記録するだけで痩せる?計るだけダイエットの効果的な方法とは


「計るだけダイエット」と聞くと、どんなイメージを持っていますか?ただ体重を計るだけのダイエット法と考えている人も多いはずです。

正しいやり方で計るだけダイエットを行うことで、ダイエットに対するモチベーションのアップに繋がり、成功しやすくなります。

計るだけダイエットのやり方とは?

ただ体重計にのるだけでは意味がありません。正しいやり方で行うことでダイエットが成功しやすくなります。

目標を設定する

まずは、どのくらいの期間で何キロぐらい落としたいか目標を設定しましょう。無謀な目標はストレスになりやすいため、現実的な数値を設定するようにしてください。

リバウンドを防ぐためには、目標は1ヶ月で現在の体重の5%までに設定しましょう。例えば、体重60Kgの人の場合、3Kg程度が1ヶ月の目標値の上限になります。無理なく行うためにも、ダイエット計画は緩めに立ててくださいね。

毎日、1日2回体重を計る

基本的なやり方として、朝と晩の2回体重を計るようにしましょう。

朝は、起きてすぐ、トイレ直後に測りましょう。そうすることで1日の最も軽い体重を計ることができます。夜は、体重が一番重くなりやすい夕食直後か就寝前に計るようにしてください。

毎回同じようなタイミングで測定することが大切です。また身につける衣類も同じものが良いため、できれば裸体で測定することがおすすめです。

グラフをつける

計るだけダイエットの一番大切なポイントがグラフ化です。グラフ化することで視覚的にすぐに体重の増減がわかります。体重が下がっていくとモチベーションが上がりやすくなりますよね。

できればいつでも目に入るような場所にあるようにしてください。どうしても隠したい場合は、こまめにグラフを見るようにしてくださいね。

言い訳欄を作る

グラフだけ書いていれば良いわけではありません。ダイエットしていれば、順調に体重が減り続けるということはありません。時々増えたり、減ったりすることがあります。

増えた日には、しっかり言い訳を書きましょう。例えば「飲み会があった」「ストレスで甘いもの食べ過ぎた」「運動サボった」など何でも好きなように書いて構いません。また減ったときも書くようにしても良いでしょう。

言い訳欄を作ることで、食事や運動を意識するようになります。太らないような行動をとることがダイエットを成功に導きます。

計るだけダイエットが成功しやすい理由

そもそも、なぜ計るだけでダイエットが成功するか不思議ですよね。

計るだけダイエットは、これだけで体重が劇的に減ると言ったダイエット法ではありません。食事や運動など他のダイエットを一緒に行うことが重要です。

モチベーションがアップしやすい

計るだけダイエットは。他のダイエットと一緒に取り組むことで、体重が減少し、グラフが右肩下がりになりますよね。視覚的にはっきりと効果がわかることで、モチベーションが上がり、ダイエットの励みに繋がります。

リバウンドが起こりにくい

計るだけダイエットはリバウンドがしにくいと言われています。リバウンドは急激に体重が下がることで起こりやすくなります。計るだけダイエットは、急激に体重を落とすようなダイエット法ではありません。徐々に体重を減らしていくダイエット法のため、リバウンドが起こりにくくなります。

◯リバウンドのメカニズム
急激に体重を減らすと「レプチン」と呼ばれるホルモンの分泌量が減ります。「レプチン」は食欲を抑えるホルモンと言われています。そのため空腹を抑えられずに、食べ過ぎやすくなることがリバウンドのメカニズムの一つと考えられています。

摂取カロリーと消費カロリーを把握しやすい

グラフで視覚的に体重の増減を把握することで、太る原因がわかりやすくなります。自分はそんなに食べていないつもりでも、食べ過ぎてしまうと体重は増えます。グラフによって、何を食べたら太りやすいか把握しやすくなります。

また運動を頑張った翌日に体重が減っていれば、その運動を継続しやすく成りますよね。

計るだけダイエットは、常に体重を意識することができます。そのため食事や運動などの生活習慣の見直しに繋がることが期待出来ます。

計るだけダイエットの注意点

計るだけダイエットを成功させるため最も大切なことがモチベーションを上げることです。つまり、グラフが僅かにでも右肩下がりになっていると、やる気が出やすいですよね。そのためには体重計選びが重要になります。

*体重計を選ぶポイント

  • 50g単位で測定できる体重計
  • 精度が高い体重計
  • できれば体脂肪も測れる体重計

50gの単位まで測定できれば、僅かな体重ダウンも気付くことができます。また体重計は全てが精度高いタイプのものではありません。精度が高くない体重計だと正確に体重を計ることができないため、計るだけダイエットには向きません。精度が高いタイプの体重計を選ぶようにしてください。

できれば体脂肪も測れた方が健康的なダイエットを行うことができます。体重だけ確認できても、脂肪が落ちているか筋肉が落ちているかはっきりわかりません。体脂肪が落ちているかどうかも確認するようにしましょう。

計るだけダイエットが向かない人

計るだけダイエットは、急激に痩せたい人にはオススメできません。健康的にゆっくりと体重を落としていくダイエット法です。そのため短期間で効果を出したいと考えている人には、毎日体重に乗ることがストレスになる場合もあります。

また体重ですぐに一喜一憂する人も不向きです。ダイエットしていても、時々は体重が変わらなかったり増えたりすることがあります。増えることがショックで、ドカ食いに走るケースもあると言われています。

体重の増減で一喜一憂せずに、モチベーションを保つように注意してくださいね。

モチベーションをアップするために、毎日体重計に乗りましょう!

計るだけダイエットは、簡単に気軽に行うことができるダイエット法です。しかし体重を計るだけなので、この方法だけで痩せることはできません。また人によっても効果が違ってきます。

必ず運動や食事などのダイエットを組み合わせて行うようにしてくださいね。毎日体重計に乗って、ダイエットのモチベーションをアップさせましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!