自分でできるすね毛脱毛。毛質別おすすめ方法と注意点


足のすね毛が濃いことは女性にとって気になってしまう悩みですよね。オシャレで好きな服を着たいと思っても、体毛が気になってしまってなかなか着ることをためらっている・・・という人も少なくないのだとか。

できれば、すね毛を気にせずにお気に入りの服を着ていつでもツルピカな足を保っていたいですよね。

そこで大切になってくるのが「すね毛の特徴を知って正しいすね毛ケアをすること」です。脱毛処理をしているのに毛穴が目立ってしまうと悩む人や敏感肌なので肌に優しいケアを知りたいと考える人にもオススメな方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

すね毛の脱毛方法は大きく分けて2種類

スカートを履いた時にどうしても目立ってしまうすね毛はどのようなケアが良いのでしょうか?ここでは、脱毛を始めようと思った時の主な処理方法をご紹介します。

自宅でケアをするすね毛脱毛

まず一番手頃で時短でできるのが「自宅脱毛」です。これは主にカミソリや毛抜きを使ってすね毛の生えている部分を脱毛する方法です。最近ではカミソリの他にも電気シェーバーなど肌に優しい商品も多くなってきています。

サロンなど専門店に通うすね毛脱毛

自分の毛質がわからないからプロに任せたい!と考える人はすね毛のサロン脱毛に通う女性も多いようです。最近では手ごろな価格の脱毛サロンも多くなってきたこともあり、利用者も増加しています。

脱毛方法別のメリット・デメリット

ではここで、すね毛の様々な脱毛方法のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。自分の毛質をチェックしながら、ぜひあなたに合った脱毛方法を見つけてみましょう。

カミソリ・毛抜き

安全カミソリや毛抜きは今や自宅脱毛には一般的になってきています。特にすね毛はカミソリを使用しやすいパーツなので重宝されていることが多いのです。

カミソリや毛抜きのメリットは「安価で購入できること」と「持ち運びが簡単でどこでも時短で使用することができること」です。その為、入浴前や気が付いた時にすぐに処理する手軽さがあります。

しかし、逆にデメリットとして「カミソリの刃で肌表面も削ってしまっていること」や「黒ずみができやすいこと」があります。肌方面には肌を守る大切なオイル分も含まれているのですが、カミソリでそのコーティングごと削ってしまうので刺激が強くメラニン沈着で黒ずみが増えてしまう原因にもなるようです。

また、肌が弱い人は処理後に赤くなったりヒリヒリする場合もあります。

電気シェーバー

電気シェーバーの主なメリットとしては「刃が直接肌に当たらないので肌負担が軽減されること」や「脱毛だけではなく減毛することができるので後々の処理が楽になること」があります。カミソリの時と比べて肌表面を削る心配がないので乾燥や赤みや痛みなどの肌トラブルを防ぐことができます。

しかし、電気シェーバーのデメリットとして「深く剃ることができないのでチクチクの毛が残ってしまうこと」や「剃った後の毛穴が目立ってしまうこと」があります。

電気シェーバーは肌に刃優しいのですが、すぐに毛が生えてきてしまうというデメリットも抱えているようです。特にすね毛のチクチクは触れた時にわかりやすいので剃り残さないような工夫が必要なようです。

脱毛サロン

全身脱毛だけではなく最近ではパーツごとによる部分脱毛サロンも増えてきていますよね。脱毛サロンを利用するメリットは「剃るだけではなく体毛を薄くしてくれるのでツルツルした素足になれること」です。剃った後に気になるすね毛の毛穴跡も黒く残らずにキレイな素足を保つこともメリットの一つです。

逆に脱毛サロンのデメリットとしては「サロンに通う手間がかかること」や「料金が高額になる」ということもあります。

除毛クリーム

最後に除毛クリームですが、これは専用のクリームを肌に直接塗って洗い流すだけでキレイな素足になるというクリームのことです。メリットとしては「肌が弱い人に作られているので敏感肌でも安全に使用できること」や「洗い流すだけで楽に処理ができること」が大きなメリットになります。

特に最近人気のブラジリアンワックスは使っていくうちに除毛回数が減ってくるのでその手軽さも人気のようです。

逆にデメリットとしては「毛を直接抜いてしまうので肌負担が大きいこと」や「肌表面のオイル成分も同時に流してしまうこと」があります。特に敏感肌や乾燥肌の人にはデメリットが大きいのではないでしょうか。

毛質によって変わってくるオススメのすね毛脱毛方法

自分の体毛が濃いか薄いかをチェックする方法としてすね毛が一番確認しやすいと言われています。正しい脱毛方法を選ぶ上で自分の毛質を確認することも大切になってきますのでぜひすね毛をチェックして自分に合った脱毛方法を選ぶ参考にしてみましょう。

剛毛の毛質の場合

人よりもすね毛が太くて多いな・・・と感じている人は剛毛の可能性があります。剛毛毛質の人にオススメなのが「ブラジリアンワックスなどの除毛クリーム脱毛」や「脱毛サロンに行く方法」です。

しかし、ブラジリアンワックスなどの除毛クリームを使った脱毛方法は肌が強い人や普通肌やオイリー肌の人にオススメの方法です。逆に敏感肌の人は「脱毛サロンで相談しながらケアをしていくこと」をオススメします。

細く薄い毛質の場合

人と比べてどちらかというとすね毛の色が薄いけれど産毛があるので脱毛したい・・・と考えている人は「電気シェーバー」や「脱毛サロン」をオススメします。

電気シェーバーは肌を傷つけることが無いので自宅でケアしていきたい人にはオススメの方法となります。自宅ではなく脱毛サロンで濃くなる前にケアしていきたいと思う人は相談しながら減毛するサロンをオススメします。

これはNG!すね毛脱毛で注意すること

すね毛脱毛で注意することは「剃った直後は冷却+保湿を欠かさないこと」と「逆剃りをしないこと」の2つになります。

基本的に脱毛は肌に少なくとも刺激を与えているので肌負担を与えています。その中でも皮膚が薄いすね毛は剃った後にすぐに乾燥したり赤みが出やすいパーツとなっています。

その為、剃った後は熱がこもらないようにアイスノンや冷たいタオルを当てて保湿クリームやオイルでしっかりとオイル分や水分を補給してあげるようにしましょう。一番やってはいけないのが、剃った後にそのまま放置することです。除毛ワックスを行う際も保湿が必要です。

また、逆剃りをしないことも覚えておくと便利です。逆剃りとは、すね毛の場合は特に毛が上から下の方に流れて生えているのですが、それを下から上に剃ってしまうことを言います。

逆剃りをしてしまうと「埋没毛」という黒く濃くなった毛がしっかり剃られずに内側に埋没してしまいます。埋没毛が多くなると、見た目も黒ずみのように目立ってしまうので十分注意しましょう。

このように、すね毛の自宅脱毛は注意ポイントを守ることがキレイな足を保つ秘訣となります。

正しいすね毛脱毛方法で、いつでもツルツルのキレイな足を目指しましょう!

すね毛脱毛は簡単なように見えて、実はやり方を間違えてしまうと逆にすね毛が目立ってしまうという特徴もあるのです。

自宅脱毛をする時は特にあなたの毛質や肌質に合わせたケアを行いながらツルツルとしたキレイな足を作っていきましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!