クロールでカロリー消費。健康的に痩せるならやっぱり水泳!


ダイエット、または健康のために水泳を始めてみようかな、という方にとって、気になるのは、その消費カロリーですよね。

すばり、体重50キログラムの女性が、普通の速さでクロールを30分泳いだ場合の消費カロリーは、218キロカロリーです。

精白米のごはん100グラムで168キロカロリー、お茶碗軽く一杯だと150グラムで、約240キロカロリーです。
クロール30分は、お茶碗に小盛サイズくらいのごはんのカロリーに匹敵すると考えられます。

消費カロリーは、運動する人の体重や運動時間によって変わります。
「私の体重は52キロじゃないんだけど」「30分も泳げない」「競泳並みのスピードで泳いでいる」という人は、以下に消費カロリーの計算について詳しく説明していきますので、ぜひ読んでくださいね。

消費カロリー計算には「メッツ値」が使われる

「メッツ値」。聞きなれない方も多いかもしれませんが、これは運動した時のエネルギー消費量が、安静時の何倍になるかを示す値です。

消費カロリーは、このメッツ値を使い、
消費カロリー(kcal)=メッツ値×体重(kg)×運動時間×1.05
の計算式で求められます。

消費カロリーは、どの運動なら何キロカロリーと一概に言えるものではなく、体重や時間を使って計算するものなのですね。

メッツ値が高ければ、消費カロリーも大きい

このメッツ値ですが、国立健康・栄養研究所が「身体活動のメッツ(METs)表」というものをインターネット上に公開しています。

計算式を見てわかる通り、メッツ値が高ければ消費カロリーも高くなります。
この表には、スポーツだけではなく、日常生活のさまざまな動作のメッツ値が載っていますので、ご興味のある方はぜひ表をご覧ください。

例えば、「座って静かにする」のメッツ値は1.3。
「茂みをきれいにする。庭の草抜きをする、ほどほどの労力」では3.5などがあります。

「ほどほどの労力」「きつい労力」などと分けられていて、やや主観的な気もしますが、どれがどの程度のメッツ値なのかは見ているだけでもおもしろいものです。
「教会で祈る」などもあり、グローバルな指標であることが感じられます。

クロールのメッツ値は8.3

さて、肝心のクロールのメッツ値ですが、「クロール、ふつうの速さ、45.7m/分未満、きつい労力」だと、8.3です。

1分間に45メートルといったらなかなか速い気もしますが、それが「ふつうの速さ」とここでは考えられています。

以下、スピードによるクロールのメッツ値一覧です。

  • 水泳:クロール、速い、68.6/分未満、きつい労力 10
  • 水泳:クロール、ふつうの速さ、45.7/分未満、きつい労力 8.3
  • 水泳:のんびりと泳ぐ、競泳用プール以外、全般 6

初めに提示した「体重50キログラムの女性が、普通の速さでクロールを30分泳いだ場合の消費カロリーは、218キロカロリー」とは、8.3メッツで計算した数字です。

私が泳いだ場合は、クロールとはいえ、きっと「のんびり泳ぐ」のメッツ値6になりそうだと思いましたが、みなさんはいかがでしょうか。

クロール以外の泳ぎのメッツ値は?

クロールが好きで、クロールしか泳がない、という方もいるかもしれませんが、プールで運動をするとなると、クロール以外のメッツ値も気になるところです。

実は、クロールよりも平泳ぎのほうが、メッツ値が高いんです。
以下が泳ぎ別のメッツ値です。

  • 水泳:背泳ぎ、全般、トレーニング、競技 9.5
  • 水泳:背泳ぎ、レクリエーション 4.8
  • 水泳:平泳ぎ、全般、トレーニング、競技 10.3
  • 水泳:平泳ぎ、レクリエーション 5.3
  • 水泳:バタフライ、全般 13.8

バタフライが高いのは予想できますが、トレーニングで泳ぐならば平泳ぎのほうが、「クロール、速い」よりも0.3メッツ値が高いのです。

ちなみに、「水泳:湖、海、川」のメッツ値は6でした。
海や川ではのんびり泳ぐと考えられているようです。

カロリーは距離から計算できる?

プールへ行くと、「今日は1000メートル泳ぐぞ!」などと目標を立てて泳ぐ方もいらっしゃるかもしれません。

1000メートルなど、距離からカロリーは計算できるのでしょうか。

結論として、消費カロリーの計算は「消費カロリー(kcal)=メッツ値×体重(kg)×運動時間×1.05」で求められますので、距離だけでは計れません。

さきほどのメッツ値を見てもわかる通り、カロリー計算は運動強度によって結果が異なります。いくら1000メートル泳いだといっても、競泳なみに速いスピードで泳いだ人と、のんびりと立ち止まりながら泳いだ人とは、消費カロリーは違うのです。

水泳で消費カロリーを計算する場合は、自分がどの程度の強度で、どれくらいの時間泳いだかのほうが、距離より重要なのですね。

水泳は、他の運動にくらべて効果的?

水泳のメッツ値を見たところで、別の運動のメッツ値も見てみましょう。水泳がカロリー消費に効果的なのかどうかがわかります。

  • 自転車に乗る:通勤、自分で選んだペースで 6.8
  • アクティブビデオゲーム(Wii Fitなど)、楽な労力(バランス、ヨガなど) 2.3
  • アクティブビデオゲーム、アーケードゲーム(ダンスダンスレボリューションなど) 7.2
  • 健康体操(腕立て伏せ、腹筋運動など)、ほどほどの労力 3.8
  • なわとび:全般 12.3
  • ジョギング:全般 7
  • 歩行:4km/時、平らで固い地面 3

いくつか、ダイエットとして候補に挙がりそうなものをピックアップしてみました。
なわとびはなかなかメッツ値が高いです。逆に腕立て伏せなどは疲れてしまいそうですが、メッツ値は低めです。

消費カロリーは時間によっても変わりますので、メッツ値だけではなく、自分が長時間行えそうなものという観点で選ぶことも大切です。

ちなみに、「いろいろな家事を同時にこなす:きつい労力」のメッツ値は4.3でした。
腕立て伏せより高いようです。

メッツ値、体重、時間を使ってカロリー計算を

クロールによる消費カロリーは、一概にはいえないことがわかっていただけたかと思います。
メッツ値を参考に、自分の体重、運動時間を計って、計算しましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!