ダイエットをお考えなら、生理後一週間後からのスタートが効果的!


ダイエットを始めたいとお考えなら、いかに効率よく綺麗に痩せられるかを知りたいですよね。その答えは、女性ホルモンと女性の体の仕組みを理解する事が近道となります。

女性には生理があり、生理周期によって2種類の女性ホルモンの分泌量が大きく変化します。それが要因となって心や体に影響を及ぼし、体重にも変化をもたらします。

その結果、生理前よりも生理後の方が痩せやすいタイミングとなるのです。ですから、女性ホルモンの変化と、女性の体の仕組みを理解して賢くダイエットをしてゆきましょう。

同時におすすめの食材や効果的な運動も知っておくと、より効率もアップして美しくダイエットできる事間違いなしです。

生理後がダイエットに効果的なのはなぜ?

女性には生理や排卵によって体のサイクルが変化してゆきます。その変化により、体重の増減や心の状態にも影響を及ぼしてゆきます。変化をさせている要因として、女性ホルモンとの関係性があります。

女性ホルモンには、黄体ホルモンのプロゲステロンと卵胞ホルモンのエストロゲンの2種類あります。そのホルモンの働きによって生理を引き起こさせたり、排卵を引き起こさせたりしています。

では、生理後がダイエットに効果的と言われている理由はなぜでしょう?

その答えは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが活発に分泌される時期であるからです。

エストロゲンが生理後~排卵日まで活発に分泌をするのは、卵子を排卵させて受精させやすい環境を作るためであります。その環境づくりのため、体から多くのエネルギーを使うこととなり、基礎代謝が上がり痩せやすい時期となるわけです。つまりは、ダイエットをするのに最適なタイミングとなります。

また、卵子が受精しやすい環境を整えるために、子宮内膜を厚くし老廃物を流して新陳代謝を高めるようにも働きかけます。これもまたダイエットをスタートするのに絶好のタイミングとなります。同時にデトックス効果も期待できるので、体の中の不要な水分や老廃物だけでなく、脂肪までも除去しやすくなります。

更に嬉しい事に、エストロゲンは食欲を抑制する働きもありので、ダイエットをスタートさせるのにも最適な条件となります。

女性の体はとてもデリケートでありながらも、生理後はエストロゲンの分泌により、排卵や妊娠しやすい環境作りを本能的に行っています。そういった女性ならではの体の仕組みを理解する事で、ダイエットに最適なタイミングを逃すことなく効率的に痩せる事が出来るのです。

反対に生理前はダイエットに不向き!?

生理後がダイエットに最適な時期である事は、ご理解いただけたと思います。では、反対に生理前の女性の体の状態は一体どうなっているのでしょうか?

生理前の女性の体は、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンが活発に分泌されます。プロゲステロンは、排卵後から次の生理までの黄体期に分泌が盛んになり、受精卵を着床しやすくするため妊娠や出産に欠かせない女性ホルモンとされています。

では、エストロゲンが活発に分泌されると女性の体にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

エストロゲンは、プロゲステンとは逆の働きかけをします。必要なエネルギーを溜め込んでゆき、余分な水分や栄養までも溜め込んでゆくので、むくみが生じたり、便秘にもなりやすくなります。

また、手足が冷えやすくなったり、疲れやすくなったりと、体の循環が上手くいかなくなり代謝が低下しやすくなります。下腹痛を感じるなど、体に不調が出る場合もあります。

ですから、エストロゲンが活発に分泌される排卵後から生理前は、ダイエットに不向きな時期になります。無理なダイエットや過激な運動で体に負担を与えるのではなく、体を休める事をしてあげましょう。無理をするとストレスとなりかえって逆効果です。

生理後のダイエットのポイントは?

生理後がダイエットをスタートするのに最適な時期である事はご理解いただけたと思います。では、生理後のダイエットをより効果的にさせるポイントを①食事編、②運動編、③睡眠編と分けてそれぞれご紹介します。

◆◆ダイエットを始める期間◆◆
生理終了後、7~10日頃からのスタートが狙い目です。

①食事編

生理後にダイエットをするにおいて、食べるものは直接体の中に入るものなのでとても重要なポイントとなります。食べる量を控えた方がよい食材、積極的に食べた方がよい食材があります。

【食べる量を減らした方がいい食材】

糖質を多く含んだ食材である、炭水化物やイモ類、甘いものは控えた方がよいです。その理由としまして、人は食べ物からエネルギーを得る場合に、糖質をエネルギーにします。もちろんエネルギーにするために必要な糖質ですが、必要以上に摂取してしまうとエネルギーとして使いきる事ができなく脂肪になって蓄積されてしまうからです。

生理後は新陳代謝が高まり、デトックス効果が望める期間です。糖分の量を控えめにして、蓄積された脂肪を除去するチャンスとなります。普段の生活で蓄積された脂肪や、生理前にため込んだ脂肪などを積極的にエネルギーに使って燃やしてゆきましょう。

◆◆糖質が多い主な食べ物◆◆
白米、小麦粉、トウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモ、かぼちゃ、お菓子、ビール、発泡酒 など

【積極的に食べた方が良い食材】

生理後のダイエットにおいて、積極的に摂取して頂きたいものがあります。それは、食物繊維、タンパク質、鉄分、EPAです。

●食物繊維
食物繊維は便通の手助けをしてくれるのは勿論ですが、噛み応えがある事で咀嚼が多くなり満腹感を得やすいので、ダイエットに最適です。

◆◆食物繊維を多く含み食材◆◆
野菜や海藻類、キノコ類、大豆 など

生理前は体の中にため込みやすい時期で、便秘にもなりやすいです。生理後は積極的に食物繊維を摂って、お腹の中から綺麗にして綺麗なボディーを手に入れましょう。

●タンパク質
タンパク質は、血液中のヘモグロビンを作りあげ、血行を良くして代謝をアップさせてくれます。

また、タンパク質は筋肉を作る材料にもなります。適度に筋肉がないと痩せやすい体をつくる事ができません。筋肉が正常に稼働する事で効率的に代謝がアップするからです。

更にタンパク質は、エストロゲンの分泌を促してくれる作用もあります。生理後、エストロゲンの活動を手助けしてより綺麗にダイエット効果を高めてくれます。

◆◆タンパク質を多く含み食材◆◆
肉類、魚介類、卵、大豆、乳製品 など

●鉄分
生理後は血液が子宮に集中しているため、貧血になりやすいです。貧血になるとめまいや体調不良となり、代謝が低下しがちでダイエット効果が下がります。また、冷えやむくみも生じやすくもなります。ですから、生理後は鉄分補給も忘れないようにしましょう。

◆◆鉄分を多く含み食材◆◆
牛や豚肉の薄切り、レバー、カツオ、マグロ、貝類、ホウレンソウなど
  • ヘム鉄を含む食材が鉄の吸収率をアップ
  • ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率アップ
  • コーヒーや紅茶に含まれるタンニンは、鉄の吸収率を低下させる

・・・食べ方にも注意が必要です。・・・

◉食べる順番
ダイエットにおいて食べる順番も大切なポイントです。糖質の多いごはんやパン、脂肪の多いメイン料理となる肉や魚から食べ始めるのはよくありません。高カロリーだけでなく、血糖値を急に上昇させてしまいます。

最初は食物繊維が豊富な野菜、海藻類を摂り、次に胃を満たしてくれるスープ類を飲んでから、メイン料理に進むと良いでしょう。

◉早食べは禁物
時間がないからといって早く食べる習慣がある人は、満腹感が得られず食べ過ぎてしまう傾向にあります。また、急激な血糖値上昇となりダイエットには向いていません。

1口30回の咀嚼を目指して、ゆっくり食べる習慣を身に付ける事がダイエットの効果を高めてゆきます。

②運動編

生理後のダイエット効果を上げるには、運動も大きなポイントとなります。

●ストレッチ
生理前~生理中は血液が滞りやすく、血行が悪くなり代謝も落ちています。生理後はしっかりストレッチを行い、筋肉を伸ばして血流の促進をはかりましょう。代謝も上がりダイエット効果を高めます。

また、ストレッチを行う事で筋肉の収縮がスムーズになり、血管をポンプのように刺激してくれるので、不要な老廃物も流してくれます。

●軽い有酸素運動
次に取り入れたいのが、軽い有酸素運動です。
軽い有酸素運動は、生理前に蓄積された脂肪を燃焼させやすくしてくれます。生理後、急に体を動かすと体がついていかなかったり、体を痛めることもあるので、徐々に慣れさせるように調整しましょう。

◆ダイエットに効果的な軽い有酸素運動◆
水泳、ジョギング、ウォーキング、ヨガ、エアロビ、フラフープ、縄飛び

●筋肉トレーニング
生理後のダイエットで筋肉トレーニングを取り入れると、エネルギーを消費しやすい痩せやすい体に変化してゆきます。

鍛えたい筋肉は、腹筋・背筋・太ももです。特に背中にはたくさんの筋肉が広範囲にあり、背筋を鍛える事で消費カロリーが増え、ダイエット効果を高めてくれます。

筋力がアップすると消費カロリーが増えるので、ダイエット前と同じ量を食べても痩せやすくなります。

③睡眠編

生理後、ダイエットの効果を上げたいのであれば睡眠もしっかりとる必要があります。睡眠がダイエットにどう影響するの?と、不思議に思うかもしれません。

その理由としては、睡眠をしっかりとらないと脳や体が疲労したままの状態となり、エネルギー代謝が低下してしまうからです。

そして、疲れが溜まると体が甘い物を欲して食べたくなり、ついつい必要以上の糖質を摂る事にもなり兼ねません。

また、22時から2時までのゴールデンタイムに睡眠をとる事で、ホルモンバランスも安定するのでダイエット効果もアップします。

以上の事から、睡眠はダイエットの効果を上げる重要なポイントとなるのです。

生理前からの準備も大切

生理後はダイエットに最適の時期ですが、生理前からもダイエットの準備をしておくとより効果的となります。

生理前の準備とは?

生理前は、プロゲステロンがたくさん分泌する時期で、気持ちが不安定になったり、暴飲暴食になりやすいので注意が必要です。生理前に不用意なカロリーや脂肪の摂取を控える努力もダイエットには大切なポイントとなってきます。

また、生理前はセロトニンという脳内分泌物の減少が原因で気持ちが不安定にもなります。

◆◆セロトニンとは?◆◆
セロトニンには、「精神を安定させる役割」と「食欲を抑制させる役割」2つの機能があります。

セロトニンが不足すると、気持ちがイライラと不安定になりやすく甘い物を食べて気持ちを落ち着かせようとします。更に食欲抑制する機能も低下しているため、暴飲暴食にもなりがちです。

ですから、生理前はゆっくりリラックスできる時間をつくる事が大事です。半身浴をしてじわっと汗をかいたり、好きな音楽を聴いたり、温かい飲み物で心をほぐしたりしてみましょう。

◆◆セロトニン分泌に良い香り◆◆
ラベンダー、ローマンカモミール、マジョラム

生理前は女性の体の仕組み上、体の中に水分や栄養、エネルギーを溜め込みやすい時期です。体重が増えたからといって慌てて運動量を増やすより、ヨガやストレッチののようなハードすぎない運動を持続する方が、体にとっては優しいのです。

EPAを摂りましょう

EPA とは正式名称が「エイコサペンタエン酸」と言い、イワシやサバ、アジなどの青魚やマグロなどに多く含まれています。EPAは魚油なので、人間の体内ではほとんど生成できない必須脂肪酸とされています。

EPAは血液をサラサラにし、血液の健康を維持する働きがあります。生理前の月経前症候群と言われる、体調不良や気分の不安定、食欲増進、衝動的な感情などさを抑制してくれる働きがあります。

他にも、女性の対敵とされる冷え性や肌荒れにも効果的と言われています。コレステロールや中性脂肪を燃やしてくれるので、ダイエット効果も期待できます。

大豆を摂りましょう

大豆には、女性ホルモンに似たイソフラボンが含まれています。生理前は女性ホルモンが乱れやすいので、大豆製品を積極的に摂取して女性ホルモンのバランスを整えてゆきましょう。

もちろん、生理後に大豆製品を摂取してもホルモンバランスが整いやすくなるので、ダイエットにも効果的です。

女性の体を理解すると、益々綺麗になる!

以上のように、女性の体のしみくを把握することでより効果的にダイエットをする事ができます。それだけでなく、女性ホルモンとうまく付き合う事でダイエットだけでなく、美肌であったり、髪も美しく、体つきも女性らしくなって益々綺麗になってゆけます。

実際に、女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、コラーゲンの生成力や抗酸化力を高めるので、若返りのホルモンとも言われています。女性ホルモンを味方に付ける事で美しさは増してゆけます。

食事面でも、食物繊維をたくさん摂る事で腸内環境が整い体の中から綺麗になります。痩せるだけでなく健康をも手に入れる事が出来るのです。

運動面では、筋肉をつける事でダイエットだけでなくスタイルアップにもなり、若々しいスタイルを維持する事もできるのです。

女性の体を理解して、賢く効果的にダイエットをしてゆき、美しさと健康も一緒に手に入れてゆきましょう。そうすることで、楽しさも嬉しさも倍増してゆくので笑顔が増え、ダイエットに取り組む事が幸せにも繋がっていきます。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!