。人によって爪が割れる原因は違うので、自分がどのタイプか確認して、割れない強い爪を目指してくださいね。

爪の乾燥によって割れる

爪は乾燥してしまうと、弱くなり割れやすい爪になってしまいます。

  • シャンプーや食器洗剤などの使用
  • マニキュアの除光液
  • アルコール消毒

などが原因で爪は乾燥してしまいます。爪は比較的デリケートな部位のため、日々の刺激で弱くなってしまいます。

◯強い爪にするための予防法
このタイプの人は、乾燥を防ぐようにネイルオイルなどを使用することが大切です。除光液の使用は爪を乾燥させやすくなるため、使用する回数を減らす、爪に優しいタイプの除光液を使用するなど心がけましょう。

また洗剤の原液も爪には良くありません。そのため食器を洗う際は手袋をつけることやシャンプーのときは洗髪用のブラシを使用するなど日常生活を見直してくださいね。

食生活の乱れによって割れる

極端なダイエットや偏食など栄養バランスの悪い食生活を続けていると、爪の栄養が不足しボロボロな爪になる可能性があります。特にビタミンAやビタミンB2の不足は爪を弱くすると言われています。

◯強い爪にするための予防法
栄養バランスのいい食事を摂ることが大切です。たんぱく質やビタミンA、ビタミンBは健康的な強い爪を育てるためには必要不可欠な栄養素です。

  • 鶏肉
  • 緑黄色野菜
  • レバー
  • 豆類

などをしっかり意識して摂取するようにしましょう。また質のいい睡眠を十分に取ることも爪にとっては重要です。割れない爪をつくるために健康的な生活習慣を送ってくださいね。

血行不良によって割れる

冷え性で悩んでいる女性は多くいます。冷え性は指先の血行が悪くなってしまい、爪に栄養が届かなくなると言われています。爪に必要な栄養素が届かないと、爪が割れるだけでなく二枚爪などの爪トラブルが起きるリスクが高くなります。

◯強い爪にするための予防法
指先のマッサージを行うようにしてください。ネイルオイルなどを使用する際に、軽く爪や手全体のマッサージを行うことで血行は改善しやすくなります。また常に指先を動かすように意識するだけでも、血流がアップすると言われています。

指先美人になるためには日頃のケアが大切です!

指先美人になるためにも割れた爪は、そのまま放置せずに必ずケアするようにしてくださいね。しっかりケアを行うことで、キレイな指先を作る事が出来ます。

また割れない爪をつくるためにも日頃の生活習慣を見直してくださいね。指先は何気なく人から見られている部位なので、健康的な指先を目指しましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!