自宅で脱毛するならどの方法が一番良い?オススメの脱毛方法


自宅で脱毛っていってもいろいろな方法がありますよね。

光を照射する脱毛器、ソイエのように毛抜きのように抜く脱毛器、表面の毛を溶かす脱毛クリーム、ワックスに毛を付けて剥がすブラジリアンワックス、カミソリで毛を剃る、毛をローションなどで減らす抑毛。

クリニックと自宅やサロンではどう違うの?

クリニックとはレーザーの強さが違います。毛穴の奥深く、毛根までとどくレーザーは医療機関でしか取り扱いできません。

逆を言えば、クリニック以外は家庭用もサロンもそう変わらないということです。

自宅やサロンの方法では名乗れない、医療機関で扱うレーザーや絶縁針脱毛だけが永久脱毛を名乗れることになっています。

永久脱毛って一回完了したら一生生えないこと?

永久脱毛って聞くとレーザーを何度か当てれば一生生えてこないイメージがありますよね。

しかしこの定義は日本ではしっかりしたものはありません。アメリカの食品医薬品局(FDA)が定める定義ではレーザーを三回照射して67%減毛できていれば、永久脱毛と名乗っていいということになっています…。あれ?33%生えてますよね!?

クリニックといえども一生、生えてこないわけではないんです。

自宅で脱毛!とはいいますが、クリニックの力をもってしても生えてくるので、生えてこなくなった!などの口コミは信じないようにしながら選んでくださいね。

それぞれの方法のメリットデメリットが見たい!

自宅でできる脱毛はいろいろありますが、一つ一ついいところわるいところをあげてみました。

毛を剃る

一番手軽ですよね!!お家ケアのほとんどがこの方法ではないかと思います!ですが、肌の負担もダントツでデメリットも大きいのでできれば見直してほしい方法だったりします。

メリット
ダントツで手軽で安価。最低、カミソリさえあればできます。
デメリット
肌の負担が一番大きい。ムダ毛だけではなく、肌も一緒に削られてしまう。多くの人が石鹸を使って剃っているため、余計に肌に負担がかかっています。せめてシェービングフォームやジェルをつかうとましになりますよ。ムダ毛の濃いところは毛穴に黒くポツポツと残ってしまうところがでてきます。また生えかけがチクチクすることも。

脱毛クリーム

脱毛クリームって肌が荒れるイメージだったんですが、最近は敏感肌に配慮されていて、敏感肌の方には一押しの方法です。

それでも肌荒れする方もいるので、必ず目立たないところに少し塗って異常がでないことを確認してから始めてくださいね。

メリット
痛みがまったくない。塗ってしばらくおいてから洗い流すだけなのでものすごく手軽。もちろん肌は溶かさないので肌の負担はゼロ。カミソリのように切り落としているわけではないので生えかけの時にチクチクすることは少ない。
デメリット
肌の表面のみなので生えてくるスピードが早く、お手入れの間隔が短い。カミソリと一緒でムダ毛が太いところだと毛穴が黒くポツポツと残ってしまうところがある。

ブラジリアンワックス

VIOの処理で有名ですが、全身に使えます。またサロンでしてもらうイメージですが、自宅でも簡単に始めることができますよ!

メリット
熟練度が必要ですが、多くは毛根から抜けるのでケアはひと月に一度で大丈夫です。処理の間隔が自宅でする脱毛の中では一番長くなります。また慣れれば簡単で痛みもなくなってきます。
デメリット
慣れるまでは痛いので一番最初が一番いたいです。手間と処理の時間は今までよりはかかりますので、これも慣れが必要です。また一気に抜くため肌と毛穴の負担が大きくアフターケアが必要です。

毛抜き

腋などは、毛抜きで抜いている方が多いのではないでしょうか。

狭い範囲ならできますが、あまりに地道な作業のため主力の脱毛方法ではなく、ブラジリアンワックスの補助としてもよく使われます。

メリット
毛抜きさえあればできるところです。始めやすいですね!
デメリット
一本ずつなのであまりに地道…。また痛みでためらったり、掴み所が悪く、ちぎれてしまい埋もれ毛の原因をつくりやすいのが難点です。

抑毛ローション

ローションの有効成分によりムダ毛自体を減らす方法です。これも主力の脱毛方法として使うよりも補助的に続けるほうがオススメです。

メリット
アフターローションの代わりに使うだけでいいので手間がかかりません。
デメリット
効果がでるのに時間がかかります。また続けないと効果がでないので、ずっと続ける必要があります。

家庭用脱毛器

効果が高く、機械さえ手に入れば手間がかからない方法です。

カートリッジは定期的に交換しないといけないので、購入の際は是非カートリッジの値段もみてランニングコストを考えてから選んでくださいね!

メリット
自宅でサロンと同じフラッシュ脱毛ができる。機種によっては出力は違いますが、クリニックと同じレーザー脱毛ができるものもあります。美顔機にもなる機種もあり、ほしい機能により選ぶことができますし、ケアの間隔は2〜3週間と長いので楽です。
デメリット
高価なことがまず一つ。レーザー脱毛ですと痛みが伴います。フラッシュ脱毛自体がすぐに効果が現れるわけではなく、少しずつムダ毛が減っていくので効果がすぐ実感できませんが、これはサロンでも一緒です。

自宅脱毛でオススメなのは!?

方法ごとに見てみましたが、表にまとめてその中でもオススメを考えてみました!

自宅用フラッシュ脱毛 自宅用レーザー脱毛 ブラジリアンワックス カミソリ 脱毛クリーム 抑毛ローション 毛抜き
ケアの期間 2〜3週間に一度 2〜3週間に一度 1ヶ月に一度 随時 随時 毎日 随時
効果 ×
痛み なし 痛みあり 痛みあり なし なし なし 痛みあり
肌への負担 × × ×
かかる手間 なし なし 手間あり なし なし なし 手間あり
かかる費用 11万〜5万円 4万円 5千円位 300円位 500円位 500円位 500円位

お金に余裕があるならフラッシュ脱毛器

何と言っても痛みと手間が少なく、商品を選べば美顔器の機能がついているものもあります!
一人だと少々お高く感じますが、エステに通ったりすることを考えれば半年分くらいのお値段で買えますし、長い目で見れば安くなります。

また男の人のヒゲにもつかえたりするので彼氏と共用したり、ご家族で共同で購入する方もいるみたいですよ!シェアすればその分安くなりますね!

クリニックと同じ方法のレーザー脱毛も本格派にはおすすめですが、痛みを伴うのでストイックな方ならオススメです。

脱毛の間隔が長いのはブラジリアンワックス

慣れると毛根から抜けてくれるので、休毛期の毛穴からは生えて来なくって毛の量は減りますし、痛みにも慣れていきます。一ヶ月に一度のケアでいいので、ケアの間隔の長さは一番です!

金銭的にもただでさえ安いんですが、手作りすればもっと抑えられます。痛みは慣れますので、エステで人にしてもらうよりも快適になりますよ!

自宅でケアして時間とお金を節約!

エステも癒される場所なんですが、お金がかかったり、時間が余分にかかったりしますよね…。時間とお金をムダ毛処理に投資するよりも、節約してその分貯金や、趣味、勉強に投資するのもいいんじゃないでしょうか。

自宅でも慣れればサロンクオリティの脱毛ができます!是非やり方を見直して楽しながら節約していってくださいね!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!