キレイを作れるデコルテケア方法。簡単お手入れでスッキリ首元美人!


肌の老化を感じやすいのは、ケアが疎かになってしまいがちなデコルテラインにもありますよね。

皮膚が薄く、外部からの刺激も受けやすいパーツの一つです。シミや乾燥によるシワが目立ちやすく、お手入れをしなければ、さらに老化が進行していきます。

露出をしていても、スッキリと若見えできるデコルテケアについて紹介していきますよ。

首元美人になれるデコルテケアの方法

デコルテケアは、顔と同様に保湿ケアを行いましょう。ボディクリームやスキンケアアイテムなどを使って、デコルテラインまで、しっかりとなじませるように塗って下さいね。

紫外線などの外部からの刺激を受けるので優しく丁寧にケアをしていきましょう。

基本的なデコルテケアのやり方

デコルテケアには、マッサージやエクササイズを取り入れてみて下さい。リンパを流すことで血行が促進され肩や首の凝りも、ほぐされていきます。

  • 鎖骨のマッサージ

手をクロスさせて鎖骨のくぼみの部分を優しくほぐしてみましょう。リンパの流れを良くしてくれますよ。

  • 首のエクササイズとストレッチ

首を前後、左右にゆっくりと倒し5~10秒キープし、最後に首を回していきます。

首の筋肉を動かすエクササイズは簡単で、口をすぼめて左右に動かします。口を大きく開けて発声練習を行うのも効果的です。ぜひ、試してみて下さいね。

デコルテとはどの部分?

デコルテとは、もともとファッション用語として使われてきました。日本では、美容用語として用いられており、首から胸元までのパーツを指しています。

デコルテ部分は頭部を支えている為、疲労しやすい部位でもあります。その為、血行が悪くなると、むくみの原因にもつながってくるのです。

デコルテに年齢が出やすいのはなぜか?

デコルテラインは皮膚が薄い為、紫外線を受けやすかったり、洋服の繊維やアクセサリーを付けることで、知らない間に摩擦が起きていることが考えられます。

また、首は筋肉を動かしやすい部位です。老化が進むと、次第にリンパの流れが悪くなり、シワやたるみが現れてきます。

毎日のお手入れを継続

デコルテケアは意識的に行っていないと、皮膚が乾燥しやすくなります。顔のスキンケアはきちんと行っていても、デコルテケアまでは、行き届いていない場合も多いでしょう。

デコルテラインは皮脂分泌が多く、汗をかく夏場などは、塩分が排出され乾燥しやすくなります。普段からのお手入れがとても重要となってきます。

紫外線の影響がデコルテへの負担

デコルテは、紫外線を浴びやすいパーツです。UVケアは欠かさず行うようにしましょう。紫外線ケアを行わずにデコルテを露出してしまうと、日焼けをして赤くなったり、くすみができてしまいます。

また、紫外線が肌のコラーゲンにダメージを与えると、肌の弾力までも低下してしまいます。

姿勢の悪さや肩こりが原因

骨格が歪んでくると筋肉の付き方も偏り、凝りが起きてきてしまいます。肩や首の凝りは、デコルテラインに大きく影響します。

筋肉が硬くなると、リンパの流れも悪くなるので、老廃物が流れにくくなります。それにより、シワやたるみが目立ってきてしまいます。

デコルテケアして悩みを解消

デコルテは、デリケートなパーツです。デコルテラインに最も多く現れやすい、肌悩みの対策方法についても触れていきます。

デコルテのニキビ対策

デコルテのニキビの原因はホルモンバランスの乱れにも関わってきます。角層が厚くなり、毛穴がふさがれて皮脂が詰まってくると、アクネ菌などが繁殖し炎症を起こしてしまうのです。

デコルテ部分のニキビの対策は、肌を清潔に保ち、炎症が治まったら角質ケアなどを行うことが効果的です。入浴後の保湿ケアも忘れないようにしましょう。

デコルテのシワ・たるみ対策

シワやたるみの原因は、加齢や血行不良などが挙げられます。対策としては、マッサージを行ったり、肌にハリを与える、エイジングケア化粧品成分が配合された美容液や保湿アイテムなどを使うことをオススメします。

デコルテのむくみ対策

リンパが集中しているデコルテラインは、流れが悪くなることで水分や老廃物が溜まりやすくなります。長時間、同じ姿勢で作業をしていても血行が悪くなり、その結果デコルテがむくんできてしまいます。

デコルテがむくむと、顔もむくみやすくなり、肌のターンオーバーのリズムも乱れてしまいます。首から鎖骨にかけて、指で押しながらマッサージを行うことで、むくみの解消につながりますよ。

デコルテケアする際の注意点

デコルテは顔の一部と同じように、毎日のお手入れを続けて下さい。顔用のスキンケアアイテムは、肌への浸透力も高く美容成分が肌へと働きかけ、さらに刺激が少なく、高い効果が期待できますよ。

摩擦を与えるのはNG

デコルテの皮膚はデリケートで、擦ると赤くなって炎症を起こしやすい部位です。できるだけ摩擦を与えないようにしてデコルテケアを行いましょう。お風呂でもゴシゴシと擦らず優しく洗い、すすいでいくようにして下さいね。

保湿をして乾燥を防ぐ

入浴後や朝の洗顔後は、デコルテも保湿をしていきましょう。化粧水で水分を補給し、保湿力の高いクリームでデコルテケアをすると、肌が潤い、乾燥を防いでくれます。

デコルテ部分にニキビができやすい方は、油分の多いクリームは避けた方が良いですね。

デコルテケアして首元の印象をアップさせましょう

保湿や紫外線ケアをすることで、女性らしい首元をキープできます。デコルテケアを続けると、血行促進にもつながり、むくみが解消され小顔効果も狙えます。

リフトアップにもなり、顔の印象も明るく若々しさを与えてくれますよ。美しい素肌を手に入れる為に、デコルテケアを始めてみてはいかがですか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!