色素沈着の治し方。原因と簡単に毎日できる予防方法

色素沈着をご存知でしょうか?よく色素沈着=シミだと思われているかもしれませんが、実はシミだけではなく肌に様々な影響を及ぼしているのが色素沈着だと言われています。

「キレイな美肌は1日にして成らず」とよく言われますが、肌には外側の保湿だけではなく内側の栄養も与えてあげることで美肌のバランスを保つ性質があります。少しずつ内側美肌も日常で叶えていきませんか?

ここでは、女性を悩ませる色素沈着の原因や対処法・回復法など普段からできる予防法もご紹介します。

色素沈着の正体と主な発生場所

まずは女性の美容を悩ます色素沈着の正体についてご紹介します。一般的なシミや肌トラブルだけのことを言うわけではないので、しっかりと確認してみましょう。

色素沈着って何?

毎日しっかりとシミやそばかすを出さないように保湿や肌ダメージを受けないようにケアしているのにシミっぽい肌荒れが起こってしまう・・・こんな経験はありませんか?

色素沈着とは「ニキビやシミなどの肌の炎症がはっきりとした色素になって肌に残ってしまうこと」を言います。

色素沈着が発生しやすい場所ってどこ?

色素沈着は一般的に色素沈着は大きく分けて3つの発生しやすい場所があると言われています。

1つ目は「ニキビや吹き出物」ができるTゾーンや背中あたりです。これは、皮脂の分泌が活発な場所に色素が反応して集まりやすい性質を持っているからです。

2つ目は「衣類の摩擦が起きる下着」です。肌は慢性的にダメージを受けてしまうと、肌の表面から肌細胞まで刺激が伝わるので日々弱くなってしまいます。特に肌を締め付けるような下着や硬めの生地には注意しましょう。

3つ目は「ケガなど傷口ができた部分」です。これはあまり気づきにくいのですが、大きさケガや小さなケガに関わらず、身体が自然と傷口を修復しようとする時に色素沈着が発生しやすくなると言われています。

これだけあった!色素沈着の種類

シミやニキビなど様々な要因がある色素沈着ですが、種類も3種類あることや、それぞれに改善方法も違うのが特徴です。気になっている色素沈着があれば、ぜひチェックしてみてください。

皮膚酸化によるもの

よくシミに間違えられやすいのが「皮膚酸化の色素沈着」です。色素沈着が起こりやすい原因として、皮脂が詰まることが多くあります。皮膚酸化とは、毛穴に詰まった皮脂が酸化したり角質に溜まって起こる現象です。

シミとの見分け方として、シミはメラニン色素が皮膚に留まっているので黒く見え、皮膚酸化は皮脂が徐々に酸化するので茶色に見えることが特徴です。

皮膚酸化による色素沈着の色合いは「茶色」が特徴です。

内出血によるもの

内出血とは、皮膚表面に現れずに皮膚内部で炎症を起こしている傷のことです。見えにくいのでわかりづらいのですが、外部のダメージで作られた内出血の傷口は傷を修復しようと毛細血管を集める働きがあります。

しかし、手でなでたり同じ部分をさらに強く打つなどのダメージを与えてしまうと毛細血管が破裂して「紫色の色素沈着」ができる可能性があります。

内出血による色素沈着の色合いは「紫色」が特徴です。

肌を守るメラニンによるもの

デリケートな肌は、表面的な傷だけではなく直接肌細胞にまで到達する傷もあります。特に紫外線を肌に長時間当てていると、身体の中で多くのメラニンが発生します。

この時、メラニン自体は肌をダメージから守ってくれる大切な役割を果たしてくれるのですが、過剰に分泌されてしまうと色素沈着が起こりやすくなってくるのです。その結果、メラニン色素が体内で増えすぎると、皮膚の外に色素が排出されずに残ってしまいます。

メラニンによる色素沈着の色合いは「茶色か黒っぽい色」が特徴です。

色素沈着の主な原因

ではここで、色素沈着の主な原因をご紹介します。日常で無意識で行っていることや生活習慣になっている場合もあるかもしれないのでぜひ確認してみましょう。

摩擦による肌ストレスの蓄積

摩擦と聞くと、普段はそこまで肌に負担をかけていない・・・と思いますよね。しかし、例えば洗顔後にタオルで顔や全身をゴシゴシこするような拭き取り方をしていませんか?また、チクチクするような肌着を身に付けていませんか?この2つに該当した人は、もしかしたら肌ストレスで色素沈着が発生しているかもしれません。

少しでも肌にストレスがかかっているかも・・・と感じたら肌に触れる物から変えてみることをオススメします。

ニキビによるメラニン増加

ニキビによる色素沈着は一次性なものと慢性なものの2通りに分かれると言われています。傷や火傷など一時的なダメージによる一次性は「治った後に色素が沈着すること」が特徴です。慢性には「ニキビや皮膚炎など長期的に肌ダメージを与えて色素沈着すること」が特徴です。

メラニンは肌を守る効果もありますが、過剰に増えると肌の色素を大きく残してしまうことがあるので覚えておくと便利です。

傷口を触ったり消毒をせずにいること

ケガをして傷口を作ると、肌は修復に向けて様々な機能が活発になります。その際に、傷口が気になるからといって定期的に触ったり逆に消毒もせずに放置してしまうと、傷口に大量のメラニンが増えるので傷口の治りも遅く色素も定着してしまうことに繋がります。

紫外線の浴びすぎ

メラニンを一番集めてしまうのが「紫外線」です。紫外線は目に見えないのですが、傷口やニキビと違って肌全体にダメージを与えてしまうので、肌の様々な部分に色素を残してしまうのが特徴です。

太陽を浴びることは身体や心に良いのですが、長時間の浴びすぎは美容の天敵にもなります。

色素沈着させないために!毎日できる5つの習慣予防法

女性にとって他人によく見られる表情や顔には特にシミやニキビの痕などの色素沈着は避けたいもの。治せるのであれば、できればキレイに予防しながら治したいですよね?ここでは、色素沈着の治し方から普段の予防法を5つご紹介します。

1. しっかりとUVカットする

まず、一番メラニンを生み出してしまう紫外線を浴びすぎないようにするところから行っていきましょう。

年齢を重ねるにつれて紫外線を吸収しやすくなっていると言われています。外出するときはもちろん、数時間置きに薄く塗りなおすことも大切です。あなたの肌質に合った日焼け止めで効果的にUVカットしていきましょう。

2. 肌の定期的なピーリング

ピーリングとは、肌のターンオーバーを正常に戻すために行うものです。古くなった角質をいつまでも保ったままにしていると、そこに皮脂が詰まって色素が沈着することがよくあります。

そこで、洗顔後のデリケートな肌にヨーグルトを薄く伸ばし、5分で洗い流すピーリングを行うことで、保湿力を保ちながら古い角質をキレイに取ることができます。

3. メイクを残さないようにケアする

メイクの洗い残しは皮脂が詰まりやすくなるだけではなく、ニキビや肌荒れの栄養不足にも繋がります。「その日のメイクはその日のうちに落とすこと」を心掛けるようにして、落ちにくいメイクも優しく落とすようにしましょう。

肌に優しいメイク落としは「肌を包むホイップ洗顔や化学物質不使用なクレンジング剤」を使うことです。

メイクを落とそうと思って肌をゴシゴシこすって洗い流すと、肌の刺激にもなり傷つけてしまうので注意しましょう。

4. ニキビを早く治していくこと

肌荒れやニキビができた時は、素手で潰さずに「水で洗顔することや美白・保湿ケア」を行って、なるべく早めに炎症を抑えるようにしましょう。

色素沈着は長期間に渡って肌の奥で形成されることもあるので、長く肌ダメージを留まらせておくと色の濃い色素沈着が生じてしまうので注意しましょう。

5. 食べ物にも化粧品にも美白とビタミン摂取

色素沈着はビタミンや美白成分を体内に取り入れることでも予防・改善させることができます。食べ物では「ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE」は美白効果だけではなく、美容に大切な抗酸化作用も含まれているので「緑黄色野菜・大豆・チョコレート・お茶」を積極的に摂取していきましょう。

また、化粧品では主に「ビタミンC・ハイドロキノン」が含まれたものを選ぶようにしましょう。この2つの栄養素は、シミの色素沈着を予防するのに特化した機能を持っています。

美の源であるお肌の内側美肌を目指しましょう!

色素が肌に沈着していくメカニズムは生活習慣やふとした癖にもあるようです。色素沈着してしまう・・・と予感した時や、これから色素の炎症を抑えたい時もぜひあなたにとって効果的な方法を使って内側美人を目指していきましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!