クロスバイクでダイエット!健康的にすっきりボディを目指そう

ダイエットが長続きしない、辛くてすぐやめてしまう…そんな人にオススメしたいダイエットが「クロスバイクダイエット」。

運動が苦手でも自転車に乗ることができれば続けられると評判の方法です。

1人で行うのもよし、家族や友達を誘うのもよし。サイクリング気分でダイエットを続けてみませんか?

クロスバイクとはどんなものか知ろう

まず、「クロスバイクって何?」という人のために、クロスバイクとはどんな自転車なのかご紹介します。

ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクの違い

ダイエット目的で自転車を購入するとき、クロスバイクの他にロードバイクとマウンテンバイクという選択肢が上がってくることが多いはず。

3種類とも「スポーツバイク」と呼ばれるものですが、まずはその違いを知っておきましょう。

ロードバイクは長距離を効率よく走るのに向いている自転車。早いスピードが出るのもこのタイプです。ハンドルの形状は「ドロップハンドル」と呼ばれるちょっと変わった形。細いタイヤが特徴です。

次にマウンテンバイク。段差のある道や舗装されていないところを走る場合に適していると言われますが、それはマウンテンバイクにサスペンションが付いており衝撃を吸収してくれるから。中には雪の上でも走れるタイヤの太いものもあります。

最後に、クロスバイク。サイクリングをこれから始めるという人にはこちらがオススメ。

ロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置しており、クロスバイクはママチャリに乗れる人ならすんなり乗れます。

また、ハンドルもフラットハンドルなので、違和感なく乗れますし、スピードもある程度出すことができます。

初心者でも乗りやすい

ハンドルが一直線なのでバランスが取りやすいのがいいところ。ハンドル操作も楽ですし、変速の操作もしやすくなっています。

それに、ロードバイクに比べてタイヤが太いので、初心者でも比較的乗りやすいと言えるでしょう。

ママチャリよりも軽い&断然スピードが出る

車体によっても違いはありますが、一般的にママチャリの平均的な重量は20kgほど。対してクロスバイクは平均で約10kgの重さで、ママチャリの約半分の重さとなっています。

ですから漕ぎ出しが軽く、加速も容易。ロードバイクと比較するとスピードは劣りますが、街乗りやサイクリング、通勤に使うには十分な速さが出ます。

ロードバイクと比較して、購入しやすい価格帯

スポーツバイクを購入するとき、その価格に頭を悩ませる人も多いはず。ロードバイクは価格は安くて10万円前後から。高いものは100万円を越すものもあります。

対してクロスバイクは安価に購入可能。もちろん素材等にこだわるとそのぶん高額になっていきますが、比較的リーズナブルに購入することができます。

クロスバイクがダイエットにオススメな理由

では次に、クロスバイクダイエットがなぜダイエットに向いているのか、ということを見ていきましょう。

効率的にカロリー消費できる

まず「効率的にカロリー消費ができる」ということ。

体型や運動の強度によっても異なりますが、時速20kmで20分自転車に乗った時の消費カロリーは約140kcal。時速8kmでジョギングをした時とほぼ同じ消費カロリーとなりますが、何よりクロスバイクの場合は「楽しみながら長時間続けられる」という良い面もあります。

運動が苦手だという人もクロスバイクなら続けやすいでしょう。

下半身が引き締まる

なかなか痩せにくいと言われている下半身が引き締まるという面も。「足が太くなりそう」というイメージのある自転車ですが、競輪選手のような太ももになるためには相当な強度のトレーニングが必要なので、心配は不要。

でも心配だという人は、軽いギアでクルクルとペダルを回すことを心がけて乗るようにすれば、余計な筋肉が足につくことなく引き締めることができます。

足腰への負担が少ない

また、足腰への負担が少ないということもメリット。どうしてもジョギングやランニングだと足腰に負担がかかるのは避けられませんが、自転車ならその面は問題なし。

足腰に不安がある人はクロスバイクでダイエットを始めてみましょう。

ダイエットを行う場合、どれくらい乗ればいいの?

一般的に、有酸素運動をするときに脂肪が燃え始めるのは20分以降と言われています。クロスバイクも同様に20分以上続けて乗るのが理想的ですが、実際にクロスバイクに乗ってみると20分はあっという間。1時間くらい平気で乗れる人が多いようです。

そして、頻度を考えると週に3〜4回乗ることが理想的。週末だけではなく平日にも乗った方が効率よくダイエットができると言えますよね。ですから、通勤時にクロスバイクを利用すると無理なく続けることができますよ。

クロスバイクダイエットを行う場合に用意しないといけないもの

ダイエットを始める際、クロスバイクの他にも用意しなければならないものがあるということを忘れてはいけません。

安全に、かつ快適にダイエットを行うために用意しておくべきものは下記のものです。

  • 空気入れ
  • ベル
  • ライト
  • 盗難防止のロック
  • メンテナンス用スタンド
  • ヘルメット

この中で、注意しなければいけないのは「空気入れ」。今まで乗っていたママチャリがあるから必要ないと思う人もいるかもしれませんが、ママチャリ用の空気入れとは「バルブ」と呼ばれる空気入れの口部分の形状が異なります。

クロスバイクの場合は「仏式バルブ」と呼ばれるものになりますので、間違えないように。またクロスバイクのタイヤは、パンクを防ぐためにも適切な量の空気が入っていることが大切なので、空気圧計がついているものを選びましょう。

クロスバイクダイエットを行う時のポイント

では、実際にダイエットを行う際のポイントを見ていきましょう。

乗る時の姿勢

まずは正しい姿勢で乗りましょう。ポイントは「背筋を伸ばす」「前傾姿勢」ということ。腰に負担がかかるので、猫背のまま乗るのはよくありません。

加えて、肩や肘に力が入らないようにするのも大切。力が入りすぎると、長時間乗ったときに痛みが出てきてしまう可能性もあります。

クロスバイクを購入するときに、お店のスタッフに正しいボジションを教えてもらうのがオススメです。始めは窮屈に感じるかもしれませんが、次第に慣れていくはず。

セッティングが大事

特にサドルの高さが重要。普通の自転車よりも高い位置にサドルを持ってくるのですが、両足を下ろしたときにつま先立ちになるくらいの高さがベスト。

こちらも始めは違和感があるかと思いますが、上半身が高い位置に来ることで姿勢を保とうと腹筋や背筋など上半身の筋肉が鍛えられるというメリットもあります。

継続することが大事

クロスバイクでのダイエットに限りませんが、継続することがとにかく大事。継続するコツとしては、通勤に利用するなど「クロスバイクに乗らざるを得ない状況」を作ること。

また、仲間を見つけることもいいでしょう。地域や購入したお店でサイクリングイベント等を開催しているのであれば積極的に参加するのもオススメです。

自転車が趣味の友達を見つけると、よりサイクリングを楽しみながら続けられます。

記録を取ると、やる気もアップ

また、オススメなのは「自分がどれだけ走ったか」という走行記録をつけること。「これくらい走れたんだ」ということが目に見えてわかるとモチベーションを保つことができますよね。

そのためには、サイクルコンピューターをクロスバイクに取り付けると距離の他にも平均速度や最高速度、また自分が今どれくらいの速度で走っているかなどさまざまなことがわかるので、より自転車に乗るのが楽しくなります。

今は、スマホやパソコンにデータを送信して、仲間で共有するということもできますよ。

自転車保険に入ることを忘れずに!

最後に忘れてはいけないのが、自転車保険に入るということ。近頃自転車の事故が増えています。

車との接触で怪我をしてしまったり、ちょっとした不注意で歩行者と接触して自分が加害者になる可能性もあります。こういった可能性を考えると、自転車保険は必須。乗る前に必ず加入を。

クロスバイクを生活に取り入れて、スリムになろう

よく「自転車は足が太くなる」と言いますが、ダイエットに自転車を利用する分にはそこまで足に筋肉がつくことはありません。むしろ程よく筋肉がついたすらりとした足が手に入るはず。

楽しく続けられるクロスバイクダイエットを日々の生活に取り入れて、美しい体型を手に入れてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!