肥満だけが原因じゃない!タイプ別の即効二重顎解消法


女性であれば現代は誰もが憧れる小顔美人。中でもとくに気になるのが顎のラインではないでしょうか?

ふと写真や鏡の向こうの自分を見たときの輪郭が気になったり、スマホをいじりながらうつむいたとき「もしかして今、わたし二重顎!?」とハッとする方も多いかもしれません。

また、普段まったく太っているように見えない細身の方でも、証明写真や大事な記念撮影の際になぜか顎を引いたとたん二重顎になりがちという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実はこの二重顎、肥満だけが原因ではないかもしれませんよ!

今回はそんな二重顎に考えられる原因と、タイプ別にご自宅で実践できる簡単で即効性の高いエクササイズをご紹介していきたいと思います。

原因は首のゆがみ!?現代人に多いスマホ首タイプ

まずダイエットだけでなかなか二重顎が解消しない方や、細身なのに顎を引いたとたん急に二重顎になる方の多くはこのスマホ首や猫背が原因かもしれません。

現代人の多くはスマホやPCなどをいじる際に少々首を前に傾け、この特殊な姿勢が定着した首周辺のゆがみが多く見られるそうです。

その誤った姿勢で本来とは違った筋肉や脂肪が発達し、正しい姿勢を取ろうとすることで二重顎やたるみが生まれてしまいます。

こちらは姿勢を整え、首周辺のゆがみを矯正してあげることで二重顎が解消されやすいです。
やや個人差はあるかと思いますが、エクササイズ次第で即効性の高い効果を得やすいタイプかと思います。

それではエクササイズに移っていきましょう。

背筋の改善エクササイズ

まず、このスマホ首の方は首全体をしっかりと支えてあげるために、背骨や背筋の矯正エクササイズを重点的に施してあげましょう。

猫背の方は特にこの背中周辺の筋肉が衰えていることが多いので、日頃からよくトレーニングしてあげることで美しい姿勢へと繋がります。

  1. 座ったまま、あるいは立ったままの姿勢で背筋をピンと伸ばします。
  2. 手のひらを前に向けバンザイの姿勢を取り、そのままひじを直角に曲げて肩とひじのラインが平行になるようにします。
  3. そのままの姿勢でひじが下がらないように10秒ほどキープしてください。
  4. そのままの姿勢から今度は手のひらを、ひじと肩のラインと平行になるように下に向けて折りたたみます。
  5. そのままひじを高さを変えずに後ろに引き、また10秒ほどキープしましょう。
  6. 今度は顎を引き腕全体を平行に、一直線に前へ押し出します。水泳の「蹴伸び」の姿勢をイメージすると良いでしょう。
  7. またそのままの姿勢を10ほどキープしてください。
  8. 最後にゆっくりもとの姿勢へと戻ります。

以上を1セットとし、お好みで回数を増やして行ってみてください。
オフィスでの休憩時間や、ふとご自身の猫背に気付いたときに1セット行うなどの習慣をつけるのも良いかもしれません。

猫のポーズのやり方

こちらは首のゆがみや背骨のゆがみを全体的に整えるストレッチです。
自宅など、四つん這いになれる場合にはこちらのトレーニングをおすすめします。

  1. まず両手と両ひざをつき、四つん這いになりましょう。手とひざは苦しくない程度に楽に開いてください。
  2. 首をへそ側を見るように内側に丸めます。順に身体をしならせるように首から背中、腰にかけてゆっくりと丸めていきます。このとき、息は止めずにゆっくりと呼吸をしましょう。
  3. 今度は逆に背中を反らせます。あごのから上を見るように首、背中、腰にかけて順に反らしていきましょう。
  4. 終えた後に2、3のうち楽に感じた方を7秒続け、7秒脱力するのを3回繰り返してください。
  5. 最後に前とは反対側を1回行いましょう。

以上がヨガでよく見る猫のポーズになります。

こちらは首を上下する運動ですが、応用として首を左右にふり、お尻側を見てキープしてあげる姿勢も首や背骨の左右バランスが整えられて効果的です。

スマホ首タイプはこういったストレッチの他にも、常日頃から睡眠時はあおむけで背骨を伸ばせるようご自分に合った寝具を見直したり、PCを長時間お使いの方などは正しい姿勢をとりやすいよう、チェアーとデスクの高さを見直したりなどの改善を行うとより良い効果が得られるかと思います。

日頃から腰痛持ちの方や、ひどい首こりにお悩みの方などは、一度整体院や整骨院など、専門の機関にご相談してみるのも良いでしょう。

歯科相談が必要かも!?噛みしめや顎のゆがみによる二重顎タイプ

みなさんはご自分の歯並びに自信はありますでしょうか?
実はこの歯や顎のバランスも、二重顎に密接に関係してきます。

まず、著しく歯並びや噛み合わせの悪い方、子供のころから矯正を受けるようすすめられている方は、ダイエットやエクササイズよりも歯科相談が効果的な方が多いかもしれません。

顔のバランスの印象が左右で大きく違う方、口を大きく開閉しづらい方、集中したときに強く歯を噛みしめる癖のある方は、先程の首のゆがみとあわせて顎周辺のゆがみに注意が必要です。

この周辺が整うことによって、二重顎が解消されるケースも多いようです。

あご体操のやり方

ここで顎のゆがみを整え、顎関節症を予防するのに効果的なあご体操をご紹介させていただきます。

  1. まず立ったままあるいは座ったままでまっすぐ正面を向き、姿勢を整えます。
  2. 口を無理のない程度で、できる限り大きく開けましょう。痛みを感じる場合にはその手前まで開けてください。そのまま15秒ほどキープします。
  3. 今度は口を開けたまま、顎を前へぐっと突き出します。こちらも姿勢で同じく15秒ほどキープします。
  4. 次に突き出していた顎を引っ込めます。こちらも15秒ほどキープします。
  5. 左右にも同様に顎をずらし、15秒ずつほどキープしましょう。

エクササイズの中で前後左右いずれかに他より動かしにくい箇所がある方はエクササイズをつづけることで、顎のバランスが改善されていくかと思います。

顎の開閉が不安定でがくがくとしやすい方、口がほとんど開かない方、顎が外れやすい方、顎周辺にポキポキと音のなるような方は無理をせずにすぐにエクササイズを中断し、各自専門の機関へとご相談するようにしてください。

常に顔がむくみやすい!リンパの滞りタイプ

二重顎にお悩みの方で、特に顔周辺がむくみやすい方はリンパの滞りが原因かもしれません。

リンパとは血液と同じく全身をめぐり、老廃物の除去や身体の免疫力を高めてくれる器官です。
主に水分やたんぱく質などを全身に運ぶ働きがあります。

しかし、このリンパの流れが悪くなると免疫力が下がったり、老廃物が蓄積され肥満に繋がりやすくなります。

顔や顎周辺にはとくにたくさんのリンパが通っています。
顔のむくみの多い方はとくに、このリンパの滞りを解消してあげることにより二重顎が解消されやすいタイプでしょう。

顔周辺のリンパマッサージのやり方

  1. 首から鎖骨へ
  2. まず、耳の後ろ、首の付け根側に軽く指先を当てます。
    そこから鎖骨の中心に向かい首筋のラインに合わせながらやさしくさすりましょう。

  3. フェイスラインから顎の先、鎖骨へ
  4. 続いてフェイスラインです。
    耳と首の付け根のくぼみに親指の腹を当て、そのまま顎の裏側を刺激していきます。
    顎の先まで到達したらそのまま首のラインに沿い、指先で鎖骨と中心へとリンパを流しましょう。

  5. 鎖骨の外から内側へ
  6. 最後に鎖骨を刺激してあげましょう。
    鎖骨の外側、肩の付け根部分からなでるように内側に向かって刺激します。
    反対も同様に行いましょう。

いかがでしょうか?
むくみタイプさんはこの顔周辺のリンパを刺激してあげることで、フェイスラインだけでなく顔全体がすっきりとした印象に繋がりやすいかと思います。

マッサージの他にも老廃物を排出を促すため、ヘルシーな食生活やこまめな水分補給を心がけることで、効果UPも期待できますよ!

今日からあなたもタイプ別の対策を!

いかがでしたでしょうか。
それぞれ思い当たるタイプや対策方法は見つかりましたか?

重篤化した身体のゆがみや、過去の急なダイエットによる皮膚全体のたるみなどにお悩みの方は上記セルフケアだけでは効果が出づらいかと思いますので、一度専門機関にご相談してみることをおすすめいたします。

中には複合タイプの方もいらっしゃるかもしれませんね。
日頃から地道なケアでしっかりと全身のバランスを整えてあげましょう!

手強い二重顎もタイプ別のアプローチで是非改善に向かうことを祈っております。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!