乾燥肌さんのファンデーションの選び方。重視すべきは保湿力!

ファンデーションを選ぶのって、とても悩みますよね。コスメの中でも1番気を遣うアイテムといっても過言ではありません。中でも乾燥肌の方はファンデーションによる乾燥で肌荒れや小じわを引き起こしてしまい、肌をきれいに見せるはずだったのに逆に肌を傷つけてしまうこともあります。

また、肌質や、季節、シーンによってファンデーションを使い分ける方も少なくないのではないでしょうか。その度に、どれが自分の肌に合うのかを悩むのはとても大変です。

今回は、本当に保湿力のあるファンデーションを見分けるコツや、避けたいファンデーションなど、乾燥肌の方がファンデーションを選びやすくなるポイントをまとめてみましたので、是非参考にしてみてくださいね!

重要視すべきは「保湿力」と「肌への負担の少なさ」

スキンケアを頑張っても乾燥しやすいということは、水分が蒸発しやすい状態と言えます。
そこでファンデーションも「保湿力」をこだわることがとても大切です。

そして同時に「肌への負担の少なさ」も気にかけましょう。
ファンデーションは塗るときは摩擦、付けているときの乾燥、落とすときの洗浄と、肌に負担をかけやすい場面が多々あります。
このときの負担を少しでも軽くすると、乾燥を防ぐことにも繋がります。

保湿力のあるもの・しっとりタイプのものを選ぶ

基本的な事ですが、どんなタイプのファンデーションを使うとしても、まずは保湿成分が多く配合されてるものを選ぶのが良いでしょう。
成分表示を見て、最初の方に保湿成分が書かれているかが目安になります。

保湿成分の例
セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・スクワラン・ホホバ種子油 など

また「皮脂吸収」を重要視しているものや、「サラサラした肌」を作ることを目的にしているファンデーションよりも、「しっとり」「ツヤ肌」を目的とした、油分が配合されているもの方が乾燥肌には向いています。

シリコンには要注意

ファンデーションにシリコンが配合されていると、化粧持ちが良くなる・崩れにくくなるというメリットがあります。
それはシリコンの「撥水性の良さ」や「被膜感」によるものです。
しかしこれによるデメリットもあります。

  • 肌に美容成分が浸透しにくくなる
  • 汗や皮脂が分泌されにくくなる

これによって、肌の乾燥を招いてしまうのです。

落としやすいファンデーションを選ぶことも大事

  • お湯+洗顔料で落とせるファンデーション
  • 石鹸で落とせるファンデーション

上記のもののような、落としやすいファンデーションを使うことで、乾燥肌の改善にも繋がります。
ファンデーションは付けているときよりも、落とすときに肌に1番負担がかかります。
クレンジングに使うアイテムや、お化粧を落とすときの肌の摩擦が肌を傷つけ、乾燥しやすい状態を作っている可能性があるといえます。

下地も保湿力にこだわる

メイクをする段階で、1番最初につけるのは化粧下地ですよね。なので化粧下地の保湿力も乾燥対策には大切です。
ファンデーションを保湿力の高いものに変えてみても乾燥が気になったら、下地も見直してみると良いかもしれません。

乾燥肌の観点でファンデーションのタイプ別に特徴を見てみる

世の中には様々なタイプのファンデーションが存在します。
どれが1番向いているのかは個人差もありますが、「保湿力」「落としやすさ」など乾燥肌には外せないポイントを踏まえながらそれぞれの特徴を見ていきましょう。

クリームファンデーションは油分多めで落としにくい

特徴

  • 油分が多いことで保湿力の高さが期待出来る
  • カバー力が高い
  • 落としにくいので洗浄力の高いクレンジングが必要

最も油分が多いファンデーションなので、付け心地でいうと乾燥肌の方には向いています。
その反面、乳化剤(界面活性剤)や防腐剤も使用されているので肌に負担をかけやすいです。

また、カバー力が高い分、肌への密着力もあります。
つまり落としにくいという性質があり、クレンジングの際はクレンジングオイルのような洗浄力の高さも必要です。
これにより肌のバリア機能を壊す恐れがあり、結果として乾燥肌を悪化させる可能性もあります。

リキッドファンデーションはしっかりカバーしたいときに使うのがオススメ

特徴

  • 主成分は油分
  • クリームファンデーションよりも落としやすい
  • 伸びが良いので、塗るときの摩擦が軽減される

こちらも、クリームファンデーションと同じく主成分は油分です。ただし、クリームファンデーションよりは油分は少なめなので、しっとりした肌を作ってくれるけど、重たくないのがいいところですよね。

また油分がクリームファンデーションより落としやすいところも嬉しいポイントです。
水性のジェルクレンジングでも十分落ちますので、クレンジングの際も肌への負担を軽減できます。

パウダーファンデーションは実は1番乾燥肌向き

特徴

  • 添加物が少なく、肌への負担は1番少ないタイプ
  • 落としやすいのでクレンジングの際も負担が少ない
  • 化粧直しがしやすい=日中の保湿も手軽にできる

パウダーは、粉っぽさや皮脂吸収力があるイメージから、乾燥肌の方には懸念されがちですよね。
しかし美容成分・保湿成分が多く配合されているものもたくさんありますので、そういうものを選ぶと、乾燥肌の味方になってくれるファンデーションです。

また、しっかりとスキンケアで保湿が出来ていれば、肌の皮脂とパウダー密着しますので扱いやすく、カバー力も期待出来ます。
更に、クレンジングでも、ミルクタイプなどの洗浄力が弱いとされているクレンジングでも落とすことが出来ます。

パウダーファンデーションにより保湿力を求めるならオイルをプラスしてみよう

メイクの仕上がりだけでなく、根本から乾燥しない肌を目指したい場合は、スキンケアやクレンジングの際の保湿や乾燥対策を重要視し、メイクではパウダーファンデーションを選ぶ方が肌には良いのです。
さらにパウダーファンデーションに保湿力を足したいときは、スキンケアの1番初めにオイルをつけてみてください。
そうすることで日中の乾燥をより防ぐことができるので、パウダーファンデーションの粉っぽさも軽減できます。

「クリーム・リキッド=乾燥しない」は間違い

クリームファンデーションやリキッドファンデーションが乾燥肌にいいと言われるでは、あくまでもメイクの仕上がりがしっとりした肌、ツヤ肌を演出してくれるからです。
クリームやリキッドファンデーションを使っているからと言って必ずしもずっと肌が潤い続けるとは限りませんし、全く乾燥しないとも言えません。

肌の潤いはあくまでも水分で、油分は水分の蒸発を防ぐためのものですから、クリームファンデーションやリキッドファンデーションの油分が潤いを与えてくれるわけではないのです。

ファンデーションを選ぶときはとにかく保湿成分が多く含まれているものにこだわってみよう

ファンデーションは、乾燥しないことだけでなく、仕上がりや手軽さなどいろんな視点から選びますよね。マットな仕上がりがいいけど、乾燥したくない…、しっかり保湿したいけど時間がないから、ファンデーションの保湿力に頼りたい…など、一見両立が難しそうですが、現在では多くのファンデーションが存在し、その両立も不可能ではありません。
大切なのは、スキンケアで肌に潤いを閉じ込めた上で、夏でも冬でもファンデーションは保湿力のあるものを選ぶことです。
皮脂が気になる場所にはお粉を叩けば、ヨレヨレは防止できます。
「乾燥肌だから…」とどうか諦めずご自分に合ったファンデーションを見つけてみてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!