デリケートゾーンの黒ずみをなんとかしたい!原因と自分でできる対策


デリケートゾーンは、皮膚が薄いために黒ずみが起きやすい場所。実はまぶたよりも薄い皮膚なんです。

多くの人が黒ずみに悩んでいると言われていますが、場所が場所だけに人にはなかなか相談できないですよね。まずは、黒ずみができる原因を知るところから始めてみましょう。

まずは初めに、チェックしてみよう

黒ずみがすでに気になっている人はもちろんですが、特に気にしていない人も黒ずみができやすい生活をしていないかチェックしてみましょう。下記の項目で当てはまるものはありませんか?

  • 体を洗う時、ゴシゴシと強くこする癖がある
  • 小さめの下着が好きでよく履いている
  • きつめのジーンズが好きでよく履いている
  • ムダ毛の処理はカミソリを使っている
  • 熱めのシャワーが好き
  • 肌が乾燥しがち

上記の項目で当てはまるものが多い人は、実は黒ずみが気になっている人かも。

肌が黒ずむメカニズムとは

お肌の黒ずみはさまざまな部位で起こるものですが、どうして色素の沈着が起きてしまうのでしょうか。そのメカニズムを説明します。

メラニン色素が原因

刺激を受けることによって、私たちの体にある「メラノサイト」という細胞はメラニン色素を作り出します。
メラノサイトは体を守るのに必要な細胞ですが、メラニン色素が大量に生産されてしまうと排出が間に合わないために皮膚に沈着してしまい、「黒ずみ」となります。

摩擦が角質を厚くする

肌が摩擦を受けるとメラニン色素を生成するだけではなく、角質も厚くなり皮膚がごわついてしまいます。するとターンオーバーが正常に行われなくなってしまい、メラニンの排出がスムーズにできなくなってしまい、結果として色素沈着に。

また、ターンオーバーは年齢とともに周期が長くなるものですから、どうしても年を重ねていくと肌は黒ずんでしまいます。

黒ずみの具体的な原因

では、どんな原因で黒ずみができてしまうのか、考えられる原因をあげていきます。

摩擦によるもの

肌が黒ずむ大きな原因は摩擦。お肌は日々の生活の中でさまざまな摩擦を受けていますが、刺激を受けると肌を守るためにメラニン色素が作り出されます。
きつめの下着やジーンズなどを履いていると、圧迫されて刺激を受けてしまいますが、刺激が大きければ大きいほど多くのメラニン色素が作り出されてしまいます。

また、体を洗う時にゴシゴシこするのも刺激となり、黒ずみの原因に。

炎症・かぶれ

例えばカミソリでムダ毛を処理した場合、カミソリ負けなどの炎症を起こしてしまうことが少なくありません。たとえカミソリ負けを起こさなくても、特にIラインやOラインは自己処理を行うとは傷つけてしまうことが多いです。

また、デリケートソーンは蒸れやすい部分なので、生理中などにかぶれてしまうことも。

かぶれや炎症が起きてしまった部分は、ヒリヒリしたりかゆみが生じてきます。どうしても我慢できずに引っ掻いてしまう人もいますが、それが黒ずみにつながることになります。
中には寝ている間に引っ掻いてしまう場合もあるのだとか。

デリケートゾーンの乾燥

乾燥した肌はバリア機能が低下して刺激から肌を守ることができなくなってしまいます。すると、刺激によってメラノサイトがメラニン色素を多く生成してしまい、黒ずみに。

乾燥はターンオーバーの周期が乱れる原因にもなるので、なかなか黒ずみも解消できなくなるという悪循環に陥ってしまいます。

ホルモンバランスが乱れている

黒ずみにはホルモンバランスも大きく関係しています。例えば生理や妊娠・出産など、女性の一生の中ではホルモンバランスが大きく変化するタイミングがたくさんあります。

特に妊娠・出産の時期には、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがたくさん分泌されますが、このホルモンがメラノサイトを強く刺激してメラニン色素を生成します。

ただし、妊娠に伴ってできる黒ずみは、出産を終えてホルモンバランスが正常に戻るにつれて次第に改善されていきます。

黒ずみを改善するには

原因がわかったところで、次にどうしたら気になる黒ずみを改善できるのかを見ていきましょう。

まずは、保湿をすること

とにかく、一番に自分でできるケアとしては「保湿」。顔や足などはきちんと保湿クリームを塗っている人がほとんどかもしれませんが、デリケートゾーンにまで保湿クリームをきちんと塗っている人はあまりいないのではないでしょうか。

デリケートゾーンの保湿も毎日の習慣にしたいところですが、顔用のものをそのまま塗るのはオススメできません。保湿するつもりがまた新たな刺激を与えてしまうことになりかねないからです。

専用のものを使って優しくケアするのがオススメ。

黒ずみ専用石けんを使って優しく洗う

デリケートゾーン用に開発された石けんも開発されています。これは適度な洗浄力なので、デリケートゾーンに刺激を与えずに洗い上げることができて黒ずみ予防に最適。

また、洗いすぎてしまうと肌の自浄作用が弱まってしまいます。清潔にしたいという気持ちもわかりますが、くれぐれも洗いすぎには注意しましょう。もちろん、ゴシゴシとこすりすぎないようにしてくださいね。

熱すぎるお風呂はNG

熱いお湯は肌にとって刺激以外のなにものでもありません。熱いお湯が好きな人もいるかもしれませんが、肌に必要な皮脂まで取り去ってしまいますので乾燥の原因に。
少しぬるめのお湯を使うようにしましょう。

下着のサイズや素材を見直す

摩擦が起こりがちな下着も見直してみると良いでしょう。ゴムが食い込んだりするのならもう少しゆったりするものを選んでくださいね。

また、素材によっては肌の負担になってしまうものも。特に化学繊維のものは刺激が大きい場合がありますので、コットンなどの天然素材のものを身につけるようにしましょう。

生活のリズムを整えること

原因のところで説明した通り、お肌のターンオーバーも黒ずみの原因になりますので、乱れたターンオーバーを整えてあげることも黒ずみの予防に。

例えばバランスの良い食事を心がけることや、十分な睡眠を取ることが大切です。

皮膚科での対策

自宅で地道にケアをするのもひとつの方法ですが、もっと確実に改善したいのなら皮膚科や美容皮膚科に相談してみるものありです。例えば下記のような治療を受けるという方法も。

外用薬を使う

メラニン色素の生成を抑えていくハイドロキノンの塗り薬を処方してもらい、気になる部分に塗布していく治療法。ターンオーバーを促進してくれるトレチノインとの併用が一般的です。

ただし、ハイドロキノンは強い美白効果があるため、粘膜への塗布はNG。粘膜から遠いVラインなら問題ありませんが、粘膜が近いIラインには使用しないほうが良いでしょう。

レーザー治療

メラニンを除去するレーザーを、炎症が起きない程度の出力で当てていくことでメラノサイトを破壊する方法。黒ずみの原因となるメラニン色素を少しずつ破壊していくので、黒ずみが改善されます。

1回で黒ずみが改善していくわけではなく、繰り返し続けていくことで徐々に黒ずみが薄くなっていきます。

まずは自分でできるケアからはじめて

なかなか相談しにくいデリケートゾーンの黒ずみ。こうして見てみると、自分で気をつけられる部分もかなりありそうです。ただし、一度できた黒ずみは、改善するまでに時間がかかりますので、ゆっくりと焦らずにケアをしていってくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!