カサカサ乾燥肌には、しっとり化粧水で潤い保湿スキンケア!


肌が乾燥しているとカサカサが目立ち、化粧ノリも悪くなってしまいます。肌は年齢とともに乾燥しやすくもなります。普段どおりのスキンケアを行っていても、なかなか改善できずに悩まされている方も多いでしょう。

乾燥肌の原因や正しいスキンケアの方法を知り、化粧水で肌への浸透力を高めていきましょう。

生活習慣なども見直し、肌トラブルを改善しましょう。

肌の乾燥状態とは?

肌がカサつきゴワつきが気になる場合は、顔の皮脂が少なくなり水分が奪われてしまっている状態です。

一度乾燥した肌は、粉をふいたり皮膚が荒れやすくなります。敏感肌の場合も皮膚がもろくなった状態でトラブルが起きていると考えられます。

どうして肌が乾燥するの?

乾燥肌になりやすい原因は体質によっても現れますが、女性の場合は他にもあります。

  • 生理や妊娠などのホルモンバランスの変化
  • 化粧品が肌に合っていないことで皮膚に刺激が感じられる
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ

これらの原因が重なって現れる乾燥肌タイプの女性も見られます。

年齢とともに乾燥しやすくなるって本当?

年齢とともに肌が乾燥しやすくなる原因とは一体何でしょうか?主な原因としていくつか挙げてみます。

  • 加齢が原因
  • スキンケアが正しく行われていない
  • 紫外線や空気の乾燥
  • 食生活の乱れ
肌は加齢により老化が進んでいきます。若い頃のみずみずしさが失われていくのには、肌の水分が減少し保湿成分が無くなり肌のターンオーバー機能が乱れてしまっているからです。肌が衰え、ホルモンバランスや自律神経が乱れてしまうことで乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌を放っておくとどうなるの?

乾燥肌の状態をそのまま放置してしまうと、紫外線などの外からの刺激を受けてシミやシワを悪化させてしまうのです。さらに悪化すると、少しの刺激でも肌がピリピリと感じたり赤みが増えたり、かゆみが出てきます。

化粧品が肌に合わなくなり、肌トラブルを起こしてしまいます。

化粧水をつけるメリットとは?

乾燥肌に化粧水を使用するのは、水分を肌へととどめてくれる為に必要です。乾燥肌の方は、肌の保湿に力を入れることで改善される場合もあります。

ただし、化粧水が肌に合わないと悪化してしまう恐れもあるので自分に合った物を試して選びましょう。

肌を優しく整えてくれる

肌の状態が安定していなければ、メイクの仕上がりが悪くなってしまいます。乾燥肌により、メイク自体のノリが変わってしまうのです。

肌のコンディションが良くない場合には、化粧水が役立ってくれます。

メイク下地の前には必ず化粧水で水分を補って下さい。肌へのつけ心地に変化が現れますよ。

化粧ノリや仕上がりが良くなる

化粧水の大きなメリットは化粧ノリが良くなることです。肌の保湿力が弱くなっている時にメイクをすると化粧ノリが悪くなります。

化粧水をしっかりと塗ることで肌を滑らかに整え、その後の乳液や美容液が肌へ馴染みやすくなります。時短メイクをする場合でも、ひと手間化粧水を加えるだけで肌のコンディションが良くなりますよ。

保湿化粧品の効果が上がる

化粧水を使うことで、保湿化粧品でもある乳液・美容液・美容オイル・保湿クリームの浸透感がアップします。クレンジングで油分や水分を落としてしまった後に、素早く肌の状態を整えてくれるので化粧水は必須アイテムです。

乾燥肌向け正しい化粧水の使い方

日頃からスキンケアを怠っていなくても、乾燥肌が改善しないような場合は化粧水を正しく使えていないからなのかもしれませんね。肌に水分を補うには、保湿ケアを上手く行っていきましょう。

使い方を見直すことで、肌に潤いが伝わりしっかりと水分を与えてくれます。

化粧水をつけるタイミングは?

化粧水をつけるタイミングはとても重要なポイントです。化粧水は洗顔後につけるのがベストです。

洗顔を行うと、汚れや皮脂まで落ちてしまうので長時間放置しないことです。肌の内部の水分がどんどんと蒸発し、乾燥がひどくなります。

洗顔後はスグに化粧水をつけるようにしましょう。

化粧水を手の平にのせる使い方

化粧水は誰でも手軽に使えます。

  1. たっぷり使う場合は、こぼれることもあるので注意しながら適量を手にのせます。
  2. 両手に馴染ませたら体温で温め、肌に浸透させるように優しく包み込むようにします。
  3. 手の平が肌へと密着するぐらいまで馴染むと、肌に染み込んでいるのを実感できます。

コットンを使った方法

コットンを使うと清潔な状態が保てます。肌の細かい部分までしっかりと塗り込むことができます。

  1. まずはコットンが浸るぐらいまで化粧水を含ませます。
  2. 肌をこすらないように顔全体に染み込ませていきます。
  3. コットンが乾いてしまうまでに素早く塗って下さい。
  4. 足りないと感じたら少しずつ足しながら塗っていきましょう。

上手にスキンケアする方法

肌質を取り戻す為に気をつける方法は、生活習慣の見直しや丁寧なお手入れをすることです。肌は外部からも肌の内部からも、ダメージを受けやすいので刺激を防ぐように心がけましょう。

しっかりと洗顔を行う

キレイな肌を作るには洗顔も大切です。朝と夜はきちんと洗顔を行いましょう。

  1. 特に洗顔料や石鹸は良く泡立てて使いましょう。
  2. 顔はこすらず、優しく撫でるように洗い流します。体温より高めの温度で洗うと肌に刺激を感じるタイプの方もいるので、ぬるま湯を使いましょう。
  3. 泡が残らないようにしっかりと洗い流して下さい。
  4. 洗い上がりの顔を拭く際も、こすらずタオルで押さえ込むように水分を拭って下さい。

保湿ケアを丁寧に行う

水分が蒸発してしまう前に化粧水をつけて肌を潤しましょう。

化粧水は、できるだけたっぷりと使うことで肌に行き届きやすくなります。朝のメイク前にも保湿を忘れず行っていきましょう。保湿ケアをしてメイクをすると、ファンデーションがしっかりとノリます。粉浮きを防ぎ肌のカサつきを減らしてくれます。

十分に睡眠をとる

睡眠をきちんととることで美肌ケアにも繋がります。夜更かししてしまうと肌荒れの原因にもなるので注意しましょう。

早めの就寝を心がけ十分に睡眠をとると、深く眠れて目覚めもスッキリし肌をキレイに保ってくれます。

ストレスを溜めこまない

ストレスが溜まると肌にも影響が現れます。軽めのエクササイズやストレッチ、ウォーキングなどを取り入れ体を動かしましょう。

体を動かすと運動へと意識が向くのでストレス発散にもなります。他にも趣味に没頭したり、休日はゆっくりと休養をとるなどしてストレス解消をする方法もあります。

乾燥肌改善の心がけ

生活習慣の乱れが原因で、なかなか乾燥肌が改善しないということも考えられます。心も体も健やかに保てれば肌質の悪化を防げるようになってきます。

紫外線から肌を守る

肌への天敵でもある紫外線によるシミやシワは、乾燥肌の原因ともなります。乾燥肌の場合はバリア機能が低下している為、紫外線の影響を受けやすくなってしまうのです。

紫外線の刺激を受け、皮膚を守ろうとして角質が厚くなると化粧水の浸透力も悪くなってきてしまいます。保湿ケアやUVケアは必ず行いましょう。

体の内側からケア

肌のターンオーバー機能が落ちてくると、肌トラブルが起きやすくなります。

ターンオーバー機能を保つには、バランスの良い食生活を送り適度に運動をしましょう。代謝機能が上がると良質な睡眠をとれるようになり、体調が整います。食事面でもカフェインや香辛料、冷たい飲み物の飲み過ぎなどは要注意です。肌の乾燥にも影響してきます。

保湿対策をして肌質改善を行いましょう

乾燥肌は化粧水での保湿ケアが大切です。化粧水は肌の状態を健康的に保ち、コンディションを良くしてくれます。

美容液や保湿クリームを使うと肌へと浸透し、さらに保湿効果も高まります。肌の乾燥に化粧水は欠かせないアイテムです。

また、生活習慣や食事バランスの改善も乾燥肌対策へと繋がります。日々のケアを続けて健やかな肌を目指しましょう。

この記事をシェア

みなさんのコメント

ああああ

テスト

返信

あなたもコメントをどうぞ!