ぽっこりした下っ腹をなんとかしたい!今すぐできる簡単エクササイズ

実は、断食ダイエットや運動をすることだけでは皮下脂肪は落ちても下っ腹にある脂肪への影響力は少ないのです。

脂肪を燃やしても、下っ腹がなかなか落ちない・・・と悩んでいる人は、もしかしたら身体が病気の可能性があります。

皮下脂肪と異なる脂肪があることを知って、下っ腹の脂肪とはさよならできるスリムボディを目指していきましょう。

下っ腹がぽっこりしてしまう原因

身体の中でも下腹などのお腹が出る原因としては4つあるのでご紹介します。

1. お腹の筋肉が弱っているから

これは、お腹の腹筋が弱くなるにつれてお腹のお肉が重力に負けて次第に下腹まで落ちてきてしまうことにあります。普段から筋肉を少しでも付けておくことで解消されますし、姿勢も良くなります。

2. 内臓が下がってきてしまうから

特に「体重は落ちているのに下っ腹が出てしまう」と感じるダイエットをしている人は内臓が原因なこともあります。これも腹筋の力が弱いので内臓を支えることができていないことに繋がります。

3. 骨盤が曲がっているから

デスクワークで長く同じ体勢をしていたり、足を組んだりすると骨盤が曲がってしまい、内臓が下に行くので下っ腹が出てしまう原因にもなります。妊娠後も骨盤が歪んでしまうので、早めに正しい形に戻すことをオススメします。

また、骨盤が歪むと腸にガスや老廃物が溜まってしまうので「便秘になりやすい」とも言われています。

4. 反り腰の人

反り腰とは、その字の通り腰が弓のように後ろに沿ってしまっている状態のことです。

反り腰には痩せている人もなりやすいので要注意です。特に「長時間のデスクワークの人や足を上げない生活やハイヒールの人」がなりやすいと言われています。

反り腰になってしまうと、お腹周りの筋肉をあまり使わなくなるので筋力が減少し、お腹がぽっこりと前に出てきやすい姿勢になってしまいます。

自分が反り腰かどうかを確かめるためには、「壁を背にしてかかとを壁から5㎝離れた場所に付けて立ち上がった時に拳が入る広さ」で測ることができます。あまり手の平まで入ってしまうと反り腰の可能性が高いことになります。

下腹を引き締める簡単なエクササイズ法

ではここで、毎日できる下っ腹のぽっこりを引き締めるエクササイズをご紹介します。ぜひ毎日の隙間時間でチャレンジしてみてください。

腹筋が付きやすいおしりウォーキング

まずヨガマットなど身体が平行に保つことができる固くないマットの上に背筋を伸ばして足はかかとを合わせてローマ字の「L字型」のように座ってください。その状態のまま腕や腰を大きく振りながらおしりだけで歩きます。

下っ腹は腹筋や筋肉の弱さが原因になります。そのため、この状態で前後に動くことで腰まわりの筋肉が付き、おしりの引き締めにも効果的です。

意識してできるウォーキング法

これは通常のウォーキングにさらに筋力UPの効果を合わせた軽い運動になります。腕や足よりも「腹筋」に意識をして少し上体を上にあげて腰を捻りながら歩きます。

こうすることによって腰回りの筋肉がいつものウォーキングよりも付きやすくなるのでオススメの方法です。

下っ腹を引っ込める!筋肉を付ける食べ物や食べ方紹介

下っ腹は外側から行うエクササイズも大切ですが、内側の「食べ物ケア」も大切です。腹筋を増やすためには食べ物や腸内環境が整っていないとエクササイズとの相乗効果が上手く働きません。ここでは必要な食べ物や食べ方をご紹介します。

筋肉を付ける「たんぱく質」を多めに摂取すること

まず筋肉はたんぱく質が主な栄養源となっているので、たんぱく質を多く含む「肉・卵・豆腐・豆乳・納豆・牛乳」を積極的に摂取するようにしましょう。

また、たんぱく質の吸収を助ける野菜などに多く含まれる「ビタミンやミネラル」も同時に摂取するとより良い効果が出ます。

酵素や乳酸菌がよく摂れる「発酵食品」を摂る

腸内環境を整えることも、便秘で内臓が下っ腹付近へ移動させない健康的な方法になります。胃腸の中の悪玉菌を減らして善玉菌を増やす食生活を心掛けましょう。

特に「ヨーグルト・納豆・チーズ・ワイン」などは体内で吸収されやすいのでオススメです。

水分を普段からたっぷり摂っておく

便秘になりやすい人は水分不足という特徴もあります。水分は身体の血液の流れをよくしたりリズムを整えてくれるので「毎日起きてすぐ」と「お風呂上り」にコップ1杯の水分を摂取しておきましょう。

即結果が出る下腹引き締め方法

毎日の食生活を気を付けることやエクササイズは理解したけれど、すぐに結果を出したい!という人は下っ腹の引き締め効果がわかりやすい速攻方法があるので参考にしてみてください。特に、明日大切な人に会う用事があったり服をキレイに着たい人はぜひ試してみてください。

自転車こぎ方法

まずヨガマットや平行の柔らかいマットの上に寝そべります。足を垂直になるように上まで持ち上げ、そのまま自転車をこぐような感覚で前こぎと後ろこぎをします。この時、なるべく腰を持ち上げることが大切なので、両手で腰を支えることで効果が上がります。

基本的には「前こぎ10回+後ろこぎ10回」から始めてみてください。

常に意識して引っ込めること

忙しい毎日でエクササイズもしていられない!という人は常に意識して下腹を引っ込めてみましょう。これは家事や外出集でも意識的にすることができるのでオススメです。

下っ腹ぽっこりにさよならする!骨盤のポイント

下腹がぽっこりしてしまう原因は骨盤にもある可能性があります。特に姿勢が悪い人や長時間同じ体勢でいる人・足をよく組む人・産後の人は骨盤が曲がりやすい状態になっていると言われています。

骨盤を元に戻す方法は、自己流で行うと危険なこともあるので「整体などで施術してもらうこと」がオススメです。

どうしても整骨院などに行く時間がない!という人は「骨盤ベルト」を付けて修正している人もいます。

下っ腹の筋肉から変える方法をゲットしてスリム美人を目指しましょう!

女性にとって腰回りのほっそりとしたスリムボディは憧れですよね。お腹が引き締まらない!と思う原因は実は意外なところにあるかもしれません。下っ腹が出ているだけで服装も窮屈で気になってしまうので、ぜひ一度下っ腹の原因を知ってあなたに合った効果のある方法を見つけてみてください。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!