ダブル洗顔は必要無い時もある!洗いすぎず、肌を健やかに保とう

メイクを落とすためにクレンジングをしたあと、今度は他の洗顔料で顔を洗うダブル洗顔。

ダブル洗顔不要のクレンジング剤も多数ありますが、メイクの濃さ・薄さによってはダブル洗顔をした方がいいもの、その必要がないものに別れます。

肌にメーキャップで乗せた油分をきれいに取り去りたい場合や、ナチュラルメイクの時など、ダブル洗顔をする・しないの分かれ目ってどこにあるのでしょうか?

ダブル洗顔が必要なのってどんなメイク?

クレンジングをしても、1度のクレンジングで落ちているか不安な濃いメーキャップ時など、ダブル洗顔をした方がいいのかそうではないのか分からない事ってありませんか?

ダブル洗顔をしたほうがいい時とその必要のない時の違いって何なのでしょうか?

強力な油性のメイク用品を使っている時はダブル洗顔が大切

洗顔はいらない角質層や余計な皮脂や汗、ホコリといった汚れを界面活性剤の力で洗い落とすものです。

それに対し、クレンジングはメイクで顔に乗せたなかなか落ちない油脂に溶け込むような汚れを落とす時に使います。

クレンジングをする目的は、メイクで肌に残った油性の成分を落とすことで、洗顔の目的はそれ以外の水で落ちる汚れを落とすためにあります。

メイクの時に顔に乗せる油性のメーキャップ用品は洗顔料だけでは完全に落とすことは出来ません。そこで、必要になってくるのがダブル洗顔なのです。

特にダブル洗顔が必要なメイクとは?

特にダブル洗顔が大切になってくるのが、濃く崩れにくいようなメイクや、高いSPFやPAの数値を持つ日焼け止めを使用した時です。

特に日焼け止めなどは汗や皮脂に強く、プールや海でも水を弾くようなちょっとやそっとでは落ちないようなものも多くあり、落とすのに苦労した経験のある人もいるのではないでしょうか?

絶対に焼かない・紫外線を強力にカットするということは、それだけ落とすのが大変で、その分肌に成分が残りやすいということでもあります。

肌を絶対に焼きたくない!という期待に応えてくれますが、その分肌に頑固に成分が残ってしまうため、ダブル洗顔の必要性が高いのです。

ダブル洗顔をしたくない場合は使うコスメとクレンジング料を見直そう

もしも、ダブル洗顔をしたくない・肌が弱くて乾燥に悩まされがちだという人は、皮脂や汗などに決して強いとは言えませんが、ミルククレンジングやせっけんでも落とせるタイプの日焼け止めやコスメをおすすめします。

落とすのが簡単な日焼け止めやコスメは、肌に優しいミネラル成分で出来ているものや紫外線吸収剤を配合しないタイプの日焼け止めなどが多くあります。

使用するコスメを見直すことで、洗顔の際に起こる摩擦で生じる肌へのダメージを抑え、乾燥やトラブルを最小限に留めることが可能です。

いつものコスメはダブル洗顔の必要がないものを選び、レジャーなどの特別な時だけ落ちにくいメイクでダブル洗顔必須のコスメに切り替えるなど使用するコスメを分けるのもいいですね。

オイルクレンジングはダブル洗顔の必要性あり!

ミネラルオイルなどを使用しているオイルクレンジングはクレンジング剤の油分が肌の表面に残ってしまいます。

そのため、洗顔料を使って洗い流さなくてはならないのでダブル洗顔をする必要があるのです。

もし、洗顔料の中に強力な界面活性剤が入っているものを使うのなら、メイクや日焼け止めの成分をある程度ならば洗い流すことも出来ます。

このような洗顔料を使っている場合はクレンジングをする必要がなくなるため、ダブル洗顔をしなくても大丈夫なのです。

元からダブル洗顔の必要性のないことを明記しているクレンジング剤や洗顔料の場合、成分の中に強力な界面活性剤を使っている事があります。

一方で近年ではアミノ酸系から作られた界面活性剤を配合した肌に優しいタイプのクレンジング剤や洗顔料などのダブル洗顔のいらないタイプも発売されています。

普段自分がどんなクレンジングや洗顔料でメイクや皮脂の汚れなどを落としているかを理解した上で、メイクのや皮脂の汚れなどはきちんと落とせているのか?

肌へ余計な刺激は与えていないか?(刺激が少ないものを選べているか?)を考えた上で洗顔料とクレンジングを選ぶことが大切なのです。

ダブル洗顔を控えた方がいい時間帯や肌質・年齢層は?

時間帯や肌質・年齢層によってはダブル洗顔を控えた方がいい場合があります。肌を健やかに保つためには、「洗いすぎない」ことが大事なのです。

朝の起きたての肌はダブル洗顔の必要なし

朝、起床したばかりの肌は前日の夜にメイクをきちんと落としているのならばダブル洗顔の必要はありません。

普通肌と脂性肌の人は洗顔料で1度洗う程度で充分に寝ている間に肌に付いた汗や皮脂の汚れを落とすことが可能です。

肌の水分量が不足している乾燥肌や敏感肌に悩む人は、洗顔料を使わずにぬるま湯で顔を洗う方が肌に適しています。

乾燥肌・敏感肌の人はダブル洗顔に要注意!

乾燥肌と敏感肌の人は特に洗顔の際に生じる摩擦で肌を傷めてしまう場合があります。

そうならないためにも、乾燥肌と敏感肌の人が気を付けなければならないのはナチュラルメイクを意識することです。

クレンジング剤も出来れば控えたいという人は、洗顔料で落とせるタイプのコスメや日焼け止めなどを使い、なるべく肌の負担を最小限に留める必要があります。

年齢が上がってきたら洗顔を見直して!

年齢が上がってきたら気になるのがエイジングケア。ダブル洗顔は、年齢を重ねた肌にたくさんの負担をかけてしまいます。

年齢を重ねた肌は、老化の度合いが大きくなっていきます。表皮にある必要な皮脂の量や、ヒアルロン酸、肌の水分量に大きな関わりのある天然保湿因子やセラミドが減少します。

それだけではなく、真皮に含まれているコラーゲンや肌の柔らかさや弾力を守るエラスチンも年々減っていきます。

そんな、肌の保湿力が減ってしまった年齢を重ねた肌はダブル洗顔をすると刺激を感じてしまうのです。

エイジングケアの必要性を感じたら、ダブル洗顔のいらないメイクや日焼け止めに切り替えるようにしましょう。

また、クレンジングや洗顔で肌を清潔な状態にした後にはエイジングケアの出来る化粧品を使って保湿を重点的に行うことが重要なのです。

ダブル洗顔をした後は特に保湿を意識したスキンケアを心がけましょう。

肌が乾燥する?突っ張る?洗顔の温度を見直そう

洗顔をする上で大切なのは、いかに汚れをちゃんと落とせているか?ですが、それと同じくらいに大切なのが洗顔の温度です。

洗顔の際の温度が高すぎると、肌が乾燥したり突っ張ったりする原因になってしまいます。

洗顔の温度をもう1度見直してみませんか?

洗顔は皮脂が溶ける温度の32℃から34℃で!

洗顔はぬるま湯で行うのが適切とは聞きますが、洗顔に適した温度ってどれくらいの事を指すのでしょうか?

皮脂は、32℃から34℃の温度で溶けてしまいます。なので、洗顔をする際の温度も32℃から34℃くらいの温度にするのが適切です。

それ以上の温度になると、皮脂が過剰に落ちてしまい乾燥してドライスキンになってしまうか、肌の乾燥を防ぐために皮脂の分泌が増えてしまいインナードライ肌になってしまうのです。

洗顔料を洗い流す時は、洗い残しは禁物!すすぎを入念に行って洗浄成分を完全に洗い流すようにしましょう。

顔を拭くときも、清潔で柔らかいタオルを使ってゴシゴシと擦るように拭くのではなく、タオルを顔にポンポンと押し当てる感じで拭き取ります。

洗顔後はすぐに保湿をするようにして、肌に水分と油分を与えてくださいね。

ダブル洗顔の必要性を見極めて素肌を清潔にキープしよう

ダブル洗顔はメイクや皮脂の汚れをきれいに落としてくれますが、それと同時に肌に負担をかける場合もあります。

しかし、極端にダブル洗顔をよくないものと決めつけるのはあまりいいことではありません。

ダグル洗顔だと肌に負担がかかるという人は、洗顔料を優しいものに変えたり、メイク用品そのものを肌に優しいタイプに変えるなどの工夫が必要になってきます。

今の肌の状態にはダブル洗顔が必要か・否か?を見極めることでも素肌を美しく清潔に保つことに繋がります。

美しく健やかな肌を目指すためにも、洗顔をおろそかにしないように心がけたいですね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!